FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............久ヶ原西部神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内大田区の蒲田界隈を散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

蒲田から、多摩川を北上するように矢口方面へと向かい、
さらには、池上から久ヶ原へと足を進めます。


久が原東部八幡神社をあとにして、向かった先は..................久が原西部八幡神社。


奈良時代の天平神護元年(765年)、豊前国・宇佐神宮より御分霊を勧請し、
久が原台地の一番の高所に奉斎し創建されたとされています。

徳川家康が江戸に入府した天正18年(1590年)、
旧・久が原村が東の馬込領と西の六郷領に分村され、
村民らは両村を向、原と呼び分けたそうです。
久が原西部八幡神社は、六郷領久ヶ原村(原)の鎮守とされ、
別当は安詳寺が担いました。
ちなみに馬込領の久が原村(向)の鎮守は
現在の久が原東部八幡神社となります。


御祭神は、誉田別命。



こちらが社号標。

      20190318久が原西部八幡神社01



神社社頭の鳥居。

      20190318久が原西部八幡神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20190318久が原西部八幡神社03



石段を上がれば拝殿がお出迎え。

      20190318久が原西部八幡神社04



手水舎。

      20190318久が原西部八幡神社05



こちらが、拝殿。

      20190318久が原西部八幡神社06



拝殿正面。

      20190318久が原西部八幡神社07


      20190318久が原西部八幡神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190318久が原西部八幡神社09



別アングルからの拝殿。

      20190318久が原西部八幡神社10


      20190318久が原西部八幡神社11



そして、こちらが本殿。

      20190318久が原西部八幡神社12



拝殿正面に飾られた提灯。

      20190318久が原西部八幡神社13



拝殿前の狛犬。

      20190318久が原西部八幡神社14


      20190318久が原西部八幡神社15



境内社・稲荷神社。

      20190318久が原西部八幡神社16



境内社右脇の参道口。

      20190318久が原西部八幡神社17



そこには鳥居はありませんが、
門柱の上に狛犬が鎮座しています。

      20190318久が原西部八幡神社18


      20190318久が原西部八幡神社19



神楽殿。

      20190318久が原西部八幡神社20



神輿庫。

      20190318久が原西部八幡神社21



板碑。

      20190318久が原西部八幡神社22



拝殿の左側に置かれた力石(歓喜石)。

      20190318久が原西部八幡神社23

何故か、力石の傍らには大黒天と恵比寿。



こちらが社務所。

      20190318久が原西部八幡神社24

こちらも平素は神職の常駐されない神社。
当然、無人です。



こちらか、久が原西部八幡神社の御朱印。

      20190318久が原西部八幡神社25

本務社の徳持神社にて拝受いたしました。




スポンサーサイト



2019/05/27 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............久が原東部神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内大田区の蒲田界隈を散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

蒲田から、多摩川を北上するように矢口方面へと向かい、
さらには、池上から久ヶ原へと足を進めます。


徳持神社を後にして、向かった先は..................久が原東部八幡神社。


久が原東部八幡神社は、東京都大田区久ヶ原に鎮座する神社です。


奈良時代の天平神護元年(765年)、豊前国・宇佐神宮より御分霊を勧請し、
久が原台地の一番の高所に奉斎し創建されたとされています。

徳川家康が江戸に入府した天正18年(1590年)、
旧・久が原村が東の馬込領と西の六郷領に分村され、
村民らは両村を向、原と呼び分けたそうです。
久が原東部八幡神社は、馬込領久が原村(向)の鎮守とされ、
別当は本光寺が担いました。
ちなみに、六郷領の久が原村(原)の鎮守は、
現在の久が原西部八幡神社とされています。


御祭神は、誉田別命。



道に迷いながらも、この看板で何とか辿り着けました。

       20190318久が原東部八幡神社01


こちらが、社号標。

       20190318久が原東部八幡神社



神社社頭。

       20190318久が原東部八幡神社03



鳥居。

       20190318久が原東部八幡神社04



鳥居に掲げられた神額。

       20190318久が原東部八幡神社05



手水舎。

       20190318久が原東部八幡神社06



こちらが、拝殿。

       20190318久が原東部八幡神社07



拝殿正面。

       20190318久が原東部八幡神社08



拝殿正面 向拝。

       20190318久が原東部八幡神社09



別アングルからの拝殿。

       20190318久が原東部八幡神社10


       20190318久が原東部八幡神社11



そして、こちらが本殿。

       20190318久が原東部八幡神社21




拝殿前の天水桶。

20190318久が原東部八幡神社12




拝殿前の狛犬。

       20190318久が原東部八幡神社13


       20190318久が原東部八幡神社14



拝殿脇に建つ説明板。

       20190318久が原東部八幡神社15

久が原東部八幡神社の社殿は、
大田区の文化財に指定されているようです。


その脇には由緒書き。

       20190318久が原東部八幡神社16



境内社。

       20190318久が原東部八幡神社17


       20190318久が原東部八幡神社18



神楽殿。

       20190318久が原東部八幡神社19


神輿庫。

       20190318久が原東部八幡神社20



境内の板碑。
       
       20190318久が原東部八幡神社22


       20190318久が原東部八幡神社23


      20190318久が原東部八幡神社24



御神木。

      20190318久が原東部八幡神社25
      20190318久が原東部八幡神社26


      20190318久が原東部八幡神社27
      20190318久が原東部八幡神社28



こちらが、社務所。

      20190318久が原東部八幡神社29

普段は神社が常駐しない神社。
池上の徳持神社が本務社となっています。



こちらか、御朱印。

      20190318久が原東部八幡神社30

本務社の徳持神社にて拝受いたしました。





2019/05/26 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............徳持神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内大田区の蒲田界隈を散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

蒲田から、多摩川を北上するように矢口方面へと向かい
その後、池上方面へと足を向けます。

新田神社をあとにして、向かった先は..................徳持神社。


徳持神社は、東京都大田区池上に鎮座する神社です。


鎌倉時代中期の建長年間(1249年~1255年)の創建とされ、
旧・徳持村の南地区に豊前国・宇佐八幡宮より御分霊を勧請して創建されたと伝えられています。
旧別当は御幡山眞勝寺徳乗院で、その山号から御幡山八幡宮とも称され、
旧・徳持村の鎮守として崇敬されてきました。

明治39年、旧社地一帯に池上競馬場が開設されることになり、
現在地に遷座したとされています。

御祭神は、誉田別之大神(応神天皇)
相殿神として、宇迦之御魂大神。



こちらが、社号標。

      20190318徳持神社01



神社社頭。

      20190318徳持神社02



参道。

      20190318徳持神社03



参道の狛犬。

      20190318徳持神社04


      20190318徳持神社05



手水舎。

      20190318徳持神社06



由緒書き。

      20190318徳持神社24




こちらか、拝殿。

      20190318徳持神社07


      20190318徳持神社08



拝殿正面。

      20190318徳持神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190318徳持神社10



別アングルからの拝殿。

      20190318徳持神社11


      20190318徳持神社12



そして、こちらが本殿。

      20190318徳持神社13



拝殿前に飾られた提灯。

      20190318徳持神社14



境内社・徳持田中稲荷神社。

      20190318徳持神社15


      20190318徳持神社16


      20190318徳持神社17



本殿裏手の参道口の社号標。

      20190318徳持神社18



裏参道口の鳥居。

      20190318徳持神社19



裏参道口の狛犬。

      20190318徳持神社20


      20190318徳持神社21



神楽殿。

      20190318徳持神社22



神輿庫。

      20190318徳持神社23




板碑。


      20190318徳持神社25



社務所。

      20190318徳持神社26



こちらが、徳持神社の御朱印。

      20190318徳持神社27


社務所にて、拝受いたしました。






2019/05/26 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............新田神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内大田区の蒲田界隈を散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

蒲田から、多摩川を北上するように矢口方面へと向かいます。

矢口氷川神社をあとにして、向かった先は..................新田神社。


新田神社は、東京都大田区矢口に鎮座する神社です。

御祭神である新田義興は、父の義貞・兄の義顕の戦死後も南朝方の中心として、
弟の義宗や従兄弟の脇屋義治ら新田一族を率いて武蔵野合戦など各地を転戦していました。
正平13年/延文3年(1358年)義興は、足利尊氏が亡くなったことを時期到来とばかりに
鎌倉奪還のため挙兵、鎌倉をめざしました。
これに対し尊氏の子で鎌倉公方の足利基氏と関東管領の畠山国清は
竹沢右京亮と江戸遠江守に義興の迎撃を命じます。
『矢口の渡し』の対岸(川崎側)の茂みで待ち伏せし、
船頭を買収して舟底に穴を開けさせ、さらには両岸から挟撃し、
新田義興と家来13人を謀殺してしまいます。

義興の謀殺後、矢口付近には夜ごと光り物が現れ、
往来の人々を悩ますようになったので、
近隣の住民が義興の霊を鎮めるために墳墓の前に新田明神社を創建し、
後に新田大明神として尊崇されるようになりました。
これが新田神社創建の由緒であるとされています。


御祭神は、新田義興公。


こちらが、社号標。

      20190318新田神社01



神社社頭。

      20190318新田神社02



御祭神の記された掲示板。

      20190318新田神社03



手水舎。

      20190318新田神社04



社史の記された由緒書き。

      20190318新田神社05



御神木と拝殿。

      20190318新田神社06
    20190318新田神社07



拝殿正面のが向拝。

      20190318新田神社08


別アングルからの拝殿。

      20190318新田神社09


      20190318新田神社10


こちらが、本殿。

      20190318新田神社11



境内社・稲荷神社。

      20190318新田神社12



宝物殿。

      20190318新田神社13



神輿殿。

      20190318新田神社14



神輿殿には、矢口氷川神社の神輿も奉納されています。

      20190318新田神社15


      20190318新田神社16



境内には碑が多く建っています。

      20190318新田神社17



その中には、1体の狛犬。

      20190318新田神社18


      20190318新田神社19

戦災で1体は破損してしまいましたが、唸る狛犬だったそうです。



こちらは『矢口新田神君之碑』。

      20190318新田神社20

大田区の指定文化財。
江戸時代の延享3年(1746年)に石城国守山藩主の松平頼寛が
新田義興の事績と新田神社の創建の由来を記されています。




新田神社の本殿の奥は『御塚』。

      20190318新田神社21



新田義興を埋葬した場所とされています。

      20190318新田神社22



『御塚』の前には、『新田大明神道標』。

      20190318新田神社23

現在の第二京浜国道(国道1号線)に建てられていた新田神社への道標です。



かつての一の鳥居。

      20190318新田神社24

武蔵新田駅前に石造りの一の鳥居が建てられていたそうです。



昭和45年の下水道工事の際に、やむなく解体され
こちらで保管されていると言うことです。

      20190318新田神社25



境内には、破魔矢の元祖となる『矢守』。

      20190318新田神社26



拝殿側からの御神木。

        20190318新田神社27
      20190318新田神社28
      20190318新田神社29



こちらが社務所。

      20190318新田神社30

御朱印は、こちらで授与出来ます。



こちらが新田神社の御朱印。

      20190318新田神社31

この日は、宮司さんが不在で書置き対応。
多摩川七福神の御朱印もあるのですが(恵比寿尊)
たまたま書置き版の在庫が切れていて、この日は拝受出来ませんでした。

兼務社の矢口氷川神社の御朱印も書置き版の在庫が切れていたから
いずれにしても、いつか再訪しなくては..................


2019/05/25 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............十寄神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内大田区の蒲田界隈を散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

蒲田から、多摩川を北上するように矢口方面へと向かいます。


矢口の渡し跡 をあとにして向かった先は..................十寄神社。


十寄神社は、東京都大田区矢口に鎮座する神社です。




御祭神は、新田義興命
       世良田右馬助義周命
       井伊弾正左衛門直秀命
       大嶋周防守義遠命
       由良兵庫助命
       由良新左衛門命
       進藤孫六左衛門命
       堺壱岐権守命
       土肥三郎左衛門命
       南瀬口六郎命
       市河五郎命


社伝によると、正平13年〈南朝〉/延文3年〈北朝〉(1358年)の創建とされています。
南北朝時代の南朝方の武将であり、『矢口の渡し』にて謀殺された新田義興と、
同様に討ち死にした御家来衆を祀る神社として創建されました。

新田義興って誰?って聞かれそうですが..................

鎌倉幕府を倒したとされる新田義貞の次男です。
南北朝時代に北朝方の足利尊氏と対抗した新田義貞。
不運にも南朝方の新田義貞は越前国・藤島の戦いで戦死し、
徐々に南朝の劣勢へと傾いていきます。
父義貞の戦死後、義興は越後に潜伏したと見られています。
そして、敵対する足利尊氏の死後、
南朝方の劣勢を巻き返そうと、鎌倉の奪還の為に義興は挙兵し
鎌倉を目指しますが、尊氏の子で鎌倉公方の足利基氏と関東管領の畠山国清の策略で
竹沢右京亮と江戸遠江守によって矢口の渡しにて謀殺されてしまいました。

その新田義興と10人の家来たちを祀るのが十寄神社です。

(一般には、新田義興を祀るのか新田神社で、
その家来を祀るのが十寄神社と言われているようです。)



社号標。

      20190318十寄神社01



由緒書き。

      20190318十寄神社02


この駐車場の奥が十寄神社となります。

      20190318十寄神社03



鳥居。

      20190318十寄神社04



手水鉢。

      20190318十寄神社14


拝殿。

      20190318十寄神社05



狛犬。

      20190318十寄神社06


      20190318十寄神社07



拝殿正面。

      20190318十寄神社08


      20190318十寄神社09



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190318十寄神社10



別アングルからの拝殿。

      20190318十寄神社11


      20190318十寄神社12



そして、こちらが本殿。

      20190318十寄神社13



境内社

      20190318十寄神社15


御神木。

      20190318十寄神社16
      20190318十寄神社17
     20190318十寄神社18



こちらは、多摩川七福神の一つ、毘沙門天になるようです。

      20190318十寄神社19



社務所。

      20190318十寄神社20

こちらも普段は神職の常駐されない神社。



そして、こちらが十寄神社の御朱印。

      20190318十寄神社21

本務社の徳持神社にて拝受いたしました。



2019/05/24 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............多摩川諏訪神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内大田区の蒲田界隈を散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

蒲田から、多摩川を北上するように矢口方面へと向かいます。
向かった先は..................多摩川諏訪神社。


多摩川諏訪神社は、東京都大田区多摩川に鎮座する神社です。


創建は承和年間(834年~848年)と伝えられ、
信濃諏訪大社のご分霊をお祀りしています。
元々は旧・原村には諏訪神社が二座があり、
上社、下社として村人の尊崇を集めていました。
明治13年上社に下社を合祀して、現在の諏訪神社となったそうです。



御祭神は、建御名方命
     八坂刀売命



社号標。

      20190318諏訪神社01



神社社頭。

      20190318諏訪神社02



表参道の鳥居。

      20190318諏訪神社03


こちらが、拝殿。

      20190318諏訪神社04



拝殿正面。

      20190318諏訪神社05


      20190318諏訪神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190318諏訪神社07



別アングルからの拝殿。

      20190318諏訪神社08


      20190318諏訪神社09



そして、こちらが本殿。

      20190318諏訪神社10



境内社。
鳥居の奥には祠が二つ。

      20190318諏訪神社11



向かって右側の稲荷社。

      20190318諏訪神社12



向かって左側。
御嶽神社・氷川神社・天祖神社の合殿。

      20190318諏訪神社13



境内中央には御神木。
その脇には写真に撮り忘れた手水舎。

      20190318諏訪神社14
   20190318諏訪神社15



板碑。

      20190318諏訪神社16



本殿裏手の裏参道口の鳥居。

      20190318諏訪神社17



こちらが、社務所。

      20190318諏訪神社18

普段は神職の常駐の無い神社です。


そして、こちらが御朱印。

      20190318諏訪神社19

本務社の徳持神社にて拝受いたしました。




2019/05/23 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............東八幡神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内大田区の蒲田界隈を散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

蒲田から、多摩川を北上するように矢口方面へと向かいます。
多摩川諏訪神社をあとにして、向かった先は..................東八幡神社。


東八幡神社は、東京都大田区矢口に鎮座する神社です。


東八幡神社の創建は建長2年(1250年)と伝えられ、
矢口の古市町会地区(旧・古市場村)の鎮守として氏子の崇拝を集めています。
江戸期には湯坂八幡神社と呼ばれていたそうです。
元々、旧・古市場村には西八幡神社(領家八幡宮)がありましたが、
明治44年(1911)に当社と合祀して東八幡神社と称するようになったそうです。


御祭神は、誉田別命。


多摩川の堤防沿いに鎮座する東八幡神社。
その社号標。

      20190318東八幡神社01



神社社頭。

      20190318東八幡神社0102



鳥居。

      20190318東八幡神社0103



鳥居に掲げられた神額。

      20190318東八幡神社0104



手水舎。

      20190318東八幡神社0105



こちらが、拝殿。

      20190318東八幡神社0106



拝殿正面。

      20190318東八幡神社0107



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190318東八幡神社0108



別アングルからの拝殿。

      20190318東八幡神社0109


      20190318東八幡神社0110



そして、こちらが本殿。

      20190318東八幡神社0111



拝殿前の狛犬。

      20190318東八幡神社0112


      20190318東八幡神社0113



拝殿前に立てられた幟も風にたなびく。

      20190318東八幡神社0114



この東八幡神社は、多摩川七福神の弁財天であるようです。

      20190318東八幡神社0115

って言うか、『多摩川七福神』って知らなかったんだけど..................



神輿庫。

      20190318東八幡神社0116


      20190318東八幡神社0117



板碑。

      20190318東八幡神社0118



そして、社務所。

      20190318東八幡神社0119

こちらも、平素は神職の常駐しない神社です。


そして、こちらが御朱印。

      20190318東八幡神社0120


本務社の徳持神社にて拝受いたしました。




2019/05/23 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............蒲田八幡神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内・大田区の蒲田周辺の散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。


蒲田駅前周辺には、蒲田八幡神社を本務社とする神社が5社鎮座しています。
いずれも、本務社の蒲田八幡神社にて
御朱印を拝受する事が出来ると言う事なので、
その5社を含め、計6社を巡ってみる事にしました。

北野神社をあとにして、向かった先は..................蒲田八幡神社。


この日、これまでに巡ってきた5社の本務社になる蒲田八幡神社。
東京都大田区蒲田に鎮座する神社です。


創建時期は不詳ながら、慶長5年(1600年)頃に蒲田村より新宿村が
分村に当たり、鎮守の神として蒲田村の薭田(稗田)神社から
行基作の神体三座のうち、春日の像一体を分かち祀ったところ、
霊験あらたかであったとされ、その時期に鎮座されたものとされているようです。
元々、境内となった地には小円墳があったことから、
口伝などから、古くから聖地として村人の信仰の場であったとされています。


御祭神は、誉田別命(応神天皇)



こちらが社号標。

       20190318蒲田八幡神社01



神社社頭。

       20190318蒲田八幡神社02

何と、現在工事中!
社務所の新築工事の為、表参道からは入れません。



表参道口の仮囲いの隙間から、鳥居に掲げられた神額を覗きこみます。

       20190318蒲田八幡神社03



玉垣には、工事の概要が掲げられています。

      20190318蒲田八幡神社04



本殿裏手。
工事期間中の参道口となります。
こちらにも社号標。

      20190318蒲田八幡神社05



鳥居が建っていると言うことは、元々の裏参道口なんですね。

      20190318蒲田八幡神社06



工事エリアの仮囲いがあるため、
拝殿全体を正面から写真を撮るスペースが無い。

      20190318蒲田八幡神社07



と言いながらも、拝殿正面。

      20190318蒲田八幡神社08


      20190318蒲田八幡神社09



別アングルからの拝殿。

      20190318蒲田八幡神社10



そして、こちらが本殿。

      20190318蒲田八幡神社11



拝殿前の狛犬。

      20190318蒲田八幡神社12



境内社・天祖神社。

      20190318蒲田八幡神社13


      20190318蒲田八幡神社14



板碑。

      20190318蒲田八幡神社15



こちらが、御朱印。

      20190318蒲田八幡神社16

仮設の社務所にて、拝受いたしました。

社務所の新築工事中の為、境内の多くが仮囲いで規制されていたため
今一歩な感は否めない。
いずれ、落ち着いた頃を見計らって再度訪れているみたいものです。



2019/05/23 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............北野神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内・大田区の蒲田周辺の散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。


蒲田駅前周辺には、蒲田八幡神社を本務社とする神社が5社鎮座しています。
いずれも、本務社の蒲田八幡神社にて
御朱印を拝受する事が出来ると言う事なので、
その5社を含め、計6社を巡ってみる事にしました。

椿神社をあとにして、向かった先は..................北野神社。


北野神社は、東京都大田区南蒲田に鎮座する神社です。


寛文元年(1661年)、北蒲田村の杉原重右衛門が、
その邸内に諏訪神社を奉斎したのを創始とされています。
と言うのも、矢口村天神森に鎮守として祀られていた天神様の御神体が、
呑川の洪水により、杉原邸前に度々流れ着いていたそうです。

都度天神森へ返していましたが、七度目に至った嘉永2年(1849年)に
矢口村と交渉し、諏訪神社の傍らに社を造営・奉斎する事になりました。
当初は、井府天神と称されていましたが、
明治年間に諏訪神社と合祀して北野神社と改称したそうです。


御祭神は、菅原道真
     建御名方神


呑川のほとりに鎮座する北野神社。
こちらは、社号標。

      20190318北野神社01



神社社頭。

      20190318北野神社02



鳥居。

      20190318北野神社03



鳥居に掲げられた扁額。

      20190318北野神社04



こちらが拝殿。

      20190318北野神社05



拝殿正面。

      20190318北野神社06


      20190318北野神社07



別アングルからの拝殿。

      20190318北野神社08


      20190318北野神社09



そして、こちらが本殿。

      20190318北野神社10



拝殿前の狛犬。

      20190318北野神社11


しっかりと防護ネットで覆われています。

      20190318北野神社12



境内社・稲荷神社。

      20190318北野神社13


      20190318北野神社14


板碑。

      20190318北野神社15



こちらは神輿庫でしょうか?

      20190318北野神社16



そして、こちらが北野神社の御朱印。

      20190318北野神社17

本務社の蒲田八幡神社にて拝受いたしました。




2019/05/22 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............椿神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内・大田区の蒲田周辺の散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。


蒲田駅前周辺には、蒲田八幡神社を本務社とする神社が5社鎮座しています。
いずれも、本務社の蒲田八幡神社にて
御朱印を拝受する事が出来ると言う事なので、
その5社を含め、計6社を巡ってみる事にしました。

稗田神社をあとにして、向かった先は..................椿神社。


椿神社は、東京都大田区蒲田に鎮座する神社です。


椿神社の創祀は不詳ですが、百日咳の治癒に御神験あらたかなりと、
古くから土地の人の信仰のある神社です。

御祭神である猿田彦神は、道案内の神であり、道陸神とも言われ、
道祖神(塞の神、障の神)と習合して村の境を守る関の神となり、
更に咳の神と信仰されるようになったものと思われます。

風邪をひき、咳が出る時に額堂に懸かっている麻を戴き首に巻き、
そして、風邪が治り咳が治ると麻を二倍にして額堂に返納して感謝します。
この特殊信仰が、土地の人を中心として、深く静かに信仰の輪を広げていったようです。


御祭神は、猿田彦命



神社社頭。

      20190318椿神社01



鳥居に掲げられた神額。

      20190318椿神社02



手水舎。

      20190318椿神社03



徐病習俗の説明板。

      20190318椿神社04



椿神社の社殿。

      20190318椿神社05



別アングルからの社殿。

      20190318椿神社06


      20190318椿神社07



社殿脇には麻が掛けられた額堂。

      20190318椿神社08



境内には、社号にちなんで椿の木が植えられている。

      20190318椿神社09


白い椿の花が目を引きます。

      20190318椿神社10



白い椿だけではありません。
      20190318椿神社11



赤い椿も花を咲かせています。

      20190318椿神社12



こちらが、椿神社の御朱印。

      20190318椿神社13


本務社の蒲田八幡神社にて拝受いたしました。






2019/05/22 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............稗田神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内・大田区の蒲田周辺の散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。


蒲田駅前周辺には、蒲田八幡神社を本務社とする神社が5社鎮座しています。
いずれも、本務社の蒲田八幡神社にて
御朱印を拝受する事が出来ると言う事なので、
その5社を含め、計6社を巡ってみる事にしました。

女塚をあとにして、向かった先は..................稗田神社。


稗田神社は、東京都大田区蒲田に鎮座する神社です。


社伝によれば、和銅2年(709年)僧行基が天照、八幡、春日の三神体を刻んで安置し、
鎌倉時代に日蓮が村民の請いをいれて開眼したと伝えられています。

式内社と呼ばれる古い格式をもつ神社であり、
平安時代の『延喜式』の神明帳に記載され、
また『三代実録』に貞観6年(864年)「武蔵国従五位下蒲田神を以て
並びに官社に列す」とあるのが、この神社であろうと言われているようです。


御祭神は、誉田別命
     天照大神
     武内宿禰命
     荒木田襲津彦命
     春日大神



社号標。

      20190318稗田神社0101

社号碑には『延喜式内 薭田神社』の文字。
式内社の拘りか?
 

神社社頭の鳥居。

      20190318稗田神社0102



鳥居に掲げられた神額。

      20190318稗田神社0103



この石鳥居は、大田区の文化財に指定されているようです。

      20190318稗田神社0121



境内には、大田区教育委員会の設置した稗田神社の説明板も建てられています。

      20190318稗田神社0120



手水舎。

      20190318稗田神社0104



こちらが拝殿。

      20190318稗田神社0105



拝殿正面。

      20190318稗田神社0106


      20190318稗田神社0107



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190318稗田神社0108



別アングルからの拝殿。

      20190318稗田神社0109


      20190318稗田神社0110



そして、こちらが本殿。

      20190318稗田神社0111



拝殿前の狛犬。

      20190318稗田神社0112


      20190318稗田神社0113



境内社・三十番神社。

      20190318稗田神社0114


      20190318稗田神社0118




同じく境内社・薬祖神社

      20190318稗田神社0115


      20190318稗田神社0116



境内社・稲荷社。

      20190318稗田神社0117



天祖神社。

      20190318稗田神社0119



山野神社合祀碑。

      20190318稗田神社0124



板碑。

      20190318稗田神社0122


      20190318稗田神社0123



こちらが社務所。

      20190318稗田神社0125

普段は神職が常駐しない神社のようです。


こちらが、稗田神社の御朱印。

      20190318稗田神社0126


本務社の蒲田八幡神社にて拝受いたしました。



2019/05/21 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............女塚神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内・大田区の蒲田周辺の散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。


蒲田駅前周辺には、蒲田八幡神社を本務社とする神社が5社鎮座しています。
いずれも、本務社の蒲田八幡神社にて
御朱印を拝受する事が出来ると言う事なので、
その5社を含め、計6社を巡ってみる事にしました。

御園神社をあとにして、向かった先は..................女塚神社。


御園神社は、東京都大田区西蒲田に鎮座する神社です。

創建年代は不詳ですが、元々は旧女塚村・御園村の鎮守として
現在のJR蒲田駅東口付近に鎮座していた八幡社でした。

明治5年、新橋~横浜間に東海道線が敷設されることとなり、
その用地として社地が収容されてしまいます。
そこで明治21年、現在地に遷座し、女塚神社と改称しました。

ちなみに旧・御園村の鎮守は御園神社が担うこととなりました。



女塚神社の名の由来は、南北朝時代に新田義興に忠節を尽くしながらも
謀殺されてしまった少将局を祀る女塚がある事によります。

新田義興は、南北朝時代の武将であり、南朝総大将・新田義貞の次男でした。
足利尊氏が没した後、正平13年/延文三年(1358年)、義興は鎌倉奪還のため挙兵します。
これに対し尊氏の子である鎌倉公方の足利基氏と関東管領の畠山国清は、
義興の進出を畏れ、殺害を試みます。
新田の元家臣であり足利側に寝返った竹沢右京亮を使い、
再び新田側に寝返ったと装わせ近づかせ、謀殺の機会を伺います。
この暗殺計画から義興を救ったのが、侍女である少将局でした。
この事が露見して、少将局は竹沢一族郎党によって殺害されてしまいます。
殺害された少将局の遺骸は打ち捨てられたままでしたが、
村人が憐れんで、塚を建てて祀った塚が『女塚』であると言われています。

ちなみに、義興は後に謀殺されてしまいますが、その義興を祀った神社が『新田神社』であり、
義興の家来たちを祀った神社が『十寄神社』となり、同じく大田区に鎮座しています。



御祭神は、誉田別命


神社社頭の鳥居。

      20190318女塚神社01


鳥居に掲げられた神額。

      20190318女塚神社02


手水舎。

      20190318女塚神社03


こたたらが、拝殿。

      20190318女塚神社04


拝殿正面。

      20190318女塚神社05


別アングルからの拝殿。

      20190318女塚神社06


      20190318女塚神社07



そして、こちらが本殿。

      20190318女塚神社08



拝殿前の狛犬。

      20190318女塚神社09


      20190318女塚神社10



境内社。

      20190318女塚神社11



こちらは、女塚小祠。

      20190318女塚神社12


      20190318女塚神社13



境内には、板碑も建ち並ぶ。

      20190318女塚神社14


      20190318女塚神社15



神輿庫。

      20190318女塚神社16



境内全景。

      20190318女塚神社17
      20190318女塚神社18

見ての通り、境内もそんなに広くはない。



こちらが社務所。

      20190318女塚神社19

宮守の方は居るようですが、
神事に関しては本務社の蒲田八幡神社にて対応しているようです。


こちらが女塚神社の御朱印。

      20190318女塚神社20

本務社の蒲田八幡神社にて拝受いたしました。



2019/05/21 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............御園神社 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内・大田区の蒲田周辺の散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。


蒲田駅前周辺には、蒲田八幡神社を本務社とする神社が5社鎮座しています。
いずれも、本務社の蒲田八幡神社にて
御朱印を拝受する事が出来ると言う事なので、
その5社を含め、計6社を巡ってみる事にしました。

まず、最初に向かったのは..................御園神社。


御園神社は、東京都大田区西蒲田に鎮座する神社です。

創建年代は不詳ですが、その昔多摩川の洪水によって流れついた猿田彦命を祀りました。
おしゃもじ様と称え、村民の信仰厚き崇敬神社であったと言われています。

境内が、おしゃもじの形状をしていたから、おしゃもじ様と称え、
村民の信仰厚き崇敬神社であったと言われています。
明治21年境内地を広め、御園神社と改称して御園村の鎮守なったそうです。


御祭神は、天宇受売命
     猿田彦命



神社社頭。

      20190318御園神社01



鳥居。

      20190318御園神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20190318御園神社03



手水舎。

      20190318御園神社04



こちらが拝殿。

      20190318御園神社05



拝殿正面。

      20190318御園神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190318御園神社07



別アングルからの拝殿。

      20190318御園神社08


      20190318御園神社09



そして、こちらが本殿。

      20190318御園神社10



拝殿前の狛犬。

      20190318御園神社11


      20190318御園神社12

境内社の榮龍神社

      20190318御園神社13



同じく境内社のお福神社。

      20190318御園神社14


      

境内社の伏見稲荷神社。

      20190318御園神社15


      20190318御園神社16



神楽殿。

      20190318御園神社17


神輿庫。

      20190318御園神社18



板碑。

      20190318御園神社19


蒲田駅に近いから、周りには大きな建物が多い。

        20190318御園神社20
      20190318御園神社21



こちらが、社務所。

      20190318御園神社22

普段は無人の社務所。
社務所としてよりも地域の交流場所として活用されているようです。



そして、こちらが御朱印。

      20190318御園神社23

本務社の蒲田八幡神社にて拝受いたしました。




2019/05/20 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩 《 神明山天祖神社 》 (2018年11月1日)(東京都大田区) 

11月1日  

この日は、遅番勤務の日。
12時出勤だから、出勤前に酉の市に行ったりして...............

大森鷲神社をあとにして、大森駅に向かったら
大森駅の反対側に神社があった。

せっかくだから、立ち寄ってみよう。

と言うことで、訪れたのは.............神明山天祖神社。


神明山天祖神社は、大田区山王に鎮座する神社です。

正式名称は、天祖神社ですが、通称として神明山天祖神社、
八景天祖神社と呼ばれているそうです

享保年間(1716~1735年)、当地の庄屋・年寄・百姓らが伊勢講を組織し、
皇大神宮で御分霊を受け祭祀したのが創建とされています。
当時は神明社と称され、別当は円能寺が務めたそうです。
神仏分離令にともない、明治5年に円能寺から分離し、
「神明山天祖神社」と改称したそうです。



御祭神は、天照大御神。



こちらが、社号標。

      20181101八景天祖神02


大森駅と社頭の間にある坂は八景坂と言うらしい。
八景天祖神社と言われる由縁もそこにある。

      20181101八景天祖神01



社殿へと続く石段。

      20181101八景天祖神03



石段を上がった先には拝殿。

      20181101八景天祖神04


  

参道の狛犬。

      20181101八景天祖神05


      20181101八景天祖神06


手水舎。

      20181101八景天祖神07


由緒書き。

      20181101八景天祖神08


拝殿正面。

      20181101八景天祖神09


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20181101八景天祖神10



別アングルからの拝殿。

      20181101八景天祖神11


      20181101八景天祖神12


拝殿正面に飾られた提灯。

      20181101八景天祖神19



拝殿前の天水桶。

      20181101八景天祖神13


こちらは、境内社の伏見稲荷社。

      20181101八景天祖神14

石段途中の斜面に鎮座していました。


伏見稲荷社の由緒書き。

      20181101八景天祖神15


こちらは、八景の碑。

      20181101八景天祖神16


その説明板。

      20181101八景天祖神17



境内の力石。

      20181101八景天祖神18


こちらは神楽殿。

      20181101八景天祖神20


以前は御朱印も拝受されていたようですが
現在は、拝受されていないようです。

      20181101八景天祖神21

近年の御朱印ブームで訪れる人が多いのでしょうか?
閉まっている社務所に貼り紙がありました。


でも、神社に営業日って?
ちょっと違和感を感じてしまうなぁ。
     





2018/12/29 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り...................大森 鷲神社 (2018年11月1日)(東京都大田区) 

11月1日

この日は、酉の日、一の酉。
仕事は遅番の12時勤務。

出勤前のひと仕事(?)。
朝早くから酉の市のはしご。
この日限定の御朱印を拝受するために
目黒から大森へと移動します。

向かった先は..............大森鷲神社。


大森鷲神社は、大田区大森北に鎮座する神社です。

鷲神社は日本武尊を祀り、江戸中期より武運開運商売繁盛の神として
多くの人々の信仰を集めています。
毎年11月の酉の日には、祭礼(酉の市)が行われます。
お守札を結んだ縁起の熊手はこれを求めた人に賊宝をもたらし、
供に添えられた稲の穂は五穀豊穣の恵みにあづかると言われています。

御祭神は、日本武尊。


大森駅からしばらく歩くと、やがてアーケードのある商店街。
この掌底街には既に多くの屋台が並んでいる。

屋台の並びに導かれるように歩いていけば
やがて鷲神社に辿り着きます。

こちらが社号標。

      20181101大森凰鷲神社01



鳥居。

      20181101大森凰鷲神社02


鳥居に掲げられた神額。

      20181101大森凰鷲神社03



こちらは、取りに飾られた提灯。

      20181101大森凰鷲神社04



そんなに敷地も広くはなく、神社そのものも大きくはない。

      20181101大森凰鷲神社05



こちらが、拝殿。

      20181101大森凰鷲神社06


拝殿正面。

      20181101大森凰鷲神社07


参拝客が多く、参拝するにも順番待ち。

      20181101大森凰鷲神社08


      20181101大森凰鷲神社09


      20181101大森凰鷲神社10


何とか参拝もできました。

  

こちらが、神楽殿。

    20181101大森凰鷲神社11


所狭しと飾られた奉納提灯。

      20181101大森凰鷲神社12

その奥は社務所のようですが、本日は閉められています。


こちらの鷲神社も酉の市。
縁起物の熊手が売られています。

      20181101大森凰鷲神社13


      20181101大森凰鷲神社14


      20181101大森凰鷲神社15


熊手の売り手も気合が入っている。

      20181101大森凰鷲神社16



何やら、人の列。

      20181101大森凰鷲神社17



実はこれ、御朱印の順番待ち。

      20181101大森凰鷲神社18


こちらでは、御朱印帳に一つずつ墨書き。

      20181101大森凰鷲神社19

最初は書き手が一人でしたが、その内に一人追加。



10分ほど待って、やっと私の番。

      20181101大森凰鷲神社20



こちらが、拝受した御朱印。

      20181101大森凰鷲神社21

惚れ惚れするような達筆。


大森鷲神社の御朱印も酉の市日限定。
普段は無人の神社なので御朱印は拝受されていないようです。

こちらも無事に拝受できて大満足です。



2018/12/29 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit