10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

八房生誕の地 (八房公園)   (2017年3月9日)(千葉県南房総市) 

3月9日  公休日

この日は、南房総市に出かけました。


南房総市の犬掛地区は『犬掛の里』とも呼ばれ
南総里見八犬伝の所縁の地でもあります。
と言うのも犬掛地区に、伏姫の愛犬八房誕生の地と伝えられる場所があります。

物語によれば、室町時代、親犬をオオカミに食い殺された子犬を、老狸が育てていました。
その噂が領主・里見義実の耳に入り、子犬を召し寄せて「八房」と名付け、
愛娘伏姫の愛犬として可愛がりました。

その後、里見は隣国と戦になり滝田城に籠城します。
義実は、八房に「敵将の首を取ったら伏姫をやる」と口走り、
八房は本当に敵の首を取って来てしまいます。
義実は、約束通り伏姫を八房の妻としました。
こうして伏姫と八房は、城を出て山中の「伏姫籠穴」で暮らすことになります。

犬掛の春日神社脇に八房誕生の地があり、そこには八房と狸のブロンズ像が建てられています。
近くには、里見家が分裂して骨肉の争いをした犬掛古戦場跡があります。


犬掛合戦場跡から歩いても5分程度の距離。
県道脇の路肩のスペースに車を停めて向かいましょう。

      20170309八房生誕の地01


      20170309八房生誕の地02



里山を歩いて行きます。
畑の周りには、白い針金のような防護線。

      20170309八房生誕の地03


よく見ると『きけん』と札が掛けられています。

      20170309八房生誕の地14

害獣(イノシシ)防止のために電流が流れているんですね。



こちらの畑には、イノシシ捕獲用の檻。

      20170309八房生誕の地04


野生のイノシシが出没するとは、ある意味、自然の宝庫とも言える里山です。



程なくして、八房公園に到着。

公園と言っても小さな公園で何もない。
敷地も近隣の方の駐車場と化しています。
一応、ここが『八房生誕の地』と言うことらしい。


敷地の一角には、『八房伝説』の説明板。

      20170309八房生誕の地05



そして、八房の像。

      20170309八房生誕の地06



これが見たかったんだよねぇ。

      20170309八房生誕の地07



びいすけ と並んで写真を撮りたかった(笑)。

      20170309八房生誕の地08



こうやって見ると、八房は凛々しい和犬ですね。

      20170309八房生誕の地09




八房公園の隣が春日神社(犬掛春日神社)。

      20170309八房生誕の地10


      20170309八房生誕の地11


      20170309八房生誕の地12


      20170309八房生誕の地13


隣が春日神社と言うか、春日神社の敷地の一角が
八房公園と言った方が適切のような気がします。


しかしながら、こうやって『八房生誕の地』として像まで建てられると
『南総里見八犬伝』が史実のような気がして来ます。

やっぱり、一度読破しないとダメかなぁ...............?(笑)





スポンサーサイト
2017/04/02 Sun. 12:12 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伏姫公園  (2014年1月26日)(千葉県南房総市) 

1月26日 公休日

この日は、南房総市に出かけました。

この日、『南総里見八犬伝』の舞台でもある伏姫籠穴に行きました。
せっかくだから、『南総里見八犬伝』繋がりで
伏姫の像がある公園に立ち寄ってみることにしました。

立ち寄った先は...............伏姫公園



伏姫公園は、JR内房線「岩井駅」すぐそばにある公園です。
里見八犬伝の伏姫と八房の像があります。
毎年、X'masシーズンにはイルミネーションが施され
ちょっとした観光スポットになっているようです。


こちらが、JR岩井駅。

      20170126伏姫公園01

数年前に、この丸ポストを見に来たことがあります。


駅のすぐ脇にある小さな公園。
これが、伏姫公園です。

      20170126伏姫公園0102

こちらが駅側の入口。



そして、出口と言うか、
公園の敷地はこの辺りまで。

      20170126伏姫公園0104

とにかく、本当に小さな公園です。



芝生の中に置かれた像。

      20170126伏姫公園0106

立ち入り禁止のトラロープが張られています。


像の前の碑。

      20170126伏姫公園0107



そうです。
こちらが、伏姫と八房の像。

      20170126伏姫公園0108


      20170126伏姫公園0109


      20170126伏姫公園0110


イルミネーションが像の周りに張り巡らせてあるので
芝生も立ち入り禁止にしているようです。



反対側の芝生にも、何やら碑のようなモノがある。

      20170126伏姫公園0103


千葉県ではお馴染み。
房総の魅力500選の碑。

      20170126伏姫公園0111

てっきり、選定場所は『伏姫公園』かと思っていたら
『富山と伊予ヶ岳』でした。


おそらく、この山が富山。
そしてその背後には伊予ヶ岳があるのでしょう。

      20170126伏姫公園0112


JR岩井駅の近くには、もう1つ名所(?)があるらしいから
車は岩井駅に置いて、歩きながらそちらに向かいましょう...............



2017/02/17 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伏姫籠穴   (2017年1月26日)(千葉県南房総市) 

1月26日  公休日

この日は、房総半島の南房総市に出かけました。

『とみやま水仙遊歩道』をあとにして、向かった先は...............伏姫籠穴


伏姫籠穴は、滝沢馬琴の名作「南総里見八犬伝」の舞台と言われる伏姫と八房が籠もった「籠穴」です。
富山中腹にあり、八房が眠るという「犬塚」もあります。
籠穴の入口は高さ約1mほどです。
辺りは木々がうっそうと茂り、幻想的な雰囲気が漂います。


『南総里見八犬伝』は読んだことはないけれど、
遠い昔(かなり昔話です)、真田広之と薬師丸ひろ子が共演した『里見八犬伝』って言う映画を見た記憶がありますが、
それとは、内容が違うのかな?

調べて見ると...............

『南総里見八犬伝』は、室町時代後期を舞台に、安房里見家の姫・伏姫と
神犬八房の因縁によって結ばれた八人の若者(八犬士)を主人公とする長編伝奇小説である。
共通して「犬」の字を含む名字を持つ八犬士は、それぞれに仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の
文字のある数珠の玉(仁義八行の玉)を持ち、牡丹の形の痣を身体のどこかに持っている。
関八州の各地で生まれた彼らは、それぞれに辛酸を嘗めながら、
因縁に導かれて互いを知り、里見家の下に結集する............... (Wikipedia より抜粋)

確かに映画もこんな内容だったような気がします。




富山中学校脇の狭い道を富山登山口目指して進むと
やがて伏姫籠穴に到着します。
とにかく狭い道なので、対向車が来ない事を願うのみ。
何せ、離合が出来ない本当に狭い道です。



無事、伏姫籠穴に到着。

      20170126伏姫籠穴01


こちらが、入口。

      20170126伏姫籠穴02

見るからに城門のような造り。
戦国時代の里見氏のイメージかな?


門に掲げられた扁額。

      20170126伏姫籠穴03


門の塀には、説明板も掲げられています。

      20170126伏姫籠穴32

じっくり説明文も読みましょう。


門をくぐって、すぐさま視界に入る『犬塚』。

      20170126伏姫籠穴05



本当に、この下に八房が眠るのか?

      20170126伏姫籠穴06

『南総里見八犬伝』って創作でしょ?(笑)



先に進みましょう。

石段を登り...............

      20170126伏姫籠穴07


コンクリートの坂道を上って行きます。

      20170126伏姫籠穴08



またまた、階段。

      20170126伏姫籠穴09


階段の先に展望台のようなモノが見えます。

      20170126伏姫籠穴10


展望台(?)には、またまた説明板。
(実は、入口の塀に掲げられていたモノと同じ内容です。)

      20170126伏姫籠穴11



展望台は八角形の形をしています。

      20170126伏姫籠穴12


上から見ると、こんな感じ。

      20170126伏姫籠穴13



その八角形の柱には、八犬士の名前が刻まれています。

      20170126伏姫籠穴14


      20170126伏姫籠穴15


      20170126伏姫籠穴16


      20170126伏姫籠穴17


      20170126伏姫籠穴18


      20170126伏姫籠穴19


      20170126伏姫籠穴20


      20170126伏姫籠穴21




そして床には、『仁義八行の玉』の文字。

      20170126伏姫籠穴22


      20170126伏姫籠穴23


      20170126伏姫籠穴24


      20170126伏姫籠穴25


      20170126伏姫籠穴26


      20170126伏姫籠穴27


      20170126伏姫籠穴28


      20170126伏姫籠穴29

なかなか、凝っている。



肝心の伏姫籠穴は、この奥。

      20170126伏姫籠穴30



小さな石碑も建てられています。

      20170126伏姫籠穴31


こちらが、伏姫籠穴   

      20170126伏姫籠穴33


      20170126伏姫籠穴32




こうやって見てみると、どこまでが小説なのか?
分からなくなってきます。

いつか機会があったら、『南総里見八犬伝』も読んでみようかな...............?




2017/02/15 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit