FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

佐倉の坂道散歩...................《 うるし坂 》  (2019年12月24日) 

12月24日

この日は、14時に仕事が終わり、久しぶりに明るい時間に家に帰ることが出来ました。
2日前が冬至だっだから、この時期は1年でも1番陽が短い時期になる。
早番の定時の17時には、周りはもう真っ暗な状態。
朝晩の びいすけ の散歩も休日以外は真っ暗な時間帯になってしまいます。


15時過ぎに自宅に戻り、 明るい時間帯に散歩に繰り出しました。

      20191224うるし坂01


せっかくだから、いつもと違う場所に散歩に出かけましょう。

      20191224うるし坂02


弥勒町からてくてく歩き、向かった先は鏑木町。

      20191224うるし坂03


今日は、『うるし坂』を歩いてみましょう。


この先が『うるし坂』。

      20191224うるし坂04


      20191224うるし坂05


道をまっすぐに(画面では左方向)に進めば『うるし坂』。

      20191224うるし坂06



右方向へ進めば、『猿が京の坂』、『玉屋の坂』に続く道。

      20191224うるし坂08


当然、『うるし坂』を進みます。

      20191224うるし坂07




      20191224うるし坂09


『うるし坂』の上にも道はあり、そちらは新道で
坂は『ごんのすけ坂』と言うらしい。

      20191224うるし坂10



道沿いに建つ町内会の掲示板に、『うるし坂』の表記。

      20191224うるし坂11


      20191224うるし坂12

城下町佐倉は坂の町でもあることのこだわりを感じます。



超久しぶりの散歩コースだから、
 びいすけ にとっては匂いが新鮮。

      20191224うるし坂13


いつにもなく、念入りに匂いを確認しています。

      20191224うるし坂14


      20191224うるし坂15



新道との合流地点が近づいて来ました。

      20191224うるし坂16


『うるし坂』は、新道(『ごんのすけ坂』)の下を潜ります。

      20191224うるし坂17


間も無く、『うるし坂』の終点。

      20191224うるし坂18


ここが合流点。

      20191224うるし坂19

道なりに真っ直ぐに進めば、右カーブの先に麻賀多神社にぶつかります。


そして、左方向(画面では真っ直ぐ)に進めば、新道(ごんのすけ坂)に合流します。

      20191224うるし坂20


今まで、何気に散歩していたけれど
こうやって意識して散歩をしてみるのも、意外に楽しかったりします。




スポンサーサイト



2020/01/28 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩 《 鍛治作の坂 》 (2019年10月20日) 

10月20日

この日は、公休日。

都内渋谷区の恵比寿神社の例祭日で
この時しか授与されない恵比寿神社の御朱印をいただきに行こうと休みを取っていましたが
前日の勤務が遅番で、家に帰って来たのが午前零時近く。
それから、びいすけ の散歩に行ったりして
いつの間にか、午前1時を過ぎていました。

疲れもあってか、やがて爆睡。
目が覚めたら午前11時過ぎ。
この時間から都内へ出かけるには気が重い。

結局、都内へ出るのは諦めました。


そんな訳で、午後から散歩に出かけます。
せっかくだから、佐倉市民ハイキングのHPに掲載されている
佐倉の坂道を散歩いたしましょう。

と言うことで、向かった先は................鍛冶作の坂。


鏑木町の麻賀多神社の近くにある坂道と言うことなので
京成佐倉駅前を通って城址公園の方へと進みます。

      20191020鍛冶作の坂01


      20191020鍛冶作の坂02


鍛冶作の坂は、坂下の鍛冶作という地名から名付けられた坂道で
麻賀多神社の裏の幼稚園の前にあります。
麻賀多神社からだと下りになるので
反対側の城址公園(菖蒲園)側からのアプローチ。



この道を進めば、鍛冶作の坂になります。

      20191020鍛冶作の坂03



途中にある重願寺。

      20191020鍛冶作の坂

真宗大谷派の寺院です。



重願寺の説明板を横目に先を進みましょう。

      20191020鍛冶作の坂05



重願寺の向かいは、佐倉第二児童公園。

      20191020鍛冶作の坂06



しばらく進むと民家の並ぶ細い坂道となります。

      20191020鍛冶作の坂07



坂はこの辺りから始まっているけど、ここはまだ鍛冶作の坂ではないようです。

      20191020鍛冶作の坂08


しばらくすると、狭い十字路。

      20191020鍛冶作の坂09



そこには、『佐倉藩刀剣細工所の地』の標柱が建つ。

      20191020鍛冶作の坂10

旧・鍛冶作町になるようです。


この十字路から、『鍛冶作の坂』が始まります。

      20191020鍛冶作の坂11



鏑木町の麻賀多神社に向けての上り坂。

      20191020鍛冶作の坂12


急がなくても良いから、ゆっくり行きましょう。


びいすけ もオチッコしながら、マイペースで進みます。

      20191020鍛冶作の坂13


      20191020鍛冶作の坂14



坂道の最後は、この坂1番の急勾配。

      20191020鍛冶作の坂15


上りきった先には案内板。

      20191020鍛冶作の坂16

重願寺からは、350m。



このまま、鏑木町の麻賀多神社に向かいます。

      20191020鍛冶作の坂17



びいすけ の背後の銀杏の木が、麻賀多神社の御神木。

      20191020鍛冶作の坂18


麻賀多神社とお蕎麦屋さん『房州屋』の間の道に繋がっていたんですね。

      20191020鍛冶作の坂19


こうやって、佐倉市民ハイキングのHPに掲載されている坂道を
一つ、一つ歩いて制覇して行くのも意外に楽しいモノです。



2019/12/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩 《 下長屋の坂 》 (2019年9月11日) 

9月11日

今更ですが................台風15号で被災された方々にお見舞い申し上げます。


かく言う私の住む佐倉市も、台風上陸の9月9日の午前4時過ぎぐらいから
当日の18時近くまで停電。そしてそれに伴う断水。
テレビも見れず、スマホのバッテリーも乏しく
情報はないし、パニクっていました。
仕事は元々、公休日だったので救われましたが
電気に頼りすぎている生活なんだと思い知らされました。




台風の影響による千葉県下の大停電をテレビで放映しているこの時期、
休みといっても喜び勇んで遊びにも行けません。
こんな時は、自宅で大人しくしているに限ります。



昼間は暑いので、 陽が陰った夕刻に散歩に出かけます。
久しぶりに、佐倉の坂道散歩でもいたしましょう。

という事で、今回の坂道散歩は..............下長屋の坂。


下長屋の坂は、肴町から裁判所、松林寺へ至る坂道です。
下に長屋があったことからその名が付くそうです。
佐倉市民ハイキングクラブのHP から参照しています。)



ほぼ一日、部屋の中に居たので外に出てテンション上がる びいすけ 。

      20190911下長屋の坂01



こちらが肴町側の坂の入り口。

      20190911下長屋の坂02


ここから下り坂。

      20190911下長屋の坂03

民家の建て替えでセットバックして一部は広くなったけれど
元々は狭い袋小路のような坂道。




ここを左に曲がれば坂の最下部になります。

      20190911下長屋の坂04



ここが最下部。

      20190911下長屋の坂05



この辺りに長屋があったのでしょうか?

      20190911下長屋の坂06



裁判所方面への上り坂です。

      20190911下長屋の坂07


さすが城下町の佐倉。
ちょっとした坂でも所々に横矢が掛かっている。

      20190911下長屋の坂08

そんな事を気にするのは、私だけだろうか?


      20190911下長屋の坂09



この坂の左手には検察庁の佐倉支部。

      20190911下長屋の坂10



春になると、桜が綺麗なんだよなぁ。

      20190911下長屋の坂11



下長屋の坂を上りきった先には、千葉地方裁判所佐倉支部。

      20190911下長屋の坂12



佐倉の坂道、また一つ制覇しました!!
って言っても................

この坂道はちょくちょく散歩で利用するんだよなぁ(笑)。









2019/10/13 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩 《 野道の坂 》 (2019年4月13日) 

4月13日

都内の墨田区に出かけたこの日。
15時過ぎに自宅に戻り、 びいすけ と散歩に出かけます。

4月も中旬になると、陽も伸びて15時過ぎてもまだまだ昼間。
せっかくの休みだし、大人しく留守番してくれていた(?) びいすを連れて
散歩に出かけました。
実は都内散歩でかなり疲れていたのですが.........。
帰ってきた私を見るなり尻尾を振って喜んでいる姿を見たら
やっぱり、散歩に行かないとねぇ。

いつもの散歩コースとは逆周りで出かけましょう。

      20190413坂散歩01


元気良く闊歩しする びいすけ 。

      20190413坂散歩02


やって来たのは中央公民館。

      20190413坂散歩03

中央公民館の敷地脇から、ちょっとした坂道が始まります。


坂道の名称を示す案内板等はないけれど
『野道野坂』と言うらしい。

      20190413坂散歩04


坂を上り始めてすぐに、猫と遭遇。

      20190413坂散歩05


敵もさるもの。
しっかりと威嚇して来ます。

      20190413坂散歩06

最近は、猫との遭遇も余り無かったから
久しぶりの猫との遭遇は びいすけ にとっても新鮮だったのかな?



坂道と言うよりは、殆どが石段の『野道の坂』。

      20190413坂散歩07



お世辞にも広い道とは言えず、まさに佐倉の路地裏の坂道(石段)。

      20190413坂散歩08



それなりに斜度も有って、意外にきつい坂道(石段)。

     20190413坂散歩09



ちょっぴり、息を切らして、坂の頂部に到着。

      20190413坂散歩11


振り返って見ると、やっぱり勾配がそれなりにある坂道です。

     20190413坂散歩10

息が切れるのは、単なる歳のせいだけでは無いようです。




坂を上り切ったら、何と猫のお出迎え?

      20190413坂散歩12

再び、猫との遭遇です。

今日の びいすけ は猫に好かれているのかなぁ.........?




2019/06/20 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 くらやみ坂 》 (2019年1月7日) 

1月7日  

この日は、地元の佐倉七福神巡りにチャレンジ。
七福神の大聖院へ向かう途中に、こんな看板を目にしました。

      20190107くらやみ坂01


『くらやみ坂』って.................
名前が良いよね。



そう言えば、佐倉って城下町。
そして、坂の町でもある。


以前から佐倉の坂道をちょこちょこと散歩してきました。
偶然とは言え、新たな坂道に遭遇。

これは素通り出来ませんねぇ。


くらやみ坂は、佐倉武家屋敷の旧河原家と旧但馬家の間の坂で、
木がうっそうと覆い、昼なお暗いことから、この名が付いたとされています。


坂の上から。

      20190107くらやみ坂02

一度、坂を下って下へと向かいます。。



ちょっと行き過ぎかもしれないけれど
この辺りが起点になるのか?

      20190107くらやみ坂03


この斜面の上は武家屋敷(旧・但馬家)

      20190107くらやみ坂04



斜面の竹林がいい味出しています。

      20190107くらやみ坂06



こちらは、旧・河原家側の斜面。

      20190107くらやみ坂05


      
坂の下から。

      20190107くらやみ坂07



坂そのものは、そんなに長い距離はない。
その長さは、約60mほど。

      20190107くらやみ坂08



坂をゆっくりと上って行きましょう。

      20190107くらやみ坂09



ところどこr、地面が剥き出しで。こんな看板も................。

      20190107くらやみ坂10



時折、私が気になるのか?
振り返る びいすけ 。

      20190107くらやみ坂11



こちらは、坂の上。

      20190107くらやみ坂12


たぢかに、ぶけやしきのに挟まれ、鬱蒼と繁る木々に日を遮られ
うっすらと暗さを感じる坂。

『暗闇』とは言いづらい、『くらやみ』坂でした................。



2019/03/05 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 薬師坂 》 (2018年9月16日) 

9月16日

散歩の続きです。


弥勒町の八幡神社から、細い裏道を通って散歩を続けます。
普段は、滅多に通らない道。

      20180916薬師坂01


見慣れない場所だから、 びいすけ も新鮮な感覚?
リードを引っ張り気味に先へと進みます。

      20180916薬師坂02


この辺りは、教安寺の裏手。
初めて通る道。

      20180916薬師坂03



狭い道を進めば、やがて知ってる道に合流する。

      20180916薬師坂04

これが新たな発見で、ちょっと得した気分。



目的がなくブラブラしているわけではなく
確か、この先に看板の立っている坂道があったはず。

      20180916薬師坂05



坂道が見えてきました。

      20180916薬師坂06


坂の入り口に立つ看板。

      20180916薬師坂07

佐倉の有名(?)な坂道には、この看板が立っているようです。


看板によれば、薬師坂と言うらしい。

      20180916薬師坂08

坂の途中に薬師堂があったそうですが、
昭和4年に焼失してしまい、本尊は難を免れて
200m先の周徳院に安置されているそうです。


現在は、坂の入口に子安地蔵堂が建っています。

      20180916薬師坂09


TVの深夜番組では、若いお姉ちゃんが全力でダッシュしますが
御歳9歳のシニア世代のビーグル。

      20180916薬師坂10

無理はいたしません。

ゆっくり、坂道を歩きましょう。

      20180916薬師坂12



竹藪がある切り通し。

      20180916薬師坂11

風情のある坂道です。



坂そのものは、200mくらい。
適度な勾配で、散歩にはちょうど良い。
     

坂を上りきれば、二又路。
左へ行けば、武家屋敷。

      20180916薬師坂13

今日は、右に進路を取り、
麻賀多神社の前を通って自宅へと向かいましょう。


佐倉の坂道散歩。
意外に楽しかったりして.......................。



2018/10/27 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道を歩こう! 《 ひよどり坂 》 (2018年2月10日) 

2月10日

2月1日からちょっと熱っぽいかな?って思っていたら
2月5日に39.3℃の熱が出て、病院に行ったら『急性気管支炎』と言われ、
3日ほど寝込んでました。
最初は、てっきりインフルエンザだと思ってました。

その間、 びいすけ には申し訳ないけれど
朝・夕の散歩は、本当に軽く済ませてもらいました。

薬の効果もあって、熱も下がり、咳も治って
久しぶりのまともな外出です。

今日は、じっくり散歩いたしましょう。



ここ数日の散歩と雰囲気が違うから、
びいすけ も戸惑っているみたい。

      20180210佐倉の坂道01



久しぶりに大通りの方へ行ってみましょう。

      20180210佐倉の坂道02



今日は、 びいすけ のペースで歩くことにしてみましょう。

      20180210佐倉の坂道03



匂いを嗅ぐのが好きな びいすけ 。

      20180210佐倉の坂道04

ペースは上がらす、ゆっくりとした足取り。



駅前を通って城址公園に向かうつもりで歩いていたけれど...............

      20180210佐倉の坂道05



いつもと雰囲気を変えて、武家屋敷方面へと向かいます。

      20180210佐倉の坂道06


11万石の城下町である佐倉。
坂の町でもあります。

      20180210佐倉の坂道07



佐倉の坂でも、最もメジャーな坂がこちら。

      20180210佐倉の坂道08


『ひよどり坂』。

      20180210佐倉の坂道09


      20180210佐倉の坂道10



竹林の中の坂。

      20180210佐倉の坂道11


      20180210佐倉の坂道12



ひよどり坂を上った先には武家屋敷。

      20180210佐倉の坂道13



多くのサムライが、この坂を駆け上がった行ったのか?

      20180210佐倉の坂道14


      20180210佐倉の坂道15


サムライたちの時代から数百年経って
今日は、びいすけ がこの坂を駆け上がる。

      20180210佐倉の坂道16


      20180210佐倉の坂道17



坂が多い、城下町の佐倉。
いにしえの坂には、こんな案内板も建てられている。

      20180210佐倉の坂道18


      20180210佐倉の坂道19


      20180210佐倉の坂道20



久しく、この辺りにも来ていなかったから
武家屋敷の近くに、侍の杜 なんて言うモノが出来ている。

      20180210佐倉の坂道21


こちらは、旧・佐倉藩士の西村茂樹の邸宅跡。

      20180210佐倉の坂道22


      20180210佐倉の坂道23


武家屋敷辺りも、ここ数年でちょっぴり変わって来たりしている。
知らない新しい地元を発見!と言ったところだろうか?

佐倉の知らない(知らなかった)新たな魅力でも探してみようかな...............?






2018/03/25 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit