08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

養老八景 《 観音橋・出世観音 》   (2016年11月16日)(千葉県市原市) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老警告八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡         (訪問した記事は  こちら  )
   懸崖鏡          (訪問した記事は  こちら  )
   筒森もみじ谷      (訪問した記事は  こちら  )
   水月寺          (訪問した記事は こちら   ) 
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。



養老八景


この日巡った養老八景。
その最終章は...............養老八景 観音橋・出世観音


養老川の流れに沿って中瀬遊歩道を歩いていると
遊歩道の終点近くで赤い橋が見えます。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音01


その赤い橋が観音橋です。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音02


養老渓谷駅からハイキングに来れば
この観音橋が養老渓谷の入口。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音03


      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音04



観音橋は、趣きのある二連の太鼓橋。
朱塗りの欄干が一際目立ちます。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音05



      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音06


      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音07


      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音08


      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音10


観音橋は出世観音の参道の入口。

裏を返せば、観音橋を渡った先が出世観音。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音11



出世観音は、正式名称は養老山立國寺と言います。
伊豆の石橋山の戦いで破れ、房総半島に逃げ延びた源頼朝。
その頼朝が再起をかけ祈願した「出世観音」として知られ、
「開運招福の観音様」、「祈祷の名刹」として古くから多くの方々に親しまれているそうです。


観音橋を渡ると石段。

その石段を元気良く上がる びいすけ 。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音12



石段の先は平坦路。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音13



やがてトンネル。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音14


      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音15



トンネルを抜けると再び石段。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音16



観音橋から歩くこと約5分。
出世観音に到着です。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音17


こちらが出世観音(立國寺)の境内。
正面が本堂。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音18



こちらが本堂。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音19


境内に建つ説明板。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音20

出世観音の由来が記されています。



本堂の柱にくくりつけられた、山号と寺号が記された看板。
扁額じゃない所が新鮮に見えたりします。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音21



観音堂(?)

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音22


こちらは、金色の出世観音。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音23

なぜか、急に俗っぽく感じてしまいます。
ご本尊である観音像は境内の本堂に安置されているそうです。


金色に輝く観音像よりも、
黄色一色のイチョウの木に目が奪われました。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音24



ちょっぴり興醒めした感もあるので、下山します。

下りの参道から眺める観音橋。
周りの木々が色付いていたら、画になりますね。

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音25



再び、中瀬遊歩道を歩いて、駐車場(?)まで戻ります。

観音橋に見送られているような感じがするのは気のせい?

      20161116養老渓谷八景 観音橋・出世観音26


何だかんだと言いながらも、この日で養老八景を7ヶ所巡り、
以前訪れた『梅ヶ瀬渓谷』を併せて、これで『養老八景』も制覇。

今日1日だけでも、かなりの距離を歩いた気がします。
一緒に歩いた びいすけ もお疲れ様でした。




スポンサーサイト
2016/12/13 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

養老八景 《 弘文洞跡 》(2016年11月16日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老警告八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡          (訪問した記事は  こちら  )
   筒森もみじ谷      (訪問した記事は  こちら  )
   水月寺          (訪問した記事は こちら   ) 
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。




養老八景


八景巡りが好きな者としては、養老八景も外せません。

と言うことで、懸崖鏡をあとにして向かった先は...............養老八景 弘文洞跡


駐車場に苦労するかと思っていたら、
弘文洞跡の上流側の道沿いの空き地に
他府県ナンバーの車が3台ほど停まっていた。
無料駐車場? と思い、しっかり停めさせてもらいました。


こちらが弘文洞跡の入口。
中瀬遊歩道の上流側の入口でもあります。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡01

どうやら弘文洞跡は、中瀬遊歩道の途中にあるようです。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡02


ロングリードを装着した びいすけ 。
中瀬遊歩道をスタスタと歩いて行きます。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡04



時折、気になる匂いがあると、必要以上にチェック。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡03


      
遊歩道で養老渓谷をバックに一枚、パチリ☆

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡05



やがて遊歩道は、対岸へと移るため
コンクリートの飛び石を渡って対岸に向かいます。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡06



おっかなびっくりで飛び石を渡った びいすけ 。
再び、遊歩道になったら、軽快に闊歩します。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡07



しばらくすると、木々の間から見える対岸に
思わず、『お〜っ!』の心の中の歓声。

こちらが、弘文洞跡。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡08


弘文洞は、今からおよそ140年前に耕地を開拓するため、
養老川の支流である蕪来川を川まわしして造ったトンネルでした。
弘文帝と十市姫にゆかりの深い高塚や筒森神社の傍を流れ、
本流である養老川にそそぐ合流点にあることから「弘文洞」と命名され、
景勝地、釣り場の代表として世に紹介されました。
昭和54年(1979)5月24日未明、頭頂部が崩壊し、
現在の姿となっています。


確かに峡谷のように見えるが...............

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡09

これが上総地方独特の川まわしで、トンネルだったとは...............。
トンネル頂部が残っていたら、もっと見応えがあったんだろうなぁ。


弘文洞跡をバックに一枚、パチリ☆

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡10


弘文洞跡の説明板。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡11


弘文洞跡の周りの木々が色付いていれば
もっと見応えはあるんだろうなぁ。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡12



せっかくだから、中瀬遊歩道をさらに歩いてみましょう。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡13

養老川の流れに合わせるように中瀬遊歩道を下って行きます。


再び、コンクリートの飛び石。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡14


やっぱり、おっかなびっくりな びいすけ 。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡15


さらに遊歩道は渓谷沿いに続いています。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡16



四阿発見!

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡20

イチョウの落ち葉の黄色い絨毯。
四阿の屋根も黄色に染まっています。

少し休憩いたしましょう。

頑張って歩いている びいすけ にオヤツのご褒美。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡17


      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡18


      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡19

セブンイレブンで売っている ささみチップ が大好物。
カリッ、カリッと小気味良い音を立てて食べています。



再び、コンクリートの飛び石。
中瀬遊歩道で3ヶ所目。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡21


尻尾が下がり気味な びいすけ 。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡23

不安そうにこちらを見つめています。


しかし、流石に中瀬遊歩道の3つ目の飛び石ともなると
要領を得たのか? テンポ良く渡って行きます。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡23



この辺りまで来ると、中瀬遊歩道もそろそろ終わり。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡24


びいすけ のバックの崖の上には、出世観音。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡25



養老渓谷のライトアップは11月20日から行われるようです。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡26

でも、このステ看板おかしくない?
ライトアップが11月20日から11月10日までって?

一応、12月って手直ししているみたいだけど...............
やっぱり12月には見えないよ(笑)


ポスターによれば、養老渓谷の 紅葉まつり は11月23日。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡27

筒森もみじ谷のおじさんが言っていたように
11月23日過ぎ、ざっくり言えば11月下旬が見頃なんだねぇ。


中瀬遊歩道もざっくり歩ききったけど
車はスタート地点に置いてある。

と言う事は、再び中瀬遊歩道を歩いて戻らなきゃ。こちら側をゴール側とするならば、
ゴール側には、『観音橋・出世観音』がある。
そちらについては、また明日にでも触れることして...............

ちょっぴり大変だけど、中瀬遊歩道を養老川上流に向けて再び歩きます。


休憩した四阿近く。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡28

黄色い落ち葉の絨毯の遊歩道。


紅葉には1週間から10日早い養老渓谷。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡29


      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡30


そして、コンクリートの飛び石。

      20161116養老渓谷八景 弘文洞跡31

流石に何度も渡れば慣れて来るから
こちらを見る余裕もあったりする びいすけ 。
でも、尻尾は下がっているんですけど...............(笑)



2016/12/12 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

養老八景 《 懸崖鏡 》  (2016年11月16日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老警告八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡
   筒森もみじ谷      (訪問した記事は  こちら  )
   水月寺          (訪問した記事は こちら   ) 
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。




養老八景

八景巡りの好きな私としては、養老八景も是非攻略したい。

と言うことで、筒森もみじ谷をあとにして、
向かった先は...............養老八景 懸崖鏡


懸崖鏡は、養老渓谷を代表する紅葉名所です。
この付近の渓谷は下流に向かって、右岸が切り立ち、
左岸は平坦になっており、断層がよくわかる場所とのことです。
その切り立った崖の白い地肌と色付いた紅葉のコントラストが
養老渓谷を代表する紅葉の名所とされているようです。
毎年、11月中旬から12月上旬まで17時から21時30分の時間帯にライトアップされるそうです。


懸崖鏡はR465の老川十字路交差点の近く。
養老川に架かる赤い橋の上から眺めることが出来ます。
多くの人は赤い橋から眺めるだけで終わってしまいますが、
実は、橋の隣にある 養老渓谷温泉の旅館・福水の駐車場奥から
養老川に降りられる道があり、懸崖鏡の近くへ行くことが出来ます。


こちらが、 福水 の駐車場。
ここから養老川へ降りる石段があります。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡01


国道の赤い橋は目の前。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡02


川沿いのモミジもちょっぴり色付いています。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡04



川岸に降りると、目の前には 懸崖鏡 。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡03


      
確かに、白い地肌の断層がはっきり確認出来ます。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡05


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡06



断層上部には艶やかなモミジ。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡07



ズームアップ。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡08



渓谷沿いは遊歩道っぽくなっているので散策してみます。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡13


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡09



渓流の流れは穏やか。
水面は鏡のように周りを写しています。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡10

鏡に映る崖だから、懸崖鏡 と言うのだろうか?


しばらく行くと行き止まり。
って言うか、 福水 の敷地に入ってしまうので引き返します。


じっくりと眺めながら戻りましょう。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡11


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡12


     
せっかくだから、国道沿いの赤い橋からも眺めてみましょう。

      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡14


      20161116養老渓谷八景 懸崖鏡15


紅葉の見頃には1週間以上早かったけれど
ライトアップされる紅葉の時期には、きっとこの場所からも
鮮やかな紅いモミジを堪能できることでしょう。





2016/12/11 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

養老八景 《 筒森もみじ谷 》  (2016年11月16日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老警告八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡
   筒森もみじ谷
   水月寺          (訪問した記事は こちら   ) 
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。



養老八景


養老八景巡り。
その第4弾は...............養老八景 筒森もみじ谷    


筒森もみじ谷は国道465号の筒森地先から細い道路を約1kmほど進むと
道路の両側に数多くのもみじが現れます。
紅葉の時期には深紅に染まったもみじが見られます。
その美しさから「もみじ谷」と呼ばれるようになったと伝えられている場所です。

元々の観光地ではないので、道も狭く
対向車が来たら離合に苦労しそうですが
10台ぐらい停められる駐車場も一応完備されています。


駐車場に車を停めて、『筒森もみじ谷』を散策いたしましょう。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷01


平日の昼間。
駐車場には、父さん号(私の車)しか停まっていません。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷02


まぁ、平日の昼間にこの辺りに来るモノ好きは、そうそういないようです(笑)。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷03

紅葉の見頃には、まだ少し早いけれど
少しづつ山は色付き始めているようです。


この辺り一帯がもみじ谷ですが、駐車場から500mほど戻った所に広場があったので
そちらに向かってみましょう。

ロングリードを装着した びいすけ 。
意気揚々とリードを引っ張りながら前を歩いて行きます。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷04


歩きながらよく見ると、木々が色付き始めているのが判ります。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷05


全体が色付いている訳じゃないから、却って色付いた箇所が周りの緑に
その色付きを引き立てて貰っているような感じです。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷06


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷07


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷08


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷09


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷10

う〜ん。コレはこれで目の保養になったりします。



広場に着きました。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷13

手作りの看板が掲げられているから、
一応この辺りが『筒森もみじ谷』の中心になるんでしょうか?


広場の向かいの山の木々も色付き始めています。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷11


まぁ、裏を返せば紅葉の見頃にはちょっと早かったと言うことです。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷12


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷14


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷15


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷16


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷17


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷18


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷19

まぁ、裏を返せば紅葉の見頃にはちょっと早かったと言うことです。


広場の片隅に、模擬店(焼きいも?)が設営されていて
そちらの管理人さんの話では...............

来週辺りが紅葉の見頃で、11月23日にイベントがあるらしい。


確かに1週間早かったみたいです。



さらに道を進みます。

広場の先(県道へ戻る)には、赤い橋。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷20



橋から渓谷を覗きこむ びいすけ 。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷21


確かにモミジが色付いたら、この橋からの眺めもきっと素晴らしいはず。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷22



あまり駐車場から離れても、戻るのが大変だから
赤い橋でUターン。駐車場へと戻ります。

所々に点在する色付いた木々を眺めながら駐車場へ向かいます。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷23


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷24


      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷25



駐車場に戻ると車が2台増えていました。
ちょうど車から降りて来た熟年夫婦の方から話を伺うと、
駐車場の先の坂道を上って行くと紅葉スポットがあるらしい。

せっかくだから、そちらも覗いて来ましょう。



駐車場より先は地元に人の生活道路で集落で行き止まりらしい。
ほとんど通る車も無いから、ロングリードの びいすけ は
好きなように歩かせた、周りの山々を眺めながら歩きます。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷26


確かに、先ほどの広場辺りより色付いた木々が多いような気がする。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷27



この辺りからの眺望が一番の色付き。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷28



駐車場への戻り道。
びいすけ に引っ張って貰いながら、改めて色付く木々を眺めます。

      20161116養老渓谷八景 筒森もみじ谷29


本格的な紅葉にはちょっと早かったけれど
その分空いてて、犬連れには好都合。

筒森もみじ谷。気に入っちゃいました。





2016/12/10 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

養老八景 《 水月寺 》(2016年11月16日)(千葉県夷隅郡大多喜町) 

11月16日 公休日

この日は、房総半島の養老渓谷へ出かけました。

養老渓谷には養老渓谷温泉旅館組合が制定した
養老渓谷八景なるモノがあります。..
養老川の渓谷周辺の8つの景勝地。
その内訳は
   梅ヶ瀬渓谷       (訪問した記事は  こちら  )
   観音橋・出世観音
   弘文洞跡
   懸崖鏡
   筒森もみじ谷
   水月寺
   粟又の滝(養老の滝) (訪問した記事は  こちら  )
   金神の滝        (訪問した記事は  こちら  )  となっています。

養老八景

養老八景巡りと称して、この日は養老八景を廻ります。

粟又の滝をあとにして、向かった先は...............養老八景 水月寺




水月寺は、至徳1年(1384)に建立された禅宗の古刹です。
境内には藁葺屋根の鐘突き堂が建っています。
何より、この水月寺は3月下旬~4月下旬まで咲く岩ツツジの花が有名です。
60年~100年くらい前に、住職が種から育てたもので、
約500本が植えられています。
水月寺のある小沢又地区では、岩ツツジを栽培している農家も多く、
岩ツツジを求めて訪れる人も多いようです。



こちらが水月寺の山門前。

      20161116養老渓谷八景 水月寺01



寺号標。

      20161116養老渓谷八景 水月寺02



こちらが、山門。

      20161116養老渓谷八景 水月寺03


      20161116養老渓谷八景 水月寺06



山門に掲げられた扁額。
『補陀落山』とは、珍しい山号です。

      20161116養老渓谷八景 水月寺04


こちらが鐘楼。

      20161116養老渓谷八景 水月寺05

藁葺屋根の鐘突き堂です。


そして、本堂。

      20161116養老渓谷八景 水月寺07



本堂の扁額。

      20161116養老渓谷八景 水月寺08



この水月寺の見処は岩ツツジの花ですが、
残念ながら、岩ツツジの花の時期ではありません。



境内の水月三観音。

      20161116養老渓谷八景 水月寺09



永楽観音。

      20161116養老渓谷八景 水月寺10


水月観音。

      20161116養老渓谷八景 水月寺11


榮壽観音

      20161116養老渓谷八景 水月寺12


寺号標ではないけれど、水月寺の銘が記された何かの碑。

      20161116養老渓谷八景 水月寺13


実は、水月寺の境内で探していたモノがあったんですが
それは見当たらないし、その跡形もありそうもない。
ひょっとしたら記憶違いかもしれないし...............

水月寺には誰も居なかったから、話も聞けませんでした。

岩ツツジの時期を逃したら、養老八景と言えども
見所は...............う〜む、微妙だなぁ(笑)。


2016/12/09 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

平塚八景 《 森の前鳥神社 》 (2016年9月29日)(神奈川県平塚市) 

9月29日 公休日

この日は神奈川県の平塚市に行きました。


平塚市には、平塚八景なるモノがあります。


平塚八景は、平塚市の市制施行50周年を記念して、
平塚市民の推薦のもとに平塚の代表的な景色・景観等を
昭和57年に制定されたものです。

その内訳は

平塚八景 平塚砂丘の夕映え
平塚八景 湘南潮来
平塚八景 八幡山公園
平塚八景 森の前鳥神社
平塚八景 湘南平
平塚八景 霧降りの滝・松岩寺
平塚八景 七国峠・遠藤原
平塚八景 金目川と観音堂

の8ヶ所となっています。


平塚八景 湘南潮来 (相模川八景 湘南潮来と河口)を訪れ、
本日の予定は全て完了。
国道129号線を北上して、八王子の実家へと車を走らせていました。

国道129号線を走っていると、前鳥神社 の看板が目に入って来ました。
確か、前鳥神社も平塚八景の一つじゃなかったっけ?

ウインカーにて右折の意思表示。
ハンドルを右に切り、急遽向かった先は...............平塚八景 森の前鳥神社


駐車場に車を停め、前鳥神社へと向かいます。


前鳥神社の社号標。

      20160929平塚八景森の前鳥神社01


学問の神様である奨学神社があるから、前鳥神社は学問の神様として
地域の信仰を集めているようです。

      20160929平塚八景森の前鳥神社02


前鳥神社の境内には、桜やけやきの大樹、杉の古木が多く、
平塚市保全樹林に指定されており、古社らしき趣きのある一画となっています。
「木の実落ちし 音しんかんと残りけり 飛鴻」の句碑もあります。


それでは、参道を歩きながら前鳥神社の境内に向かいましょう。

      20160929平塚八景森の前鳥神社03



参道には、祭りの提灯。
ちょっぴり気になります。

      20160929平塚八景森の前鳥神社04


奠の綱?

      20160929平塚八景森の前鳥神社05

「奠の綱(でんのつな)」は、神を導く綱で
社殿まで誘導するモノらしい。



前鳥神社の鳥居。

      20160929平塚八景森の前鳥神社06



鳥居の脇に建つ平塚八景の碑。

      20160929平塚八景森の前鳥神社07



こういったしっかりとした碑があると、ついつい追いかけてみたくなります。

      20160929平塚八景森の前鳥神社08



説明看板もしっかりと設置されています。

      20160929平塚八景森の前鳥神社09



こちらは鐘楼。

      20160929平塚八景森の前鳥神社10


書家近藤雪竹(先生)の功績を称えた碑。

      20160929平塚八景森の前鳥神社11


      20160929平塚八景森の前鳥神社12


      20160929平塚八景森の前鳥神社13



こちらが、拝殿。

      20160929平塚八景森の前鳥神社14



この松は稀に四本の葉をつけ、
その松葉を身につけると幸せになるといわれています。

      20160929平塚八景森の前鳥神社15


      20160929平塚八景森の前鳥神社16



こちらが、御神木。

      20160929平塚八景森の前鳥神社17


そして、こちらが学問の神様、奨学神社。

      20160929平塚八景森の前鳥神社18



この日は9月29日。

実は前日の9月28日が御例祭。

毎年9月28日に神輿宮入と称し、各町内を渡御した神輿が神社参道に着くと、
出迎えた氏子・役員たちが肩衣裃に威儀を正し、提灯を持って誘導します。
神輿が神域内に入ると、待ち受けていた氏子総代が白絹でつくった「奠之綱(でんのつな)」を結び、
この綱を持って誘導します。
拝殿に至り「奠之綱」は神官に手渡され、神輿は還幸する。

そんな御例祭が執り行われていたらしい。

      20160929平塚八景森の前鳥神社19



慌しい御例祭も終わり、社務所は後片付けに忙しそう。

      20160929平塚八景森の前鳥神社20


たまたま訪れたのが御例祭の翌日だったから、境内にも祭りの提灯や
まだまだ片付けられていないゴミが残っていて、
祭りの盛大さをちょっぴり垣間見たような気がします。

きっと盛大な祭りだったんだろうなぁ...............



2016/10/30 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

平塚八景 《 湘南潮来 》 (2016年9月29日)(神奈川県平塚市) 

9月29日 公休日

この日は、相模川八景巡りで海老名市から相模川の下流域を寒川町、平塚市と移動していました。

相模川の最下流、平塚漁港の裏手にある 『 相模川八景 湘南潮来と河口 』の碑の隣に
こんな碑が建っていました。

      20160929平塚八景湘南潮来01



平塚八景は、平塚市の市制施行50周年を記念して、
平塚市民の推薦のもとに平塚の代表的な景色・景観等を
昭和57年に制定されたものです。

その内訳は

平塚八景 平塚砂丘の夕映え
平塚八景 湘南潮来
平塚八景 八幡山公園
平塚八景 森の前鳥神社
平塚八景 湘南平
平塚八景 霧降りの滝・松岩寺
平塚八景 七国峠・遠藤原
平塚八景 金目川と観音堂

の8ヶ所となっています。


相模川八景の一つ、『湘南潮来と河口』の地は
平塚八景の 『湘南潮来』の地でもありました。



碑の隣に建つ説明板。

      20160929平塚八景湘南潮来02



左から、説明板、平塚八景の碑、相模川八景の碑。

      20160929平塚八景湘南潮来03



平塚八景の碑は、制定時の昭和57年に建立されたモノのようです。

      20160929平塚八景湘南潮来04



相模川が相模湾に流れ込む河口。
古くからこの辺りは湘南潮来と呼ばれていたらしい。

      20160929平塚八景湘南潮来05


      20160929平塚八景湘南潮来06



マリンスポーツや川釣りなどを楽しむ人々で賑わう場所であるらしく
ジェットスキーやプレジャーボートで楽しめ人もいるいるようです。

      20160929平塚八景湘南潮来07



平塚八景 湘南潮来 の地は、平塚漁港のすぐ裏手。

小さな公園には、漁港関連の碑もあります。

相州須賀湊の碑。

      20160929平塚八景湘南潮来08

碑には歴史が刻まれていて、
平安時代には空海が来航したという伝説が伝わっているらしい。




舟繋の石。

      20160929平塚八景湘南潮来09



古くは須賀湊と呼ばれていた平塚漁港。

      20160929平塚八景湘南潮来10



多くの漁船が繋留されています。

      20160929平塚八景湘南潮来11


漁港の漁船の安全を祈願しているのか?
公園内には小さな鳥居がありました。

      20160929平塚八景湘南潮来12


奥には小さな祠。

      20160929平塚八景湘南潮来13


漁港が気になるのか?
覗きこむ びいすけ 。

      20160929平塚八景湘南潮来14



何と無く びいすけ も満足そうな表情。

      20160929平塚八景湘南潮来15


取り留めて、広くもないし
コレと言ったモノも無いけれど
河口から肌に感じる潮風を感じていると
中々、この地も良いもんだなと思ったりして...............

平塚八景 湘南潮来。
ちょっぴり気に入っちゃいました。




2016/10/29 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 《 湘南潮来と河口 》 (2016年9月29日)(神奈川県平塚市) 

9月29日 公休日

神奈川県の相模川には、相模川八景なるものがありま(した?)す。
この日は、相模川八景巡りに神奈川県に出かけました。


相模川八景とは、神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、神奈川県民の投票で8箇所選んだものです。
相模湖から相模湾に至る相模川の風光明媚な場所が選ばれています。

冒頭に『相模川八景なるものがありま(した?)す。』と書き込みましたが
以前は、国道交通省関東地方整備局京浜河川事務所のHPに
相模川八景に付いて、詳しく記載されていましたが、
昨年辺りに、いつの間にかHPからも記載が抹消されてしまいました。
一説には、相模川八景の一つが立ち入り禁止となり、
おまけに設置したモニュメントが解体業者によって
いつの間にかに撤去されてしまったと言う情け無い噂もあるようです。

一応、相模川八景は
1.みどりの中の相模湖
2.津久井湖と津久井城址
3.美しいアーチの小倉橋
4.水郷田名と高田橋
5.八景の棚と河岸段丘
6.三川合流点と大山
7.寒川宮山の富士
8.湘南潮来と河口

と、このような8ヶ所が選定されています。

厚木市の対岸、海老名市(相模川八景 三川合流点)から
寒川町(相模川八景 寒川宮山の富士)と巡り、
さらに下流の 相模川八景 湘南潮来と河口 へと向かいました。


随分前に、この 『 相模川八景 湘南潮来と河口 』目指して平塚市に来たことがありましたが
その時は詳しい場所が分からず、諦めて帰った事があります。
今回は、ネットで詳しい場所を調べて来たから、迷わず辿り着けました。


『 相模川八景 湘南潮来と河口 』の碑は平塚漁港の裏手、
漁港と相模川の間にある小さな公園の中に在りました。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口01


      20160929相模川八景湘南潮来と河口02


八景の碑にプレートが貼られています。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口03


相模川の最下流。
相模川が相模湾に流れ込む河口が湘南潮来。

相模川下流域一帯は、湘南潮来とも言われる広々とした水郷地帯です。
マリンスポーツや川釣りなどを楽しむ人々でにぎわいます。

河口に架かる橋は、国道134号線のトラスコ湘南大橋。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口04



相模川の上流側。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口05


相模川の下流側。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口06


時期的に下草が伸び犬の散歩には、あまり適さない。
要は草刈り等の管理が今一歩。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口07


マリンスポーツや川釣りなどを楽しむ人々で賑わうという事ですが
確かに、平日の木曜日。それも雨が降りそうな曇り空。
それでもジェットスキーに興じる人が目の前を気持ち良く滑降して行きます。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口08


週末に釣りでもするのか?
プレジャーボートを整備する人が居たり...............

      20160929相模川八景湘南潮来と河口09



堤防では川釣りに勤しむ人も居る。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口10



天気は悪いけど、風は潮風。
川と言うよりは海に近い感覚。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口11


潮風が顔に当たって気持ち良い。

      20160929相模川八景湘南潮来と河口12


天気が良ければ、感覚的にはもっと心地良さを感じるかもしれない。


相模川八景。

一番上流にある 『みどりの中の相模湖』に辿り着けて居ないけれど
追いかけてみると、色々な顔(?)があって面白い。

辿り着けなかった『みどりの中の相模湖』へも再チャレンジしてみようかな...............?



2016/10/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 《 寒川宮山の冨士 》 (2016年9月29日)(神奈川県高座郡寒川町) 

9月29日 公休日

この日は、神奈川県の相模川流域に出かけました。

相模川には、相模川八景なるものがありま(した?)す。

相模川八景とは、神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、神奈川県民の投票で8箇所選んだものです。
相模湖から相模湾に至る相模川の風光明媚な場所が選ばれています。

冒頭に『相模川八景なるものがありま(した?)す。』と書き込みましたが
以前は、国道交通省関東地方整備局京浜河川事務所のHPに
相模川八景に付いて、詳しく記載されていましたが、
昨年辺りに、いつの間にかHPからも記載が抹消されてしまいました。
一説には、相模川八景の一つが立ち入り禁止となり、
おまけに設置したモニュメントが解体業者によって
いつの間にかに撤去されてしまったと言う情け無い噂もあるようです。

一応、相模川八景は
1.みどりの中の相模湖
2.津久井湖と津久井城址
3.美しいアーチの小倉橋
4.水郷田名と高田橋
5.八景の棚と河岸段丘
6.三川合流点と大山
7.寒川宮山の富士
8.湘南潮来と河口

と、このような8ヶ所が選定されています。

相模川八景の地には、モニュメントと相模川を形取ったレリーフが飾られています。

相模川の風光明媚な場所をこの目で見ることは勿論、
それらのモニュメントやレリーフを見つけるのも楽しみの一つです。

そんな訳で、訪れたのは...............相模川八景 寒川宮山の富士



ダムカード集めで訪れた寒川取水堰の近く、
『川とのふれあい公園』にモニュメントは在るそうです。


神川橋から眺める『川とのふれあい公園』。

      20160929相模川八景宮山の富士01


『川とのふれあい公園』の河原近く、って言うか
寒川取水堰のすぐ近くにモニュメントは在りました。

      20160929相模川八景宮山の富士02



こちらが、そのモニュメント。

      20160929相模川八景宮山の富士03


      20160929相模川八景宮山の富士04


レリーフ。

      20160929相模川八景宮山の富士05


おまけ(?)の相模川の説明板。

      20160929相模川八景宮山の富士06



あいにくの曇り空。

      20160929相模川八景宮山の富士07

この方向に富士山が見えるのか?

富士山どころか、丹沢の山々も見えない。


河原には寒川取水堰のフェンスが有って行けないし、
富士山や丹沢の山々も見えないし...............

八景らしさを感じ取れません。

『川とのふれあい公園』を散策してみましょう。

だだっ広い『川とのふれあい公園』。
野球場なども完備されているから、散策よりも体を動かして
何かをするのが似合う公園のようです。

唯一(?)公園らしさを感じた人口の小さな池。

      20160929相模川八景宮山の富士08


      20160929相模川八景宮山の富士09

池の近くには、お弁当を広げられるテーブルもあり
ちょっぴり小休止。


『 食べるぅ〜? 』って、食べない訳が無い!(笑)

      20160929相模川八景宮山の富士10



『 待てよぉ〜!』

      20160929相模川八景宮山の富士11


『 良し! 』

      20160929相模川八景宮山の富士12



ささみチップスに飛び付く びいすけ 。
すごい迫力!(笑)。

      20160929相模川八景宮山の富士13


相模川のすぐ横を圏央道が走ります。

      20160929相模川八景宮山の富士14



相模川八景が選定された時にはなかった圏央道。
圏央道から相模川を見下ろせば、また違った景観が楽しめるのかも知れません。

      20160929相模川八景宮山の富士15


これで相模川八景も6つ制覇。

さて、さらなる相模川八景を目指して相模川を下流へと向かいましょう。




2016/10/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 《 三川合流点の大山 》 (2016年9月29日)(神奈川県海老名市) 

9月29日 公休日

この日は神奈川県の厚木方面に出かけました。


厚木市の市境を流れる相模川。
その相模川の対岸は神奈川県の海老名市になります。
相模川には、相模川八景なるものがありま(した?)す。

相模川八景とは、神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、神奈川県民の投票で8箇所選んだものです。
相模湖から相模湾に至る相模川の風光明媚な場所が選ばれています。

冒頭に『相模川八景なるものがありま(した?)す。』と書き込みましたが
以前は、国道交通省関東地方整備局京浜河川事務所のHPに
相模川八景に付いて、詳しく記載されていましたが、
昨年辺りに、いつの間にかHPからも記載が抹消されてしまいました。
一説には、相模川八景の一つが立ち入り禁止となり、
おまけに設置したモニュメントが解体業者によって
いつの間にかに撤去されてしまったと言う情け無い噂もあるようです。

一応、相模川八景は
1.みどりの中の相模湖
2.津久井湖と津久井城址
3.美しいアーチの小倉橋
4.水郷田名と高田橋
5.八景の棚と河岸段丘
6.三川合流点と大山
7.寒川宮山の富士
8.湘南潮来と河口

の8ヶ所となっています。



今回訪れたのは...............相模川八景⑥ 三川合流点と大山


相模川八景を訪れる目的は、風光明媚な場所をこの目で確認する事ですが
それ以外にも八景の地に設置されたモニュメントを探し当てる事もその一つです。

相模川八景のモニュメントは、相模川の河川敷にある河畔公園の中にあるようです。

      20160929相模川八景三川合流01


以前は、きちんと管理されていたとは思うけどけれど
現在の河畔公園は、きちんと管理されているとはお世辞にも言えない。
立派な桜並木はあるようですが、定期的な草刈りはされていないようです。

      20160929相模川八景三川合流02



桜の木の下に何やらあります。

      20160929相模川八景三川合流03

どうやら、相模川八景のモニュメントのようです。


こちらが、相模川八景のモニュメント。

      20160929相模川八景三川合流04


八景の地点ごとにモニュメントとレリーフが設置されています。

      20160929相模川八景三川合流05


      20160929相模川八景三川合流06



以前は、モニュメントのある辺りから大山が眺められたようですが
現在は雑草に覆われた公園。
お世辞にも風光明媚な場所とは言いづらい。

      20160929相模川八景三川合流07


      20160929相模川八景三川合流08



おまけに、こんな看板を見ちゃうと、一気にテンションが下がります。

      20160929相模川八景三川合流09

知らなかったとは言え、公園内の犬の散歩が禁止ならば
さっさと公園から離れましょう。


公園を出て、河川敷へ移動します。

      20160929相模川八景三川合流10


こちらが河川敷。

      20160929相模川八景三川合流11



晴れていれば、この方角に大山が見えるのだろうか?

      20160929相模川八景三川合流12



あいにくの曇り空で丹沢の山々が全く見えない。

      20160929相模川八景三川合流13



対岸の厚木市側はBBQのメッカらしく
シーズンの土日には、かなりの人が訪れるらしい。

      20160929相模川八景三川合流14



相模川の三川合流点。

      20160929相模川八景三川合流15

ちょうど、この辺りで小鮎川と中津川が合流します。




そして、やがて相模川に合流する。

      20160929相模川八景三川合流16



圏央道が近くを走り、昔と風景は様変わりしつつあるけれど
三川が合流した先に、大山が綺麗に見えたら言うことは無い。

      20160929相模川八景三川合流17


惜しむらくは、この曇り空。
今年の9月は本当に雨か曇り空。
太陽が恋しくなってしまいます(笑)。




2016/10/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

水戸八景  広浦秋月  (2016年9月16日)(茨城県東茨木郡茨木町) 

9月16日  公休日


この日は、茨城県の茨城町に出掛けました。


『茨城百景 涸沼』の碑がある涸沼湖畔の広浦地区。

茨城県指定の文化財の名勝地でもあるけれど
『水戸八景』の一つでもあるらしい。
『〇〇八景』好きとしては、素通りは出来ません。


と、言うことで訪れたのは...............水戸八景 広浦秋月


水戸八景は、水戸徳川家第九代藩主斉昭公が、
天保四年(1833年)に領内を巡視し、八つの景勝地を選定したものです。
斉昭公が、藩主を継いだ頃の世情は、決して無事安穏ではありませんでした。
英明で覇気に富んでいた斉昭公であっても、心を煩わすことが多かったようで、
八景の風景は公の憂いを散らすに役だったに相違ありません。
しかし、八景設定の大きな目的は、藩内の子弟に八景巡りを勧めて、
自然観賞と健脚鍛錬を謀ることにあったと言うことです。
当時の流行語を用いれば、正に「文武両道の修練」に資せられたもので、
斉昭公の深慮の程には全く、感嘆してしまいます。
 
水戸八景は

青柳夜雨 (あおやぎのやう)
太田落雁 (おおたのらくがん)
山寺晩鐘 (やまでらのばんしょう)
村松晴嵐 (むらまつのせいらん)
水門帰帆 (みなとのきはん)
巌船夕照 (いわふねのゆうしょう、いわふねのせきしょう)
広浦秋月 (ひろうらのしゅうげつ)
僊湖暮雪 (せんこのぼせつ)

の8ヶ所。

その手始めに『広浦秋月』から攻めて行きましょう。




『広浦秋月』の地は、広浦公園となっています。

      20160916水戸八景広浦秋月01


広浦公園の案内看板にも、水戸八景について触れています。

      20160916水戸八景広浦秋月02


こちらが、広浦公園の入り口。

      20160916水戸八景広浦秋月03


広浦公園そのものが、大小のバンガローが設置されたキャンプ場です。

      20160916水戸八景広浦秋月04



いきなり、芝生広場でローリングする びいすけ 。

      20160916水戸八景広浦秋月05

ミミズでも居るのか?
はたまた、モグラ?



お目当の水戸八景の説明看板。

      20160916水戸八景広浦秋月06


水戸を中心に8ヶ所の名所が周辺に点在しています。

      20160916水戸八景広浦秋月07



そして、こちらが『水戸八景 広浦秋月』の碑。

      20160916水戸八景広浦秋月08

この碑を見るために、この地に訪れたと言っても過言ではない。



広浦秋月 の文字が確認出来ます。

      20160916水戸八景広浦秋月09



こちらは、保勝碑。
水戸八景選定経過等を記した副碑になります。

      20160916水戸八景広浦秋月10



こちらは、茨城町が建てた標柱。

『名勝 広浦』

      20160916水戸八景広浦秋月11

当然、茨城町の指定文化財でもあります。


石碑、副碑、標柱は一ヶ所にまとめられ
ちょっとした壇になっています。

      20160916水戸八景広浦秋月12


      
壇上から、眺める広浦の涸沼。

      20160916水戸八景広浦秋月14


      20160916水戸八景広浦秋月15


すぐ近くには、大杉神社の一の鳥居。

      20160916水戸八景広浦秋月16

鳥居の片方の脚は、湖面に浸っています。
東日本大震災の後、湖水面が上昇して、
鳥居の脚が湖水に浸ってしまったそうです。
涸沼周辺の地殻が変動してしまったのでしょうか?


この『広浦秋月』の地は、茨城百景の涸沼の一部。
そして、『名勝 広浦』の地。

やっぱり『水戸八景』や『茨城百景』は伊達じゃない。
確かに風光明媚な場所でした...............。






2016/10/06 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

相模川八景 ①   《 八景の棚と河岸段丘 》    (2015年4月16日)(神奈川県相模原市) 

4月16日 公休日


『相模原芝ざくらまつり』の帰り道。
以前から気になっていた場所に立ち寄ってみました。

実は、『相模原芝ざくらまつり』の会場を探しまくっている時に
何度もその場所の近くを行ったり来たりしていました。

立ち寄った先は、...............相模川八景 八景の棚と河岸段丘


相模川八景とは、
神奈川県の「いきいき未来相模川プラン」策定にちなんで、
相模川を代表する眺望の優れた場所を、
神奈川県民の皆さんの投票で八箇所選んだものです。

その八景は

みどりの中の相模湖
津久井湖と津久井城址
美しいアーチの小倉橋
水郷田名と高田橋
八景の棚と河岸段丘
三川合流点と大山
寒川宮山の富士
湘南潮来と河口

と、以上の八箇所となっています。


八景(はけ)の棚は、相模川東畔の崖の上に続く県道沿いに設けられた散歩道です。
"はけ"とは、関東の方言で"崖(がけ)"を指す言葉ですが、
ここでは眼下に広がる相模川の景色を意識して、"八景"の字が当てられたそうです。
下溝地区の河岸段丘の崖上にある眺望のいい場所で、
相模川の雄大な流れと、遠くに大山や丹沢の山が見渡せる景勝地だそうです。

相模川八景のポイントには、それぞれのモニュメントが建てられ、
川をかたどったイラスト入りの銅板画(エッチング)が組み込まれていて、
拓本がとれるようになっているそうです。
八ヵ所全部あつめると、「相模川絵図」が完成するそうです。

どうも、こう言ったポイント制覇って言うヤツには弱くて...............
相模川八景も、私の中の『行きたい、行ってみたいリスト』に
しっかりと入り込んでいました(笑)。



こちらが、八景の棚。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘03

この看板を車から何度も見かけてしまったから
立ち寄らない訳には行きません(笑)。


八景の棚から眺める相模川。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘01

晴れていれば、もっと眺望は優れていたことでしょう。
丹沢山系が雲に覆われて見えないのが残念です。



ベンチも置かれていて、ちょっとした展望台にいる気分です。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘02



こちらは、『八景の棚』の石碑。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘04


      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘05

この辺りは元々、相模川八景を制定する以前から
高台と言うこともあって、相模川の眺望がひらけ、
八景と呼ばれていたらしい。
近くには、『焼肉八景』『八景電器』と言った
八景の名を称したお店も数軒あります。



モニュメントを探しましたが、なかなか見つからない。
周辺をぐるりと歩いてやっと見つけました。

八景の棚からゆっくり歩いて5分ほど。
『三段の滝展望広場』の入口近くにありました。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘06


こちらが、そのモニュメント。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘07

モニュメントって言うより、むしろ案内板と言った方が適切かも?(笑)

そして、こちらがレリーフ。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘08


正直、簡単に見つけられると思っていましたが、かなり苦労しました。
目印は、この『大凧』の看板の道路の対面。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘19

まぁ、相模川八景を追いかけるモノ好きは、そんなに居ないとは思いますが...............



『三段の滝展望広場』からの眺望。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘09


確かに眺望は素晴らしい。
贅沢を言えば晴れていればもっと良いだろう。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘10



『三段の滝展望広場』はちょっとした公園になっているから
せっかく来たのだから、ぐるっと散策してみましょう。


芝生広場?の真ん中に建つモニュメント。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘11


こちらも、相模川八景のモニュメントです。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘12


先ほどのモニュメントよりも、こちらのモニュメントの方が
モニュメントらしく感じてしまうのは、気のせい...............?



『三段の滝展望広場』って言うくらいだから、どこかに三段の滝があるのか?
散策していると遊歩道は、やがて新三段の滝橋に変わります。

と、言うことは、こちらが『新三段の滝?』それとも、『三段の滝?』

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘13


さらに、その先に三段の滝橋がある。

と言うことは、こちらが『三段の滝』のようです。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘14

確かに、人工的ですが三段の落差があります。


三段の滝も確認出来たから、車を停めている八景の棚に戻りましょう。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘15


先ほどのモニュメントの前を通り...............

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘16



相模川散策路などと言う魅力的な言葉の誘惑にも負けず...............

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘17



長い階段を上って行くのでありました。

      20150416相模川八景①八景の棚と河岸段丘18



相模川八景。
意外に追いかけてみると、楽しそうかも?

よぉ〜し、真剣に追いかけちゃおうかな!








2015/05/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

我孫子のいろいろ八景 公園八景   《  根戸船戸緑地  》             (2015年2月12日)(千葉県我孫子市) 

2月12日 公休日

この日は我孫子市に出かけていました。

我孫子市には『我孫子のいろいろ八景 公園八景』なるモノがあります。

我孫子の公園八景は、我孫子市内でいつでも誰でも見ることができる場所を
我孫子市民が8つの公園を選定しました。

宮ノ森公園
気象台記念公園
古利根公園・自然観察の森
湖北台中央公園
五本松公園
高野山桃山公園
手賀沼公園
根戸船戸緑地

この8つの公園が、我孫子の公園八景となっているようです。


手賀沼公園をあとにして、向かった先は..............根戸船戸緑地

今までに7つの公園を訪ね、いよいよ『我孫子のいろいろ八景 公園八景』も最後の一つ。
『我孫子のいろいろ八景 公園八景』の最終章となります。


根戸船戸緑地は特別緑地保全地区の指定がなされ、
主にコナラ、クヌギ、シラカシ等の広葉樹で構成された樹林が保たれています。
木々の向こうには田畑と手賀沼が広がり、南斜面には水が湧き出ていたりと、
我孫子の原風景ともいえる情景が満喫できるところです。




こちらが根戸船戸緑地の入口。

      20150212船戸根戸緑地01

正直、こちらの公園は駐車場がない。
ちょっぴり車を停めるのに苦労しました。


入口には、根戸船戸緑地についての説明板。

      0150212船戸根戸緑地02

説明板によれば、地元のボランティア団体が毎月定期的に清掃等を行い、
近隣の住民に親しまれ、訪れる人々の憩いの場となり、
さらには、子供たちが安心して遊ぶことのできる緑地作りを目指して活動しているそうです。



根戸船戸緑地及び手賀沼周辺の案内図。

      0150212船戸根戸緑地03

この近くには、志賀直哉を始めとした文豪の別荘があったらしい。



では、根戸船戸緑地を散策してみましょう。

いきなり台地へ上る階段。
ロングリードを引っ張り、行く気満々の びいすけ 。

      0150212船戸根戸緑地04


びいすけ のペースに付いて行けず..............

あれっ〜!? って表情の びいすけ 。

      0150212船戸根戸緑地05



と思いきや、今度は匂い嗅ぎ。

      0150212船戸根戸緑地06



階段を上った先は、削平地。
ベンチもあったりして、手賀沼の展望台も兼ねているのでしょうか?

      0150212船戸根戸緑地07


雰囲気は、どこぞの城址って言う感じ。
雑木林のこういった場所は個人的に好きです。

      0150212船戸根戸緑地11


      0150212船戸根戸緑地08



同じく、雑木林が大好きな(?)びいすけ 。

      0150212船戸根戸緑地09



雑木林の木々には、こんな感じで巣箱が取り付けられ、
野鳥もこの森には数多く居るようです。

      0150212船戸根戸緑地10


   
さらに奥に進んで行きましょう。

雑木林の中の遊歩道を歩きましょう。

      0150212船戸根戸緑地12


ロングリードを引っ張り、先を行く びいすけ 。

      0150212船戸根戸緑地15


時折、どちらに行こうか?
悩んでいるのか?

      0150212船戸根戸緑地14



私の顔色を伺います。

      0150212船戸根戸緑地13



どうやら、茂みのある草むらに行きたいようです。
      
      0150212船戸根戸緑地16


枯れ落葉の上なら許せるけれど、草の茂みは嫌だなぁ(笑)。

      0150212船戸根戸緑地17



やっぱり、遊歩道を歩きましょう。

      0150212船戸根戸緑地18



この根戸船戸緑地は民地の様です。

      0150212船戸根戸緑地19

地主の方の好意とボランティアの方々の努力で、
キチンと整備されているんですね。


とにかく、余分な木々を伐採し、適度に陽も射し
適度に森の暗さもあって、散策していても気持ち良い。

      0150212船戸根戸緑地20

すぐ近くには、住宅街もあるから近隣の方々の格好の散歩コースになっているんでしょう。

当然、ワンコ連れで散歩に来る人も居るようですが
マナーが良いのか?
放置ウンチは見当たらなかったなぁ。
(それが当たり前なんだけどねぇ..............)



時折垣間見れる手賀沼の眺望もそれなりに良い。

      0150212船戸根戸緑地21



四阿を発見!

      0150212船戸根戸緑地22



休憩を兼ねて、オヤツの時間にしましょう。

      0150212船戸根戸緑地23


      0150212船戸根戸緑地24


      0150212船戸根戸緑地25



オヤツを食べて、英気を養って、再び散策開始。


やっぱりロングリードを引っ張り、先を進む びいすけ 。

      0150212船戸根戸緑地26

よっぽど、この緑地、この森が気に入ったのだろうか?



台地を下って、車を停めた場所(路駐)は、もうすぐそこ。

      0150212船戸根戸緑地27


いゃあ、なかなか楽しめた散策でした。
ズバ抜けて眺望が良い訳でもないけれど
雰囲気は、すこぶる良い。
何となく、『我孫子のいろいろ八景 公園八景』に選ばれた理由が
分かったような気分になったのは、気のせいなんだろうか..............?






2015/03/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

我孫子のいろいろ八景 公園八景 その⑦ &  21世紀手賀沼八景 その① 《  手賀沼公園  》             (2015年2月12日)(千葉県我孫子市) 

2月12日 公休日

この日は我孫子市に出かけていました。

我孫子市には『我孫子のいろいろ八景 公園八景』なるモノがあります。

我孫子の公園八景は、我孫子市内でいつでも誰でも見ることができる場所を
我孫子市民が8つの公園を選定しました。

宮ノ森公園
気象台記念公園
古利根公園・自然観察の森
湖北台中央公園
五本松公園
高野山桃山公園
手賀沼公園
根戸船戸緑地

この8つの公園が、我孫子の公園八景となっているようです。

八景巡りって言うヤツは、追いかけてみると、意外に楽しい。


そんな訳で、我孫子の公園八景 その第7弾。

       手賀沼公園    に立ち寄ってみました。



手賀沼公園は、手賀沼の湖畔にある広さ約4.6haの公園です。
四季折々の花々と沼の景観が一年通して美しく、
我孫子地区公民館と市民図書館の複合施設である生涯学習センターアビスタが併設され、
またミニSL、レンタサイクル、ボート、テニスコートや芝生広場があり、
子供から大人まで楽しめる公園です。
また、湖畔には約5kmの遊歩道が続いています。




手賀沼公園には、隣接して有料駐車場がらあります。
車で来たのなら駐車場に車を入れましょう。

      20150212手賀沼公園10

1時間100円と安い。
おまけに、1時間以内なら無料とは嬉しい限りです。


正面入口から手賀沼公園に入ります。

それでは、手賀沼公園の散策開始といたしましょう。

      20150212手賀沼公園11


犬連れで散歩に来る人が多いのでしょうか?
公園内に入るなり、いつもに増して匂い嗅ぎに専念します。

そして例によってマーキング。

      20150212手賀沼公園12


また軽快に闊歩していきます

      20150212手賀沼公園13


そして、さらなる匂いを追い求めます

      20150212手賀沼公園14


      20150212手賀沼公園03


      20150212手賀沼公園23




公園周辺の案内板を発見。

      20150212手賀沼公園04


とりあえずは、周辺と園内をチェックしましょう。

      20150212手賀沼公園05



ミニSLのある広場があるようです。

ちょっぴり覗いてみましょう



踏切の中が広場のようですが、ペットの進入禁止のようです。

      20150212手賀沼公園16


      20150212手賀沼公園17



仕方がないので、中には入らずに、外周をぐるっと一周してみます。
びいすけ の背後にレールが見えます。

      20150212手賀沼公園01


この手賀沼公園内には、ミニSLが走っているようです。
もっとも、土日祝日限定のため、平日のこの日は走っていません。

      20150212手賀沼公園02



ミニSlLのある広場(こども広場)の隣は芝生広場。

      20150212手賀沼公園18


一応ロンングリードをつけているから
ロングリード10m半径の範囲で遊ばせましょう。

      20150212手賀沼公園19


と思っていたら、幼稚園児の遠足か?
子供たちが遠くで大集合。

      20150212手賀沼公園37


仕方ないので芝生広場は諦めます。

      20150212手賀沼公園35



仏頂顔の びいすけ 。
ちょっぴり不満そう(笑)

      20150212手賀沼公園36




手賀沼公園って言うくらいだから、手賀沼の湖畔に面しています。

湖畔にも足を向けましょう。

      20150212手賀沼公園15


      20150212手賀沼公園06



この日は天気も良く、水鳥たちも気持ち良さそうに日向ぼっこをしています。

      20150212手賀沼公園07


かつて、この場所には渡し船が有ったようです。

      20150212手賀沼公園08

昭和39年に手賀大橋が開通し、それまであった渡し船が廃止となったそうです。


この辺りが、乗船場だったようです。

      20150212手賀沼公園09


      
さらに、園地の湖畔沿いを歩いてみます。

      20150212手賀沼公園20



日向ぼっこをしている水鳥たちが気になる びいすけ 。

そっと近寄って行きます。

      20150212手賀沼公園21


びいすけ の気配に気付いた水鳥は一斉に逃げ出します。

      20150212手賀沼公園22




柵の下から湖畔を覗き込む びいすけ 。
視線の先には何があるのでしょうか?

      20150212手賀沼公園25



視線の先には、一隻の舟
どうやら、この舟が気になったようです。

      20150212手賀沼公園24




逆に私が気になったのは、手賀沼の対岸。

      20150212手賀沼公園30

ちょうど、この辺りが箕輪城址。




小腹も空いたので、オヤツの時間にしましょう。

      20150212手賀沼公園27


      20150212手賀沼公園28


      20150212手賀沼公園29



      
場所がらなのか?
平日のお昼近くだと言うのに、犬の散歩で訪れる人も多い。

      20150212手賀沼公園31


      20150212手賀沼公園32


      
暖かい陽射しを浴びて、ベンチに座ってまったりと、
そして、ボォ〜っと手賀沼の湖畔を眺めていると、
時間の経つのを忘れてしまいそうです。


ボォ〜っとしていたら、気になる視線。

      20150212手賀沼公園33



びいすけ が、こちらを見ています。

      20150212手賀沼公園26



ゴメン! ゴメン!

      20150212手賀沼公園34


じっとしていたら、つまんないね。

そろそろ、次なる場所に移動しましょうか............................?




コレで、我孫子のいろいろ八景 公園八景も7ヶ所巡り、
残すところ、あと一つとなりました。

しかし、手賀沼公園の事を色々と調べていたら、
どうやら、『21世紀の手賀沼八景』なるモノがあり
手賀沼公園は、その一つに選定されているらしい。
( 『21世紀の手賀沼八景』について詳細は こちら


この際だから、『21世紀の手賀沼』も追っ掛けちゃいましょう。





2015/03/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

我孫子のいろいろ八景 公園八景  その⑥   《  高野山桃山公園  》             (2015年1月31日)(千葉県我孫子市) 

1月31日 公休日

この日は我孫子市に出かけていました。

我孫子市には『我孫子のいろいろ八景 公園八景』なるモノがあります。

我孫子の公園八景は、我孫子市内でいつでも誰でも見ることができる場所を
我孫子市民が8つの公園を選定しました。

宮ノ森公園
気象台記念公園
古利根公園・自然観察の森
湖北台中央公園
五本松公園
高野山桃山公園
手賀沼公園
根戸船戸緑地

この8つの公園が、我孫子の公園八景となっているようです。


八景巡りって言うヤツは、追いかけてみると、意外に楽しい。


そんな訳で、我孫子の公園八景 その第六弾。

      高野山桃山公圓 に立ち寄ってみました。


      20150131高野山桃山公園02



高野山桃山公園は、手賀沼を一望できる眺望を楽しむ高台と、
緑を保存した斜面林、湧水を使って復活させたビオトープの
3つのエリアで構成されています。




手賀沼沿いの県道沿いに高野山桃山公園の駐車場はあります。
駐車場に車を入れ、高野山桃山公園の散策開始です。


こちらが、駐車場のすぐ前にある湧水。

      20150131高野山桃山公園17


残念ながら、飲料不可。

      20150131高野山桃山公園18


南側斜面の下側に湧水を使って復活させたビオトープがあります。。

      20150131高野山桃山公園19



長い階段を上がって、高台の芝生広場へと向かいます。

      20150131高野山桃山公園20



なぜか、テンション高く、リードを引っ張る びいすけ 。

      20150131高野山桃山公園21


      20150131高野山桃山公園22



階段を上りきれば、芝生広場。

     20150131高野山桃山公園04


      20150131高野山桃山公園01

土曜日と言うこともあって、一組の家族連れと
数人の小学生が遊んでいます。
ロングリードを使いたいところをグッと我慢。

まずは、『待て!』をさせて落ちつかせます。

      20150131高野山桃山公園03


そして制御できる範囲で、芝生の匂い嗅ぎに専念させてみます。

      20150131高野山桃山公園07


      20150131高野山桃山公園08



芝生広場のある台地からは、手賀沼を眺めることが出来ます。

      20150131高野山桃山公園06



意外に風が強く、 びいすけ の耳もたなびいています。

      20150131高野山桃山公園05


      20150131高野山桃山公園23


     
手賀沼に面した台地の先端はさらに眺望が良い。

      20150131高野山桃山公園09


      20150131高野山桃山公園10

おそらく、この眺望が 我孫子のいろいろ八景 公園八景 に
選ばれた理由の最たるモノでしょう。



台地の先端は、前原古墳。

      20150131高野山桃山公園11


      20150131高野山桃山公園12


しっかりと説明看板も建てられています。

      20150131高野山桃山公園13


      20150131高野山桃山公園14



古墳のあるエリアから、再び芝生広場に戻ります。

      20150131高野山桃山公園16

      20150131高野山桃山公園15


正直、大きな(広い)公園じゃないから、散歩や散策にはちょっぴり物足りなさを感じてしまいます。
何度も訪れることはないかと思うけれど
駐車場から、階段を上がって高台の芝生広場から手賀沼を眺める。

手賀沼の風景を眺めるには良い場所かもしれません.....................。




    
2015/02/22 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

我孫子のいろいろ八景 公園八景 その⑤   《  古利根公園 自然観察の森  》             (2015年1月31日)(千葉県我孫子市) 

1月31日 公休日

この日は我孫子市に出かけていました。

我孫子市には『我孫子のいろいろ八景 公園八景』なるモノがあります。

我孫子の公園八景は、我孫子市内でいつでも誰でも見ることができる場所を
我孫子市民が8つの公園を選定しました。

宮ノ森公園
気象台記念公園
古利根公園・自然観察の森
湖北台中央公園
五本松公園
高野山桃山公園
手賀沼公園
根戸船戸緑地

この8つの公園が、我孫子の公園八景となっているようです。


八景巡りって言うヤツは、追いかけてみると、意外に楽しい。


そんな訳で、我孫子の公園八景 その第五弾。

       古利根公園 自然観察の森 に立ち寄ってみました。


この古利根公園 自然観察の森は、実は芝原城址の二郭になります。

正確に表現するのなら
芝原城址の二郭の未開発部分が自然観察の森として残った。
このような表現が適切です。


こちらが、公園入口。

      20150131古利根光公園観察の森01



自然観察の森と銘打つだけあって、木々(森)の中を散策路が続いています。

      20150131古利根光公園観察の森02


      20150131古利根光公園観察の森03



こんなモニュメントがあったり..............

      20150131古利根光公園観察の森04



古利根沼の眺望が良かったり..............

      20150131古利根光公園観察の森05


      20150131古利根光公園観察の森06


中々の風情です。


自然観察の森と言う通り、自然の宝庫。

      20150131古利根光公園観察の森07


まあ、何と言っても『城好き』の身。
公園が城址と言うことは、グリコのキャラメルみたいなモノ。

一粒で二度美味しい。

まさに、そんな表現です。


でも、公園化される前は放置されていたようで
空堀もかなり埋まっている。

公園整備の際に発掘調査か何かをして
適度に復元してくれていたら、言うことはないんだけど..............



ぐるっと園内を一周してみます。

      20150131古利根光公園観察の森08



こちらが、本来の入口のようです。

公園の標柱が建っています。

      20150131古利根光公園観察の森03


      20150131古利根光公園観察の森10



道路を一本隔てて住宅街。

      20150131古利根光公園観察の森11

この近くに住んでいる人にとっては、格好の散歩コースになりますね。



何やら、石仏があります。

      20150131古利根光公園観察の森12


よ~く見ると、 中峠城址庚申塔 と記されています、
確かkに。柴原城址は別名中峠城址とも呼ばれている。
地元では、中峠城址の方が一般的なんだろうか......?

      20150131古利根光公園観察の森13




この日は北風が強かったけれど
森の中だから、風は感じない。

      20150131古利根光公園観察の森14


冬の木漏れ日の森の中は、ヒンヤリとしているけれど
陽射しが当たると温かい。

     20150131古利根光公園観察の森15


      20150131古利根光公園観察の森16



小一時間かけて、じっくり散策するのはちょうど良い。

古利根沼の眺望といい、手付かずに近い自然な森。
この自然の豊富な森も、ボランテイアの人たちが遊歩道の下草を刈ったり
増えて続けている竹藪の竹を適度に伐採して
公園として有効に活用されているようです。

確かに、我孫子のいろいろ八景 公園八景 として選ばれた理由が
ちょっとだけ分かるような気がします......................





2015/02/21 Sat. 06:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景 《 巣雲山 》 (2014年10月28日)(静岡県伊東市) 

10月28日

伊豆旅行2日目。

静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。



伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山あり海あり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹海岸
城ヶ崎海岸

となっています。


せっかく伊東市にきているのなら、八景巡りでもいたしましょう。

と、言うことで向かった先は............

           巣雲山


巣雲山は
約13万2000年前の火山活動によって形成されたスコリア丘で、
伊東市の大室山と同じである。伊豆東部火山群に属する。

山腹には伊豆スカイラインが通り、富士山方面を見渡せる巣雲山駐車場が設置されている。
山頂まで複数の登山道が整備され、最短の巣雲山駐車場からは10分ほどで登頂できる。

戦前には航空灯台が設置されていたことがあり、展望台の前にそれを印した杭がある。
近くの伊豆の国市立大仁東小学校や伊東市立宇佐美小学校の校歌には
『巣雲山』の名が歌われている。

山頂の解説版によれば、「すくも」とは稲の籾殻のことを意味し、
その昔、巣雲山の西にある長者原の富豪が、この地にたくさんの籾殻を捨て、
それが積もって塚となり、ついには山になったとの伝承が残るという。

                        ( Wikipedia より抜粋 )



巣雲山へは伊豆スカイラインの巣雲山駐車場よりアプローチします。


こちらが、伊豆スカイラインの巣雲山駐車場。

しっかりと、巣雲山の説明看板も建っています。

      20141028 巣雲山01


      20141028 巣雲山02



では、駐車場から巣雲山頂上目指して散策開始です。

      20141028 巣雲山03



こちらが、巣雲山の登山口。

      20141028 巣雲山04



登山といっても、駐車場から10分程度で頂上に至ります。
こんな登山道を軽快に びいすけ は、我先へと急ぎます。

      20141028 巣雲山05



ロングリードだから、 びいすけ の好きなように歩かせます。

初めての場所だから、新鮮な匂いがいっぱい(?)。
クンクンと匂い嗅ぎは欠かせまん。

      20141028 巣雲山06



やがて、登山道はススキの茂る道へと変わります。

      20141028 巣雲山07



相変わらず、ご機嫌な びいすけ 。
テンポよく軽快な足取りで先に行きます。

      20141028 巣雲山08




程なくして、巣雲山の頂上に到着。

      20141028 巣雲山09



せっかくだから、頂上の案内板の前でパチリ☆。

      20141028 巣雲山12



すると、いきなりのゴロ〜ん。

何か特別な匂いでもするのかな?

      20141028 巣雲山10



しばらく、巣雲山の感触を体で感じるかのように転げ回っておりました。

      20141028 巣雲山11



晴れていれば、視界もばっちりなのですが
あいにく、この日は晴れているものの、雲も多い。

本来は、ばっちり見える富士山も雲の合間にうっすらと見えるのみ。

      20141028 巣雲山13





展望台があります。

      20141028 巣雲山14



せっかくだから、上がってみましょう。

      20141028 巣雲山15




展望台からの眺望。
あいにくの雲。

こちらは天城方面。

      20141028 巣雲山16




そして、こちらが富士山方面。
うっすらと雲の合間に富士山が確認できます。

      20141028 巣雲山17




巣雲山の山頂にはススキが風になびいています。

      20141028 巣雲山18


      20141028 巣雲山19


      20141028 巣雲山20


      20141028 巣雲山21


伊豆は秋本番と言ったところです。


しかしながら、流石に伊東八景に選ばれた場所。
雲ひとつ無く晴れていれば、ススキの向こうに富士山。
そんな光景も眺めることが出来たでしょう。

最近は、富士山の眺望を目的にしても
なかなか好天気に恵まれません。

これって、日頃の行いのせいなのかなぁ............?(笑)





2014/11/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

印西八景⑦  《 利根川の朝霧 》  (2014年10月16日)(千葉県印西市) 

10月16日 公休日

北総のドッグランを満喫したあとに
向かった先は..........木下河岸跡


この木下河岸跡あたりは 印西八景 利根川の朝霧 として
印西市観光協会に風光明媚な場所として提唱されています。

印西八景とは

大六天の手賀沼
長楽寺の晩鐘
光堂の雪景
こすもす大橋の夕映
利根川の朝霧
木下公園の貝層
小林牧場の櫻花
結縁寺の彼岸花

いわゆる印西市の中で四季折々の風光明媚な場所を
印西市観光協会が指定したものです。



利根川の河川沿いに走るR356(利根水郷ライン)
詳しい場所がわからなかったので、駐車場探しにちょっぴり苦労しましたが
たまたま見つけた駐車場に車を停めました。

      20141016印西八景⑦利根川 01


とりあえず、サイクリングロード歩いて河岸跡を探しましょう。

      20141016印西八景⑦利根川02



初めての場所だから、普段と違う匂いが満載なのか?
ここでも匂い嗅ぎは欠かせないようです。

      20141016印西八景⑦利根川03



たまたま車を停めた場所が良かったのか?
はたまた、日頃の行いが良かったからなのか?(笑)
すぐさま、利根川の河岸跡の説明看板は見つかりました。

      20141016印西八景⑦利根川04




そして、その脇には 印西八景 の標柱。

      20141016印西八景⑦利根川06



紛れもなく、この場所が 印西八景 になります。

      20141016印西八景⑦利根川05

      20141016印西八景⑦利根川07

それにしても、文字がかすれてよく読めない。
印西市観光協会並びに関係各者様、そろそろ交換時ではないでしょうか?




標注近くの風景。

      20141016印西八景⑦利根川08


      20141016印西八景⑦利根川09

寒暖の差が激しい冬の朝には、きっと朝霧に包まれるのでしょう。




ロングリードを装着してのサイクリングロードの散策です。

      20141016印西八景⑦利根川10





早く行こう! と催促でもするのか?
こちらを注視する びいすけ 。

      20141016印西八景⑦利根川11




このサイクリングロード、
自転車専用道路のようですが一応、県道のようです。

      20141016印西八景⑦利根川12


      20141016印西八景⑦利根川13



しばらく、サイクリングロードを歩きます。

      20141016印西八景⑦利根川14



広い川幅の利根川。
少しばかり歩いたって、そんなに風景は変わらない。

      20141016印西八景⑦利根川15


      20141016印西八景⑦利根川16



ならば、河川敷に下ってみようかと............。

      20141016印西八景⑦利根川17



『 びいすけ 。 おいで〜! 』

      20141016印西八景⑦利根川18



呼んでみると、土手を軽快に下って来ます。

      20141016印西八景⑦利根川19



河川敷を散策しましょう。

      20141016印西八景⑦利根川20



土の匂い、草の匂いをクンクンと嗅ぎながら
快調なテンポで歩く びいすけ 。

      20141016印西八景⑦利根川21



散歩も絶好調!?

      20141016印西八景⑦利根川22




生い茂る草むらに顔を突っ込み、さらに奥に行こうとする びいすけ 。

      20141016印西八景⑦利根川23



生い茂った草むらの遥か先は利根川の流れ。

      20141016印西八景⑦利根川24


      20141016印西八景⑦利根川25




海だと怖がるくせに、川だと平気なようで
流れのすぐ近くまで行ってしまいます。

      20141016印西八景⑦利根川26


      20141016印西八景⑦利根川27




地形から推測すると、この辺りが河岸跡になるのかな?

      20141016印西八景⑦利根川28



曇り空のこの日。
暑くもなく、寒くもなく長袖のトレーナー一枚でちょうど良い。

      20141016印西八景⑦利根川29



まさに季節は秋。

色々と出歩くのが楽しみな季節でもあります。

      20141016印西八景⑦利根川30


      20141016印西八景⑦利根川31


      20141016印西八景⑦利根川32




利根川って堤防沿いの国道を走ったり
千葉県から茨城県に出入りするのに渡ったこと(通過したこと)はあるけれど、
こんな風に堤防沿いを散策したのは、初めてになります。

う〜む、河川敷の散策も意外に面白い............。






2014/11/10 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景   《  松川  》   (2014年9月25日)(静岡県伊東市) 

9月25日 公休日

9月25日〜26日の個人的な連休を利用して伊豆へ遊びに行きました。

伊東市のオレンジビーチ、なぎさ公園を満喫したあとは
もう少し、なぎさ公園の駐車場に車を預け、
向かった先は............

          松川



静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。


伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山あり海あり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹海岸
城ヶ崎海岸

となっています




松川は

伊東の中心市街地を流れています。
川沿いの松川遊歩道では、春には桜が咲きほこり、
川越しに伊東温泉観光文化施設「東海館」を臨み
古き良き湯の街情緒を楽しみながら散策することができるそうです。



松川が相模湾に流れ込む河口近くに、渚橋があります。
この渚橋から松川沿いに遊歩道が整備されています。

それでは、伊東八景の一つ
松川の散策と相成ります。

      20140925松川01


遊歩道を歩き始めるとすぐに、按針音頭の碑。
どうやら、ここ伊東は三浦按針(英名:ウイリアム・アダムス)のゆかりの地のようです。

三浦按針にちなんだ音頭が作られているようです。

      20140925松川02


でも聞いたことがないなぁ(笑)


三浦按針は、英国人で本名はウイリアム・アダムズと言いました。
江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイギリス人航海であり、
水先案内人でもあり貿易家でもありました。
元来は、長崎の平戸や神奈川の横須賀に墓があることから
そちらが所縁の地であると言われていますが
この伊東市で徳川家康の命令で、日本で初めての造船ドックを設けて
80tの帆船を建造したとされています。
そのため伊東市は三浦按針所縁の地として毎年夏には「按針祭」が開催され、
日程の最後には「按針祭海の花火大会」が挙行されるそうです。

按針音頭もその按針祭の時に唄われるのでしょう。



こちらが、ウイリアム・アダムスの記念碑

      20140925松川03

本名(英国名)で記念碑が作られるとは、
やはり伊東市にとっては欠くことができない偉人だったのかもしれない。


河川敷の遊歩道に設けられたインターロックのタイルのモニュメント。
こちらも三浦按針にちなんだモノとなっています。

      20140925松川04




松川沿いの遊歩道をさらに進みます。

      20140925松川05


      20140925松川08



やがて、対岸に古めかしい建物が見えてきます。

      20140925松川06



そうです、これが『東海館』

      20140925松川07

東海館は、伊東市の指定文化財です。
1928年に温泉旅館として営業が開始されました。
その後、何回か増築を重ねましたが、
残念なことに1997年に温泉旅館としての営業を終了しました。
その後、2001年に伊東市の文化施設として開館したそうです。

確かに、木造3階建ての風情ある和風旅館だったようです。

      20140925松川09


      20140925松川10


この景色をいつか見たいと思っていました。

      20140925松川11



東海館の石垣のそばに野鳥。
鳥にはあまり詳しくないので、よくわかりませんが
鷺系の鳥でしょう。
思いきり市街地なんですが、こう言った野鳥が飛来すると言うことは
水がそれなりに綺麗で、近くに自然がいっぱい残っていると言うことでしょう。

      20140925松川12





東海館を過ぎて、今度は川沿いの道を歩きます。

この辺りは伊東市も散歩コースとして力を入れている場所。
静岡県まちなみ50選にも選ばれているようです。

      20140925松川13



こちらにも、野鳥が飛来していました。

      20140925松川14

どうやら調べて見ると、『アオサギ』のようです。
野鳥観察が趣味な方のブログを拝見すると、
東海館の近くに飛来し、
東海館の屋根でくつろいでいたりしているそうです。




松川の川岸のこの散歩道(通称 松川遊歩道)には
柳並木や桜並木があり、敷石の歩道を湯の町情緒を楽しみながら
歩くことが出来ます。

      20140925松川20


松川では鮎釣り(かな?)をしている人もいました。
何となく長閑さを感じてしまいます。

      20140925松川21


落ち葉の季節にはちょっと早いけれど
前日の台風16号崩れの温帯性低気圧の影響で
桜の葉も舞乱れたようです。

      20140925松川22



びいすけ も、この松川の散策路が気に入ったのか?
いつになく、ご機嫌な顔付きのような気がします。

      20140925松川23


      20140925松川24


      20140925松川25


      20140925松川26




ここら辺りでUターン。
松川の岸辺をなぎさ公園の駐車場へと戻ります。


往きは三浦按針の碑などで気が付きませんでしたが
岸辺の道を歩いていると、こんな説明看板が目に止まりました。

      20140925松川15

江戸城の築城石。

江戸城大修築工事は1605年から半世紀に及ぶ大工事で、
石垣に用いる石は伊豆、とくに伊東の山から切り出されて海路で江戸まで運ばれました。
石に彫られた文字やマークで所有していた大名がわかるそうです。

      20140925松川16



こちらは、島津家のモノのようです。
島津家の家紋が刻まれています。

      20140925松川17


『山』の刻印。
どちらの大名でしょうか?

      20140925松川18


こちらも、どちらの大名かは不明。
(って言うか、私が家紋を知らないだけですが............)

      20140925松川19


何だかんだと、約1時間近く松川沿いを散策しちゃいました。
意外に楽しかったりして............

伊東市が伊東八景として、
この『松川遊歩道(松川散策路)』を押したい気持ちが
ほんの少しだけ、分かったような気がしました。




2014/10/17 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景 《 オレンジビーチ 》 (2014年09月25日)(静岡県伊東市) 

9月25日 公休日

9月25日〜26日の個人的な連休を利用して伊豆へ遊びに行きました。


荒井城址をあとにして、一路車を伊東方面に走らせます。


静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。



伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山ありあり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹
城ヶ崎

となっています。


せっかく伊東市にきているのなら、八景巡りでもいたしましょう。

と、言うことで向かった先は............

           オレンジビーチ



オレンジビーチはR135沿いに広がる砂浜。
夏の水浴シーズンにはの家が立ち並び
伊東市の誇る夏の海水浴場のメッカです。

季節も秋へと移り、夏の喧騒も去り
浜辺を散策するには良い季節となったようです。


オレンジビーチに隣接する、なぎさ公園の有料駐車場に車を停め
オレンジビーチの散策となります


      20140925オレンジビーチ12


こちらがオレンジビーチ。
朝降っていた雨も上がり、
いつの間にか青空が広がってきました。

      20140925オレンジビーチ13



シーズンオフの海岸だから、誰も居ないかと思ったら
何組かのカップルが何故か来ていました。

さすがに、ノーリードと言う訳には行かないけれど
ロングリードを車に忘れて来てしまい、ちょっぴり後悔。


とりあえず、制御できる範囲内で一緒に砂浜を移動します。

      20140925オレンジビーチ22


一応、私を確認して、安心したのか?

      20140925オレンジビーチ23


再び、砂浜を闊歩する びいすけ 。

      20140925オレンジビーチ25



海って言うか、波が苦手な びいすけ 。


      20140925オレンジビーチ24



これ以上は先には行きません(行けません)。


      20140925オレンジビーチ18


朝の雨が嘘のような晴れっぷり。
陽射しも意外に強く、砂浜を歩いていると、
うっすら額に汗が浮かんできます。

      20140925オレンジビーチ19



でも、潮風が気持ち良い。

      20140925オレンジビーチ20



陽射しを浴び、潮風を浴びて、 びいすけ も気持ち良さそう。


      20140925オレンジビーチ21


本当は2〜3日前から台風が近づいていて、今回の旅行をキャンセルしようかと思ったけれど、
無理(?)して、出て来て良かったぁ。






伊東市は文学の街とでも言うか、文学の碑・歌碑が多い。
ここ、オレンジビーチにも文学の碑がありました。

      20140925オレンジビーチ14


木下杢太郎の海の入日詩碑。

      20140925オレンジビーチ15


      20140925オレンジビーチ16



碑の隣には、『伊東文学散歩』と題した
文学の碑・歌碑巡りの散歩コースの案内板もありました。

      20140925オレンジビーチ17




秋の陽射しと相模湾の潮風を満喫し、駐車場の方へ戻ります。



オレンジビーチの隣にあるなぎさ公園は、
伊東市民の平和と幸せを願う姿をシンボル化した公園として
昭和52年に整備され、伊東市在住の彫刻家、
重岡健治氏の「家族」と題した彫刻をメインに
様々な作品が展示されています。



せっかくだから、なぎさ公園に立ち寄りましょう。


      20140925オレンジビーチ26


こちらが、なぎさ公園の入口。

      20140925オレンジビーチ27


広い芝生のなぎさ公園。
余分なモノは無く、芝生と彫刻のみの公園。


      20140925オレンジビーチ01



確かに、色んな彫刻が飾られています。

      20140925オレンジビーチ02



彫刻には興味はないけれど、なぜだろう?
ものすごく、新鮮な感覚を覚えてしまいます。

      20140925オレンジビーチ03


芝生と青い空。
そして白い雲。

      20140925オレンジビーチ04



それが、妙にこの彫刻たちとマッチングしている。

      20140925オレンジビーチ05


      20140925オレンジビーチ10


      20140925オレンジビーチ11



芝生だけじゃない。
青い空、白い雲。
そして、青い海がこの彫刻たちと
マッチングしているように感じてしまいます。

      20140925オレンジビーチ06


      20140925オレンジビーチ07


      20140925オレンジビーチ08


      20140925オレンジビーチ09



今まで、幾度となくR135を走り
このオレンジビーチやなぎさ公園の前を通り過ぎましたが
こんなに素敵な場所だとは気づかなかった。

ズバリ! なぎさ公園。
オススメです。




2014/10/16 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit