FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

常陸七福神 笠間稲荷神社 《 大黒天 》 (2018年12月11日)(茨城県潮来市) 

10月7日


この日は、茨城県の笠間市に出かけました。


御朱印拝受の参拝で訪れた笠間稲荷神社。
実は、ここは常陸七福神の大黒天でもありました。

『常陸七福神』は、茨城県の広範囲を巡る七福神。

その構成は、

大黒天   笠間稲荷神社    笠間市
恵比寿   筑波山神社     つくば市
弁財天   逢善寺       稲敷市
毘沙門天  西光院       石岡市
布袋尊   月山寺       桜川市
寿老人   西蓮寺       行方市
福禄寿   長勝寺       潮来市

となっていますが、なぜかそれらに付け加えて

七福神   真延寺       土浦市

と、8ヶ所を巡って結願すると言う七福神。

これまでに 
      毘沙門天(西光院)、
      布袋尊(月山寺)
      寿老人(西蓮寺)
      福禄寿(長勝寺)
      七福神(真延寺)  と巡ってきています。  


と言う事で、常陸七福神 大黒天の笠間稲荷神社です。



社号標。

      20191007笠間稲荷神社01



鳥居。

      20191007常陸七福神 大黒天01


残念ながら、境内は犬連れ禁止なので、今回は びいすけ は居ません。
( 車の中で待機です)



拝殿。

      20191007笠間稲荷神社14



と、ここまでは大黒天が出てこない。



こちらが、聖徳殿。

      20191007常陸七福神 大黒天02

元々は聖徳太子がお祀りされていますした。
大黒天(大国主大神)、事比羅社(大物主大神)が合殿にてお祀りされ、
こちらが、常陸七福神の 大黒天になります。



大黒天のお参りを済ませて、御朱印を拝受いたします。



こちらが、常陸七福神 大黒天 の御朱印。

      20191007常陸七福神 大黒天03



ありがたく頂戴いたしました。

常陸七福神、結願まであと少し。

筑波山神社の恵比寿と逢善寺の弁財天。
頑張って結願目指しましょう。


スポンサーサイト



2019/11/27 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  真延寺  《 常陸七福神 七福神 》  (2019年9月21日)(茨城県土浦市) 

9月21日

この日は、茨城県の土浦市に出かけました。

寺院巡りは、そんなに好きではありませんが
七福神絡みとなると、話は別格。

以前訪れた土浦市の真延寺。
こちらは、常陸七福神の七福神との事でした。

『常陸七福神の七福神』.........?

要するに、恵比寿とか大黒天が単体で祀られているのではなくて
七福神そのものを祀っているようです。
そもそも、常陸七福神は七福神全てが点在して成り立っているんだから
わざわざ常陸七福神に組む込まなくても良いんじゃない? なんて思うんだけど、
そこは大人の事情があるんでしょう。


真延寺 山門。

      20190921真延寺七福神01



こちらの門柱は寺号標を兼ねている。

      20190921真延寺七福神02


反対側には、常陸七福神。

      20190921真延寺七福神03



石段を上がります。

      20190921真延寺七福神04


手水舎(手水鉢)。

      20190921真延寺七福神06


本堂。

      20190921真延寺七福神05


      20190921真延寺七福神07


前回は気付かなかったのか?
はたまた、今回は特別?

本堂前に書き置きの御朱印が置かれています。

      20190921真延寺七福神08

お代は(寺院の場合も初穂料と言うんだろうか?)賽銭箱へ。


本堂は閉まっているけど、お詣りは済ませ
境内の七福神の碑にもご挨拶。

      20190921真延寺七福神09


      20190921真延寺七福神10



こちらが、真延寺の常陸七福神の御朱印。


七福神。

      20190921真延寺七福神11


恵比寿。

      20190921真延寺七福神12


布袋尊。

      20190921真延寺七福神13


大黒天。

      20190921真延寺七福神14


弁財天。

      20190921真延寺七福神15


毘沙門。

      20190921真延寺七福神16


寿老人。

      20190921真延寺七福神17


福禄寿。

      20190921真延寺七福神18


常陸七福神。
個別の七福神はあと3つほど残っている。
全て巡りきるまで頑張りましょう。



2019/10/30 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

常陸七福神 真延寺 《 七福神 》 (2018年12月11日)(茨城県潮来市) 

12月20日

かすみがうら市へ出かけたこの日、帰り道に土浦市に立ち寄ります。
土浦八坂神社をあとにして、向かった先は.............真延寺。



茨城県には広範囲に渡って巡る『常陸七福神』なるものが在ります。


その構成は、

大黒天   笠間稲荷神社    笠間市
恵比寿   筑波山神社     つくば市
弁財天   逢善寺       稲敷市
毘沙門天  西光院       石岡市
布袋尊   月山寺       桜川市
寿老人   西蓮寺       行方市
福禄寿   長勝寺       潮来市

となっていますが、なぜかそれらに付け加えて

七福神   真延寺       土浦市

とあります。
既に七福神は揃っているのに、どう言う事?

素朴な疑問は湧きますが、これも大人の事情でしょう。
常陸七福神を制覇するには、避けてはいられません。

さて、その真延寺ですが、正式名称は 億『萬山七福尊 真延寺』。

寺院の中では珍しい無宗派の寺院です。
七体の七福尊があり、そのうちの布袋尊像は永正元年(1504)のものだということです。
また御本尊は金無垢の七福神像で、毎年11月23日に例大祭が開かれ、
その際に御本尊が開帳されるということです。


いわゆる、1寺で七福神全てお詣り出来るっていうやつですね。


こちらが山門。

      20181220真延寺01



山門前の参道の塀には由緒書き。

      20181220真延寺02


   
こんな看板も並んでいます。

      20181220真延寺03


山門の先、石段を上がれば、境内。
大きな石灯篭がお出迎え。

      20181220真延寺04


本殿も見えます。

      20181220真延寺05



本殿手前には手水舎。

      20181220真延寺09



こちらが本殿。

      20181220真延寺06


本殿正面に掲げられた扁額。
そこには山号が刻まれています。

      20181220真延寺07



本殿内部。

      20181220真延寺08

7体の七福神像が鎮座しているようです。




本殿前の天水桶。

      20181220真延寺10



境内の七福神像。

      20181220真延寺11



びいすけ と一緒の七福神巡りは、本尊や秘仏の像よりは
境内にこうやって七福神の像がある方が良い。
その方が、お互いに七福神巡りを楽します。

      20181220真延寺12


顕彰碑。

      20181220真延寺13


句碑。

      20181220真延寺14


今まで、七福神巡りをしても、御朱印には拘っていなかったけれど
せっかく御朱印を集めだしたんだから
この『常陸七福神』巡りから、御朱印にも拘っています。


寺務所はあるのですが、無人。
住職さんの住居が隣接しているわけでは無さそうだから
普段は無人でしょうか?
境内にある看板の連絡先に電話をしても、誰も出ないようです。


残念ですが、こういうこともあるでしょう。

また近くに来た時の楽しみに取っておきましょう。




2019/02/11 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

常陸七福神 長勝寺 《 福禄寿 》 (2018年12月11日)(茨城県潮来市) 

12月11日

この日は、潮来市にやって来ました。

最近は神社の御朱印巡りが主流な休日を過ごしていますが、
どっこい、七福神巡りも忘れてはいません。
とは言え、なかなか七福神巡りも1日で完遂出来ず、
中途半端な状態になっている七福神巡りも多い。

茨城県下に展開する常陸七福神もその1つ。
(七福神と言いながらも8ヶ所を巡ります。)

常陸七福神は、水郷・筑波国定公園に散在する8つの社寺からなる七福神の霊場会で、
「日本で一番長い巡路を持つ七福神詣」の霊場です。
この七福神のそれぞれの功徳をいただけばすべての福徳が授かるとされています。

その七福神は(と言っても8ヶ所あるのがちょっびり不思議。)

西光院 毘沙門天 (石岡市)
恵比寿 筑波山神社(つくば市)
弁財天 逢善寺 (稲敷市)
布袋尊 月山寺 (桜川市)
寿老人 西蓮寺 (行方市)
福禄寿 長勝寺 (潮来市)
大黒天 笠間稲荷 (笠間市)
七福神 真延寺 (土浦市) と、このような構成となっているようです。


今回訪れたのは、潮来市にある 長勝寺。

長勝寺は、潮来市にある臨済宗妙心寺派の寺院で
山号は海雲山。本尊は阿弥陀如来。
銅鐘は、国の重要文化財です。

潮来市内の稲荷山とよばれる丘を背にして、JR潮来駅にほど近い市街地内にある寺院。
文治元年(1189年)に源頼朝によって創建されたといわれており、
江戸時代に徳川光圀が諸堂宇を修復し、大獄祖清和尚に住持させたとされています。

そして、常陸七福神では、福禄寿にあたります。


こちらが寺号標。

      20181211長勝寺01

  
長勝禅寺 となっていますね。
  

山門。

      20181211長勝寺02



参道を進みます。

      20181211長勝寺03



参道の楼門。

      20181211長勝寺04

説明板には山門とありますが、寺号標の脇にも山門があるからややこしい。
こちらでは、あえて楼門と表記します。


説明板にはよれば、水戸光圀公が普門院から移築させたそうです。

      20181211長勝寺05


さらに参道を進みます。

      20181211長勝寺07



こちらが本堂。

      20181211長勝寺08

阿弥陀三尊を本尊とする入母屋造り茅葺の仏殿dr、
禅宗様建築の遺構で禅寺の風格を保っています。


この本堂も茨城県の指定文化財。
当然、説明板も設置されています。

      20181211長勝寺09


とにかく、茅葺屋根の本堂は珍しい。
日本でも数少ない茅葺き屋根のお寺としても知られているそうです。

      20181211長勝寺10



こちらが、鐘楼。

      20181211長勝寺12

国の重要文化財に指定されている銅鐘は、
鎌倉幕府第14代執権である北条高時の寄進で、
元徳2年(1330年)の鋳造とされています。


知らなかったのですが、この地は潮来八景の一つでもあるらしい。
江戸時代の後半の1839年に書かれた『潮来図誌』に記載されている

『鐘の音や 残る雲なき 秋の暮れ』

この句が、潮来八景の中の『長勝寺晩鐘』を謳ったという事です。




国の指定文化財ですから、銅鐘の説明板も設置されています。

      20181211長勝寺13



こちらは、勢至菩薩堂。

      20181211長勝寺14


こちらは文治梅。

      20181211長勝寺15

源頼朝のお手植えと伝わる古木の梅です。




そして、潮来市指定文化財の菩提樹。

      20181211長勝寺16


      20181211長勝寺17


こちらは、芭蕉句碑。

      20181211長勝寺18



境内に建つ長勝寺の説明板。

      20181211長勝寺19



肝心の常陸七福神は何処に?

どうやら、この奥に在るようです。
『方丈』と呼ばれる寺院の住居のようです。

      20181211長勝寺20



赤い幟が見えました。

      20181211長勝寺21



常陸七福神は正月期間のご開帳ではなくて
通年公開されているようです。

      20181211長勝寺22



小さく、貼紙も貼られています。

      20181211長勝寺23



こちらが、常陸七福神 福禄寿 です。

      20181211長勝寺24



福禄寿の奥には、ふれあい観音像。

      20181211長勝寺25



こちらが、長勝寺の御朱印。

      20181211長勝寺26


そして、常陸七福神 福禄寿 の御朱印。

      20181211長勝寺27

これで、常陸七福神も
毘沙門天   (石岡市 西光院)
布袋尊     (桜川市 月山寺)
寿老人    (行方市 西蓮寺)
福禄寿    (潮来市 長勝寺)と4ヶ所をクリア。

一つ(1ヶ所)ずつですが着実にお詣りしています。
頑張って結願いたしましょう。




2019/01/28 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

常陸七福神巡り 《 寿老人 西蓮寺 》 (2018年5月22日)(茨城県行方市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。
小美玉市に向かう途中、立ち寄ったのは行方市の西蓮寺。

西蓮寺には、以前『茨城百景』の地として訪れた事があります。
( その時の記事は こちら


しかし、西蓮寺は、『常陸七福神』の寿老人だと言うことを知り
改めて訪れました。



西蓮寺は、延暦元年(782年)に創建と伝えらる古刹で、
数多くの文化財を持っているそうです。



仁王門脇の寺号標。

      20180522西蓮寺01



こちらは、仁王門。

      20180522西蓮寺02

この仁王門も文化財の一つ。
国の重要文化財に指定されています。
天文12年(1543年)建立されたもので、
当初は楼門として造られたそうです。
寛政2年(1790年)山門に造り替え、
更にその後、仁王門に改めて現在に至っているそうです。



仁王門の扁額。

      20180522西蓮寺03

かなりの年月を経てきたのが、掠れ具合いで計り知れます。



仁王像。
阿形(あぎょう)像。

      20180522西蓮寺04



吽形(うんぎょう)像。

      20180522西蓮寺05



西蓮寺の説明板。

      20180522西蓮寺06



手水舎。

      20180522西蓮寺07



定番の龍の吐出口。

      20180522西蓮寺08



常行堂

      20180522西蓮寺09



常行堂前の天水桶。

      20180522西蓮寺10



常行堂脇に鎮座する延命地蔵尊。

      20180522西蓮寺11


      20180522西蓮寺12



こちらは、薬師堂。

      20180522西蓮寺13


      20180522西蓮寺14

この中に、木造薬師如来坐像が安置されているそうです。
西蓮寺の本尊で非公開。
茨城県有形文化財に指定されているそうです。


薬師堂の近くには、相輪橖。

      20180522西蓮寺18

天台宗の象徴になるもので、こちらは国の重要文化財に指定されています。



こちらは、鐘楼。

      20180522西蓮寺15



そして、西蓮寺の大イチョウ。
それも1本ではなく、2本ある。
それぞれ一号株・二号株と呼び、こちらは一号株。
  
      20180522西蓮寺16
      20180522西蓮寺17

幹囲約6メートル、樹高約25メートルだそうです。



こちらは二号株。

      20180522西蓮寺20
      20180522西蓮寺21

幹囲約8メートル、樹高約27メートルあるそうです。



二号株の幹の手前には尸羅度稲荷社が祀られています。

      20180522西蓮寺19



さて、肝心の七福神はと言えば...............


幟、見っけ!

      20180522西蓮寺22



こちらの曼珠院に安置されているようです。

      20180522西蓮寺23



曼珠院の扁額。

      20180522西蓮寺24



びいすけ には申し訳ないけれど
車止めのパイプにリードを括り付け、
暫し待機してもらいましょう。

      20180522西蓮寺25



住職さんにお断りをして
曼珠院の中に入らせてもらい、寿老人を拝観します。

こちらが、寿老人。

      20180522西蓮寺26

常陸七福神の寿老人です。

寿老人は、星の化身で、にこやかな微笑みを称え、
手には巻物を括り付けた杖、そして団扇や桃などを持ち、
鹿を従えた姿が一般的に知られてます。
団扇は難を払い、桃は長寿のしるしで、鹿もまた長寿の象徴であるようです。
長寿延命、富貴長寿の神として信仰されているようです。


せっかくだから、曼珠院の中もじっくりと見学します。

      20180522西蓮寺27


      20180522西蓮寺28


      20180522西蓮寺29


      20180522西蓮寺30



      20180522西蓮寺31

神社とは違った空間の静寂感と幾ばくかの緊張感を感じます。



こちらは、庫裏。(寺務所)

      20180522西蓮寺35

御朱印は、こちらで拝受できます。


常陸七福神の寿老人の御朱印が目的でしたが
こちらの西蓮寺では3種の御朱印が拝受出来るという事なので
3種の御朱印を拝受しました。


本尊、薬師如来の御朱印。

      20180522西蓮寺32



延命地蔵尊の御朱印。

      20180522西蓮寺33



そして本命、常陸七福神 寿老人 の御朱印。

      20180522西蓮寺34


朝早くから押し掛け、申し訳ありませんでした。
そして、ありがとうございました。


2018/07/09 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

常陸七福神巡り 《 布袋尊 月山寺 》 (2018年2月16日)(茨城県桜川市) 

2月16日

この日は、茨城県の桜川市に出かけました。

茨城百景の石碑を見つけ、ついでに参拝した富谷観音。
こちらの御朱印は、同じ桜川市内の月山寺でいただく事が出来ます。

月山寺...............?
どこかで聞いたような記憶が...............


たまたま先日、御朱印を拝領した石岡市の西光院。
こちらは、常陸七福神の一つでした。
そして、月山寺も常陸七福神の一つです。
富谷観音の御朱印もいただけるし、常陸七福神だし、
月山寺に行かない理由がありません。

と言うことて、向かうのは月山寺です。


月山寺は、天台宗の寺院で山号は曜光山。
正式には『曜光山 月山寺』と呼ぶようです。
平安時代初期、桓武天皇の時代に創建され、
江戸時代には天台宗の学問所、
関東八檀林の一つとして栄えていました。

布袋尊が祀られていて、常陸七福神の1つとされています。
茨城県と桜川市の指定有形文化財に指定されています。
紅葉の美しい庭園があり、例年11月中が紅葉の見頃だそうです。
併設されている美術館には国や県指定の文化財が展示されています。



こちらが、月山寺の寺号標。

      20180216布袋尊 月山寺01



山門前にて。

      20180216布袋尊 月山寺02



こちらが、山門。

      20180216布袋尊 月山寺03



山門をくぐって境内に入ると、目に留まるのは札所の前の赤い幟。

      20180216布袋尊 月山寺04

常陸七福神の幟です。

1月だと新年の七福神巡りで幟を立てる事が多いけれど、
2月になっているし、七福神巡りには通年力を入れているようです。


こちらが、本堂。

      20180216布袋尊 月山寺05

正直言って、あまり本堂には関心がない。


気になるのはこちら。

      20180216布袋尊 月山寺07


      20180216布袋尊 月山寺08


このお堂の中に、布袋尊が鎮座しています。

      20180216布袋尊 月山寺09


      20180216布袋尊 月山寺10



少し影になって見にくいですが...............

      20180216布袋尊 月山寺11


月山寺の布袋尊。

      20180216布袋尊 月山寺12

常陸七福神の布袋尊です。


布袋尊の背後には小振りな七福神たち。

      20180216布袋尊 月山寺13



七福神の布袋尊もお詣り出来たから、月山寺の境内を探索してみましょう。


この石段を上って行くと...............

      20180216布袋尊 月山寺14



そこには鐘楼堂。

      20180216布袋尊 月山寺15



そして、その脇には『千手堂』。

      20180216布袋尊 月山寺16



扁額には『千手室』と記されています。

      20180216布袋尊 月山寺17



この千手堂には、千手観音が祀られているそうです。

      20180216布袋尊 月山寺18




こちらが札所。

      20180216布袋尊 月山寺23

一見、御朱印はこちらで拝領できるのかと思えますが
こちらではなく、受付で御朱印をお願いできるそうです。



そして、こちらがその受付。

      20180216布袋尊 月山寺19

御朱印は、こちらで受け付けてもらいます。



墨書きの御朱印を待つ間、綺麗な庭園を覗きます。

      20180216布袋尊 月山寺20


梅の花が一輪、春は近づいています。

      20180216布袋尊 月山寺21



こちらが、月山寺美術館。

      20180216布袋尊 月山寺22

貴重な月山寺の宝物が展示されているらしい。



      
個人的には、美術館よりもやっぱり庭園を見てほしい。
京都の龍安寺の石庭っぽい。

      20180216布袋尊 月山寺24


      20180216布袋尊 月山寺25



こちらが、拝領した御朱印。

      20180216布袋尊 月山寺26

月山寺の御朱印と常陸七福神の御朱印の2種を
見開きでお願いしました。


こちらが、月山寺の御朱印。

      20180216布袋尊 月山寺27



そして、常陸七福神 布袋尊の御朱印。

      20180216布袋尊 月山寺28


常陸七福神の御朱印、やっぱり追いかけてみようっと!







2018/04/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

常陸七福神 毘沙門天 峰寺山西光院 (2018年1月18日)(茨城県石岡市) 

1月18日


茨城百景で訪れた『峰寺山西光院』。

実はこの西光院、常陸七福神の一つでもある。

常陸七福神は、水郷・筑波国定公園に散在する8つの社寺からなる七福神の霊場会で、
「日本で一番長い巡路を持つ七福神詣」の霊場です。
この七福神のそれぞれの功徳をいただけばすべての福徳が授かるとされています。

その七福神は(と言っても8ヶ所あるのがちょっびり不思議。)

西光院 毘沙門天 (石岡市)
恵比寿 筑波山神社(つくば市)
弁財天 逢善寺 (稲敷市)
布袋尊 月山寺 (桜川市)
寿老人 西蓮寺 (行方市)
福禄寿 長勝寺 (潮来市)
大黒天 笠間稲荷 (笠間市)
七福神 真延寺 (土浦市) と、このような構成となっているようです。


七福神巡りも楽しみの一つであり、
今までは七福神の像がある寺社を巡り、
びいすけ と一緒に写真を撮っていました。

しかし、この西光院はペットNGだから、 びいすけ は入れない。
でも、山の中(山の中腹)の寺院。
アクセスも大変だし、おそらく二度と来ることは無い(?)と思われるから
びいすけ 無しでも七福神を拝みましょう。


こちらが、西光院の本堂。

      201800118常陸七福神西光院01

諸般の理由で、本堂の画像はコレだけ。



肝心の常陸七福神です。

      201800118常陸七福神西光院02



こちらが、常陸七福神の毘沙門天。

      201800118常陸七福神西光院03


常陸七福神の毘沙門天の泰拝の証しとして
御朱印を頂きました。

      201800118常陸七福神西光院04



さて、常陸七福神。
これも追っかけてみますか...............?


2018/03/06 Tue. 13:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit