FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

河口湖 黄金の七福神巡り  (2014年11月30日)(山梨県南都留郡ふj河口湖町) 

11月30日 公休日

この日は河口湖周辺に遊びに出かけました。


河口湖の湖畔の一画には、黄金の七福神と称して
湖畔沿いの遊歩道を散歩しながら、七福神巡りが出来ます。

以前、テレビの番組か何かで、その存在を知って
七福神巡り好きの身としましては、
いつかは黄金の七福神巡りをしようと思っておりました。


では、その七福神巡りといたしましょう。



もみじの回廊から、駐車場方向に戻らずに
そのまま湖畔の散策路を歩きます。

本来ならば河口湖の湖畔からは雄大な富士山が見えるのですが
この日は生憎な曇り空。
富士山麓近くだというのに全く富士山のかけらも見えません。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り07


やっぱり、日頃の行いが悪いのかなぁ?(笑)




すると、赤い幟が視界に入ります。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り06


探していた黄金の七福神です。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り02



最初に出会った七福神、福禄寿です。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り05


     20141130河口湖黄金の七福神巡り01


      20141130河口湖黄金の七福神巡り03


      20141130河口湖黄金の七福神巡り04





さらに、湖畔を歩いてみましょう。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り08




富士八景の説明看板。

と言うことは、この辺りは富士山の眺望ポイントということになる。
それなのに、今日は富士山が全く見えない。
本当に残念です。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り09





続いての七福神が現れました。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り10




寿老人です。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り13


      20141130河口湖黄金の七福神巡り11


      20141130河口湖黄金の七福神巡り12




続いての七福神は河口湖の湖畔からは少し離れます。

綾小路きみまろの経営するお店がすぐ近くにあります。
「きみまろ茶屋」というこのお店、「きみまろ亭」という別荘の隣にあります。
「きみまろ亭」は、きみまろの別荘ではありますが、
きみまろ自身の自宅であるようです。

実は、河口湖の黄金の七福神は綾小路きみまろが寄贈されたものです。
そのため、「きみまろ茶や」の駐車場には黄金お七福神の案内看板が設置され、
黄金の七福神も1体置かれています。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り14



こちらが、「きみまろ茶や」の七福神、布袋尊です。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り18


      20141130河口湖黄金の七福神巡り15


      20141130河口湖黄金の七福神巡り17


      20141130河口湖黄金の七福神巡り16

なぜか、「きみまろ茶や」にあるこの布袋尊だけが
立派に飾られているって感じてしまうのは私だけでしょうか?

これって気のせい?


せっかくだから、「きみまろ茶や」の前でもはい、ポーズ。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り19






再び、河口湖湖畔の遊歩道に戻ります。
湖畔の遊歩道を河口湖大橋方面に歩いて行けば、
河口湖オルゴールの森横の弁財天。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り23


      20141130河口湖黄金の七福神巡り20


      20141130河口湖黄金の七福神巡り22


      20141130河口湖黄金の七福神巡り21






続いての七福神は、河口湖美術館横の毘沙門天。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り24


      20141130河口湖黄金の七福神巡り25


      20141130河口湖黄金の七福神巡り27


      20141130河口湖黄金の七福神巡り26






さらに湖畔の遊歩道を歩けば、河口湖漕艇場横の大黒天。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り28


      20141130河口湖黄金の七福神巡り29


      20141130河口湖黄金の七福神巡り30


      20141130河口湖黄金の七福神巡り31




大黒天の裏手の漕艇場脇の芝生広場は、広々として気持ち良い。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り32



誰もいないことを確認して、ロングリードを持つ手を離してみました。
気持ち良く芝生を激走する びいすけ。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り33



河口湖の北岸の河口エリアにはこの6体。
残りの1体は、河口湖大橋を渡った南岸の梨宮公園内にあります。


歩いて行けない距離ではありませんが、軟弱モノの一行は車で移動。


しかし、梨宮公園近くは、今だマラソンの走行中。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り34



マラソンランナーの邪魔にならないように歩きます。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り35




こちらが、梨宮公園内の恵比寿神。

      20141130河口湖黄金の七福神巡り36


      20141130河口湖黄金の七福神巡り37


      20141130河口湖黄金の七福神巡り39


      20141130河口湖黄金の七福神巡り38





これで、河口湖湖畔の黄金の七福神制覇。

今年(2014年)も残すところ、あと1ヶ月。
七福神の御利益で無事に過ごせたらいいなぁ......................。



スポンサーサイト



2014/12/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

母の白滝   (2014年11月30日)(山梨県南都留郡富士河口湖町) 

11月30日 公休日

11月29日〜12月1日まで、個人的な3連休。

ちょっぴり遅いかな?と思いながらも
この日は紅葉を眺めに河口湖周辺に行って来ました。


八王子を実家を8時過ぎに出発。
中央道を快調に走り、10時頃に河口湖手前に来たら大渋滞。

どうやら、この日は『第3回富士山マラソン』が開催され
河口湖周辺はマラソンコースになってしまい、時間による交通規制。

      河口湖マラソン1


      河口湖マラソン2



11時半近くまで河口湖湖畔の道は車両通行止め。
本来は、河口湖の湖畔に行きたかったんですが
急遽、予定を変更。
向かった先は............母の白滝


河口湖浅間神社の脇から林道に入り、案内板で終点まで案内され
迷わずに母の白滝へと向かいます。

林道から眺める河口湖。
残念ながら曇り。
富士山も見えません。

      20141130母の白滝01


林道を歩いて数分。
程なく、母の白滝に到着です。

      20141130母の白滝02



画像では見にくいのですが、
この母の白滝は二段の滝となっています。
落差15mとも20mとも言われていますが
二段合わせて20mなんだろうなぁ。

      20141130母の白滝03


左側の木の横に上段の滝がちょっぴり映っているんだけど
見づらいなぁ。



下段の滝の側には説明看板。

      20141130母の白滝04

こう言った文面を読むと、この母の白滝が厳かに感じてしまいます。



尊厳さを尊重して、恐る恐る近づいてみましょう。

      20141130母の白滝05


      20141130母の白滝06


      20141130母の白滝07


      20141130母の白滝08




登山道があり、三つ峠に行けるようですが
とりあえずは上段の滝を確認したしましょう。

      20141130母の白滝09




下段の滝の真ん中あたり。
滝の落ち口が分かります。

      20141130母の白滝10



上段の滝へは、この階段を上ります。

頑張って行きまっしょい!

      20141130母の白滝11



こちらが、上段の滝。

      20141130母の白滝12


下段の滝ほど大きくもなく、
滑り落ちる滝水と言うところでしょうか


母の白滝神社と言うだけあって、
祠と鳥居が滝のすぐ横に鎮座しています。

      20141130母の白滝13




      20141130母の白滝14



さらに、上れば上段の落ち口。

      20141130母の白滝15


ここから母の白滝が始まり、そしてその水の流れは、寺川となり河口浅間神社の脇を流れ
やがて河口湖に流れ込み、富士山と河口湖の眺望に一役を担っている。


そして、この日の1番の残念は曇り空。
(2番目の残念は車両規制で足止めを食らったこと)

本来なら、富士山と河口湖を両方眺める事ができるスポットが
実は、この母の白滝の駐車場の近く。


来年の富士山冠雪後の紅葉の早い時期に、再び訪れることにしよう.............。




2014/12/24 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit