FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて............... 旧・野口小学校跡 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

この日は、茨城県の常陸大宮市に出かけました。


常陸大宮市の廃校ツアー、その第四弾は...............旧・御前山村立 旧・野口小学校


野口小学校は、平成21年に長倉小学校、伊勢畑小学校と合併して廃校になりましたが
明治6年に創設された歴史のある小学校でした。
廃校となった野口小学校の近くにある内原農村集落センターのある場所が
以前、野口小学校の在った場所だと知り、訪ねてみました。

      20170914旧・野口小学校跡01



同じ敷地の中には、民間の工場もあるようです。

      20170914旧・野口小学校跡02



画面中央の小さな建物が、農村集落センター。

      20170914旧・野口小学校跡03



そして、隣には木造校舎。

      20170914旧・野口小学校跡04

実は、この木造校舎は現在、工場として使われているようです。


敷地内には、こんな碑が建っています。

      20170914旧・野口小学校跡05



こちらの碑にも、簡単ながら野口小学校の沿革が刻まれています。

      20170914旧・野口小学校跡06

こちらの碑の沿革によれば...............

明治24年      野口尋常小学校は、野口2011番地(佐伯神社境内)に増築移転した。
明治31年      高等科が併置され、野口尋常高等小学校となった。
昭和16年      野口尋常高等小学校は、野口国民学校と改称された。
昭和22年      学制改革により、那珂郡野口村立野口小学校となった。
昭和30年      町村合併により、東茨城郡御前山村立野口小学校となる。
昭和40年      野口小学校は野口1337番地(元野口中学校跡)に移転し、
            新築落成式を挙行した。


すなわち、明治24年から昭和40年まで約61年間
この地に野口小学校が在ったことになります。



解体されることなく、民間の工場としてその姿を残す木造校舎。

      20170914旧・野口小学校跡07


かなり変貌してしまったとは思えるが
今でも学校校舎を彷彿させてくれます。

      20170914旧・野口小学校跡08


      20170914旧・野口小学校跡09


      20170914旧・野口小学校跡10



地元の方から話を伺う機会があり、校庭の一部は宅地化され
現在は民家が建っています。

      20170914旧・野口小学校跡11


佐伯神社の境内であった?鎮守の杜の脇には
ソーラーパネルが敷かれています。

      20170914旧・野口小学校跡12



この辺りまで校地だったようです。

      20170914旧・野口小学校跡13

でも、雑草が生い茂ってソーラーパネルの効果も半減していないのかな?






2017/10/06 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............... 野口小学校 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

この日は、茨城県の常陸大宮市に出かけました。

常陸大宮市の廃校ツアー、その第三弾は...............常陸大宮市立野口小学校



野口小学校は、

明治6年      野口平村に野口平小学校を創設。
同  年      野口村に野口小学校を創設。
明治10年     野口小学校を旧・時雍館跡に移転。
明治18年     野口小学校を村上宿に移転。
明治19年     野口尋常小学校と改称する。
明治23年     野口平小学校を野口尋常小学校に併合して
           野口尋常小学校分教場と改称する。
明治24年     野口尋常小学校を佐伯神社隣に移転。
明治31年     野口尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により、野口村立野口小学校と改称する。
昭和30年     伊勢畑村と野口村が合併し、御前山村が発足。
           御前村立野口小学校と改称する。
昭和40年     現在地に移転。
平成16年     山方町、美和村、緒川村とともに、大宮町と合併して常陸大宮市発足。
           常陸大宮市立野口小学校と改称する。
平成21年     野口小学校、伊勢畑小学校、長倉小学校が合併して御前山小学校が誕生。
           野口小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、野口小学校の正門。

      20170912野口小学校01



表札の残された門柱。

      20170912野口小学校02



現在、野口小学校跡は常陸大宮市教育支援センターとして活用されているようです。

      20170912野口小学校03



敷地内に入って、すぐ目に止まる立派な碑。

      20170912野口小学校04



閉校記念碑です。

      20170912野口小学校05

裏側には詳しい沿革が刻まれていました。



こちらが、校舎。

      20170912野口小学校06


校舎は2棟あり、こちらの校舎は現在、使われていないようです。

      20170912野口小学校07



立派な時計も正しい時刻を指していない。

      20170912野口小学校08



こちらが、もう1棟の校舎。

      20170912野口小学校09



こちらは、庇に新たな看板が掲げられています。

      20170912野口小学校10



校舎前の一角。

百葉箱を発見。

      20170912野口小学校11



遊具も数台残っていました。

      20170912野口小学校12


      20170912野口小学校13



経緯度標。

      20170912野口小学校14

野口小学校の緯度・経度が示されています。



茂みの中に二ノ宮像を発見。

      20170912野口小学校15


      20170912野口小学校16



野口小学校の地は、江戸時代の水戸藩の郷校である時雍館の跡でもあります。

      20170912野口小学校17

郷校とは、藩が設けた庶民のための学問所で、
水戸藩では文化元年(1804)、小川(現:小美玉市)に稽医館を開校したのを初めとして、
安政4年(1857)開校の馬頭郷校まで15校が開設されました。
歴代藩主の中でもとりわけ第9代藩主 徳川斉昭は教育に力を注ぎ、
藩士とその師弟の教育機関として藩校「弘道館」を創設し、
また領民の教育機関として郷校を積極的に設立しました。その中の1校が時雍館でした。

      20170912野口小学校18


      20170912野口小学校19

そう言った意味で言えば、この地はこの地区の教育の発祥の地でもある訳です。



校舎裏には体育館。

      20170912野口小学校20



体育館に隣接しているのは幼稚園跡。

      20170912野口小学校21

地方の小学校には、幼稚園や保育園が併設されている事が多い。
そして、小学校と同時期に廃園になる事が多い。



校庭を覗き込むと、校庭の先に靄(?)がかかっている。

      20170912野口小学校22

ちょうど那珂川の辺りに靄が発生しているようです。



使われなくなった朝礼台。

      20170912野口小学校23

いい感じで赤茶の錆が浮いている。


ボールの的当て。

      20170912野口小学校24

穴が開いてるし...............(笑)



この時点では、まだまだ曇り空。

      20170912野口小学校25

朝の7時過ぎだけど、何となく暗い。


那珂川の霞? はたまた靄?
なかなか晴れてはくれそうもない。

      20170912野口小学校26


      20170912野口小学校27

校庭の隅に立つこの木は、きっとシンボルツリーだったのだろう。


歴史のある小学校が、歴史のある地で
数年前に静かに幕を降ろしたんですね..............................。




2017/10/05 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............... 大場小学校 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

この日は、茨城県の常陸大宮市に出かけました。

常陸大宮市と言えば、平成16年に大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して
常陸大宮市が誕生しましたが旧・町村時代の廃校を含めると
30校近い小学校の廃校があります。

題して常陸大宮市廃校ツアー、
その第二弾...............常陸大宮市立大場小学校


大場小学校は、

明治8年      石山小学校出張所を小野村に設置。
           同時期に三美村に三美小学校を創立
明治22年     小場村・小野村・三美村が合併し大場村が誕生。
明治41年     大場第二尋常小学校と大場第三尋常小学校を合併して、
           大場第二小学校を創立する。
大正8年      大場第二尋常高等小学校と改称。
同  年      大場尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により、大場村立大場小学校と改称する。
昭和30年     大宮町、玉川村、大場村、静村の一部、世喜村の一部が合併して大宮町となる。
           大宮町立大場小学校と改称する。
平成16年     大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して常陸大宮市となる。
           常陸大宮市立大場小学校と改称する。
平成25年     大宮西小学校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。



こちらが、大場小学校の正門です。

      20170914大場小学校01



誇らし気に、大場小学校の表札が掲げられています。

      20170914大場小学校02



正門の先には、閉校記念碑。

      20170914大場小学校03


      20170914大場小学校04



大場小学校の校舎。

      20170914大場小学校05


      20170914大場小学校06


      20170914大場小学校07


      20170914大場小学校08



廃校から4年。
校舎にある時計の時刻は、かなりズレている。

      20170914大場小学校09



玄関の庇に掲げられた校章。

      20170914大場小学校10



現在、大場小学校の校舎は『泉坂下遺跡』の調査事務所として使われています。

      20170914大場小学校11


さらには、『ひたまる25』と言うスポーツ施設として活用されています。

      20170914大場小学校12



校庭には、あるべきはず(?)の遊具がない。

      20170914大場小学校17


さほど広くはない校庭ですが、何となく広く感じたりもします。

      20170914大場小学校18




校庭の隅っこに怪し気な建物。

      20170914大場小学校13



正面に回ってみるとJAの施設のようです。

      20170914大場小学校14

この施設の中で栽培をしているようです。



校舎前の碑。
『 たくましく 豊かな子 』

      20170914大場小学校15

子供たちには、そう育ってもらいたいモノです。



花壇はきちんと植栽されて管理されているようです。

      20170914大場小学校16


      
      

校舎の裏側回ってみます。

      20170914大場小学校19

昭和3年に建てられた校舎。
正面から見ると立派に見えるが、裏手に回るとそれなりの古さを感じます。



こちらが体育館。

      20170914大場小学校20

この体育館が『ひたまる25』として活用されているようです。


校歌を用いたオブジェ。

      20170914大場小学校21



卒業製作の一品でしょうか?

      20170914大場小学校22



朝日に映ゆる御前山...............

そんな歌詞を目にすると、かつてはこの辺りが大場村で
御前山村は隣だったはず...............
でも、この地から那珂川の対岸にある御前山はランドマーク的な存在だったのでしょう。


2017/10/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて............... 小場小学校 (2017年9月14日)(茨城県常陸大宮市) 

9月14日 公休日

個人的な連休初日。

最近、歳のせいか?
遠出をした翌日はゆっくりしたい!と言う願望が強く
連休初日に遠出をして、翌日はゆっくり休む。
そんな行動が理想的だと思うようになりました。

そんな訳で、この日は茨城県の常陸大宮市に出かけました。


茨城県の常陸大宮市は、廃校の宝庫。
平成16年に大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して常陸大宮市が誕生しましたが
旧・町村時代の廃校を含めると30校近い小学校の廃校があります。

題して、常陸大宮市廃校ツアー。
その最初となる廃校は...............常陸大宮市立小場小学校



小場小学校は

明治6年      小場村に小場小学校が創立される。
明治22年     小場村・小野村・三美村が合併し大場村が発足する。
           大場尋常高等小学校となる。
明治26年     大場第一尋常小学校となる。
大正8年      小場尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により、大場村立小場小学校と改称する。
昭和30年     大宮町、玉川村、大場村、静村の一部、世喜村の一部が合併して大宮町となる。
           大宮町立小場小学校と改称する。
平成16年     大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前村が合併して常陸大宮市となる。
           常陸大宮市立小場小学校と改称する。
平成22年     村田小学校に統合され廃校となる。


と、このような沿革となっています。



こちらが小場小学校の正門。

      20170914小場小学校01



廃校から7年。
門柱には、まだ小場小学校の表札が掲げられています。

      20170914小場小学校02



現在、施設を流用して学童保育園が運営されています。

      20170914小場小学校03



以前は別な場所に在ったようですが、
こちらに移転してきたのが平成2年。
その時に、この門柱は建てられたモノのようです。

      20170914小場小学校04



門柱脇の茂みの中に在った小場小学校跡の碑。

      20170914小場小学校05




いわゆる廃校記念碑。
表側には校歌。

      20170914小場小学校06



裏面には沿革が刻まれています。

      20170914小場小学校07



敷地内に入り、緩やかな坂を上がって行くと、視界には体育館が入って来ます。

      20170914小場小学校08


体育館の隣が校舎。

      20170914小場小学校09


      20170914小場小学校10


      20170914小場小学校11



朝の7時前だけど、既に数台の車があります。

      20170914小場小学校12

別に悪い事をしている訳でなく、単純に見学をしているだけですが
犬連れだとどうしても気が引けてしまいます。



校舎の前に建つ、小場小学校の校訓の碑。

      20170914小場小学校14

『 健康 』『 勤勉 』『 協和 』


裏面には、碑を建立した際の協賛者の一覧。

      20170914小場小学校13

いわゆる、寄付をされた方々ですね。



校庭は一段下がった場所になります。
      
      20170914小場小学校15



校庭から眺める校舎。

      20170914小場小学校16



広い校庭には、遊具さえも残っていない。

      20170914小場小学校17



逆に何も無いから、かえって広く感じてしまうのか?

      20170914小場小学校18



廃校記念碑は在ったものの、二ノ宮像も無いし
広い校庭には遊具さえも無い。
学童保育園になっているものの、校庭で遊ぶ児童は居ないんだろうか?
そんな事を思いながら、この地をあとにするのでありました...............。



2017/10/03 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit