FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............連光寺白山神社 (2018年9月8日)(東京都多摩市) 

9月8日

この日は、12時半に多摩市で予定がありました。


相模原市の下九沢御嶽神社をあとにして
本来の目的地へと向かいます。

向かった先は...........連光寺白山神社。


連光寺白山神社は、多摩市連光寺に鎮座する神社です。


寛永3年(1626年)に創建したとされ、
御神体は延宝8年(1680年)に奉遷したものだとされています。

御祭神は、伊邪那岐命、伊邪那美命、白山比咩尊。


実は、この日は連光寺白山神社の例祭日。
(9月8日、9日が例祭日)

以前、宮司さんに電話で問い合わせをしたら、
例祭の日であれば、御朱印を拝受出来ると言う事でした。
例祭日は、いろいろと多忙だろうと思い、都合の良い時間を尋ねたら
『12時半頃が良い』との事で、約束を取り付けていました。


この先が連光寺白山神社。

      20180908白山神社01


祭礼の証、神社幟も立っている。

      20180908白山神社23


こちらが、鳥居。

      20180908白山神社02


鳥居に掲げられた神額。

      20180908白山神社28



こちらが、拝殿。

      20180908白山神社03


拝殿正面。

      20180908白山神社04


      20180908白山神社05



拝殿正面に掲げられている扁額。

      20180908白山神社06



別アングルからの拝殿。

      20180908白山神社24


そして、こちらが本殿。

      20180908白山神社25



拝殿前の白山神社の提灯。

      20180908白山神社08



拝殿前の狛犬。

      20180908白山神社14


      20180908白山神社15




境内はお祭りムード一色。


拝殿前に置かれた飾り。

      20180908白山神社07

どうやら、神輿の飾りの一部のようです。


神輿。

      20180908白山神社10


神輿と一緒に繰り出される太鼓。

      20180908白山神社09


      20180908白山神社11



普段は無人と思われる社務所の中には
氏子の幹部(祭礼の役員)も集まっている。

      20180908白山神社12

社務所の中にいた宮司さんに御朱印をお願いします。


御朱印を待つ間、改めて境内を眺めてみます。


社務所に貼られた、例祭の日程表。

      20180908白山神社13

どうやら、境外社の八坂神社と合同の祭礼のようです。



氏子さんたちも既にかなり集まって来ている。

      20180908白山神社16
      20180908白山神社17


      20180908白山神社18


      20180908白山神社19


      20180908白山神社20


      20180908白山神社21

どうやら、地域に根付いた鎮守様と言うのが
氏子さんたちの顔を見ていれば判る気がします。



境内の記念碑。

      20180908白山神社22



こちらは、本殿裏手の参道口。

      20180908白山神社26



そして、こちらが連光寺白山神社の御朱印。

      20180908白山神社27

この御朱印を拝受したくて、この日多摩市にやって来ました。
念願叶って良かったです。



      
スポンサーサイト



2018/10/21 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............乞田八幡神社 (2018年9月8日)(東京都多摩市) 

9月8日

この日は、多摩市に出かけました。

山神社をあとにして、向かった先は.................乞田八幡神社。


乞田八幡神社は、多摩市豊ヶ丘に鎮座する神社です。


乞田八幡神社は、創建年代は不詳ですが、
延徳2年(1490年)創建と伝えられ、
天和2年(1668)に社殿を創建したとされています。
江戸時代には乞田村・貝取村の鎮守社だったと言われています。


御祭神は、応神天皇。


社号標らしきモノは見当たらない。
こちらが、乞田八幡神社の鳥居。

      20180908乞田八幡神社01


      20180908乞田八幡神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20180908乞田八幡神社03



境内を見ると人集り。

      20180908乞田八幡神社04

何事でしょう?


拝殿に何かが掲げられています。

      20180908乞田八幡神社05


良く見ると、『祝 乞田八幡神社 神輿七十周年記念』と書かれている。

      20180908乞田八幡神社06

どうやら、氏子さんが集まって記念式典が行われ
御神酒を交わしている最中でした。

実は、9月8日、9日と乞田八幡神社の祭礼らしい。
この日、この時間に氏子さんたちが集まって
神輿の70周年記念式典を行った後、祭礼の準備を行うらしい。

式典が終わるのを待って、境内に入り参拝します。


拝殿の扁額。

      20180908乞田八幡神社07


別アングルからの拝殿。

      20180908乞田八幡神社08


      20180908乞田八幡神社09



拝殿は神楽殿も兼ねているのか?

      20180908乞田八幡神社10

引き戸も外され、舞台のように見えます。



こちらは、本殿。

      20180908乞田八幡神社11



こちらは神輿庫。

      20180908乞田八幡神社12

数人の氏子さんが神輿を出そうとしています。



普段は無人の社務所ですが、この日は人が溢れている。

      20180908乞田八幡神社13



境内の記念碑。

      20180908乞田八幡神社14



鳥居脇の旗杭には、神社幟の準備も進みます。

      20180908乞田八幡神社15



神社近くには、祭礼のトラック。

      20180908乞田八幡神社16

きっと、太鼓を積んで神輿の後に付いて叩き鳴らすのでしょう。


祭礼の準備で慌ただしい乞田八幡神社でしたが
何とか参拝出来ました。


こちらが、乞田八幡神社の御朱印。

      20180908乞田八幡神社17


本務社である町田市の母智丘神社の宮司さん宅にて拝受いたしました。




2018/10/19 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............山神社 (2018年9月8日)(東京都多摩市) 

9月8日

9月7日、8日と連休でしたが、前日の7日は惰眠を貪り
ウダウダと過ごしてしまいました。

元々、8日のこの日は都下の多摩市に出かける予定でした。
土曜日だけど、意外に千葉から都内を縦断すると首都高も混んでいる。
渋滞を避けて、朝6時前に自宅を出発。多摩市へと向かいます。

向かった先は...............山神社。

      20180908山神社01



山神社は、多摩市桜ヶ丘に鎮座する神社です。


寺方村(現在の多摩市桜ヶ丘)の寿徳寺の弟子守頓坊が、
生国である山城国より岩石を奉戴して御神体とし、
弘治3年(1557年)寿徳寺境内に創建したと伝えられています。
また、寺方村の鎮守社だったとも言われています。


御祭神は、大山祇命。



こちらが、山神社の鳥居。

      20180908山神社02


鳥居脇には、記念碑。

      20180908山神社03


参道口の神社幟の旗杭。

      20180908山神社04


鳥居をくぐって、石段を上り境内へと向かいます。

      20180908山神社05


境内には手水舎の代わりに小さな手水鉢。

      20180908山神社14



こちらが、拝殿。

      20180908山神社06


      20180908山神社07



拝殿正面。

      20180908山神社08


拝殿正面の彫刻。

      20180908山神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180908山神社10



別アングルからの拝殿。

      20180908山神社11


      20180908山神社12



そして、こちらが本殿。

      20180908山神社13



境内には、中途半端にたたまれたテントが数台。

      20180908山神社15



何故だろう?と思っていたら、社務所の裏にこんな看板。

      20180908山神社16

先週の9月2日、3日が山神社の例祭だったんですね。



境内社。

      20180908山神社17


こちらが社務所。

      20180908山神社18

普段は無人の神社だから閉まっています。


こちらが神輿庫。

      20180908山神社19

中には神輿と太鼓が奉納されています。
先週、大活躍だったんですね。



無人の山神社。
ひっそりとした境内。

      20180908山神社20
      20180908山神社21


そして、山神社の御朱印。

      20180908山神社22



本務社である町田市の母智丘神社の宮司さん宅にて拝受しました。


2018/10/18 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

落合白山神社 (2018年7月9日) (東京都多摩市) 

7月9日

前日から八王子の実家にいたこの日、
実家近くを色々と回っていました。

小野神社をあとにして、向かった先は.........落合白山神社。


落合白山神社は、多摩市落合に鎮座する神社です。

創建の年代は不詳ですが、御神体として祀られている木造の神像七軀は、
遠く平安時代に遡ると言われています。
江戸時代の初期である元和四年(1618年)には、
柚木領落合村を支配していた八王子代官小宮山八兵衛助為が
加賀・白山大権現の神霊を勧請したとされています。

御祭神は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)


こちらが、落合白山神社の社号標。

      20180709合白山神社01



参道口には由緒書き。

      20180709合白山神社02



石段の先に鳥居が見えます。

      20180709合白山神社03



鳥居。

      20180709合白山神社04


      20180709合白山神社05


手水舎。

      20180709合白山神社06



こちらが、拝殿。

      20180709合白山神社07


拝殿正面。

      20180709合白山神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180709合白山神社09



別アングルからの拝殿。

      20180709合白山神社10


      20180709合白山神社11


びいすけ も参拝します。

      20180709合白山神社14



こちらが、本殿。

      20180709合白山神社12


      20180709合白山神社13




拝殿前の狛犬。      

      20180709合白山神社15


      20180709合白山神社16



こちらは、本殿右奥の参道口。

      20180709合白山神社17

さしづめ、裏参道になるのでしょうか?


裏参道口の鳥居に掲げられた神額。

      20180709合白山神社18


境内社。

      20180709合白山神社20


      20180709合白山神社21


      20180709合白山神社22


本殿脇には、古い手水鉢。

      20180709合白山神社23


境内の記念碑。

      20180709合白山神社24



こちらは、社務所。

      20180709合白山神社19

閉まっています。
どうやら、普段は無人の神社のようです。



誰も居ない境内。
    
      20180709合白山神社25
      20180709合白山神社26


こちらの落合白山神社の御朱印は、
正月の初詣の時期限定で拝受されているようです。


2018/09/02 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

マンホールカードを集めよう..................東京都多摩市 (2018年6月27日)(東京都多摩市) 

6月27日

この日は、実家のある八王子市のお隣になる日野市、多摩市界隈に出向きました。


多摩市では、平成29年12月から2種類のマンホールカードの配布を始めました?

実家に遊びに行った際に、貰いに行こうと思いながらも
ついつい足が遠のいていました。

多摩市の小野神社を後にして向かった先は多摩市役所。
2種類あるマンホールカードの1種は、
多摩市役所第二庁舎にて配布されています。

      20180627マンホールカード01



第二庁舎の下水道課にて、マンホールカードをゲット!

      20180627マンホールカード02

こちらは、雨水バージョンですね。


もう1種類は、市役所から徒歩15分ほど。
京王永山駅液近くの永山公民館にた配布されています。

ちょっぴり汗をかきながらの徒歩移動。
永山公民館に到着です。

      20180627マンホールカード03



2種類目のマンホールカードもゲット!

      20180627マンホールカード04

こちらは、汚水バージョンです。



さて、次はマンホールカードのモデルとなった
カラーマンホールの実物を確認いたしましょう。


実物のカラーマンホールは京王永山駅の一つお隣、
京王多摩センター駅近くに数ヶ所設置されているらしい。

車での移動、多摩センターに到着です。


多摩センター駅近く、多摩中央公園周辺にありました。


多摩中央公園のインターロックの遊歩道。
それらしきモノが見えます。

      20180627マンホールカード05



近付いて見ると、市役所でいただいた、雨水バージョン。

      20180627マンホールカード06


      20180627マンホールカード07


もう1種類の汚水バージョンは、
多摩中央公園の出口の歩道にありました。

      20180627マンホールカード08


      20180627マンホールカード09


      20180627マンホールカード10

いずれも、キティちゃんがモデル。
実は、多摩センターにはSanrioピューロランドがあるから
マンホールの設置場所も多摩センター駅周辺になったのでしょう。



こちらが、多摩市のマンホールカード。


雨水バージョン。

      20180627マンホールカード11


      20180627マンホールカード12



そして、汚水バージョン。

      20180627マンホールカード13


      20180627マンホールカード14



デザインは、いずれもキティちゃん。
理由は至極簡単。

「ハローキティにあえる街」として「多摩センター親善大使」である
ハローキティを用いて、多摩市を広報しているんですね。
設置場所も多摩センター周辺としているのもこだわりなんでしょうね。

ちなみに、多摩市の下水道は分流式のため
下水管路が雨水系統と汚水系統の2種類あるため
マンホールカードも2種類用意したそうです。

また、古くから多摩市の中心街である聖蹟桜ヶ丘駅周辺では
あらいぐまラスカル をデザインした2種類のマンホールが設置されているらしい。
こちらは、まだカード化されていないようですが
カード化されたら、是非手に入れたいものです。



※追記

多摩市のラスカルのマンホールカードが
8月11日から新たに配布される事になったそうです。
やっぱり、手に入れなくっちゃ!!




2018/08/25 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り..................小野神社 (2018年6月27日)(東京都多摩市) 

6月27日

この日は、実家のある八王子市のお隣になる日野市、並びに多摩市をうろちょろ。


百草八幡宮をあとにして、向かった先は.........小野神社。


小野神社は、多摩市一の宮に鎮座する神社です。

『延喜式神名帳』に記載されている式内社「武蔵国多磨郡 小野神社」の論社の1つです。
論社として府中市にも小野神社があります。
府中市の小野神社とは多摩川の対岸に位置し、度重なる多摩川の氾濫にともない
遷座を繰り返した結果2社になったとも言われていて、
どちらかが本社で、もう一方は分祠であるとも言われているみたいです。

また、近在に武蔵国府が存在し、武蔵国一宮でありました。
武州六大明神の一つとされ、これらを祀る武蔵国総社の大國魂神社(六所宮)には、
「一宮」として祀られているのが、多摩市に鎮座する小野神社です。

そう言った意味で、武蔵国の一宮とされていますが、
さいたま市の氷川神社も武蔵国の一宮と言われているために
武蔵国では、二つの一宮が存在するようで話がややこしくなっているようです。

創祀年代は不詳ですが、一説には安寧天皇十八年の創建と伝えられる古社となります。

御祭神は、天下春命、瀬織津比咩命、伊弉諾尊、素盞嗚尊、
大己貴大神、瓊々杵尊、彦火火出見尊、倉稲魂命



こちらが、小野神社の社号標。

      20180627小野神社01



鳥居。

      20180627小野神社02


鳥居の神紋

      20180627小野神社03

鳥居に神紋が入っているあたり、さすが一宮。



そして、鳥居の先には随神門。

      20180627小野神社04


隋神門前には狛犬。

      20180627小野神社05


      20180627小野神社06



隋神門正面。

      20180627小野神社32


      20180627小野神社07

扁額には、『隋神門』の文字。
やっぱり『小野神社』にして欲しかった。



彫刻も見事。

      20180627小野神社08


      20180627小野神社09



ガラス越しで見づらいけれど
社殿に向かって右側の左大臣。

      20180627小野神社10


こちらは、向かって左側の矢大臣。

      20180627小野神社11



隋神門の先には手水舎。

      20180627小野神社12



そして、こちらが拝殿。

      20180627小野神社13


拝殿正面。

      20180627小野神社14



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180627小野神社20



別アングルからの拝殿。

      20180627小野神社15


      20180627小野神社16



そして、こちらが本殿。

      20180627小野神社17



拝殿前の狛犬。

      20180627小野神社18


      20180627小野神社19


     
境内社の合殿。

      20180627小野神社21

伊勢神宮内宮、伊勢神宮外宮、三嶋神宮、八坂神社、愛宕神社
安津神社、日代神社、鹿島神社、子安神社、厳島神社、方便神社
摂社・堰宮神社の12柱が祀られています。


こちらは、境内社の秋葉神社。

      20180627小野神社22


同じく境内社の稲荷社。

      20180627小野神社23


      20180627小野神社24



注連縄がかけられた石。

      20180627小野神社25

境内に埋まっていた石を掘り返したところ、
ハート状のくぼみがあったため、縁起が良いであろうということで
この場所に置かれたそうです。



こちらは、東参道になるのか?
境内東側の参道口に建つ古い社号標。

      20180627小野神社29



こちらは神輿庫の類だろうか?

      20180627小野神社26


こちらも神輿庫のように見える。

      20180627小野神社27



こちらは、社務所並びに授与所。

      20180627小野神社28

一宮なのに、無人?
シャッターが閉まっている。

どうやら、無人になる事が多い神社のようです。
宮司さんに電話をしたら、20分ほど待ってくれれば
社務所を開けてくれるとの事で、しばらく待つことに.........




宮司さんを待つ時間は意外に長かったりします。
びいすけ は玉垣の間からかおを出したりして
小野神社を満喫中?

      20180627小野神社30



20分ほど待って、宮寺さんも到着。


こちらが、墨書きしていただいた御朱印。

      20180627小野神社31





さて、............

あまり、神社の批判はしたくないが、敢えて苦言を。


御朱印帳に墨書きをしている際に、宮司さんにこんな事を言われました。

『シャッターが閉まっているのに、わざわざ電話をしてくる感覚か分からない。
その感覚が理解出来ない!』


えっ!
何それ?

こちらとしては、武蔵国の一宮が無人であるとは思わないし
たまたま外出しているのか?と思い電話をしたわけで、
まさか、神社に休みがあるなんて知りません。


HPには、

『朱印をご希望の方は下記までご連絡ください。
遠方からお越しの方は事前の予約をお勧めします』

と記載されている。
そして、こんな記載もあります。

『ご予約・お問い合わせはお気軽にどうぞ。お待ちしております。』

ましてや、御朱印の問い合わせをしたら、
20分ほど待ってくれれば、社務所に出向いてくれると言う事だから
恐縮してはいたけれど、こんな嫌味は無いんじゃない。

こちらは、わざわざ出向いていただいたことには感謝しているし、
気持ち良く御朱印を拝受したかった。

正直、気持ちの良いものじゃない。
ましてや、相場より高い初穂料だし.........
(これって特別料金なの?)



地方の神社巡りをしていると、直接宮司さん宅にお邪魔したり
社務所兼自宅に声を掛けたりして、多くの宮司さんに接して来ました。
だった1枚の御朱印かも知れないけれど、
その御朱印を通じて、多くの宮司さんたちに出会いました。
それもみな、神さまの思召し。それが縁だと思って来ました。

小野神社の御祭神には申し訳ありませんが
二度とお参りに行く気にはなれません。

御朱印拝受の神社巡りも既に200社近くなりますが
こんな嫌な思いをしたのは2回目。
(最初は、小田原市の O稲荷神社 )

こちらの神社には縁が無かったモノだと思う事にいたします。
私にとって、武蔵国の一宮は氷川神社になりました。





2018/08/24 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

関戸城址 (2016年4月23日)(東京都多摩市) 

4月23日 公休日

この日は、稲城市周辺の城址巡りに出かけました。

稲城第八小学校をあとにして、向かった先は...............関戸城址


関戸城の築城時期や築城者等についての詳細は不明です。
1494年に、扇谷上杉定正が山内上杉顕実の関戸の塁を陥落させたという記録があり、
これが関戸城の初見とされているようですが、これが関戸城のことなのか、
あるいは関戸塁(霞の関所)のことなのかは分かっていないようです。
戦国時代になると、関戸城には後北条氏の家臣である佐伯氏が入ったようですが、
その後の歴史についても不詳とされています。


京王線聖蹟桜ヶ丘駅から南に『いろは坂』と呼ばれる坂道を上りきった所が
関戸城址となっているようです。

高校時代を隣町の日野市(高幡不動)で過ごした私にとって
この聖蹟桜ヶ丘は通学で乗り降りした駅であり、
いろは坂を上りきった高台にある桜ヶ丘の住宅街は羨望の地でした。
桜ヶ丘の住宅街に住む同級生が羨ましかった。

      20160423関戸城址01


この階段を上りきった所が、天守台。

      20160423関戸城址02



階段脇には腰曲輪のような削平地もあるけれど
こちらは、後世の宅地開発時の名残りでしょうか?

      20160423関戸城址03


      20160423関戸城址04



こちらが、天守台。
現在は、標柱があるのみ。

      20160423関戸城址05


天守台と言っても、ここに天守台が建っていた訳ではなく
多摩川に面し武蔵野台地を一望できる高台の地であることから、
鎌倉幕府以来の物見台的城塞や狼煙台であったと考えられているようです。
多摩川の対岸の分倍河原から多摩川を渡って関戸に至る地域では、
中世の関東における要地で、この地をめぐって幾多の戦いが繰る広げられました。


      20160423関戸城址06


      20160423関戸城址07

標柱には、こんな文面が記されています。


桜ヶ丘一丁目の金比羅宮(琴平社)付近と「天守台」などといい、一帯の山を「城山」ともいう。多摩川に面し、武蔵野台地を一望できる絶勝の地であることから、鎌倉幕府以来の物見的城砦として敵を察知したり、急変を狼煙などで知らせる通信拠点であったとも考えられる。一帯は関戸城跡とされているが、今はわずかにその一部を留めるのみで、山頂は削られ地形も変わっている。
(多摩市教育委員会)


      20160423関戸城址08



標柱の周辺は宅地開発されて遺構は見当たらない。
城址の北郭にあたる金比羅宮に足を伸ばします。

      20160423関戸城址09

と言っても、標柱から数10mの距離。


郭そのものも広くなく、こじんまりとした金比羅宮です。

      20160423関戸城址10


ジブリ映画『耳をすませば』のモデルになった金比羅宮らしい。
残念ながら、まだこの映画は観てないんですが...............。

      20160423関戸城址11


金比羅宮の隣も向いも住宅地。

      20160423関戸城址12

完全な住宅街の中の金比羅宮です。


確かに、私が高校生だった数十年前から桜ヶ丘の住宅街はあり、
今もその景観は変わらない。


唯一、住宅街の切れ目に堀跡のような茂みがありました。

      20160423関戸城址13

堀跡でも何でもなく、ただ自然地形の茂みなのかは分かりませんが...............。


まぁ、最初から期待はしていなかったし
高校生の時に、体を傾けてオートバイでいろは坂を駆け上がり、駆け下りた...............
そんな若かりし頃の記憶が頭をよぎり、それだけで心が満たされた気になってしまいました。




2016/05/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

一本杉公園 (東京都多摩市) 

昨日(8月26日)の午後3時過ぎに散歩に行こうとしたら、
天候が急転、真っ黒な雨雲に覆われ、そして夕方のニュースで話題になるほどの豪雨となった。
当然、散歩は中止。
その夜、 びいすけ はフラストレーションがたまっていたのか?
しきりに吠えまくっていた..........。

そんなこともあり、今日は午前中から空とにらめっこ。
10時過ぎ、霧雨が一瞬止んだ。
このチャンスを逃す手は無い。
車に びいすけ を乗せ、尾根幹線道路を走り、多摩市の一本杉公園へ。

ここは20数年前に一度来たことのある公園
確か、公園内に古民家があって雰囲気の良い公園だったと記憶していた。

公園の駐車場に車を停め、 びいすけ と公園内の散策・散歩開始。

        20110827一本杉公園

見晴台で写真撮影

        20110827一本杉公園4


        20110827一本杉公園5


        20110827一本杉公園6


この公園内には、人口の川、そして池があります。
水が苦手な びいすけ は恐る恐る近づきますが..........
やっぱり苦手なようで、ハッと驚き、逃げます。

        20110827一本杉公園2


        20110827一本杉公園3
 

公園の外周に『多摩市よこやまのみち』というハイキングコース(?)があり、
遠い昔、このあたりが裏鎌倉街道であったとか......?
そんな案内柱を眺めながら、 びいすけ と裏鎌倉街道(?)の一部を歩きます。

       20110827一本杉公園9


       20110827一本杉公園10



目的の古民家は2棟ありましたが、いずれも『ペットの立ち入りはご遠慮願います』の看板が......
仕方が無いので、 びいすけ を手すりに繋ぎ、一人でこっそり見学しようとすると、
『ワン ワン! ワン ワン!! ワン ワン!!!』と吠える声が.....

見学はあきらめました。

        20110827一本杉公園7


        20110827一本杉公園8




やっぱり、芝生が1番好きなのか?
芝生の広場に連れて行くと、 びいすけ も喜んでいるような気がします。

        20110827一本杉公園11

        20110827一本杉公園12


        20110827一本杉公園13

        20110827一本杉公園14


12時少し前、また霧雨が...........
急いで撤収。

今、14:00過ぎですが、びいすけ は実家のソファで大の字になって寝ています。
これで昨夜のフラストレーションは解消してくれたかな?
 
 
        
2011/08/27 Sat. 14:17 | trackback: 0 | 本文: 0edit