FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

白糸の滝    (2016年7月29日)(静岡県富士宮市) 

7月29日 公休日

この日は、静岡、山梨方面に出かけました。


音止の滝と来れば、当然次は...............白糸の滝

どうしても、抱き合わせになっちゃいます(笑)


白糸の滝は、戦国時代末から江戸時代初期に富士講の開祖とされる長谷川角行が修行を行った地とされ、
富士講を中心とした人々の巡礼・修行の場となったことでも知られています。

昭和11年に国の名勝及び天然記念物に指定され、
昭和25年には「観光百選滝の部」で1位に選ばれ、古くからその見事な眺めが人々に愛されている滝です。

幅約150mの湾曲した絶壁の全面にかかる白糸ノ滝は、本滝の一部を除いてそのほとんどが富士山の湧水とされ、
岩壁の間から白い絹糸のように流れるさまは、白糸の名にふさわしく、
女性的な美しさと、やさしい景観を見せながら周囲にキリリと冷えた風を運んでいます。
年間を通じて水温12℃、毎秒1.5トンの湧水が流れ出ていると言われています。



白糸の滝に訪れるのは、これで2回目。
前回来た時には、ちょうど周遊路(見学路)の工事をしていて
音止の滝近くの売店前から眺めることしか出来ませんでした。

こんな感じで写真を撮って、売店前から眺めるだけ。

      20160729白糸の滝01


      20160729白糸の滝02


さらに、ズームアップ。

      20160729白糸の滝03

(前回も矢鱈と望遠レンズで撮るしか無かった...............)


あれから2年、いや3年。
工事も終わって、周遊路も歩ける様になりました。

      20160729白糸の滝04



こんな感じで、滝に近づいていけます。

      20160729白糸の滝05


      20160729白糸の滝06



一応、説明板もじっくりと読みましょう。

      20160729白糸の滝07



この辺りが、白糸の滝に一番近い所。

      20160729白糸の滝08


平日だと言うだけのに、意外に観光客もそれなりに居て
カメラの順番待ち状態。

      20160729白糸の滝09



後ろで待っている人もいるので、
パチリ、パチリと撮りまくります。


パノラマ撮影が出来ないので
約150mの白糸のような水のカーテンを分割して収めます。

      20160729白糸の滝10


      20160729白糸の滝11


      20160729白糸の滝12



順番待ちの人にカメラポジションを譲る前に
さらにしつこくもう一枚、パチリ☆。

      20160729白糸の滝13

この びいすけ のすっとぼけた顔には、思わず笑ってしまいました。




案内板が展望台と『おびん水』に導いてくれます。


こちらが、展望台。

      20160729白糸の滝14

展望台と言う割には、眺望はイマイチ。
やっぱり滝は正面から眺めなきゃ。


こちらが、『お鬢水(おびんみず)』の説明板。

      20160729白糸の滝15


お鬢水は、白糸の滝のすぐ左上にある溶岩の窪地に湧き出している水で、
源頼朝がこの水でほつれた鬢(耳際の髪)を直したという伝説が残る場所とされています。
白糸の滝の流れ落ちる音が響く中、静かに水をたたえていて、
周囲は清らかな雰囲気に包まれています。
富士講の霊場の1つでもあり、パワースポットとしても知られているそうです。


もう1基、説明板が設置されています。

      20160729白糸の滝16



確かに、水は清らかで、この辺り一帯には厳かな感じが漂っています。

      20160729白糸の滝17


      20160729白糸の滝18

白糸の滝の近くにって言うか、白糸の滝の一部にこんな場所があるなんて、知らなかったなぁ。

ちなみに、白糸の滝周辺の駐車場(有料)は、白糸の滝入り口の駐車場が500円。
入口から離れて行くと300円になり、お鬢水や展望台近くの駐車場は200円。
音止の滝には遠くなるけど、白糸の滝の裏側から近道になるので
200円の駐車場に車を停めて、お鬢水〜白糸の滝って歩いて巡るのもアリだと思ったりしちゃいます。

お鬢水から300円の駐車場までの道のり。
暑かったなぁ...............。



スポンサーサイト



2016/08/26 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

音止の滝   (2016年7月29日)(静岡県富士宮市) 

7月29日 公休日

この日は、静岡、山梨方面に出かけました。


勢子辻分校をあとにして、向かった先は...............音止の滝


音止の滝は、その昔、曾我兄弟の父の仇の工藤祐経を討つ相談をしていた際、
滝の音で声がさえぎられたため、しばし神に念じたところ、
一瞬滝の音が止んだという伝説からこの名が残されているそうです。

大量の水が水柱となって高さ25mの絶壁から、瀑音を響かせて落下するこの滝は、
白糸の滝と隣り合わせに芝川本流にかかっています。
駐車場から白糸の滝に向かう途中にある滝なので、
ついつい、白糸の滝に行くオマケ。ついでに立ち寄る滝に見られがちですが
この滝だけでも見応え十分です。



駐車場から歩いて行くと、滝の上展望台が現れます。

      20160729音止の滝01


でも、この展望台からは滝は見えません。

      20160729音止の滝02



売店の手前に説明板。

      20160729音止の滝03


足場パイプや、木材で組まれた眺滝台から眺める事が出来ますが
この場所からだと今一歩感が強い。

      20160729音止の滝04

確かに滝のすぐ近くだから、見応えはあるんだけど
やっぱり今一歩。
崖が崩落しそうなのか?
フェンスに遮られている感がどうしても出てしまいます。

      20160729音止の滝05


立ち並ぶ売店のさらに奥、
こちらが、音止の滝のベストポジション。

      20160729音止の滝06



運が良ければ虹も見えるそうですが
この日は、残念でした。

      20160729音止の滝07


白糸の滝が、周遊路(見学路)を設けて滝壺近くまで行けるようにしているんだから
こちらの音止の滝も見学路なんぞを設ける予定は無かったんだろうか?

遠くから眺める滝も、それはそれで見応えはあるけれど
やっぱり、滝って滝壺近くから見上げる。
水の落下する様を飛沫を顔に受けながら、
肌にミストを感じながら見上げるのが醍醐味の様な気がします...............。



2016/08/25 Thu. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

朝霧高原を目指して⑥.............でも、その前に   陣馬の滝    (2013年10月27日)(静岡県富士宮市) 

10月27日 公休日


朝霧高原を目指して移動の最中、
実は最終目的地のすぐ近くまで来ているのに
まだまだ寄り道が止まらない。

次なる立ち寄り先は

陣場の滝


滝の魅力にハマった昨今。
富士宮市に行くのなら、
朝霧高原に行くのなら、
必ず立ち寄ろうと決めておりました。


こちらは割りとメジャーな滝のようで
何ヶ所か案内が出ていたりして、迷わず駐車場に到着。

駐車場に車を停めて、陣場の滝へいざ、突撃〜!

 
      20131027陣馬の滝01


遊歩道を歩いてすぐ、時間にして2分程で
目の前に陣場の滝が現れます。


こちらが説明看板


      20131027陣馬の滝12



そして、こちらが陣馬の滝


      20131027陣馬の滝02


      20131027陣馬の滝03


陣場の滝から流れ落ちた川の水は
地元の方々の生活用水の一部に利用されているとのことで
水の中に入ることは出来ません。
しっかりとペットの入水禁止と書かれてました。


仕方ないので、常識の範囲内の限界点でパチリ☆


      20131027陣馬の滝04


これ以上先は、流石に行けません。



何とか滝をバックに写真のチャレンジです。


      20131027陣馬の滝05



実物はそれなりに迫力はあるのですが
こうやって写真に収めてみると、
迫力は今一歩に見えてしまいます。


やっぱり滝の写真は難しいかも?



それにしても、びいすけの視線は一点に釘付け。


      20131027陣馬の滝06


      20131027陣馬の滝07



あれぇ〜?


      20131027陣馬の滝08


どこを見ているのかな?

って思っていたら、ちょっとしたスロープの上から
もっちゃんが びいすけ を呼んでいました。



      20131027陣馬の滝09



もっちゃんに気づいて、ニコッとする びいすけ。


      20131027陣馬の滝10



私には滅多にこんな笑顔を見せてくれないのに(笑)。


      20131027陣馬の滝11



ひょっとしたら、 びいすけ もここが気に入ってくれたのか?


いずれにしても、朝霧高原方面に来たときに
ぶらっと立ち寄るにはいい場所かも知れませんね................


 
 
2013/11/08 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

朝霧高原を目指して⑤.............でも、その前に   朝日滝      (2013年10月27日)(静岡県富士宮市) 

10月27日 公休日


朝霧高原を目指して移動の中、
いでぼくの売店前に建っていた観光案内マップに
気になる文字を見つけ、更なる道草(?)の追加が決定。

向かった先は…………



      朝日滝



実は、9月に神奈川県の山北町に遊びに行った時に
夕日の滝 と 酒水の滝 を見学して、
どうやら滝の魅力にハマってしまったようです。


そんな訳で、予定外でしたが立ち寄ってみました。


富士宮市には白糸の滝と言う超メジャーな滝があるため、 
この朝日滝は余り知れ渡っていなくて
まぁ、そういったローカル色の強いマイナーな観光地っていうのも
案外、面白かったりもします。



十分な下調べもなかったから
たどり着くまでが大変。

それらしい川を探し、あっちこっちと走り回るけれど見つからない

民家の庭木の手入れをしていたおじさんに聞き
何とかたどり着くことができました。



朝日滝のある場所は小さな公園になっていました。



      20131027 朝日の滝01



駐車場も完備され、小さいながら公衆トイレもありました。


こんな感じのこじんまりとした公園です。


      20131027 朝日の滝10



公園に入ってすぐに目の前に滝が現れます。


      20131027 朝日の滝12


      20131027 朝日の滝11



約20mの落差のある朝日滝
遠くからでもそれなりの迫力です。


      20131027 朝日の滝02


      20131027 朝日の滝03


      20131027 朝日の滝04


      20131027 朝日の滝05


      20131027 朝日の滝06



滝の脇には神社に上がる石段があって
石段を登れば神社の脇にちょっとした展爆台があります。


      20131027 朝日の滝07



展爆台から見下ろす朝日滝


      20131027 朝日の滝08


      20131027 朝日の滝09




一直線に滝壺に落ちるような滝じゃないから
今一歩な感は歪めないけれど、思いがけない見っけもの。
期待していなかっただけに、ちょっと得した気分です。

欲を言えば、もうちょっと木々に囲まれた山深い沢の滝だったら
もっと風情があるかもしれないなぁ................。


 
 
 
 
 


2013/11/07 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

朝霧高原を目指して③.............でも、その前に  白糸の滝       (2013年5月12日)(静岡県富士宮市) 

5月12日 公休日



本栖湖からは一気に静岡県に抜けていきます


途中、 富士芝桜まつり の渋滞にはまり
上下線とも国道139号線は大渋滞
こりゃ、帰りは大変だァ.......


集合場所の朝霧高原と通り過ぎ、向かった先は


白糸の滝 


昨年の秋に朝霧高原に来た時に、立ち寄りたかったんだけど
時間がなくて来れなかった場所

さらには、遠い昔......

愛知県の中学生生活を送った私の修学旅行は
東京・箱根・富士周辺でした。

修学旅行専用列車 こまどり号 で富士宮駅→大府駅(愛知県)移動で
修学旅行最終日は帰ることになります。
富士急ハイランドで食べた昼食の弁当の中のしゅうまいが腐っていて
急遽、保険所の検査等が有り、足止め。
富士急ハイランド→白糸の滝→富士宮駅という行程が
列車の時間に間に合わないっていうことで
白糸の滝が見学できないっていう事態になってしまい 
以来、この白糸の滝っていう場所は、縁の無い地となっておりました..........


うん十年振りのお待ちかね
待望の白糸の滝の散策です(笑)


300円の公共駐車場の車を停め、散策開始です。


良心的な駐車場
係りの人も、

現在、滝壺へは工事中で行けないけれど
それでもよろしいいですか?

と一声かけてくれる。

こういう 心使い って嬉しいですね。




      20130512白糸の滝01


      20130512白糸の滝02



現地の説明看板


      20130512白糸の滝03



そして、白糸の滝 の石碑


      20130512白糸の滝04




白糸の滝 かと思ったら、これは 音止の滝 

 
      20130512白糸の滝05


      20130512白糸の滝06


      20130512白糸の滝07


別アングルからの 音止の滝 遠景


      20130512白糸の滝11






こちらが 白糸の滝  


      20130512白糸の滝08


      20130512白糸の滝09


      20130512白糸の滝10


滝壺に降りられなかったのは残念ですが
なかなか白糸の滝もオツなもの

工事が終って滝壺に降りられるようになったら
また訪れてみたいと思います。



※おまけ

 白糸の滝の周辺のお土産屋さん
 ワンコOkでご飯も食べられるようですが
 この日は もっちゃん お手製のおにぎり持参

 田貫湖に行っておにぎりを食べました



田貫湖を散策します


      20130512田貫湖01


      20130512田貫湖02


      20130512田貫湖03


      20130512田貫湖04


      20130512田貫湖06



さっきまでの青空が........
いつのまにか雲に覆われ、景観は今一歩。


      20130512田貫湖05


雲さえなければ、きっと雄大な富士山を眺めることができたのに.......





さぁ、本日の目的地
朝霧高原に急ぎましょう..........



 
 
    
2013/05/24 Fri. 18:00 | trackback: -- | 本文: 0edit