FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............《 八街神社 》 (2017年12月1日)(千葉県八街市) 

12月1日

この日は、成田市近郊の御朱印巡りに出かけました。


成田山新勝寺をあとにして、向かった先は...............八街神社


成田から国道409号線で富里を抜け、八街市に入ります。
国道409号線沿いに鎮座する八街神社。
入り口が小さな看板のため、うっかりすると通り過ぎてしまいます。

      20171201八街神社01



この先が八街神社。
奥に鳥居が見えます。

      20171201八街神社02



こちらが八街神社の鳥居。

      20171201八街神社03


鳥居をくぐって拝殿に向かい参道を歩きます。


こちらは手水舎。

      20171201八街神社04



石灯籠の先には拝殿。

      20171201八街神社05


参道には社殿(拝殿)の改築記念碑。

      20171201八街神社06

平成18年に旧・社殿から改築されたようです。



比較的新しく感じる狛犬。

      20171201八街神社08



そして、こちらが拝殿。

      20171201八街神社09


      20171201八街神社07


別アングルから。   

      20171201八街神社10


      20171201八街神社11


拝殿に掲げられた扁額。

      20171201八街神社12

神社の場合、縦書きの扁額が多いのに
こちらは横書き。
ある意味珍しい。


こちらが、本殿。

      20171201八街神社13



八街神社の御朱印はこちら。

      20171201八街神社14


毎年、11月の第一土日の2日間に八街神社大祭が行われ
御輿と山車が練り歩き、お囃子の音色と威勢のいい掛け声が八街じゅうを包み込み、
2日目の夜には八街神社に御輿を返す「宮入」が行われると言う
八街が誇る伝統行事らしい。

歴史のある神社かと思っていたら、
明治初期に八街村の村民の希望により、
元官幣大社氷川神社の御霊を勧請し、
八街村の産土神として祀っていたのが始まりで
その後、地元の社に変わったと言う神社らしい。

やっぱり、珍しい神社なんだろうなぁ。





スポンサーサイト



2018/01/19 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...................川上小学校上砂分校跡                       (2014年8月12日)(千葉県八街市) 

8月12日 公休日

千葉県八街市に昭和40年代に廃校になった分校跡があると知り
訪れてみました。

訪れたのは.............八街町立 川上小学校上砂分校跡


八街市は平成4年に当時の八街町が市制を施行して八街市になりました。
昭和40年代といえば、まだ八街町の頃の話です。


川上小学校上砂分校は

昭和6年    川上村の川上小学校の上砂分校として開校。
昭和22年    教育令により川上村立川上小学校上砂分校と改称。
昭和29年   川上村が八街町と合併して八街町立川上小学校上砂分校と改称。
昭和41年   本校に統合されて廃校となる。


と、このような沿革となっています。


廃校から既に48年。
現在は上砂農村広場となっています。


こちらが分校跡。


      20140812上砂分校跡01



この門は、農村広場になってから設置されたモノのようです。


      20140812上砂分校跡02


門の脇の桜の木。
まさしく学校跡って言う雰囲気が漂います。


      20140812上砂分校跡03



広場にある遊具。
41年前のものなのか......?

微妙...........(違うような気がする?)


      20140812上砂分校跡04


      20140812上砂分校跡05



分校跡に建つ建物


      20140812上砂分校跡06



上砂やすらぎの家 と言う地域の公民館となっています。


      20140812上砂分校跡07

なるほど、廃校のよくある再利用パターンですね。
建物そのものは、廃校後に建て替えられたのでしょう。



こちらが正門。

でも、この門は当時のものではなさそうです。


      20140812上砂分校跡09


と言うのも、廃校は昭和41年。

この門は昭和52年に米田武徳という方から寄贈され、建てられたもののようです。


      20140812上砂分校跡28





こちらの門が道路に面していて、児童たちが毎朝その門をくぐっていったのでしょう。

表札は、紙砂農村公園と張り替えられています。


      20140812上砂分校跡10



正門越しに見るやすらぎの家。
形は違えど、きっと41年前もこんな感じで校舎が眺められたのでしょう


      20140812上砂分校跡11




正門脇にも桜の木。

やっぱり学校の門には桜の木が似合う。

      20140812上砂分校跡12



分校跡の敷地の隅には消防倉庫。
これもよくあるパターン。


      20140812上砂分校跡19



消防倉庫の前から分校跡を眺めてみます。

やっぱり、学校の雰囲気は今なお残っています。


      20140812上砂分校跡14


      20140812上砂分校跡15


      20140812上砂分校跡16



分校跡には数本の桜の木。
その桜の木も前で一枚記念写真、パチリ☆


      20140812上砂分校跡17



校舎っぽい雰囲気を残す、やすらぎの家の間でも一枚、パチリ☆。


      20140812上砂分校跡18


やっぱり、廃校には びいすけ が似合う。
な~んて、親バカ満載。

さ~て、今度はどこの廃校を訪ねてみようか......................?





..

 





2014/09/09 Tue. 16:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポストを探して .........千葉・八街編                    (2013年2月7日)(千葉県八街市) 

2月7日 公休日




千葉県内に98基、現存すると言う丸ポスト。


今までに
   佐倉市      15基
   成田市       8基
   富里市       1基
   東金市       4基 

と29基巡ってきました。

八街市にも1基残っているとういうので
探しに行ってまいりました。


八街市八街ほ と言う住所しか判らず
『八街市八街ほ...、八街ほ?   なんじゃそれ?』 
頼りは大沼商店前という情報のみ。


いや~、これまた苦労しました。
駅前あたりじゃないかと目星を付け
車を停められる場所を探したけれど見つからない
(駅前がやたらに狭い)

車で周辺を回っても見つからない。
おまけに工事中の箇所があって車の流れが悪い。

仕方ないので八街郵便局に行って
ポストの場所を尋ねるけれど
配達・集荷の担当者なら詳しいけれど
切手を売っている おばちゃんたち はよく知らないと言う。

たまたま、別の窓口にいた おばちゃん が
『そう言えば、なんとなく見た気がする』
と場所を教えてくれました。



ありました!



      20130207八街丸ポスト01




このあたりは、さきほど何回も車で回っていましたが
まさか工事中の陰に隠れているとは........

おまけに大沼商店なるものは、もう廃業されているみたいで
建物するありませんでした。

これじゃなかなか見つからないよね(笑)


      20130207八街丸ポスト02


      20130207八街丸ポスト03



これで八街市も制覇。
合計30基の丸ポストにたどり着きました。

残すは68基。


頑張りましょう......?(笑)










 
 
2013/02/22 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: 0edit