FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............明治神社   (2020年2月11日)(千葉県千葉市緑区) 

2月11日

この日は、九十九里方面へ出かけました。

松之郷八坂神社をあとにして、向かった先は...............明治神社。

明治神社は、千葉市緑区土気に鎮座する神社です。

明治45年(1912年)旧・土気本郷町に設立された遥拝所が基となり、
明治天皇崩御後の同年12月に御真影を掲げたのが始まりとされる。
約30年前、土地所有者と神社の間で土地をめぐるトラブルがあり、
しばらく立ち入り禁止となっていたそうです。
地元の小高さんが中心となって明治神社再建委員会を立ち上げられ、
平成22年(2010年)有志からの借入金で土地を購入。
雑木林のように荒れていた境内で、木の伐採や草刈りをボランティアが行い
本殿を白色や朱色に塗り直し、プレハブの仮社務所を設置して、再建されました。
昨年(令和元年)あたりから御朱印も対応されるようになったようです。

御祭神は、明治天皇。



最近は、ご無沙汰ですが.........
ドッグランの『すいらん』に行く時に
いつもこの神社の前の道を通っていました。
頻繁に『すいらん』に通っていたのは役7年前。
神社が在ったのは、薄ら記憶に残っているのですが
その時は、まだ整備されていなかったような気がします。


神社社頭。

     20200211明治神社01



鳥居。

     20200211明治神社02



参道。

     20200211明治神社03


参道の幟。

     20200211明治神社04



参道の由緒書き。

     20200211明治神社05


     20200211明治神社06



拝殿が見えてきました。

     20200211明治神社07



手水舎。

     20200211明治神社08



拝殿正面。

     20200211明治神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200211明治神社10



別アングルからの拝殿。

     20200211明治神社11


     20200211明治神社12



そして、こちらが本殿。

     20200211明治神社13


拝殿前の狛犬。

     20200211明治神社14


     20200211明治神社15



びいすけ も参拝。
 
     20200211明治神社16



境内の記念碑。

     20200211明治神社17


     20200211明治神社18



こちらは、御輿庫でしょうか?

     20200211明治神社19



こちらは、御神木。

        20200211明治神社22
     20200211明治神社23



こちらは社務所。

     20200211明治神社20

普段は無人の神社です。

実は昨日、本務社の方に電話で問い合わせをしたら
御朱印等は、本務社は関与せず、氏子さんが対応しているとの事で
本務社から氏子総代さんに連絡を取って頂き、
この日の14時〜15時の間で氏子総代さんど待ち合わせをさせて頂きました。

無事、氏子総代さんともお会いでき、御朱印をお願いする事が出来ました。

     20200211明治神社21



てっきり、書置きの御朱印かと思ったら
氏子総代さんが筆耕していただきました。

御朱印を待つ間、『これでもどうぞ!』と
小さな額に入って、書置きの御朱印を貰っちゃいました。

     20200211明治神社24


こちらが、額に入った書置きの御朱印。

     20200211明治神社26


そして、氏子総代さんの筆耕された御朱印。

     20200211明治神社25


ありがとうございました。



スポンサーサイト



2020/03/27 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  松之郷八坂神社   (2020年2月11日)(千葉県東金市) 

2月11日

この日は、九十九里町から東金市へと移動。
やって来たのは、...............松之郷八坂神社。


こちらの神社に来るのは、これで4度目になるんだろうか?
東金市、山武市、大網白里市の神社を約30社ほど兼務しているらしいから
これからも、ちょくちょく立ち寄る事もあるでしょう。


社号標。

     20200211松之郷八坂神社01


神社社頭。

     20200211松之郷八坂神社02


説明板。

     20200211松之郷八坂神社03




参道。

     20200211松之郷八坂神社04
     20200211松之郷八坂神社05
     20200211松之郷八坂神社06



拝殿。

     20200211松之郷八坂神社07



拝殿の背後には立派な本殿。

     20200211松之郷八坂神社08
     20200211松之郷八坂神社09

こちらの八坂神社の本殿は、いつ見ても圧巻。




     20200211松之郷八坂神社10


     20200211松之郷八坂神社11


     20200211松之郷八坂神社12


     20200211松之郷八坂神社13


こちらが、社務所。

     20200211松之郷八坂神社14

多くの神社を兼務されているから、宮司さんが居られる機会は少ない。
この日、午前中は九十九里の神社を廻るから、
午後1時に約束をしていたけれど、どうやら遅れている模様。

1時半まで待ちますが.........

     20200211松之郷八坂神社15
     20200211松之郷八坂神社16

その間、参拝者が2組来られましたが
社務所が閉まっていたので、残念そうに帰って行かれました。


14時から15時の間で千葉市緑区土気で待ち合わせがあったので
一旦、ここを離れ、16時ごろに再訪。
無事、宮司さんともお会いでき、御朱印を頂く事が出来ました。



こちらが、松之郷八坂神社の御朱印。

     20200211松之郷八坂神社17


宮司さんも気を使われて、待たせてしまった事を申し訳なく思い
何と、お土産を戴いちゃいました。

     20200211松之郷八坂神社18


自宅に帰って開けてみたら、紅白饅頭。

     20200211松之郷八坂神社19

美味しく頂きました。
ありがとうございました。


2020/03/27 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............武射神社   (2020年2月11日)(千葉県東金市) 

2月11日
  
この日は、九十九里方面へ出かけました。

皇産霊神社をあとにして、向かった先は...............武射神社。

武射神社は、山武市上下武射田に鎮座する神社です。

武射国造長忍人命の勧請と伝えられ、
文亀2年(1502年)当時の領主である酒井定隆が当社へ参拝し、
以来酒井氏代々武運を祈り崇敬されたそうです。
慶長12年(1607年)社殿を再興し、
上下武射田の産土神として鎮斎し今日に至っています。

御祭神は、大己貴命・面足尊・惶根尊。




社号標。

     20200211武射神社01



神社社頭。

     20200211武射神社02


   

『夏越の神事』の説明板。

     20200211武射神社03

武射神社には古くから『夏越の神事』と称し、
毎年6月晦日、田植えが終り季節の交替に当たって、
邪神をはらい災を除く神事が執り行われます。



鳥居。

     20200211武射神社04



参道の狛犬。

     20200211武射神社05


     20200211武射神社06



手水舎。

     20200211武射神社07



こちらが拝殿。

     20200211武射神社08



拝殿正面。

     20200211武射神社09



別アングルからの拝殿。

     20200211武射神社10


     20200211武射神社11



本殿を拝もうと、拝殿の裏手に回ってびっくり!!

     20200211武射神社12

朱色の本殿が視界に飛び込んできました。



立派な本殿です。

     20200211武射神社13



こちらは、拝殿前の狛犬。

     20200211武射神社14


     20200211武射神社15



びいすけ も参拝。

     20200211武射神社16



こちらは、本殿裏手の裏参道口の鳥居。

     20200211武射神社17



その鳥居に掲げられた神額。

     20200211武射神社18




境内社。

     20200211武射神社19


     20200211武射神社20


     20200211武射神社21


     20200211武射神社22


     20200211武射神社23



頌徳碑。

     20200211武射神社24



こちらが社務所。

     20200211武射神社25

普段は無人の神社です。


そして、こちらが武射神社の御朱印。

     20200211武射神社26

本務社の松之郷八坂神社にて授与いたしました。

この武射神社の御朱印は今年の節分(2月3日)から
頒布されるようになったそうです。





2020/03/26 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............皇産霊神社   (2020年2月11日)(千葉市山武郡九十九里町) 

2月11日   

この日は九十九里町に出かけました。
向かった先は...............皇産霊神社。

皇産霊神社は、九十九里町片貝に鎮座する神社です。

天慶年間(938年〜946年)の創建とされ、
往時は第六天神宮と称していたとされます、
明治の神仏分離令で、天御中主神・高皇産靈神・神皇産靈神を祭神とし、
社号を皇産靈神社と称するようになったそうです。
氏子一同の丘万作・浜大漁の守護神として今日に至っています。

毎年2月11日には例祭である『関万歳』が執り行われます。
昔の3村から氏子が太鼓などを載せた山車を先頭に
囃子で囃しながら皇産靈神社へ向かい並列し、神官万歳を唱え福の種を撒きます。
寛政6年(1794年)小関村と片貝村の水争いから堰を作り、
水を分け合うようになったことを祝い漫才が行われたと言う伝承があり、
これが関万歳になったと伝えられています。

御祭神は、天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神



以前は、片貝漁港の売店に行ったり、
海の幸を求めて『番屋』に食べに行ったりしていたけど
最近はご無沙汰。
九十九里町に来るのも久し振りになります。



県道沿いに建つ皇産霊神社の案内板。

     20200211皇産霊神社01



今日は年に一度の例祭日。

     20200211皇産霊神社02



遠くからでも笛や太鼓のお囃子が聞こえ、
神社に近付くにつれ、屋台の出店も見えてきた。

     20200211皇産霊神社03



神社社頭。

     20200211皇産霊神社04

時刻は11時過ぎ。
すでに、境内には多くの人で溢れている。



手水舎。

     20200211皇産霊神社05



定番の龍の吐出口。

     20200211皇産霊神社06



こちらが拝殿。

     20200211皇産霊神社07



拝殿正面。

     20200211皇産霊神社08


     20200211皇産霊神社09



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200211皇産霊神社10


別アングルからの拝殿。

     20200211皇産霊神社11


     20200211皇産霊神社12



そして、こちらが本殿。

     20200211皇産霊神社13



拝殿前の狛犬。

     20200211皇産霊神社14



びいすけ も参拝。

     20200211皇産霊神社15




こちらは、拝殿右手の参道口。

     20200211皇産霊神社17

位置的に西さんどうになるのか?


社号標。

     20200211皇産霊神社18



境内社・子安神社。

     20200211皇産霊神社19


     20200211皇産霊神社0



境内では、仮設の神楽殿にてお囃子に合わせた舞が披露。

     20200211皇産霊神社21



小さな子供達が一生懸命に舞っている。

     20200211皇産霊神社22



境内の記念碑。

     20200211皇産霊神社33



こちらが授与所。

     20200211皇産霊神社24


普段は無人の神社ですが、
この日は本務社の宮司さんがおられます。

     20200211皇産霊神社25




こちらが、御朱印。

     20200211皇産霊神社26


年に一度、この日しか頒布されない御朱印。
しっかり授与いたしました。





2020/03/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2020年2月8日)(千葉県習志野市) 

2月8日
  
この日は、遅番勤務。
月に7〜8回ある遅番勤務に合わせて
習志野市の神社に月詣に立ち寄ります

実籾駅近くの大原神社をあとにして再び京成電車に揺られます。
出勤時間にはまだまだ余裕かある。
二駅先の京成津田沼駅で途中下車。
向かった先は...............菊田神社。



社号標。

     20200208菊田神社01



神社社頭。

     20200208菊田神社02



鳥居に掲げられた神額。

     20200208菊田神社03


参道の『あぃ〜ん狛犬』。

     20200208菊田神社04


     20200208菊田神社05




手水舎。

     20200208菊田神社07



拝殿。

     20200208菊田神社06


     20200208菊田神社08



向拝の彫刻。

     20200208菊田神社09



拝殿正面。

     20200208菊田神社10


御朱印待ちは5〜6人。

     20200208菊田神社11


土曜日にしては空いているんだろうか?

     20200208菊田神社12


こちらが拝受した御朱印。

     20200208菊田神社13


     20200208菊田神社14


見開きですが、いずれも墨書き。
月替わりの御朱印や、見開きの限定御朱印を
書置き版で頒布する所が多いけれど、
書置きじゃない所が菊田神社の良さですね。


2020/03/15 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2020年2月8日)(千葉県習志野市) 

2月8日 

この日は、遅番勤務。
月に7〜8回ある遅番勤務に合わせて
習志野市の神社に月詣。

出勤前の時間を利用して、電車を京成実籾駅で途中下車。
向かった先は...............大原神社。



神社社頭。

     20200208大原神社01



鳥居に掲げられた神額。

     20200208大原神社02



参道の狛犬と拝殿。

     20200208大原神社03


     20200208大原神社04


参道には『開運招福』の幟。

     20200208大原神社06


手水舎。

     20200208大原神社07


花が飾られてお洒落。
確か先月の参拝時も花が飾られていた。

     20200208大原神社08

今年の大原神社のトレンドでしょうか?



拝殿。

     20200208大原神社05




土曜日と言うこともあって参拝者もそこそこ居ます。

     20200208大原神社09



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200208大原神社10


拝殿正面。

     20200208大原神社11


授与所の前にも御朱印待ちの人が並んでいる。

     20200208大原神社13


いつもなら、御朱印待ちで30〜40分待つのですが
この日は、書置き版をお願いしたので待ち時間はほとんど無し。


こちらが拝受した御朱印。


月替わりの御朱印

金のトビ

     20200208大原神社14


八咫烏

     20200208大原神社15



二体並べると、こんな図柄になります。

     20200208大原神社16


先月も確か、二体並べて図柄を楽しむ御朱印でした。
これも大原神社の今年のトレンドなのかもしれませんね。





2020/03/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

上勝田城址   (2020年2月4日)(千葉県佐倉市) 

2月4日

この日は、月詣で富里市、東金市と足を伸ばして、その帰り道。
東金市から八街市と車は移動。
そう言えば、佐倉市の八街市寄りに確か未訪の城郭があったのを思い出した。

せっかくだから、立ち寄って帰りましょう。
と言うことで、向かった先は...............上勝田城址。


上勝田城の歴史など、詳細については不明です。
ただ、土豪の城と言うよりは、番手城といった性格の城であったと推測され
そのけっか、千葉氏の本城である本佐倉城の出城と1つと推測されているようです。
100m四方ほどの単郭の城であったようです。


こちらが、上勝田城の縄張り図。

      20200204上勝田城址縄張り図

     (余湖さんのHP よりお借りしました)


JR総武本線の踏み切りを渡ります。

      20200204上勝田城址01

踏み切り名に注目。
『城内第二踏切』。


畑の中の道の先の森が上勝田城址。

      20200204上勝田城址02


如何にも!って言う感じ。

      20200204上勝田城址03



中に進めば、そこは荒れた城郭跡でした。


空堀跡。

      20200204上勝田城址04

藪状態で、空堀も画像では良く見えない。



虎口。

      20200204上勝田城址05



内部から見た虎口。

      20200204上勝田城址06

とりあ、2〜3mほどの高さの虎口の土塁は確認出来ます。



しかし、郭内はかなり荒れています。
倒木も何本か有り、行手を阻む。

      20200204上勝田城址07


      20200204上勝田城址08


さすがに、こうなっていては.........

      20200204上勝田城址09


      20200204上勝田城址10

この先の進軍は諦めます。



一度戻って(外に出て)、側面からの侵入口を探しますが
見つかりません。

      20200204上勝田城址11



周りはすっかり耕作地になり、畑中をうろつく訳にも行きません。

      20200204上勝田城址12

畑は完全な私有地ですからね。



史跡として管理されているメジャーな城郭と違って
マイナーな城郭は個人の私有地って言うことが多いから
この辺が難しいですね。


2020/03/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........東金日吉神社 (2020年2月4日)(千葉県東金市) 

2月4日 

個人的な連休初日。
この日は、恒例の月詣。

富里香取神社をあとにして、向かった先は..................東金日吉神社。


最近は、富里香取神社と東金日吉神社を抱き合わせと言うか、
セットで参拝に訪れると言うパターンが続いています。

どちらもお気に入りの神社だから気にはならないんだけど。


東金日吉神社の社頭。

     20200204日吉神社01



社号標。

     20200204日吉神社02



鳥居。

     20200204日吉神社03



鳥居をくぐれば、すぐさま杉の巨木がお出迎え。

      20200204日吉神社04



やっぱり、日吉神社の表参道は、いつ訪れても心が洗われる。

      20200204日吉神社05
      20200204日吉神社06



尊厳さと、緊張する神々しさが魅力とでも言うべきなのか?
上手い言葉が見つからない。


こちらは、御神木。

      20200204日吉神社07


やはり、一際立派な杉の樹です。

      20200204日吉神社08
      20200204日吉神社09



社殿へと導く参道。

      20200204日吉神社10


歩くには、長からず、短からず、丁度良い距離。

      20200204日吉神社11
      20200204日吉神社12



手水舎。

      20200204日吉神社13


拝殿に近付いて来ました。

      20200204日吉神社14



拝殿。

      20200204日吉神社15



拝殿正面。

      20200204日吉神社16


      20200204日吉神社17



びいすけ も参拝。

      20200204日吉神社18



神使いの猿と びいすけ 。

      20200204日吉神社19



社務所の窓ガラスには、御朱印の見本。

      20200204日吉神社20



他に待っている人はいませんが
一応、番号札を貰って墨書き待ち。

      20200204日吉神社21



この日頂いた御朱印。

月替わりの御朱印。

      20200204日吉神社22


別バージョン。

      20200204日吉神社23


見開きバージョン。

      20200204日吉神社24

見開きは奇数月だけと言われていましたが
今月は節分があるので、特別に見開きバージョンも対応しているとの事です。

2020/03/13 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........富里香取神社 (2020年2月4日)(千葉県富里市) 

2月4日 

個人的な連休初日。

2月になりました。
月も変わったことだから、例月の行事。
月詣に出かけました。

向かった先は...............富里香取神社。



道の右側も整備されて、駐車場になり
いつの間にか駐車場が広くなっていた。

     20200204冨里香取神社01


     20200204冨里香取神社02


神社社頭。

     20200204冨里香取神社03


先月はあまり意識していなかったけれど
干支の看板二可愛らしいネズミが描かれている。

     20200204冨里香取神社04


手水舎。

     20200204冨里香取神社05


狛犬と参道。

     20200204冨里香取神社06


     20200204冨里香取神社07



狛犬と びいすけ 。

     20200204冨里香取神社08



参道。

     20200204冨里香取神社10



拝殿。

     20200204冨里香取神社11



拝殿正面。

     20200204冨里香取神社13



そして、びいすけ も参拝。

     20200204冨里香取神社14



こちらが、御朱印。

      20200204冨里香取神社15


今月も月詣、そして月替わりの御朱印を頂く事が出来ました。

2020/03/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

村田城址   (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。

村田集落にある大須賀小学校第二分教場から
向かって先は..................村田城址。


村田城の築城時期等は不詳ですが、
村田城跡とされるこの地は、中世には大戸庄村田郷と呼ばれ、
国分一族の所領であり、国分氏一族の村田氏の居城と言われています。

村田郷の国分一族が文献史料に見られるのは15世紀初め(応永年間)までであり、
現在見ることの出来る遺構は、戦国末期のものと思われるため、
戦国期には大須賀氏が自己の領域を守るために築いた境目の城であったと考えられます。
大須賀保の北に接する大戸庄を領して大きな勢力を持っていた国分氏に対する城郭として
重要視されたとものと思われるそうです。


成田市の村田集落。
村田城址への目標は、集落に鎮座する妙見神社。


こちらが、村田城の縄張り図。

      20200130村田城址縄張り図

( 余湖さんのHPよりお借りしました )



集落奥の小高い台地。
この台地が村田城址。

      20200130村田城址01


いざ、村田城址へ出陣です。

      20200130村田城址02



民家の脇に建つ城址の標柱。

      20200130村田城址03


以前は無かったようですが、大栄町が成田市と統合して
成田市に変わってから建てられたようです。

      20200130村田城址04


      20200130村田城址05


標柱の先を進みます。

      20200130村田城址06


堀底道が、否が応でも雰囲気を醸し出します。

      20200130村田城址07


久々に戦国時代の土の城に訪れたと言う感が広がります。

      20200130村田城址08

 

こちらが三郭。
   
      20200130村田城址09


削平地ではあるけれど、成長した木々に覆われ、下草も多い。

      20200130村田城址20



堀底道は三郭から右に曲がり二郭へと繋がっている。

      20200130村田城址21



二郭の虎口。

      20200130村田城址22



虎口の土塁。

      20200130村田城址23


二郭の土塁。

      20200130村田城址24


二郭には、妙見神社が鎮座しています。

      20200130村田城址25



こちらが妙見神社。

      20200130村田城址26


      20200130村田城址27


そもそも城主であった村田氏は国分一族。

平安時代末期の惣領である千葉常胤には7人の男子がおり、
庶子にもそれぞれ所領を分与しました。
五男の千葉胤通は、下総国葛飾郡国分寺領(現在の千葉県市川市国分)を分与され、
国分氏を称しました。

胤通、及びその子孫は、下総北部香取郡を中心に発展し、
大戸氏、村田氏、矢作氏などの有力庶流を分出しました。

要するに村田氏も広い意味で言えば千葉一族。
千葉一族の城郭には鬼門である北東に妙見神社を置く事が多い。
この村田城も鬼門として妙見社を置いたようです。


妙見神社の手前には土壇。

      20200130村田城址28


土壇(土塁?)の上には、祠が数基鎮座する。

      20200130村田城址29



土壇の上から眺める妙見社。

      20200130村田城址30

ひょっとしたら、この土壇は見張り台のような役目をしていたのでしょうか?



主郭も削平地ではあるが、木々が繁り、下草も多く
その先に進軍する気にはなれない。

      20200130村田城址31


現在は、成田市ではあるけれど、
旧・大栄町域には、国分氏系統の家臣たちの城郭が
ネットワークのように点在されているらしい。

一気には無理だけど、少しづつそんな城郭を訪れてみたいモノです。




2020/03/11 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...............大須賀小学校第二分教場  (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日  

この日は、成田市に出かけました。

磐裂神社をあとにして、向かった先は......... 旧・大栄町立大須賀小学校第二分教場。

大須賀小学校第二分教場は、明治24年に創立した村田小学校がその始まりとされています。

明治24年  村田耕田寺傍地に村田小学校設立。
明治41年  伊能小学校、桜田小学校、奈土小学校、
       村田小学校が統合され
       新たに大須賀尋常高等小学校が設立される。
       村田小学校は第三分教場となる。
大正2年   第一分教場(旧・伊能小学校)を廃止し、
       第三分教場は、第二分教場と改称する。
昭和22年  学制改革により、大須賀村立大須賀小学校第二分教場と改称する。
昭和30年  大須賀村が町村合併により大栄町となり、
       大栄町立大須賀小学校第二分教場と改称する。
昭和31年  第三分教場(旧・櫻田小学校)が分離独立して、大栄町立櫻田小学校となる
昭和40年  櫻田小学校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。


この第二分教場については、大須賀小学校のHPでその存在を知りましたが詳細は不明。
学区が村田地区だったことから、村田集落にある『ふれあいセンター』に当たりを付けて訪れました。
公民館のような施設。
確かに学校跡の雰囲気はあるけれど、学校遺構がないから確証はない。
近くの民家の御婦人に訊いてみたら違っていました。

第二分教場は、離れた場所にある公園になっていました。



こちらが、第二分教場の正門跡。

      20200130村田分校01



門柱に表札が残っていれば良かったんですが
残念ながら外されていました。

      20200130村田分校02



裏面には、『昭和33 二分学区 城之内工』と刻まれています。

      20200130村田分校03

おそらく、第二分教場 学校区 と言う意味なんでしょう。
城の内 は、元々村田城が近くにあるから城の内とでも呼ばれていたのでしょうか?



こちらは、県道側の公園出入口。

      20200130村田分校04



現在は、村田街区公園と言うみたいです。

      20200130村田分校05



約55年前に廃校となった分教場跡。
当然、校舎は解体されています。

      20200130村田分校06


公園といっても小さな公園。

      20200130村田分校07


      20200130村田分校09


      20200130村田分校10

門柱以外に、学校跡だと彷彿させるモノはない。




遊具もブランコ1基。


さすがに55年以上も前の事ですから
このブランコは、分教場時代のモノではないでしょう。

      20200130村田分校08



公園に残る木々。

      20200130村田分校11


      20200130村田分校12

これらは、ここが分教場の頃から根付いていたモノでしょう。
これらの木々を懐かしむ人もいるんだろうなぁ。


2020/03/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

磐裂神社   (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。

大須賀小学校第一分教場(奈土分校)の近くに神社があったので
立ち寄ってみました。


社号標には『磐裂神社』と刻まれています。

      20200130磐裂神社01



磐裂神社は、成田市奈土に鎮座する神社です。

松子城主の大須賀氏が城の鬼門除けのために、
伊勢国の朝熊山から勧請したとされています。

御祭神は、磐裂神。


石段の先に鳥居が見えます。

      20200130磐裂神社02


石段を上って、鳥居の真下の参道。

      20200130磐裂神社03


手水舎。

      20200130磐裂神社04


さらに、その先にも古い手水舎があります。

      20200130磐裂神社05



拝殿。

      20200130磐裂神社06

老朽化?
それとも、昨年秋の台風て傷んでしまったのか?
足場パイプで補強されています。


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20200130磐裂神社07



別アングルからの拝殿。

      20200130磐裂神社08


      20200130磐裂神社09

やはり、足場パイプが痛々しい。


こちらが、本殿。

      20200130磐裂神社10



拝殿前の狛犬。

      20200130磐裂神社11


      20200130磐裂神社12



びいすけ も参拝。

      20200130磐裂神社13



意外に境内社も多い。

      20200130磐裂神社14


      20200130磐裂神社15


      20200130磐裂神社16


      20200130磐裂神社17




こちらは神輿庫でしょうか?

      20200130磐裂神社18


板碑。

      20200130磐裂神社19


この磐裂神社には、約150年前から
「奈土のおびしゃ(御武射)」と言う祭礼が行われていると言うことです。
毎年2月13日前後の日曜日に行われているようです。

当番の官主の家や三差路の路上で新官主と旧官主が盃を交わし、
神様の受け渡しの儀式を行う珍しい儀式です。
千葉県の記録選択無形民俗文化財に指定されているそうです。




2020/03/10 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............大須賀小学校第一分教場  (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。

成田豊住熊野神社をあとにして、向かった先は......... 旧・大栄町立大須賀小学校第一分教場。

この日、成田市に向かった本命は、
ズバリ、こちらの分教場を訪れることでした。


大須賀小学校第一分教場は、明治15年に創立した奈土小学校がその始まりとされています。

明治15年     奈土昌福寺の敷地を借用して奈土小学校設立
明治41年     伊能小学校、桜田小学校、奈土小学校、村田小学校が統合され、
         新たに大須賀尋常高等小学校が設立される。
         奈土小学校は第二分教場となる。
大正2年     第一分教場(旧・伊能小学校)を廃止し、
         第二分教場は、第一分教場と改称する。
昭和22年    学制改革により、大須賀村立大須賀小学校第一分教場と改称する。
昭和30年    大須賀村が町村合併により大栄町となり、
        大栄町立大須賀小学校第一分教場と改称する。
昭和49年    本校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。



こちらが、正門跡。

     20200130奈土分校01

石造りの古い門柱が残っています。



門柱には表札が掲げられています。

     20200130奈土分校02


よく見ると、『大須賀小学校第一分校』と刻まれています。

     20200130奈土分校03


大須賀小学校のHPを覗くと、沿革には『第一分教場』と記されています。
表札は『第一分校』。
どっちが正しいのか?

こちらでは、HPに重きを置いて、『第一分教場』と表記します。



昭和10年に作られた門柱のようです。

     20200130奈土分校04



今から約45年前に廃校となった第一分教場。
当然、往時の校舎は既に解体されています。

     20200130奈土分校05



跡地には、奈土公民館が建てられています。

     20200130奈土分校06


     20200130奈土分校07


     20200130奈土分校08


     20200130奈土分校09



お約束とでも言うべきか?
敷地の一角には、消防倉庫。

     20200130奈土分校10

廃校跡地の定番活用ですね。


地域の公民館であるから、リサイクルゴミの集積所にもなっているようです。

     20200130奈土分校11

成田市のHPを見ると、本校でもある成田市立大須賀小学校も少子化で
近い内に近隣の他校と統合して、小中一貫校に統合されるようです。
旧・大栄町域も小中一貫校が1校のみになってしまうようです。

寂しいものですね。


2020/03/10 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  成田豊住熊野神社  (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。


埴生神社をあとにして、向かった先は.............成田豊住熊野神社。


こちらの神社は、これで3回目の参拝になるのだろうか?
九曜紋のある神社だから、個人的にお気に入りの神社。
やっぱり千葉県に住んでいて、城好きで、小田原北条家のファン。
血縁関係にある千葉氏のシンパで、千葉一族の城郭を巡ったりしていると
月星紋や九曜紋には愛着と言うか、親しみを感じてしまいます。

九曜紋の提灯を見にいきましょう!


熊野神社の看板。

     20200130熊野神社01

 
参道口。

     20200130熊野神社02



社号標。

     20200130熊野神社03



鳥居。

     20200130熊野神社04



参道。

     20200130熊野神社05


手水舎。

     20200130熊野神社06


由緒書き(?)

     20200130熊野神社07



拝殿。

     20200130熊野神社08


向拝。

     20200130熊野神社09



拝殿正面。

     20200130熊野神社10


その内部。

     20200130熊野神社11



別アングルからの拝殿。

     20200130熊野神社12


そして、こちらが本殿。

     20200130熊野神社13



熊野神社の提灯。

     20200130熊野神社14

九曜紋も健在。


びいすけ も参拝します。

     20200130熊野神社15


前回も疑問に感じたのだが............

     20200130熊野神社16

拝殿脇に並べられた、これらのは何なのだろうか?


そして、こちらが御朱印。

     20200130熊野神社17

拝殿前に書置きの御朱印が置かれていて
初穂料を箱に収めるシステム。
宮司さんが居ない時とか、急いでいる時もあるから
こう言ったシステムは個人的には歓迎。

時代は令和。
令和の元号の記された御朱印、頂きました。




2020/03/09 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

再訪  埴生神社   (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。

新年1月に、その年の干支をモチーフにした御朱印を授与している神社を
多く見かけるようになった気がします。

成田市郷部に鎮座する埴生神社もその一つ。
昨年は知らなかったから、訪れませんでしたが
今年は他の方のblogで御朱印もチェック。
ギリギリですが、何とか1月中に参拝出来ました。


社号標。

     20200130埴生神社15



神社社頭。

     20200130埴生神社16



手水舎。

     20200130埴生神社01


拝殿。

     20200130埴生神社02


拝殿正面。

     20200130埴生神社03


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200130埴生神社04



別アングルからの拝殿。

     20200130埴生神社05


     20200130埴生神社06


拝殿正面に飾られた提灯。

     20200130埴生神社07



拝殿正面脇には奉納酒。

     20200130埴生神社08



びいすけ も参拝。

     20200130埴生神社09



境内の由緒書き。

     20200130埴生神社10



授与所の窓口には御朱印の案内。

     20200130埴生神社11


こちらが、御朱印。

1月限定、社号が金文字の御朱印。
(通常、金文字は1日、15日のみらしい)

     20200130埴生神社12


干支に因んで『ねずみ』の文字を配した御朱印。

     20200130埴生神社13



干支に因んで『子(ねずみ)』の文字を配した御朱印。

     20200130埴生神社14


なかなか、凝った御朱印ですね。
書き手のセンスを誉めちゃいます。




2020/03/09 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの通勤・途中下車.........月詣 大原神社    (2020年1月29日)(千葉県習志野市) 

1月29日  

この日は、遅番勤務。

13時からの勤務だから、出勤前の途中下車。
月詣の参拝に習志野市の大原神社に立ち寄ってみました。


神社社頭。

     20200129大原神社01



鳥居に掲げられた神額。

     20200129大原神社02

 

参道。
     
     20200129大原神社03



狛犬と拝殿。

     20200129大原神社04



手水舎。

     20200129大原神社05


記憶に間違いがなければ、以前はこんなお洒落な事はして無かった筈。

     20200129大原神社06

今年からなんだろうか?



拝殿。

     20200129大原神社07




平日だけど、参拝者もチラホラ。

     20200129大原神社08



そのほとんどが授与所に立ち寄り、御朱印をお願いしています。

     20200129大原神社09


御朱印の人気が高い大原神社。
昔に比べて、御朱印対応に追われ、大変なんでしょう。
授与所の休みも決められています。

     20200129大原神社10

いわゆる、これも『働き方改革』の一つなんでしょうか?


この日、授与出来る御朱印。

     20200129大原神社11

相変わらず、種類が多い。


受付番号は18番。

     20200129大原神社12

一つ前に並んでいた人は28番だったから
番号は順になっていないようです。


この日も御朱印待ちの人が多い。

     20200129大原神社13

呼ばれるまで40分近く掛かりました。


こちらが、1月の御朱印。

     20200129大原神社14

社号が金文字なのが良いですね。


見開きの御朱印(書置き版)
『春の見開き』

     20200129大原神社15


書置き版
『陽の神恩』

     20200129大原神社16


書置き版
『月の神恩』

     20200129大原神社17



こちらの二体は並べると、一つの図柄になります。

     20200129大原神社18

これまた、お洒落ですね。



2020/03/08 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り.........今井神社  (2020年1月14日)(千葉県千葉市) 

1月14日

この日は単発休み。
近場を色々と巡ってみます。

御嶽神社をあとにして、向かった先は

今井神社は、千葉市中央区今井に鎮座する神社です。

今井神社の創建時期は不詳ですが、4代将軍 徳川家綱の治世には、神社は既に存在していたようです。
明治32年に八幡社と天神社を合祀。
明治41年に社殿を改築した折に、今井神社と改称したそうです。

御祭神は、 天照皇大神、誉田別尊(応神天皇)、菅原道真公。





社号標。

     20200114今井神社01



神社社頭。

     20200114今井神社02


手水舎。

     20200114今井神社03


境内の参道
     20200114今井神社04



二の鳥居。

     20200114今井神社05



拝殿。

     20200114今井神社06



獅子山。

     20200114今井神社07


     20200114今井神社08



拝殿正面。

     20200114今井神社09



別アングルからの拝殿。

     20200114今井神社10


     20200114今井神社11



そして、本殿。

     20200114今井神社12




びいすけ も参拝。

     20200114今井神社13





境内社

     20200114今井神社15



各種の記念の板碑も建ち並ぶ。

     20200114今井神社16


     20200114今井神社17


     20200114今井神社18

この板碑の多さから、今井神社のそれなりの歴史を感じます。



忠霊塔。

     20200114今井神社19

古くから存在する神社や学校に、忠魂塔(碑)や忠霊塔が多い。
やはり、古くから村(町)の中心的な存在だったのでしょう。


こちらは今井会館。

     20200114今井神社20

地域の公民館的なモノでしょう。


そして、こちらが社務所。

     20200114今井神社21

普段は無人の神社のようです。


社務所前には張り紙。
毎月、1日と15日は御朱印帳に墨書きして頂けるようです。

     20200114今井神社22

不在が多いため、社務所前に書置きの御朱印が置かれていて
初穂料は拝殿の賽銭箱に納めるシステムになっています。


こちらが、その御朱印。

見開きで、ユニークなイラストの御朱印です。

     20200114今井神社23


     20200114今井神社24


     20200114今井神社25


     20200114今井神社26


     20200114今井神社27


ある方のblogで、この御朱印の存在を知って
いつかは拝受したいと思ってました。
書置きですが、構いません。
念願叶って良かったです。




2020/02/25 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御嶽神社   (2020年1月14日)(千葉県千葉市) 

1月14日

この日は単発休み。
近場を色々と巡ってみます。

習志野郵便局をあとにして、向かった先は..................御嶽神社。


御嶽神社と書いて『おんたけ』神社と読むそうです。
御嶽神社は、千葉市若葉区愛生町に鎮座する神社です。

御嶽神社の創建は、平成16年にこの地に鎮座と、歴史はまだ浅いようです。
古来から、信州(長野県)木曽の霊峰「御嶽山」(海抜3067m)を信仰の根本道場とした御嶽信仰を昭和21年に木曽御嶽本教として設立された包括団体の神社です。

御祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)                  神産巣日神(かみむすびのかみ)、国常立尊(くにのとこたちのみこと)


こちらもつい最近まではその存在を知らなかった神社。


社号標の代わりに、県道沿いに白い幟が立てられています。

      20200114御嶽神社01



鳥居と社殿。

      20200114御嶽神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20200114御嶽神社03



社殿正面。

      20200114御嶽神社04



社殿前には手水舎。

      20200114御嶽神社05


定番の龍の吐出口。

      20200114御嶽神社06



別アングルからの社殿。

      20200114御嶽神社07


      20200114御嶽神社08

鉄筋コンクリート造り、白と朱色の特徴あるデザインの社殿。



びいすけ も参拝。

      20200114御嶽神社13


社殿脇には由緒書き。

      20200114御嶽神社09


      20200114御嶽神社10




こちらは、祈願殿。

      20200114御嶽神社11



その奥には授与所。

      20200114御嶽神社12



どうやら、普段は無人のようです。

      20200114御嶽神社14


書置き対応ですが、御朱印も拝受出来る時聞いていたので
連絡を取ってみたのですが、書置きの御朱印も全て出てしまい
今現在、書置きの御朱印も切らしているらしい。

まあ、これも縁。
次回にでも期待いたしましょう。



※追記

2月18日、千葉市内に出かけた際に立ち寄ったら
社務所は閉まっていましたが、宮司さんと連絡が取れ
御朱印を頂く事が出来ました。



     御嶽神社15

2020/02/24 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポスト探し.........千葉県・習志野市編②    (2020年1月14日)(千葉県習志野市) 

1月14日

この日は、単発休み。

菊田神社から、ちょっと歩くけれど
大和八幡神社、菊田神社といずれも びいすけ連れ はNGだから
車の中で留守番していた びいすけ 。
さすがに車の中も飽きたでしょう。

散歩ついでに、京成津田沼駅界隈を歩きます。

     20200114丸ポスト01


     20200114丸ポスト02


     20200114丸ポスト03



実は、数年前に習志野市の丸ポストは全て制覇していました。
ところが、知らない内に黄色い丸ポストが習志野市に立っていると言う情報を得ました。
まあ、その情報も2年ほど前に知ったのですが
なかなか足がこちらにむきませんでした。

今回、その丸ポストを探しにやって来ました。


千葉県には、丸ポストが97基現存しているようです。
(2020年1月14日現在)
もっとも、以前はもっと多くの丸ポストがあったのですが
いつの間にか撤去されたりして、その数が減ってしまったようです。
ちなみに、2016年9月に東金市の八鶴亭前の丸ポストで
千葉県内で合計101基の丸ポストに出会いました。
( その時の記事は こちら )



今回102基目になる丸ポスト。
習志野郵便局駐車場の入口に建つ丸ポストです。

     20200114丸ポスト04


     20200114丸ポスト0109



丸ポストと言えば通常は赤いのが定番ですが、
こちらの丸ポストは黄色です。

     20200114丸ポスト05



箱型の赤い最新のポストと並んでいる。

     20200114丸ポスト06


     20200114丸ポスト07



一瞬、飾りのポスト?って思っちゃうけど
バリバリの現役の丸ポスト。

     20200114丸ポスト0108


集荷の時間のステッカーが貼られているのが
現役のポストの証しです。

     20200114丸ポスト0110



千葉県内の丸ポスト。
これまでに、

数多くの丸ポストに会いに行ってきました。
 

佐倉市①   13基制覇
佐倉市②   2基制覇
成田市    9基制覇
富里市    1基制覇
東金市    4基制覇
八街市    1基制覇
香取市   10基制覇
印西市    2基制覇
四街道市① 2基制覇
勝浦市    5基制覇
御宿町    2基制覇
山武市    3基制覇 
銚子市    3基制覇
茂原市    4基制覇
白井市①   1基制覇
白井市②   1基制覇
鎌ヶ谷市   5基制覇
習志野市   3基制覇
大多喜町   2基制覇
いすみ市   5基制覇
市原市    1基制覇
袖ヶ浦市   1基制覇
鴨川市    1基制覇  
南房総市   6基制覇
君津市    3基制覇
富津市    2基制覇
木更津市   1基制覇
野田市    2基制覇
我孫子市    1基制覇
柏市     1基制覇
四街道市②  1基制覇
大多喜町②  1基制覇
九十九里町    1基制覇
東金市②   1基制覇



そして本日、習志野市市②で1基追加。
合計102基制覇したことになります。

丸ポスト、千葉県内で今後増えることは考えにくいけれど
何処かで新たに丸ポストが移設されてくるなんて事もなくは無い。

その時はまた探しに行きたいモノです。



2020/02/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........菊田神社  (2020年1月14日)(千葉県習志野市) 

1月14日

この日は、単発休み。
遠出もせず、近郊の神社に参拝に出かけます。

大和八幡神社をあとにして、向かった先は...............菊田神社。

菊田神社も昨年の春から月詣と称して毎月参拝しています。
電車通勤の乗り換え駅近くに鎮座している事もあって、
昼からの勤務(遅番勤務)の時、出勤前に参拝することが多いのですが
今回は、菊田神社近くに びいすけ と行きたい場所があって
この日の参拝となりました。


社号標。

     20200114菊田神社01



神社。

     20200114菊田神社02


鳥居に掲げられた神額。

     20200114菊田神社03


境内はワンコNGだから、 びいすけ はここまで。
車の中で、暫し待っていてね。


参道の狛犬。

     20200114菊田神社04


     20200114菊田神社05



手水舎。

     20200114菊田神社06



拝殿。

     20200114菊田神社07


1月も月半ばですが
参拝客もポツリ、ポツリと訪れます。

     20200114菊田神社08



拝殿向拝。

     20200114菊田神社09


     20200114菊田神社10



別アングルからの拝殿。

     20200114菊田神社11


     20200114菊田神社12



そして、こちらが本殿。

     20200114菊田神社13



拝殿正面に飾られた提灯。

     20200114菊田神社14



授与所にて御朱印をお願いします。

     20200114菊田神社15

この時、御朱印待ちの人も7〜8人。



そして、こちらが御朱印。
見開きの1月限定の御朱印が2種。

あぃ〜ん狛犬の御朱印。

     20200114菊田神社16


七福神の御朱印。

     20200114菊田神社17



狛犬の『笑門』の前掛け、七福神がシールになっている。
色々な方のblogで、このシールについては賛否両論。

カラーコピーの御朱印がある御時世。
シールの貼られた御朱印があっても良いんじゃない?


2020/02/23 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit