09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...............八束小学校 (2016年5月18日)(千葉県南房総市) 

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。


稲都小学校をあとにして、向かった先は...............南房総市立八束小学校


八束小学校の在った地区は、旧・富浦町。
平成18年に誕生した南房総市は7つの町村が合併して誕生しましたが
三芳村を除く6つの町村域で平成23年から大々的な学校の統廃合が始まりました。
その第一弾が、八束小学校の在った旧・富浦町でした。


八束小学校は

明治7年      青木学校創立。
          宮本学校創立。
明治16年     両校が統合して本生小学校となる。
明治20年     五明小学校と改称する。
明治23年     五明尋常小学校と改称する。
明治41年     鶴鳴尋常小学校と統合して八束尋常小学校となる。
昭和22年     学制改革により八束村立八束小学校と改称する。
昭和30年     八束村が富浦町と合併して富浦町となる。
           富浦町立八束小学校と改称する。
平成18年     富浦町、千倉町、丸山町、富山町、白浜町、和田町、三芳村が合併して南房総市となる。
            南房総市立八束小学校と改称する。
平成23年     冨浦小学校と統合して廃校となる。



こちらが、八束小学校の正門跡。

      20160518八束小学校01

何やら新しい表札富浦町言うか看板と言うか、
聞き慣れない施設の名称になっています。


すぐ近くには、富浦町時代の看板が建っています。

      20160518八束小学校02

看板を見る限り、八束小学校跡で間違いない。



コンクリートの道も打ったばかりのように白い。

      20160518八束小学校03


現在は、『南房総市立富浦こども園』と言う施設になっているようです。

      20160518八束小学校04

何と無く嫌な予感...............。


念のため、 びいすけ を置いて敷地内に入り、関係者に話を聞いてみます。
(リードをガードレールに括り付け、急ぎ足でダッシュ!)


『南房総市立富浦こども園』とは、旧・富浦町域における幼稚園と保育園が共存する施設らしい。
早い話が幼稚園+保育園。
話を聞いてびっくり。
何と、5月2日にオープンしたばかりだと言う。

さすがに、幼稚園や保育園となると犬連れで見学も出来ない。
もちろん中に入るわけじゃ無いんだけど、今までの経験上、小学校跡地が幼稚園等になった場合、
まず、嫌がられます。
別に怪しいことをするわけじゃなく、
廃校記念碑等の石碑の写真を撮るだけでも、露骨に嫌がられます。

記念碑等の事を聞いていたら、駐車場の奥にそれらしきモノがあると言うことで
見学させて貰うことにしました。

(と、言う訳で 今回は殆んど びいすけ の出番は無し。)


こちらが、八束小学校跡のモニュメント(?)。

      20160518八束小学校05

花壇に埋められているし、高さも無いし、
碑と呼ぶにはちょっぴり抵抗があります。

本当はじっくり眺め、プレート一枚ずつ拡大写真で撮りたかったんですが
置き去りにしてきためびいすけ が気になるから、この一枚のみ。



こちらは、子供たちの像。

      20160518八束小学校06

きっと、校舎の前に飾られていたのでしょう。


どうやら、学校遺構はこの辺りにまとめたようで
この一画は、さしずめ八束小学校スペースと言った感じです。

      20160518八束小学校07

廃校跡では、お馴染みの防災倉庫もあるし(笑)。

残念なのは、二ノ宮像が無い。



新しく建てられた、園舎。

      20160518八束小学校08

こんな感じで校舎は建っていたのでしょう。



正門跡(?)近くには椰子の木。

      20160518八束小学校09

房総半島南部の学校ではシンボルツリーは椰子の木なんですね。




ここでもちょっぴり後悔。
もうちょっと早く訪れれば良かった。
確か、誰かのブログで平屋建ての校舎の画像を見た記憶があって
近い内に行こう!と思いながらも、ズルズルとこの日になってしまった。
道の駅に変貌してしまった保田小学校と全く同じパターン。

解体するにしても、改修(改築)するにしても工事が始まったら見ることも出来ないし
工事が終わってしまったら、元の形は残っていない。

タイミングが悪いって言えば、そうなんだけど。
やっぱり、廃校巡りも思い立ったら吉日。
そう思って行動しなくちゃダメなんだろうなぁ...............










2016/06/11 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............稲都小学校 (2016年5月18日)(千葉県南房総市) 

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。


国府小学校をあとにして、向かった先は...............旧.・三芳村立 稲都小学校


稲都小学校の在ったこの地区は、南房総市の旧・三芳村域。
かつて三芳村には3つの小学校が在りましたが、いずれも統合して
1つの小学校に集約してしまいました。
それは、今から44年前のことになります。



稲都小学校は

明治6年      江田学校創立
         山名学校創立
明治8年      江田学校が御庄学校と改称し、後に御庄小学校となる
明治19年     山名学校が山名尋常小学校と改称する
明治27年     稻都高等小学校が開校する
明治36年     御庄小学校、山名尋常小学校、稻都高等小学校が統合して稻都尋常高等小学校が開校。
昭和22年     学制改革により稻都村立稻都小学校と改称する。
昭和28年     稻都村、国府村滝田村が合併して三芳村となる。
         三芳村立稻都小学校と改称する。
昭和47年     稻都小学校、国府小学校、滝田小学校が統合して三芳小学校が開校。
         稻都小学校は廃校となる

と、このような沿革となっているようです。



南房総市の山名地区。
以前は三芳村、さらに遡れば稲都村。
その山名地区にある稲都農村公園が稲都小学校の跡地となっています。

      20160518稻都小学校01


また、稲都小学校の在った敷地内には、御庄集会所が建っています。

農村公園の駐車場から集会所を眺めると、こんな感じ。

      20160518稻都小学校02



集会所がまるで、小学校の校舎のように見えます。

      20160518稻都小学校03


      20160518稻都小学校04


何と無く、稲都小学校の校舎のような気がしたので
集会所に居たご婦人に話を伺ったら、廃校後に校舎は解体され
その跡に集会所を建てたらしい。


校庭跡は、ゲートボール場となり、この日も先ほど話を伺ったご婦人達が
ゲートボールをしていたらしい。

      20160518稻都小学校05


      20160518稻都小学校06



集会所の脇にお目当の石碑を発見。

      20160518稻都小学校07


『稲都小学校跡』の碑。

      20160518稻都小学校08

開校が明治41年と刻まれているけれど、南房総市教育委員会による
沿革によれば、稲都小学校の歴史は江田学校と山名学校から始まっている。
おそらく、この地に明治41年に移転してきたのでしょう。


歴代のPTA会長の名が連なっています。

      20160518稻都小学校09

歴代の校長では無いところが、思わず笑えます。
PTA会長職を務めることも一種のステータスだったかもしれません。



小ぶりだけれど、きっと稲都小学校時代からの桜の木。

      20160518稻都小学校10



お約束(?)とも言える防災倉庫。

      20160518稻都小学校11

南房総市ではなく、三芳村と言うのが泣かせます。

敢えて、南房総市に書き直すことも無く、
三芳村のままにしているのは、
三芳村に対する拘りなんだろうか...............?








2016/06/10 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............国府小学校 (2016年5月18日)(千葉県南房総市) 

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。

滝田小学校をあとにして、向かった先は...............旧・三芳村立 国府小学校


国府小学校の在ったこの地区は、南房総市の旧・三芳村域。
かつて三芳村には3つの小学校が在りましたが、いずれも統合して
1つの小学校に集約してしまいました。
それは、今から44年前のことになります。



国府小学校は、

明治6年      谷向学校創立。
         本織学校創立。
明治20年      両校が統合して菁莪尋常小学校となる。
明治31年     高等科を併設して菁莪尋常高等小学校となる。
昭和22年     学制改革により国府村立国府小学校と改称する。
昭和28年     稻都村、国府村滝田村が合併して三芳村となる。
         三芳村立国府小学校と改称する。
昭和47年     稻都小学校、国府小学校、滝田小学校が統合して三芳小学校が開校。
         国府小学校は廃校となる

と、このような沿革になっているようです。


実は、この国府小学校。
昭和47年に廃校になったことはネットで知り得ていましたが
場所がどこに在ったのか? 情報が乏しくて
正直、この日まで訪問は諦めていました。
滝田小学校のすぐ近くに住むご婦人に色々と話を伺ったら
国府小学校卒業だと言うことで、詳しい場所を教えて頂き、
何とか辿り着く事が出来ました。

とは、言っても旧・三芳村の中心街から旧・和田町へと向かう県道296沿いにあるので
ひょっとしたら、自力で見つけられたかも...............?
でも、先ほどのご婦人に色々と情報を頂いたのが正解です。


こちらが、国府小学校の正門跡。

      20160518国府小学校01


県道296沿いにあります。


既に、表札は外され(44年前だから当たり前か?)
白いプレートが埋め込まれています。

      20160518国府小学校02

実は、この国府小学校は廃校後、跡地に三芳幼稚園として利用されていたようです。
その三芳幼稚園も数年前に移転してしまい、現在はそのままに状態となっています。
中国系の企業(工場?)に貸し出しすると言う話もあったようですが
あくまでも噂の域の話で、いつの間にかその噂むも無くなったようです。
この辺りの話は、やはり地元の人に訊かないとわかりませんね。




広い校庭。

      20160518国府小学校03


敷地には、体育館と、幼稚園時代の名残りの建物。

      20160518国府小学校04



無造作に置かれた石碑と門柱。

      20160518国府小学校05



おそらく、国府小学校の正門の門柱でしょう。

      20160518国府小学校06



そして、こちらがお目当の石碑。

      20160518国府小学校08



碑文は、『国府小学校跡』。

      20160518国府小学校07


簡単ながら、沿革も記されています。

      20160518国府小学校15





残念ながら校庭には遊具類も無く、興味を引く遺構はこの2点。



敷地内に残るプレハブ残る建物には『まほろば児童クラブ』の文字が確認出来ます。

      20160518国府小学校09


一目で体育館と判る建物も三芳幼稚園の施設として活用されていたのでしょうか?

      20160518国府小学校10




房総半島南部の学校には、なぜか椰子の木が多い。

      20160518国府小学校11




広い校庭跡
何も無いから、余計に広く感じます。

      20160518国府小学校12



校庭の一画に土壇。
この一画だけが敷地外になるのか?
何かの塚だと思うのだが、ロープが張られ立ち入り禁止。

      20160518国府小学校13


別なアングル(県道からの反対側)の国府小学校。

      20160518国府小学校14



訪れることを諦めていた国府小学校。
何とか辿り着く事が出来てラッキーでした。
やっぱり、解らないことは地元の人に聞く。

これが正解のようです。









2016/06/09 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............滝田小学校 (2016年5月18日)(千葉県南房総市) 

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。

二葉分校をあとにして、向かった先は...............三芳村立滝田小学校


滝田小学校の在ったこの地区は、南房総市の旧・三芳村域。
かつて三芳村には3つの小学校が在りましたが、いずれも統合して
1つの小学校に集約してしまいました。
それは、今から44年前のことになります。



滝田小学校は、

明治7年      千代学校創立。
          真名板学校創立。
明治23年     千代学校、真名板学校、増間尋常小学校、堀内学校が統合して
          滝田尋常小学校が開校する。
明治42年     滝田尋常高等小学校と改称する。     
昭和22年     学制改革により滝田村立滝田小学校と改称する。
昭和28年     稻都村、国府村滝田村が合併して三芳村となる。
          三芳村立滝田小学校と改称する。
昭和47年     稻都小学校、国府小学校、滝田小学校が統合して三芳小学校が開校。
          滝田小学校は廃校となる

と、このような沿革となっているようです。




こちらが、滝田小学校への入り口。

      20160518滝田小学校01


廃校後、跡地は『みよし交流館』『ファミリーキャンプ場』となっているようです。


いかにも正門跡っていう感じ。

      20160518滝田小学校02

おそらく、この場所に門柱が建っていたのでしょう。



校舎はとっくに解体され、現在は『みよし交流館』と言う建物が建てられ、
地域の交流の場所となっているようです。

      20160518滝田小学校03



また、敷地の一部が『滝田農村公園』となっているようです。

      20160518滝田小学校04



キャンプ場でもあるから、広い校庭跡は適度に草も生え
テントを張るにはちょうど良い?

      20160518滝田小学校05


      20160518滝田小学校06


学校跡には建てられる公民館の類いは、イメージをダブらせるのか?
はたまた、意図的に雰囲気を出すのか?
平屋建ての校舎のイメージを継承するモノが多い気がします。
もちろん、こちらの『みよし交流館』も遠目に見ると、校舎の様に見えなくもない。

      20160518滝田小学校07



目ざとく、動物のオブジェに近づく びいすけ 。

      20160518滝田小学校08

残念ながら、校庭にはこのオブジェ以外に、学校を彷彿させるものは無い。
ブランコや滑り台と言った遊具も撤去されてしまっています。

廃校の記念碑や二ノ宮像も見つからず、学校遺構もこれと言って見つからない。
この地をあとにしようと思って車に戻る途中に、近隣のご婦人に話を伺ったら
『みよし交流館』の玄関前(?)に石碑があると教えてくださいました。
慌てて、『みよし交流館』に戻ります。



こちらは、もう一つの通用口。
ひょっとしたら、こちらが本来の通学路だったかも知れません。

      20160518滝田小学校09

いかにも、この先に校門が建っていそうな雰囲気。



この道を進めば、『みよし交流館』

      20160518滝田小学校10

おそらく、校舎もこんな感じで建っていたのでしょう。



『みよし交流館』の玄関。

      20160518滝田小学校11


びいすけ の背後に小さな石碑があります。

      20160518滝田小学校12



こちらが、その石碑。

      20160518滝田小学校13

申し訳無さそうに、控えめに『滝田小学校跡』の文字。

確かに滝田小学校跡の碑ですが、見た感じは庭石。
まず、一発で見つけ出すことは難しい(笑)。



お約束(?)の廃校跡の消防倉庫。

      20160518滝田小学校14



殆んど学校遺構の無かった滝田小学校跡ですが、『滝田小学校跡』の碑に出会えて良かった...............。











2016/06/08 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて......................滝田小学校二葉分校 (2016年5月18日)(千葉県南房総市) 

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。

平群小学校をあとにして、向かった先は...............旧・三芳村立 滝田小学校二葉分校


二葉分校は、

明治7年       増間小学校として開校する。
明治32年       済美尋常小学校と改称する。
明治42年       滝田村立滝田尋常小学校二葉分校となる。
昭和22年       学制改革により、滝田村立滝田小学校二葉分校と改称する。
昭和28年       滝田村、国府村、稲都村が合併して三芳村となる。
             三芳村立滝田小学校二葉分校と改称する。
昭和44年       滝田小学校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革となっています。


昭和44年に廃校となった二葉分校は、地域(増間)のコミュニティセンターとして活用されているようです。


こちらが、二葉分校の入り口。

      20160518二葉分校01



門には『増間農村公園』の表札。

      20160518二葉分校02



時計の付いた、一見すると校舎のような建物は廃校後に建て替えられたモノ。

      20160518二葉分校03



きっと、こんな感じで二葉分校の校舎も建っていたのでしょう。

      20160518二葉分校04


      20160518二葉分校05


      20160518二葉分校06


コミュニティセンターの玄関脇には、二葉分校の石碑。

      20160518二葉分校08


      20160518二葉分校09

正直、この碑が在ることを知らなかったから
見つけた時はちょっぴり嬉しかったなぁ。


校庭には、桜の木と数基の遊具。

      20160518二葉分校07


      20160518二葉分校10


      20160518二葉分校11


      20160518二葉分校12


      20160518二葉分校13


廃校跡にはお約束とも言える防災倉庫もありました。

      20160518二葉分校16





広くはないけれど、一応遊具もあるから農村公園と名付けているのだろうか?

      20160518二葉分校14


      20160518二葉分校15


      20160518二葉分校17


南房総市の山間部。
訪れる人も無く、平日だから目の前の道路を走る車もない。
長閑と言えば、言葉通りだけど
この地に学校が再び出来るなんて、おそらく二度と無いだろう。
いずれ、この増間集落ももっと寂れていくことでしょう。
そして、この地に二葉分校が在ったことも忘れ去られていくことでしょう。

Wikipedia にも載っていない小さな廃校の分校跡。
忘れないでおこう...............。



2016/06/07 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて....................平群小学校   (2016年5月18日)(千葉県南房総市)  

5月18日 公休日

この日は、房総半島南部の鋸南町・南房総市の廃校巡りに出かけました。


佐久間尋常小学校跡をあとにして、向かった先は...............南房総市立平群小学校


『平群』と書いて『ひらくり』と読むらしい。
日本語の漢字の読みって難しい。地名や人名には難読が多い。


平群小学校は

明治40年      平久里中、山田、荒川、曦、南の5尋常小学校と
            高等小学校が統合して、平群尋常高等小学校として開校する。
昭和22年      学制改革により、平群村立平群小学校と改称する。
昭和30年      平群村が岩井町と合併して富山町となる。
            富山町立平群小学校と改称する。
平成18年      富山町が富浦町、和田町、三芳村、白浜町、千倉町、丸山町と合併して南房総市となる。
            南房総市立平群小学校と改称する。
平成24年      平群小学校と岩井小学校が統合して、新たに富山小学校が開校する。
            (施設は岩井小学校跡を流用する。)
            平群小学校は岩井小学校と共に廃校となる。

と、このような沿革になっています。




こちらが、平群小学校の正門。

      20160518平群小学校01

正面のバスの背後に建っているのが体育館。



門柱には、平群小学校と平群幼稚園の表札。

      20160518平群小学校02

地方の小学校に多い、幼稚園併設の小学校だったようです。



こちらが体育館。

      20160518平群小学校03



体育館の正面玄関の庇には、平群小学校の校章が掲げられています。

      20160518平群小学校04



体育館の脇を通り奥に入って行くと...............

      20160518平群小学校05


平群小学校の校庭はスクールバスの待機所となっているようです。



こちらが校舎。

      20160518平群小学校06


      20160518平群小学校07


      20160518平群小学校08



木造校舎も在るようですが、ひょっとしたら隣接する幼稚園の一部かも知れません。

      20160518平群小学校09



こちらが、幼稚園の旧・園舎。

      20160518平群小学校10

幼稚園も廃園となり、同じ敷地内に平群保育所がありますが
そちらは別な建物を使用しています。
廃校なのに駐車場にクルマが数台停まっていたのは、
そちらの関係者なんですね。




そして体育館。

      20160518平群小学校11

スクールバスも朝の送迎を終え、夕方まで待機ですね。



校庭に残る遊具類。

      20160518平群小学校12


      20160518平群小学校13


      20160518平群小学校14


      20160518平群小学校15


      20160518平群小学校16


      20160518平群小学校17




こちらは卒業制作のようですが、台座だけしか残っていない。

      20160518平群小学校18


こちらも同じようです。

      20160518平群小学校19



創立百周年の記念植樹をしたようですが、標柱も雑草に隠れています。

      20160518平群小学校20



朝礼台。

      20160518平群小学校21



校舎新築記念の碑。

      20160518平群小学校22

碑文によれば、昭和44年に建てられた校舎のようです。


残念ながら、廃校記念碑や学校跡の碑は見つかりませんでした。
二ノ宮像もありませんでした。


一瞬、二ノ宮像かと思った像。

      20160518平群小学校23



シロツメクサの茂る校庭で、またもや びいすけ の得意技。

      20160518平群小学校24

ゴロ〜んと転がって、背中を擦り擦り匂い付け?



昭和44年に建てられた校舎の前にて。

      20160518平群小学校25



雰囲気のある木造モルタルの校舎。

      20160518平群小学校26



体育館の反対側は広いグランド。

      20160518平群小学校27


ひょっとしたら、以前この場所に平群中学校が在ったのかも知れない。

      20160518平群小学校28


とにかく、この地に昭和45年までは平群中学校、平群小学校、平群幼稚園と
教育施設がまとまって存在していました。いわゆる村の中心地だった訳ですが、
中学校がなくなり(昭和45年廃校)、小学校も幼稚園も廃校・廃園となってしまい、
いまや、南房総市の単なる一地区となってしまったようです。
こちらの住民じゃないけれど、何と無く虚しい気分になるのは何故だろう...............?





2016/06/06 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit