FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

道の駅に立ち寄ろう..................道の駅 伊東マリンタウン (2019年5月16日)(静岡県伊東市) 

5月16日

この日は、日帰りで伊豆に出かけました。
伊豆と言っても、伊東市と熱海市。
まあ、伊豆の玄関口とも言える場所になるのかな?

熱海から国道135号線で宇佐美を抜け、
伊東市の市街地へ入るように走ると
国道沿いに大きな道の駅があります。

まあ、伊東近辺に出かけたことのある人だったら
一度は立ち寄った事があるのでは………?

そん事をついつい思っちゃうのが...................道の駅 伊東マリンタウン。

      20190516道の駅マリンタウン01


      20190516道の駅マリンタウン02


かくいう私も、以前は国道135号線を走っていれば
必ず休憩に立ち寄ったものでした。。


とにかく、広い。
案内看板に全ての情報が載りきれない。

      20190516道の駅マリンタウン07


駐車場も広い。

      20190516道の駅マリンタウン03


      20190516道の駅マリンタウン04



通常の道の駅の情報コーナーって、
パンフレットが置かれているだけって言うのが多いけれど、
こちらは、観光案内所がその役を担っている。

      20190516道の駅マリンタウン08



道の駅のスタンプは、その観光案内所に置かれています。

      20190516道の駅マリンタウン09



初めて、びいすけ と泊まりの旅行に来たのが伊豆高原。
その時もこちらでパンフレットを貰って情報を集めたっけ.............。

      20190516道の駅マリンタウン10




施設も何棟もあって、お店も多い。

      20190516道の駅マリンタウン05


      20190516道の駅マリンタウン06


      20190516道の駅マリンタウン11


何せ、レストラン、お土産屋は当然のこと。
シーサイドスパ(温泉施設)から遊覧船乗り場、そしてマリーナと
まるでレジャーランドのようです。


お目当ての道の駅の切符は、シーサイドスパのフロントで販売されていました。

      20190516道の駅マリンタウン12



写真撮影用の看板裏手は遊覧船乗り場。

      20190516道の駅マリンタウン14



右側奥には伊東マリーナ。

      20190516道の駅マリンタウン15



嬉しい事に足湯もあります、

      20190516道の駅マリンタウン16


      20190516道の駅マリンタウン17


犬用の足湯も有るようですが、この日は暑かったので びいすけはパス。

      20190516道の駅マリンタウン18



こちらが、道の駅の切符。

      20190516道の駅マリンタウン19


      20190516道の駅マリンタウン20



そして、道の駅のスタンプ。

      20190516道の駅マリンタウン21


やっぱり、旅の途中で立ち寄る道の駅には、
何とも言えない楽しさがありますね。




スポンサーサイト



2019/07/14 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り..................音無神社 (2019年5月16日)(静岡県伊東市) 

5月16日

この日は、日帰りで伊豆に行って来ました。

伊東市の一碧湖をあとにして、向かった先は..................音無神社。


音無神社は、伊東市音無町に鎮座する神社です。

御祭神は豊玉姫命。

この音無神社は、源頼朝を抜きにしては語れません。

平治の乱後、14歳で伊豆国の蛭ヶ小島に流された源頼朝は、
一時期、伊東の小御所で暮らしていました。
当時、伊豆国伊東(現・静岡県伊東市)の豪族である伊東祐親が頼朝の監視役でした。
しかし、頼朝は祐親の三女、八重姫と恋仲になり、逢瀬の場がこの音無神社でした。、対岸の「ひぐらしの森」は、頼朝

伊東祐親が大番役で上洛している間に頼朝は八重姫と通じ、
やがて八重姫は男子(千鶴丸)を生んでしまいます。
祐親は平家の叱責を恐れ、孫である千鶴丸を松川で溺れさせて殺害、
娘・八重姫を江間の小四郎に嫁がせます。
祐親は頼朝追討の兵を向けますが、頼朝は熱海の走り湯権現(伊豆山神社)に身を隠し、
さらに北条時政を頼って難を逃れます。
この北条時政の娘が正妻となる政子です。

頼朝を慕い、忘れられない八重姫は、頼朝を追って蛭ヶ小島に来ますが
頼朝が政子と結婚した事を知り、入水自殺をしてしまいます。

悲しい結末ですが、頼朝と八重姫の逢瀬の場所として
恋愛のパワースポットとして近年脚光を浴びているようです。



こちらが、社号標。

      20190516音無神社01


幟もはためく音無神社。

      20190516音無神社02


ちょっぴり、光の加減で暗いけど鳥居。

      20190516音無神社03



手水舎。

      20190516音無神社07


こちらが、拝殿。

      20190516音無神社04


      20190516音無神社05


別のアングルからの拝殿。      

      20190516音無神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190516音無神社09



扁額の両脇には、穴の開いた柄杓。

      20190516音無神社10

音無神社は安産の神様でもあり、
穴の開いた柄杓を奉納すると安産の御利益があるとされています。



実は、昨年の3月に参拝に訪れていますが
その時に宮司さんが不在で御朱印をいだだけなかった神社。
( その時の記事は こちら

今回は、事前に電話を入れておいたので、宮守(?)の方とお会いすることが出来ました。

ちょうど境内を掃除されていて、びいすけ も暖かく迎えていただきました。

      20190516音無神社11



ちゃっかり、オヤツまで貰う びいすけ 。

      20190516音無神社12


宮守さんに御神木の説明をして頂きました。

      20190516音無神社13


見る場所が変われば見方も変わって来る。
視点が変われば、受け止め方も変わって来る。
そんな単純な事に新たな発見がありました。

      20190516音無神社14




こちらが、音無神社の御朱印。

      20190516音無神社15


宮守(で良いんだよね? 宮司だったのかな? 本人は管理人って言ってだけど.........)さんに
拝殿の中にまで入れて頂き、頼朝談義までしちゃって、
非常に貴重な体験をさせて頂きました。
ありがとうございました。



2019/07/14 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ロケ地巡礼(?)..................一碧湖に行ってみた。 (2019年5月16日)(静岡県伊東市) 

5月16日

この日は、日帰りで伊豆へ出かけました。

3月末に『熱海に連れてって!』と言う妹の もっちゃん のリクエスト。
旅行の時や実家に帰った時に、びいすけ共々お世話になっているので
たまには、リクエストにお応えするのも良いでしょう。

当初は熱海の予定でしたが、お隣の伊東市に足を伸ばしてみました。
向かって先は..................一碧湖。


一碧湖は伊豆東部火山群の一つであり、十数万年に及ぶその火山活動の中で
火山の火口に水が溜まったものとされています。

伊東八景にも選ばれた伊東市の観光地。
そんな一碧湖で某アイドルグループの写真集(?)のロケが行われたらしい。

そうです。
ミーハー兄妹、そしてその飼い犬。
2人と1頭が一碧湖を一周します。

一碧湖は、ひょうたん型をした沼のようなもの。
県道の橋で『大池』と『沼池』に別れます。
県道沿いの空き地(車が5台ぐらい停められます)に車を停めて
一碧湖一周の散策に向かいます。

      20190516一碧湖01



実は、一碧湖には びいすけ と一緒に2回来ています。
確か、30分か40分でぐるっと1周出来るから
そんなに大変な道中でもない。

      20190516一碧湖02



遊歩道を軽快に闊歩する びいすけ 。

      20190516一碧湖03


      20190516一碧湖04


前方にボート乗り場。

      20190516一碧湖05



どうやら、この辺りで撮影は行われたようです。

      20190516一碧湖29



すぐ近くには、コーヒーカップ。

      20190516一碧湖06



こちらも、撮影ポイントだったらしい。

      20190516一碧湖07


      20190516一碧湖08




ボート乗り場。

      20190516一碧湖09



そう言えば、ボートなんて.........

もう、何十年も乗っていない。

      20190516一碧湖10

もちろん、この日も乗るつもりはありません(笑)。



一碧湖のロケ地巡りは、ここまで。


引き続き、一碧湖の湖畔をぐるっと回ります。

      20190516一碧湖11


木立の中、新緑の道を進みます。

      20190516一碧湖12

秋になると、これが見事に色付いて..................
おススメは、やっぱり秋の紅葉の時期ですね。


ボート乗り場の対岸辺り。
近くには、一碧湖神社があり、四阿も在る。

      20190516一碧湖13


この日は、朝早くからの移動だから、ベンチテーブルをお借りして
おにぎりタイム。

      20190516一碧湖14



父さんの食べるおにぎりを欲しがる びいすけ 。

      20190516一碧湖15


『ちょこっとだけだよ!』と言いながら、
具の無い白飯を与えるダメ飼い主(笑)。

      20190516一碧湖16



こちらも、ダメ飼い主(笑)。

      20190516一碧湖17


具無し、海苔付き、見た目おにぎり を貰って、ご機嫌な びいすけ 。

      20190516一碧湖18


      20190516一碧湖19


      20190516一碧湖20



朝からテンションが高い。

      20190516一碧湖21



お腹も満たされたから、散策は続きます。

      20190516一碧湖24



確か、この辺りに与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑があったはず。
そんな事を思いながら芝生園地を進みます。

      20190516一碧湖22


      20190516一碧湖23


芝生を我がもの顔で進む びいすけ 。

      20190516一碧湖25



久しぶりの芝生にテンションも高めかな?

      20190516一碧湖26



でも、やっぱり一碧湖をバックに写真を撮らなきゃ!

      20190516一碧湖27



という事で、今回の一碧湖の一押しはコレ。

      20190516一碧湖28


伊東市は毎年必ず来ていたけれど、
常宿だったサンロードが休業しちゃったから
足が遠のいちゃうんだよね。

次に一碧湖に来るのはいつになるんだろう。








2019/07/13 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

音無神社 (2018年3月29日)(静岡県伊東市) 

3月29日

伊豆旅行の2日目。

葛見神社をあとにして、、向かった先は..................音無神社


音無神社は、音無神社は、伊東の中心部を流れる松川の東岸、
伊東市音無町に鎮座する神社です。
創建時期等は分かりませんが、
御祭神に安産の神様である「豊玉姫命(とよたまひめのみこと)」が祀られています。
しかしながら、音無神社は「源頼朝・八重姫」ゆかりの地として知れ渡っているようです。

伊豆へ配流された「源頼朝」は、平家方の「伊東祐親」の預り所となります。
頼朝は、「伊東祐親」が京都へ三年間の大番役についていた間に、
祐親の三女の八重姫と恋仲になり、「千鶴丸」という子供まで生まれてしまいます。
これを知った祐親の怒りに触れ、千鶴丸は殺され、
二人の仲も引き裂かれてしまいます。

そんな頼朝と八重姫が密かに逢っていた場所が
この神社の「おとなしの森」だったと伝えられているそうです。




こちらが、音無神社の社号標。

      20180329音無神社01



こちらが鳥居。

      20180329音無神社02



音無神社には2種類の幟が、何本も立てられています。


その一つがこちら。

      20180329音無神社03

氏子さんたちが立てたモノのようです。


そして、もう一つがこちら。

      20180329音無神社04

『八重姫ゆかりの地』となっています。
こちらは、観光協会?



手水舎。

      20180329音無神社05


そして社殿。

      20180329音無神社06


      20180329音無神社07



拝殿正面。

      20180329音無神社08

  
正面に掲げられた扁額。
 
      20180329音無神社09

扁額の脇には柄杓が並びます。



拝殿前にも、穴の開いた柄杓が奉納されています。

      20180329音無神社10

穴の開いた柄杓は、水がスポッと抜ける事から
安産につながると言う、安産の神様である音無神社ならではの風習ですね。



別アングルからの拝殿。

      20180329音無神社11



拝殿の長押にも、多くの穴の開いた柄杓が奉納されています。

      20180329音無神社12




こちらが、本殿。

      20180329音無神社13



境内社。

      20180329音無神社14



境内社の隣には、音無の森と頼朝・八重姫伝承について
触れた説明板が建っています。

      20180329音無神社15



さらにその脇には、天然記念物にされたタブの木。

      20180329音無神社16



      20180329音無神社17
      20180329音無神社18


本殿裏の森の中にも頼朝と八重姫の逢瀬を偲ぶ碑。

      20180329音無神社20




境内の片隅に、先ほどとは別な頼朝と八重姫の伝承の説明板。    

      20180329音無神社22


そして、その隣には伝承の絵物語。

      20180329音無神社23


      20180329音無神社24


      20180329音無神社25



こちらが社務所。

      20180329音無神社19

残念ながら閉まっています。
実は、数日前に連絡を取ろうとしましたが
登録されていた電話番号は繋がらない。
『おかけになった番号は、現在使われておりません』
悲しいアナウンスが流れてきます。
宮司さんと連絡が取れれば、御朱印をお願い出来たかも?


2018/05/13 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............葛見神社  (2018年3月29日)(静岡県伊東市) 

3月29日

新井神社をあとにして、、向かった先は..................葛見神社。


葛見神社は、伊東市馬場町に鎮座する神社です。

平安時代にまとめられた神社の一覧である「延喜式神明帳」に載っている由緒ある神社です。
その昔、伊豆の東北部を葛見の庄と称していました。
葛見の庄の初代地頭である工藤祐高(伊東家の祖)が 守護神として社殿を造営し、
京都伏見稲荷神を勧請合祀し、伊東家の厚い保護を崇敬を受けて神威を高めてきたそうです。

境内にある大楠は樹齢千年以上で、全国第二位の樹齢を誇る国指定天然記念物。
周囲20mもある巨樹で、静岡県の巨木100選にも指定されています。



こちらが葛見神社の社号標。

      20180329葛見神社01


鳥居。

      20180329葛見神社02


      20180329葛見神社03



葛見神社の由緒書き。

      20180329葛見神社04


手水舎。

      20180329葛見神社05

後から知ったのですが、手水舎の柱をよく見ると..................


関東大震災で倒壊した鳥居を使用しているそうです。
気をつけて見ておくべきでした。




こちらが、拝殿。

      20180329葛見神社06


      20180329葛見神社07


拝殿正面。

      20180329葛見神社08


掲げられた扁額。

      20180329葛見神社09



拝殿前の狛犬。

      20180329葛見神社10


実は、先人たちのブログで、
こちらの狛犬を見た時から気になっていました。

トボけた表情がたまらない(笑)。

      20180329葛見神社11


その隣には、狛犬ならぬ狛狐。

      20180329葛見神社13


      20180329葛見神社14

京都伏見稲荷神を勧請合祀した経緯があるからですね。




こちらが、本殿。

      20180329葛見神社17



本殿脇には、境内舎。

      20180329葛見神社15


      20180329葛見神社16


      



そして、こちらが大楠。
      
20180329葛見神社20
                  20180329葛見神社19
                  20180329葛見神社18




別アングルから。

      20180329葛見神社22



さらに別アングルから。

        20180329葛見神社24
      20180329葛見神社23


大楠の説明板。

      20180329葛見神社25


      20180329葛見神社26



さらにしつこく、別アングルから。

      20180329葛見神社28
      20180329葛見神社27



国指定の天然記念物だから、旧・文部省も説明板を立てています。

      20180329葛見神社29



中は一部空洞になっていて、枯れてしまっているようにも見えるけど
しっかり葉を出し、生命の息吹を感じます。

      20180329葛見神社30

まさに、『伊東のパワースポット、ここに存り!』



大楠に関する記念碑も多い。

      20180329葛見神社31


      20180329葛見神社32


      20180329葛見神社33



こちらが、社務所。

      20180329葛見神社34


葛見神社の宮司さんにも、
事前に『10時過ぎに訪問します』と連絡を入れておいたから
やはり、境内を掃き掃除をされていました。

御朱印をお願いすると、快く拝受出来ました。

      20180329葛見神社35



こちらが葛見神社の御朱印。

      20180329葛見神社36


丁寧に墨書きしていただきました。





2018/05/13 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............新井神社  (2018年3月29日)(静岡県伊東市) 

3月29日

伊豆旅行の2日目。

9時にサンロードをチェックアウトして、
向かった先は..................新井神社

新井神社は、伊東市新井に鎮座する神社です。
伊東漁港の近くに鎮座し魚市場を見おろし
遠く相模湾を望む高台に鎮座している大漁の神でもあります。

明治30年〈1897年〉に蛭子神社に村内の諏訪神社、八幡神社を合祀し
大正3年に社名を新井神社と改称したそうです。

その昔、新井の東の浜に流れ着いたえびす様を、
西の浜の漁師が拾い祠を建ててお祭りしたところ、
たちまちその年は豊漁・豊作に恵まれたということで
隔年正月7日、俗に伊東の”裸まつり”として神輿の海上渡御があり、
裸の若衆にかつがれた大神輿が真冬の海に繰り出し、
海上安全・大漁・満作・招福を祈願することで有名だそうです。


当初の予定では、この日は1番最初に神祇大社へ行く予定でしたが
前日にお詣りしているので、予定を変更。
しかし、宮司さんが不在な神社のため
11時頃お邪魔させていただくと約束をしていましたが
早くも行き当たりバッタリな性格が現れます。

9時15分頃に新井神社に到着。

こちらが、新井神社の社号標。

      20180329新井神社01


新井神社の鳥居。

      20180329新井神社02


ここ、新井神社は、伊東七福神の恵比寿尊でもあります。

      20180329新井神社03


      20180329新井神社04



鳥居から社殿の在る高台へと続く石段。

      20180329新井神社05

漁港近くに鎮座する神社という事で、
雰囲気は銚子の川口神社に似ている気がします。



鳥居脇にある道祖神。

      20180329新井神社06



石段の反対側にも道祖神は並びます。

      20180329新井神社07



その中に比較的新しい石像。
伊東七福神の恵比寿の像です。

      20180329新井神社08



恵比寿の前でハイ、ポーズ。

      20180329新井神社09



新井神社の石段を上った先に手水舎。

      20180329新井神社10



手水舎の前には、満開の桜。

      20180329新井神社11



桜をバックに二の鳥居をくぐります。

      20180329新井神社12



社殿前の狛犬。

      20180329新井神社13


      20180329新井神社14



こちらが、拝殿。

      20180329新井神社15


      20180329新井神社16


拝殿の正面には太鼓が奉納されています。

      20180329新井神社17



拝殿の賽銭箱。

      20180329新井神社18



拝殿正面の飾りの彫り物。

      20180329新井神社19


      20180329新井神社20



別アングルからの拝殿。

      20180329新井神社21


こちらが、本殿。

      20180329新井神社22



本殿脇の境内舎。

      20180329新井神社23



こちらは、宝物殿?

      20180329新井神社24



なぜか、境内に日露戦争記念碑。

      20180329新井神社25



拝殿からの眺め。

      20180329新井神社26


青い空にピンク色の桜。

      20180329新井神社27


気持ち花は散り気味ですが、桜の花は見頃。

      20180329新井神社28


      20180329新井神社29



社務所の前には伊東七福神のスタンプ。

      20180329新井神社30


一応、半紙に押して記念にしておきましょう。

      20180329新井神社31



こちらが、新井神社の御朱印。

      20180329新井神社32



11時に訪問しますと事前連絡をしていましたが、宮司さんが9時過ぎから
境内の掃除をされていたので、幸運にもすぐ頂く事が出来ました。

貴重な御朱印、ありがとうございました。





2018/05/12 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@プチホテル サンロード (2018年3月28日〜29日)(静岡県伊東市) 

3月28日

3月28日〜29日の伊豆の1泊旅行。

お世話になった宿はこちら。

      20180328サンロード01


伊豆旅行の我が家の定番宿。
とは言いながらも、サンロードさんには随分ご無沙汰をしちゃいました。

一昨年の夏に予約をしていたんだけど、台風が直撃してやむなくキャンセル。
昨年の1月にも予約していたんだけど、私の父親が緊急入荷してしまい
またまた、キャンセルをせざるを得なくなり、2回連続キャンセル。

いつもお世話になっているのに
いやはや、不義理をしてしまっていました。



この日は、8家族9頭のワンちゃんがご宿泊。

      20180328サンロード02


いつものように、男1人に犬1頭。
お部屋は慣れた102号室。

      20180328サンロード03



シングルベットに3畳の畳のスペース。

      20180328サンロード04


      20180328サンロード05

本日もお世話になります。


いきなり、ベッドを占有する びいすけ 。
持参したベットカバーが役立ちます。

      20180328サンロード06


      20180328サンロード07


      20180328サンロード08


時刻は17時。
夕食までは時間があるから、ちょっと散策いたしましょう。

      20180328サンロード09



よそのワンちゃんの匂いが気になる びいすけ 。

      20180328サンロード10



ペット専用の宿だから、ワンちゃんの匂いはてんこ盛りのはず。
好きなだけ、匂いを嗅いでいなさい。

      20180328サンロード11


      20180328サンロード12


      20180328サンロード13


      20180328サンロード14


匂いを嗅ぎまくっていた びいすけ が、頭を持ち上げた。

      20180328サンロード15


何かを見つけたようです。

      20180328サンロード16



どうやら、このワンちゃんが気になるようです。

      20180328サンロード17


      20180328サンロード18



しかし、ワンちゃんに相手にされないと、
再び匂い嗅ぎに専念する びいすけ 。

      20180328サンロード19



一度部屋に戻り びいすけ は部屋で留守番。
父さんはダッシュでお風呂に入って来ます。

風呂上がりの ビールは格別です。

      20180328サンロード20

朝早くから動き回っていたから、五臓六腑にビールが沁み渡ります。


ベッドで横になっている びいすけ 。

      20180328サンロード21


そろそろ夕食の時間だよ。



食堂に移動いたしましょう。

      20180328サンロード22



本日のメニュー(おしな書き)。

      20180328サンロード23



前菜 (各種盛合せ)

      20180328サンロード24


刺身 (地魚盛り合わせ)

      20180328サンロード25


椀物 (海老 素麺)

      20180328サンロード26


お凌ぎ (蕗味噌おにぎり)

      20180328サンロード27



温物 (鳥すき鍋)

      20180328サンロード28


      20180328サンロード29

肉が苦手な父さん。
鳥肉は、びいすけ が担当します(笑)。



焼き物 (ブリ味噌漬)

      20180328サンロード30



煮物 (桜まんじゅう)

      20180328サンロード31



中皿 (焼野菜)

      20180328サンロード32



そして、お供はコレ。

      20180328サンロード33

生ビール(笑)。



テーブル下で大人しく待つ びいすけ 。

      20180328サンロード34


はいはい、鳥肉はあなたの担当だからね(笑)。

      20180328サンロード35



思わず、『まいう〜!』。

      20180328サンロード36



そして、シメの季節のデザート。

      20180328サンロード37

本当はもう1品、揚げ物(肉詰椎茸)が有りましたが
写真に撮るのを忘れてしまいました。

本日も完食。
ご馳走さまでした。


食後は談話室に移動。
常連さんに混じってカラオケ大会(?)に参加です。

      20180328サンロード38


      20180328サンロード39


流石に朝早くから動き回っていたから、
いつのまにか びいすけ も夢心地。

      20180328サンロード40

1時間ほどで部屋に引き上げ、
本日は消灯タイムとなります..................。




明けて、3月29日。
今日も天気は良さそう。


6時半過ぎに朝の散歩となります。

外の散歩に飽き足りないようなので、
サンロードの敷地内を徘徊する びいすけ 。

      20180328サンロード41



水が苦手で、本当はプールが嫌いな びいすけ 。
なぜか、プールサイドを徘徊。

      20180328サンロード42


プールが気になるのか?
覗きこんだりしています。

      20180328サンロード43

『あんまり近寄ると落っこっちゃうよ!(笑)』


そんな声を気にせず、プール周りの徘徊は続きます。

      20180328サンロード44


      20180328サンロード45


      20180328サンロード46


ガラス越しに食堂を覗き込む びいすけ 。

      20180328サンロード47
      
朝食も気になるようです(笑)。



時刻は8時になりました。
朝食の時間です。

      20180328サンロード48

今日も動き回る予定だから、朝食はしっかり採りましょう。



      20180328サンロード49


      20180328サンロード50


      20180328サンロード51


      20180328サンロード52

それにしても、凄いおかずの量。
朝からご飯3杯、しっかり残さず完食しました。

お腹も満たされたし、気合いも十分。
チェックアウト時間は10時だけど、
9時にチェックアウトして、2日目が始まります。

      20180328サンロード53


今回もお世話になりました。
またよろしくお願いします。





2018/05/11 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............神祇大社  (2018年3月28日)(静岡県伊東市) 

3月28日

3月28日〜29日に出かけた伊豆への1泊旅行の初日。

西伊豆の土肥にある土肥神社で15時過ぎに御朱印を拝受して
本日の宿泊地である東伊豆の伊東市の伊豆高原を目指します。

何せ、伊豆市の土肥から伊豆高原のある伊東市までは
山を二つ超えることになります。

『17時までに宿に着ければ良いな』と思いながらも
ついついアクセルを踏む右足に力が入ります。
伊豆高原には16時半前に到着。

この時間ならまだ間に合う!
急いで向かったのは..................神祇大社


神祇大社は、伊東市富戸に鎮座する神社です。

元々は東京・神田に鎮座していた神社ですが、
先代の神主さんの時代に神様のお告げで、現在の東伊豆へ遷座したそうです。
神祇とは、八百万の神々のことを表し、ここは全ての神様がいらっしゃる地だそうです。
全国でも数少ないペットと一緒にお参りできる神社としても秘かに知れ渡り
ペットの健康や安全も祈願できるので、ペット愛好家(特に愛犬家)の間では
隠れた注目スポットなのだそうです。
かく言う私も、数年前に びいすけ を連れて訪れています。
もっとも、その頃には、御朱印にも興味がなかったんですけどね。



こちらが神祇大社の社号標。

      20180328神祇大社01



一の鳥居脇の提灯。

      20180328神祇大社02



国道沿いに建つ一の鳥居。
車の往来が多いから、写真を撮るのも必死です(笑)。

      20180328神祇大社03



鳥居をくぐれは、敷石の参道。

      20180328神祇大社04



こちらが、二の鳥居。

      20180328神祇大社05



逆光+3月下旬の夕暮れ。
かなり画像は暗くなってしまっています。

      06


二の鳥居の脇にも、神祇大社の提灯。

      20180328神祇大社07



手水舎。

      20180328神祇大社08



由緒書きと言うか、神祇大社の説明書き。

      20180328神祇大社09



こちらが、その縁起石の一つ。

      20180328神祇大社10



社殿(拝殿)が見えてきました。

      20180328神祇大社11



拝殿。

      20180328神祇大社12



拝殿正面。

      20180328神祇大社13



拝殿正面に掲げられた扁額。

       20180328神祇大社14


別アングルからの拝殿。

      20180328神祇大社15



こちらが、本殿。

      20180328神祇大社16



社殿右脇には、さらに上へと導く参道。

      20180328神祇大社17



参道口には、金色の大黒天。

      20180328神祇大社18



商売繁昌の神様って?

      20180328神祇大社19

七福神の中では、恵比寿じゃなかったっけ?

神祇大社には、全ての神様がいるからいいのかな?


参道の先には境内舎。

      20180328神祇大社20


      20180328神祇大社21



板碑。

      20180328神祇大社22



拝殿前の狛犬。

      20180328神祇大社23



こちらが社務所。

      20180328神祇大社24



社務所の一角は授与所。

      20180328神祇大社25



授与所の目的の一つ、神祇大社の御朱印帳を探します。

      20180328神祇大社26



有りました。

      20180328神祇大社27

ピンク色と淡い緑色の2種類が有りました。


御朱印帳、1冊お買い上げ〜!。

あっ、御朱印はこちらで拝受出来ます。




前回は、絵馬を奉納しましたが
今回はパス。

      20180328神祇大社28


陽も翳ってきました。

      20180328神祇大社29



神祇大社の桜に見送られて、この場を立ち去ります。

      20180328神祇大社30





今回購入した御朱印帳。

      20180328神祇大社31


      20180328神祇大社32



そして、神祇大社の御朱印。

      20180328神祇大社33


伊東市に びいすけ を連れて御朱印巡りに来たら
やっぱり、神祇大社は外せないですね。




2018/05/10 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード (2016年7月14日〜15日)(静岡県伊東市) 

7月14日

この日は、1泊で伊豆に出かけました。

伊豆に行って、泊まりとなれば
びいすけ 家の常宿、プチホテル サンロード

今回もお世話になりました。

      20160714サンロード01


今回は、ズバリ! プールが目的です。

      20160714サンロード02

そのため、いつもは夕食時間に間に合うようにチェックインしますが
この日は15時前にチェックイン。
(本当は、15時がチェックインなんですけど...............何か?)



この日は、6家族、9ワンコのお泊りです。

      20160714サンロード03


お部屋は102号。

      20160714サンロード04

1人と1頭には、ちょうど良い。
畳のエリアも有って、個人的にはお気に入り。


さっそく、ベッドで寛ぐ びいすけ 。

      20160714サンロード05

『おいおい! プールに行きますよ!』


15時過ぎですが、プール日和りの好天気。

      20160714サンロード06


今年の初泳ぎ。
去年はプールに行かなかったから、2年ぶりのプールです。


泳ぎを忘れることなく、リズミカルに泳ぐ びいすけ 。

      20160714サンロード07


      20160714サンロード08


      20160714サンロード09


      20160714サンロード10


      20160714サンロード11



よっこらしょっ!とプールから上がってくると
ボーダーコリーのビビくんがお出迎え。

      20160714サンロード12



確か飼い主さんが、生後半年とか言っていたような...............
遊びたい盛りのビビくん。

      20160714サンロード13



びいすけ には、頑張ったご褒美をあげましょう。

      20160714サンロード14



『欲しい〜?』って、聞くだけ野暮。

      20160714サンロード15



要らない訳が無い。(笑)

      20160714サンロード16


5回位、びいすけ を泳がせて、父さんはリゾート気分に浸ります。

      20160714サンロード19

いゃあ、ビールが美味い!




一方、 びいすけ は、いつものようにニャンタくん(サンロードで飼っている猫)のチェック。

      20160714サンロード17



そして、食堂を覗き込みます。

      20160714サンロード18

『 お〜い、 びいすけ 。晩御飯何だった? 』
     
いえいえ、それは後のお楽しみ。




部屋に戻ると、 びいすけ はお疲れタイム。

      20160714サンロード20


考えたら、朝の5時前から行動しているんだから
昼寝もしたくなっちゃうよねぇ。

      20160714サンロード21


この隙に、父さんは広い湯船に浸って来ます。

      20160714サンロード22


極楽、極楽。
風呂上がりのビールも旨し!


心地良い酔いを感じながら、びいすけ の側で横になっていたら
いつの間にか眠ってしまいました。
目が覚めたら18時。
1時間ほど眠ってしまったようです。

18時。
即ち、夕食の時間です。

サンロードの楽しみの一つは食事。
毎回、『今日はどんなメニューかな?』と楽しみにしています。


本日のメニュー。

      20160714サンロード23


テーブルには、まだ一部しか運ばれていません。

      20160714サンロード24



お凌ぎ マグロ三色丼

      20160714サンロード25



刺身 地魚盛り合わせ

      20160714サンロード26



酢の物 蛸サラダ

      20160714サンロード27



前菜 各種盛り合わせ

      20160714サンロード28



洋皿 豚冷しゃぶ

      20160714サンロード29



椀物 烏賊吉野

      20160714サンロード30



煮物 南瓜まんじゅう 海老あん

      20160714サンロード31



揚げ物 穴子天ぷら 茄子 ピーマン

      20160714サンロード32



焼物 金目鯛柚香焼 ようかん レモン

      20160714サンロード33



デザート レアチョコケーキ

      20160714サンロード34



当然、何かを貰えると思っている びいすけ。

      20160714サンロード35

父さんが苦手な豚肉を食べて貰いました。

白御飯も3杯おかわりして、完食。
いゃあ、極楽、極楽。

朝早かったのと、風呂上がりのビールが効いて
この夜は早々にダウン。
びいすけ と一緒に22時前には高鼾をかいていました...............。




明けて7月15日。
いつもより、ちょっと寝坊して6時過ぎに朝散歩。

サンロード周辺を散歩いたしましょう。

      20160714サンロード36


      20160714サンロード37


快調に闊歩する びいすけ 。

      20160714サンロード38


生憎の曇り空。

      20160714サンロード39

曇っている分だけ涼しいんですが、何やら天候は下降気味?
天気予報によれば、関東地方は雨らしい。
今日は千葉に帰るから、雨の中の移動になりそうです。



仮に天気は悪くても気分だけは明るくいきましょう。

まずは、朝ご飯をしっかり食べましょう(笑)。

      20160714サンロード40



サンロードの朝食は朝から気合いが入ってます。

      20160714サンロード41

朝から、おかわり3回。
4杯の御飯をしっかり食べて、鋭気も充分。


デザートもしっかり頂きましょう。

      20160714サンロード42



チェックアウトは10時ですが
少し早めにチェックアウト。

まっすぐ千葉の自宅へ帰るのも芸が無いから
ちゃっかり寄り道して帰ります。


サンロードさん。
またまたお世話になりました。
次回(?)もよろしくお願いします。






2016/08/07 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

奥野 ダムカードを集めよう! 奥野ダム (2016年7月14日)(静岡県伊東市)  

7月14日 公休日

この日は、1泊で伊豆に出かけました。


持越小学校をあとにして、向かった先は...............奥野ダム


奥野ダムは、
静岡県伊東市鎌田、二級河川・伊東大川本川の河口から約6.0km上流に建設されたダムです。

静岡県熱海土木事務所が管理する補助多目的ダムで、
伊東大川の治水と伊東市への上水道供給を目的に建設されました。
伊豆半島を流れる河川に建設された河川法上のダムとしては初の例で、
堤高63.0mの中央土質遮水壁型ロックフィルダムです。
ダムによって形成された人造湖は松川湖と呼ばれます。

実は、この奥野ダムに来るのは、これで2回目。

以前は、ダムそのものが目的では無く、ダム湖である松川湖が目的でした。
あまりにも広いので断念しましたが、松川湖をぐるっと散策するつもりでしたが
周遊路が一周約4.8kmのため諦めました。


今回の目的は、ズバリ! ダムカード集め。

先日、西印旛沼でダムカードを貰って以来
ダムカードを集めるのもアリだな!と個人的に思っています。

ちょくちょく訪れる伊豆の伊東市で、ダムカードを配布しているのなら
貰いに行かなきゃ嘘でしょう!


駐車場に車を停めて、管理事務所に立ち寄りますが
誰も居ないようで、しばらく時間を潰します。

      20160714奥野ダム01



こちらが、奥野ダムの碑。

      20160714奥野ダム02



奥野ダムで堰き止められて、出来た人造湖が松川湖。

      20160714奥野ダム03



伊東市内を抜けて相模湾に流れ行くのが伊東大川。
通称、松川と言われています。
そこから、松川湖と命名されたらしい。

      20160714奥野ダム04


実は、ダム湖を眺めるのも嫌いじゃない。
むしろ、好きだったりして...............。

      20160714奥野ダム13







こちらが、管理事務所。

      20160714奥野ダム05



30分ほど経ったので、再び管理事務所に立ち寄ります。

      20160714奥野ダム06



インターフォンを押しても誰も出ない(応答しない)。

      20160714奥野ダム07

結局、管理事務所に電話して係りの人に出てきてもらいました。


まぁ、ちょっとしたトラブル(?)もあったけど
無事、ダムカードをゲット!

      20160714奥野ダム14


      20160714奥野ダム15


      20160714奥野ダム08


上からみても、石を積み上げているのが分かります。

      20160714奥野ダム09

これぞ、まさしくロックフィルダム。



当然、下流側から見ても、石を積み上げたのが分かります。

      20160714奥野ダム10



やっぱり、ロックフィルダム(笑)。

      20160714奥野ダム11


      20160714奥野ダム12



こちらが、奥野ダムのダムカード。
      
      20160714奥野ダム16


      20160714奥野ダム17


ダムカード集め。
ハマりそうです(笑)。




2016/08/06 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード (2016年3月7日〜8日)(静岡県伊東市) 

3月7日 公休日

個人的な連休初日。

この連休を利用して伊豆に旅行に行きました。


我が家の伊豆旅行の定番宿と言えば...............プチホテル サンロード


当然、今回もお世話になりました。
とにかく、急に決まった旅行でも電話1本で予約が取れ
面倒な手続きもなく、気軽に立ち寄れるから通っちゃいます。


平日だから、宿泊客はそんなに多くはない。

      20160307サンロード01


今回は105号室。

      20160307サンロード03


部屋に入って、 もっちゃん に甘える びいすけ 。
さっそく、おんぶして貰ってます。

      20160307サンロード04


晩ご飯までは時間があるから、交代で温泉に入ります。
もっちゃん がお風呂に行ってる間、びいすけ と軽く敷地内を散歩します。

サンロードに到着する頃には小雨はあがったものの
途中の山道も霧で視界が悪く大変でした。
とにかく、この日の夕方は霧が凄かった。

      20160307サンロード05


霧にむせぶサンロードのプールサイドを徘徊する びいすけ 。

匂いを嗅ぎ嗅ぎ...............

      20160307サンロード06


そしてマーキング。

      20160307サンロード07



食堂を覗いて、今夜のメニューは何だろう?(笑)。

      20160307サンロード08



びいすけ が一番気になるスポット。

ネコの ニャン太くん のハウスがフェンスの向こうにあります。

      20160307サンロード09



『 びいすけ、行くよ〜! 』っと呼んでも
こちらの顔色を窺って、離れようとはしません。

      20160307サンロード10


プールサイドを匂いを嗅ぎながらの徘徊。

      20160307サンロード11


他のワンちゃんの匂いがいっぱい残っているようで
ひたすら匂い嗅ぎ。

      20160307サンロード12


      20160307サンロード13


      20160307サンロード14



17時を回り、夜の帳が落ち始めているけれど
霧は一向に晴れない。

      20160307サンロード15


匂い嗅ぎの徘徊も良いけど、ウンチとオシッコをいっぱいしてくれたら
夜が楽なんだけどなぁ。

      20160307サンロード16


無事ウンチも済み、もっちゃんと交代。
急いでお風呂に入ってきます。

湯上りでサッパリしたところで、晩ご飯の時間です。
食堂に移動しましょう。

      20160307サンロード17


既にテーブルには、本日の夕食が並べられています。
( これで全てではありません )

      20160307サンロード19



本日のお品書き

      20160307サンロード18



湯上りには、まずはコレでしょう!   

      20160307サンロード25

乾杯〜ぃ!


それでは、いただきましょう。

前菜 各種盛合せ

      20160307サンロード24



刺身 地魚盛合せ

      20160307サンロード20


煮物 桜まんじゅう 金目 竹の子

      20160307サンロード21



お凌ぎ マグロ三色丼

      20160307サンロード22


酢の物 海老サラダ

      20160307サンロード23


焼物 鯛塩焼き 梅蜜煮 レモン

     20160307サンロード30



    
温物 鳥ハリハリ鍋

      20160307サンロード26


鳥肉は、びいすけ の担当。

いっぱい食べなさい。

      20160307サンロード27


      20160307サンロード28


      20160307サンロード29



写真に撮り忘れてしまいましたが

椀物 烏賊磯部
揚げ物 穴子天麩羅 茄子 ピーマン もありました。
     

デザート パンナコッタ

      20160307サンロード31


毎度の事ながら、本日も白飯を3回おかわりして
力一杯、腹一杯の夕食を堪能させて貰いました。



夕食後には、常連さんに誘われて談話室でプチ宴会。
結局、24時近くまでご一緒させて貰っちゃいました。





明けて、3月8日。

さすがに昨夜遅かったせいか、7時過ぎに起きたら
既に びいすけ と もっちゃん は散歩に出かけていました。

この機を逃さず、贅沢に朝風呂。
やっぱり、大浴場で足を伸ばして湯舟に浸かるのは気持ち良い。

ひとっ風呂浴びたら、朝ご飯。

      20160307サンロード32


白飯3回お代りして、朝から力一杯食べました(笑)。

デザートもしっかりいただきました。

      20160307サンロード33



さてさて、チェックアウトの時間は10時迄ですが
ちょっぴり早めに行動しましょう。


チェックアウト時のロビーにて。

      20160307サンロード02


今回も、またまたお世話になりました。
また、次回もよろしくお願いします。



2016/03/31 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード (2015年10月1日)(静岡県伊東市) 

10月1日 公休日

9月30日〜10月2日まで個人的な3連休。
この3連休を利用して2泊3日で伊豆へ出かけました。

前日から伊東市にあるサンロードに宿泊しています。
サンロードをベースキャンプ(?)にこの日は下田市へ足を伸ばしましたが
日本列島に迫り来る弾丸低気圧の影響で午後から雨。
早々に下田市から引き上げ、15:00過ぎにサンロードへ戻って参りました。


本日は満室。
と言うのも、この日がサンロードのオープン15周年記念日。
多くのワンちゃんが宿泊しています。

      20151001サンロード19


普段は自宅で留守番していると、昼間はほとんど寝ていると思われる びいすけ 。
昨日、今日とそれなりに動き回っているので、ちょっぴりお疲れモード(?)


部屋に戻ると、ベッドの上で丸まって...............     

やがて寝息が聞こえてきます。

      20151001サンロード02


      20151001サンロード03


この機を逃さず、今日は晩ご飯前にお風呂に入っちゃいましょう。


      20151001サンロード18

ちょっぴり雨に濡れたから、熱い湯船に浸かれば、極楽気分です。


ご飯までは、まだ2時間近くあるから
軽く風呂上がりのビールといきましょう。

     

かなり疲れているのか?
スナック菓子のビニール袋のガサガサ音にも反応しない。

      20151001サンロード01


これはチャンス。
眠っている びいすけ を肴に一人乾杯。

      20151001サンロード04



2本目を飲み始めた頃に、ムクッと起きだした びいすけ 。

      20151001サンロード05


      20151001サンロード06



でも再び、眠りの世界に引き込まれていくようです。

      20151001サンロード07



しかし、スナック菓子のガサガサ音に反応する びいすけ (笑)。

      20151001サンロード08



風呂上がりのビールに心地よい眠気を誘われ
夕食の18時までは びいすけ と一緒に惰眠を貪っていました。




18時になりました。
それでは、本日のお楽しみ。
夕食の時間です。



本日のお品書き

      20151001サンロード20
      前菜     各種盛り合わせ
      刺身     盛り合わせ
      椀物     烏賊吉野
      お凌ぎ    鮭若布ごはん
      温物     豚肉陶板焼き
      焼物     赤魚味噌漬け
      揚げ物    蓮根挟み揚げ 茄子 三つ葉
      煮物     茶碗蒸し
      酢の物    蛸サラダ
      デザート    マンゴーアイス



テーブルに並べられた料理。

      20151001サンロード21

でも、これが全てではありません。




前菜     各種盛り合わせ

      20151001サンロード26



刺身     盛り合わせ

      20151001サンロード22



お凌ぎ    鮭若布ごはん

      20151001サンロード23



煮物     茶碗蒸し

      20151001サンロード24



酢の物    蛸サラダ

      20151001サンロード25



椀物     烏賊吉野
    
      20151001サンロード27

お代わりした白ご飯もあったりして...............




温物     豚肉陶板焼き

      20151001サンロード28

このままじゃ熱いので、しばらく冷まします。


肉が苦手な私は野菜担当。

      20151001サンロード31

(既に、次のお代わりの白ご飯が運ばれています)(笑)。



お肉は びいすけ の口に...............。

      20151001サンロード29


      20151001サンロード30


      
揚げ物    蓮根挟み揚げ 茄子 三つ葉

      20151001サンロード32



焼物     赤魚味噌漬け

      20151001サンロード33



デザート    マンゴーアイス

      20151001サンロード34


本日もしっかりいただきました。
充分に堪能させていただいた夕食でした。
( ご飯3杯もお代わりすれば、そりゃ満足ですねぇ...............)


お腹もいっぱい。

談話室で常連さんが集まって宴会が始まったようですが
昨日、今日と動き回り、ビールの酔いも手伝って
今宵も21時過ぎに早々と深い眠りの底に導かれました。

う〜む、とっても健全な生活(笑)。



翌朝、10月2日。
午前6時、窓の外は雨。

      20151001サンロード09

とても朝の散歩ができる状態ではありません。
とにかく風が強くて、横なぐりの雨。
嵐と言っても過言じゃ無い。


びいすけ には、散歩も雨が止むまで我慢してもらおうと...............


気持ち良く、爆睡しているし(笑)。

      20151001サンロード35



それでも7時過ぎには雨も小降りになり、やがて一瞬だけど陽が射してきた。
天気は快方に向かっています。

      20151001サンロード17



この機を逃さず、朝の散歩。

さぁ、オシッコしなさい。
ウンチもしちゃいなさい。

同じことを考えているようで、
サンロードの敷地内に数頭のワンちゃんが徘徊していました。

      20151001サンロード10



オシッコした後に芝生を蹴る びいすけ 。

      20151001サンロ<br />ード11

普段はしないんだけど...............
ごくたまにドックランで、そんな仕草を見せるんだよなぁ。




雨は完全には止んではいないけれど
館内オールフリー、ノーリードなサンロード。

とりあえず好きなように中庭を徘徊させます。

      20151001サンロード12



小雨に濡れながらも、徘徊を続ける びいすけ 。

      20151001サンロード13



プールが気になるのか?
自らプールサイドを徘徊します。

      20151001サンロード14

そう言えば、今年の夏はプールで泳いでないから
ひょっとしたら、プールに入りたいのかな?

まさか...............ね!(笑)


でも、プールの水に近づいていくんだよなぁ。

      20151001サンロード15


      20151001サンロード16




そうこうしている内に、時刻は8:00。
朝食の時間です。



本日の朝食。
毎回の事ですが、おかずが豊富。

      20151001サンロード36

基本的に朝食は食べない生活をしていますが
旅行の時だけは別。
しっかりとご飯のお代わりも2回して、美味しくいただきました。



いつもなら、チェックアウト時間ギリギリまで居るのですが
この日は、まっすぐ千葉に帰らずに、ちょっぴり寄り道をする予定だったから、
誰よりも早く9時前にチェックアウト。


サンロードのスタッフの皆様、
今回もお世話になりました.............................。





2015/10/28 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード (2015年9月30日)(静岡県伊東市) 

9月30日 公休日

9月30日〜10月2日まで個人的な3連休。
この3連休を利用して2泊3日で伊豆へ出かけました。

この日は伊豆市の城巡り、丸ポスト探し、そして廃校巡りと
朝早くから精力的に動き回っていました。


私と びいすけ の伊豆旅行。
今宵もお世話になったのは...........プチホテル サンロード

      20150930サンロード37



本日の宿泊ワンちゃんは、6頭のようです。

      20150930サンロード19



今回もお部屋は102号室。
シングルベッドと畳のスペースのあるお部屋です。

      20150930サンロード01


こらこら! ベッドの上で遊んではいけません!!

      20150930サンロード10


チェックインしたのは17:00過ぎ。
晩ご飯は18:00~7だから、本当は一ッ風呂浴びたいところですが
ゆっくり湯船に浸かるには慌ただしい。

夕食前に びいすけ を軽く散歩でもさせましょう。

1階の部屋だからベランダから外に出ることができます。

      20150930サンロード02


なぜか、プールサイドで匂い嗅ぎ。

      20150930サンロード03


プールの時期はプールサイドを逃げ回るくせに
なぜか、プールの水面を真剣に見つめています。

      20150930サンロード04


そしてプールサイドを徘徊。

      20150930サンロード08


      20150930サンロード09


プールサイドの植え込みの匂いもしっかりチェックします。

      20150930サンロード07


びいすけ が食堂を覗き込んでいます
どうやら晩ご飯の準備が進められているようです。

      20150930サンロード06

『 お~い びいすけ 。 美味しいもの有った~? 』 (笑)
 


この奥にサンロードで飼っているネコ(ニャン太)がいます。

      20150930サンロード05

なぜか、いつもこの場所から動かない びいすけ 。
ネコに夢中です。

『 びいすけ そろそろご飯だよ~!! 』
ご飯の声でやっとこっちを振り返ります(笑)。


時刻も18:00。
晩ご飯の時間です。

食事は旅の楽しみの一つでもあります。
サンロードの夕食はとにかく内容が充実しているから
毎回、ごはんもしっかりお代わりして堪能させてもらっています。

それでは席に座りましょう

      20150930サンロード29



本日のお品書き(メニュー)

      20150930サンロード20

      前菜     各種盛り合わせ
      刺身     盛り合わせ
      椀物     海老しんじょう 三つ葉 木の芽 椎茸
      お凌ぎ    炊き込みご飯
      温物     鶏肉ハリハリ鍋
      焼物     さんま塩焼き
      揚げ物    椎茸肉詰め 茄子 大葉
      煮物     雲丹しんじょう 竹の子 絹さや
      酢の物    海老サラダ
      デザート    レアチョコレート



既にテーブルには夕食が並ばれていますが
これが全てではありません。

      20150930サンロード21



前菜     各種盛り合わせ

      20150930サンロード26



刺身     盛り合わせ

      20150930サンロード22



お凌ぎ    炊き込みご飯

      20150930サンロード23



煮物     雲丹しんじょう 竹の子 絹さや

      20150930サンロード24



酢の物    海老サラダ

      20150930サンロード25



椀物     海老しんじょう 三つ葉 木の芽 椎茸

      20150930サンロード27



ご飯の時間でも外にいるネコが気になる びいすけ 。

      20150930サンロード28



焼物     さんま塩焼き

      20150930サンロード30



揚げ物    椎茸肉詰め 茄子 大葉

      20150930サンロード32



温物     鶏肉ハリハリ鍋

      20150930サンロード31



肉が苦手な私は、鶏肉をとりわけ...........

      20150930サンロード33


びいすけ お肉食べる~?

      20150930サンロード35

食べないわけがありません(笑)


びいすけ の胃袋へと導かれます。

      20150930サンロード34



デザート    レアチョコレート

      20150930サンロード36

白いご飯も2回お代わりして、本日もいっぱい食べました。

う~む、満足!!





部屋に戻ると、さすがに今日一日動き待った(連れ回された) びいすけ 。
最初は落ち着きがなかったんですが、次第にお疲れモードに...............

      20150930サンロード12


      20150930サンロード13


      20150930サンロード14


      20150930サンロード15



この機を逃さず、お風呂に入ります。

広々とした湯船で脚をのばして、極楽、極楽。



風呂から戻って、そっと部屋のドアを開けたのですが
びいすけ を起こしてしまったようです。

      20150930サンロード16



でも、寝ぼけ顔の びいすけ 。

      20150930サンロード17


やがて、再び深い眠りに入って行きます。

      20150930サンロード18



びいすけ のイビキを確認したら...............



風呂上がりのビールです。

      20150930サンロード11

これまた、極楽、極楽。


こんな感じで9月30日、旅行初日の夜は更けていくのでありました...............。





明けて、10月1日。
朝〜!!


いつもより、ちょっぴり寝坊して朝の散歩。

10月の伊豆高原の朝はひんやりしています。


朝のウンチ散歩は、とりあえず大室山方面。

      20150930サンロード38


あんまり遠くまで足を伸ばすと大変だから
適当なところでUターン。

      20150930サンロード39



8時の朝食を待ちわび、そして堪能します。
朝からしっかり3杯飯を食べちゃいました。

      20150930サンロード40


      20150930サンロード41



さて、今日も1日、どこへ行こうか?
雨が降るような事をテレビの天気予報で言っていたから
早めに出かけましょう。

午前9時前にベースキャンプのサンロードを出発するのでありました。









2015/10/20 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード                                       (2014年11月25日〜26日)(静岡県伊東市) 

11月25日 公休日。

11月25日〜26日。休みを取って伊豆に出かけました。

私 と びいすけ との伊豆旅行の定宿といえば、
伊東市の伊豆高原(大室高原)にある   プチホテル サンロード


伊豆の国市で、城址巡り、廃校巡り、丸ポスト探しなどで、ほぼ一日を満喫し
修善寺から伊豆半島を横断するかのように峠越えをして大室高原を目指します。

サンロードに到着したのは16時半過ぎ。


      20141125~26サンロード45


      20141125~26サンロード46




本日の部屋は102号

      20141125~26サンロード15


シングルベッドに3畳の畳のスペース。

      20141125~26サンロード49



1人と1頭にはちょうど良い広さ。

      20141125~26サンロード50

実は、この部屋は意外にお気に入りだったりして................


本日の宿泊は6家族
10頭のワンちゃんがご利用です。

      20141125~26サンロード16



夕食の時間までは1時間以上ある。
小雨の冷たい外気に触れていたから
熱い温泉は天国。

そして、風呂上がりのビール。

      20141125~26サンロード01


      20141125~26サンロード02


至福の時間の瞬間です。


一方、 びいすけ は、と言えば............

      20141125~26サンロード03



この日は、朝4時半からの移動のため
お疲れモード全開。

      20141125~26サンロード04



やがて、ベッドで丸まり夢の世界の扉を叩こうとしています。

      20141125~26サンロード05



試しにオヤツを見せてみると............

      20141125~26サンロード06



顔の表情が変わってきました。
一点に集中しています(笑)。

      20141125~26サンロード07



『よ〜し!』

      20141125~26サンロード08



2本目の缶ビールに手を伸ばす頃には
びいすけ のいびきが聞こえて来ました。

      20141125~26サンロード09




さて、時刻も18時。夕食の時間です。

『ご飯だよ〜ぉ!』

この一声で、ムクっと起き出す びいすけ 。

      20141125~26サンロード11






では、食堂に行きましょう。



      20141125~26サンロード17



本日のメニュー。
このメニューを眺めるのも楽しみの一つ。

      20141125~26サンロード18




全ては出て来てないのですが、ざっとこんな感じ。

      20141125~26サンロード23





前菜(各種盛合せ)

      20141125~26サンロード21



刺身(地魚盛合せ)

      20141125~26サンロード19



左が、蒸し物(金目鯛の煮付け)
右が、お凌ぎ(炊き混みごはん)

      20141125~26サンロード22




酢の物(もずく酢)

      20141125~26サンロード20




椀物(海老しんじょう)と、お代わりした白ご飯(1杯目)

      20141125~26サンロード24



焼き物(鰤カマ塩焼)

      20141125~26サンロード29



揚げ物(蟹さつま揚げ)

      20141125~26サンロード32




温物(牛ロースはりはり鍋)

      20141125~26サンロード25



お肉が苦手な私。
このお肉の行き先は決まっています。

      20141125~26サンロード26

そうです。
このために、テーブルの下でおとなしく待っているのです。



小皿に取り分けて............

      20141125~26サンロード28




私が舐めて余分な味を取りまして............

びいすけ のお腹に入ります。

      20141125~26サンロード27

 
      20141125~26サンロード30


      20141125~26サンロード31

びいすけ 。
お父さんが、お肉苦手で良かったね。




そして、デザート(リンゴコンポート)

      20141125~26サンロード33



本日も美味しくいただきました。
ご馳走様でした。
(白ご飯を3回お代わりしたことは秘密にしておこう............)





夕食後、ロビーから外を眺める びいすけ 。

雨が降っているから、外には行けないよ!

      20141125~26サンロード34




そのまま部屋に戻ると、即効で寝る態勢に入る びいすけ 。
しばらくすると、イビキが聞こえてきます。

3本目のビールを開ける音にも目を覚まさない。

びいすけ の寝顔を見ながら飲むビールも意外にイケる。

      20141125~26サンロード10



程よい酔いも回って、ついに私もダウン。
この日は、22時前に夢の世界に導かれました.............。




明けて26日。
いつものように4時半すぎに目が覚めたものの、外は雨。
二度寝を決め込みます。

7時前にムクッと起きて、外を見てもやっぱり雨。

      20141125~26サンロード12



外に行きたがる びいすけ ですが、もうちょっと我慢。
雨が小降りになるのを待ちます。

      20141125~26サンロード13



オヤツをあげるから、我慢してね。

      20141125~26サンロード14




そうこうしている内に、朝食の時間になりました。

今朝も豪華な食事。
いつもは朝ごはんは食べませんが
旅行の時だけは別。

特にサンロードの朝食は頑張っちゃいます。

      20141125~26サンロード35


      20141125~26サンロード36


      20141125~26サンロード37

今朝もご飯三杯食べました(笑)。



事前に部屋で朝ごはんを済ませている びいすけ 。

テーブルの下で私が食べ終わるまでおとなしく待っています。
ご褒美をあげなくっちゃ!

      20141125~26サンロード38



『欲しい〜?』って要らない訳がない。

      20141125~26サンロード39



待ってましたと言わんばかりに、食らいつきます。

      20141125~26サンロード40






さて、さすがに びいすけ の朝のお務めに出かけない訳には行きません。

雨は幾らか小雨になって来たから、朝の散歩です。

      20141125~26サンロード42



大室山方面に歩いて見ますが、
大室山も雨雲に覆われています。

      20141125~26サンロード41



とりあえずは、 びいすけ の気の向くままに散歩を続けます。

      20141125~26サンロード43




ウンチもしたし、オシッコもしたし、
そろそろ戻りましょう。

      20141125~26サンロード44



サンロードに戻ると中庭に行きたがる びいすけ 。

プールサイドを歩き、食堂を覗きこみます。

      20141125~26サンロード47

『さっき、ご飯食べたでしょう?』って、毎度の光景。


そしてお決まり、お約束の行動。

猫の居る場所が分かっているから、
毎回この場所から離れません。

      20141125~26サンロード48



さてさて、雨もやみそうにもないから
適当な時間にチエックアウトして
一路、千葉の佐倉までゆっくりと帰ることといたしましょう。




2014/12/19 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景 《 巣雲山 》 (2014年10月28日)(静岡県伊東市) 

10月28日

伊豆旅行2日目。

静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。



伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山あり海あり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹海岸
城ヶ崎海岸

となっています。


せっかく伊東市にきているのなら、八景巡りでもいたしましょう。

と、言うことで向かった先は............

           巣雲山


巣雲山は
約13万2000年前の火山活動によって形成されたスコリア丘で、
伊東市の大室山と同じである。伊豆東部火山群に属する。

山腹には伊豆スカイラインが通り、富士山方面を見渡せる巣雲山駐車場が設置されている。
山頂まで複数の登山道が整備され、最短の巣雲山駐車場からは10分ほどで登頂できる。

戦前には航空灯台が設置されていたことがあり、展望台の前にそれを印した杭がある。
近くの伊豆の国市立大仁東小学校や伊東市立宇佐美小学校の校歌には
『巣雲山』の名が歌われている。

山頂の解説版によれば、「すくも」とは稲の籾殻のことを意味し、
その昔、巣雲山の西にある長者原の富豪が、この地にたくさんの籾殻を捨て、
それが積もって塚となり、ついには山になったとの伝承が残るという。

                        ( Wikipedia より抜粋 )



巣雲山へは伊豆スカイラインの巣雲山駐車場よりアプローチします。


こちらが、伊豆スカイラインの巣雲山駐車場。

しっかりと、巣雲山の説明看板も建っています。

      20141028 巣雲山01


      20141028 巣雲山02



では、駐車場から巣雲山頂上目指して散策開始です。

      20141028 巣雲山03



こちらが、巣雲山の登山口。

      20141028 巣雲山04



登山といっても、駐車場から10分程度で頂上に至ります。
こんな登山道を軽快に びいすけ は、我先へと急ぎます。

      20141028 巣雲山05



ロングリードだから、 びいすけ の好きなように歩かせます。

初めての場所だから、新鮮な匂いがいっぱい(?)。
クンクンと匂い嗅ぎは欠かせまん。

      20141028 巣雲山06



やがて、登山道はススキの茂る道へと変わります。

      20141028 巣雲山07



相変わらず、ご機嫌な びいすけ 。
テンポよく軽快な足取りで先に行きます。

      20141028 巣雲山08




程なくして、巣雲山の頂上に到着。

      20141028 巣雲山09



せっかくだから、頂上の案内板の前でパチリ☆。

      20141028 巣雲山12



すると、いきなりのゴロ〜ん。

何か特別な匂いでもするのかな?

      20141028 巣雲山10



しばらく、巣雲山の感触を体で感じるかのように転げ回っておりました。

      20141028 巣雲山11



晴れていれば、視界もばっちりなのですが
あいにく、この日は晴れているものの、雲も多い。

本来は、ばっちり見える富士山も雲の合間にうっすらと見えるのみ。

      20141028 巣雲山13





展望台があります。

      20141028 巣雲山14



せっかくだから、上がってみましょう。

      20141028 巣雲山15




展望台からの眺望。
あいにくの雲。

こちらは天城方面。

      20141028 巣雲山16




そして、こちらが富士山方面。
うっすらと雲の合間に富士山が確認できます。

      20141028 巣雲山17




巣雲山の山頂にはススキが風になびいています。

      20141028 巣雲山18


      20141028 巣雲山19


      20141028 巣雲山20


      20141028 巣雲山21


伊豆は秋本番と言ったところです。


しかしながら、流石に伊東八景に選ばれた場所。
雲ひとつ無く晴れていれば、ススキの向こうに富士山。
そんな光景も眺めることが出来たでしょう。

最近は、富士山の眺望を目的にしても
なかなか好天気に恵まれません。

これって、日頃の行いのせいなのかなぁ............?(笑)





2014/11/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード (2014年10月27日〜28日)                   (静岡県伊東市) 

10月27日

10月27日〜28日の一泊の伊豆旅行。
今回もお世話になったのは、我が家の常宿、
伊東市伊豆高原にある

          プチホテル サンロード


実は、河津町で河津七滝と二階滝をじっくり堪能していて
思いの外、時間を食ってしまい、急いでサンロードへと向かったのだが
秋の夜はつるべ落としと言うように、17時半頃に到着したのですが
既に周りは真っ暗。


急いでチエックインします。



本日の宿泊ワンちゃんは2頭。

      20141028~27サンロード30

そのうちの1頭は特別室の宿泊だから
実質的には館内を貸切り状態です。


本日のお部屋は104号室。




夕食は18時だから、それまではゆっくりしてましょう。

こら!こら! びいすけ 。
ベッドに乗ってはいけませんよ!

      20141028~27サンロード01


      20141028~27サンロード02



そうは言っても、この日は朝早く(4時)からの移動。
流石の びいすけ も、ちょっぴりお疲れモードかな?

      20141028~27サンロード03


      20141028~27サンロード04



そうこうしている内に夕食の時間です。
何と言ってもサンロードの食事は楽しみの一つ。

こちらが、本日のお品書き。

      20141028~27サンロード16



そして、こちらが本日の夕食。

これで全てではありません。
テーブルの上に乗り切らないので
後から運ばれて来ます。


画面左から

前菜 酢の物 刺身

      20141028~27サンロード17



個別にズームイン。

本日の刺身(地魚盛合せ)

      20141028~27サンロード18



前菜(各種盛合せ)

      20141028~27サンロード19



酢の物(海老サラダ)

      20141028~27サンロード20



お凌ぎ(焼きおにぎり)

      20141028~27サンロード21

本当は1人1個らしいが、なぜか私には2個(笑)



椀物(海老しんじょう)

      20141028~27サンロード22



焼き物(金目西京漬)

      20141028~27サンロード23



温物(鳥ハリハリ鍋)

      20141028~27サンロード24

こちらの鳥肉は全て びいすけ のお腹に............。

      20141028~27サンロード27


      20141028~27サンロード28


おい、 びいすけ 。
父さんが肉嫌いで良かったね(笑)。




焼きおにぎりを平らげ、持ってきて貰った白ご飯と
煮物(小芋 五目あん) 
 
      20141028~27サンロード25


まだまだ運ばれて来ますよ。

揚げ物(椎茸肉詰)

      20141028~27サンロード26




そして、最後はデザート(抹茶プリン)

      20141028~27サンロード29


いゃあ〜、本日も力一杯、美味しく頂きました。
ご馳走様でしたぁ〜!



夕食も済み、熱い温泉に浸かり極楽気分。

温泉に入っている間、部屋で留守番していた びいすけ 。
部屋に戻ってみると、いつの間にか眠ってしまったようです。

      20141028~27サンロード05


      20141028~27サンロード06


寝ている子を起こさないように
静かに缶ビールのプルトップを開けて
一人悦に入っていたのは言うまでもない(笑)。


こうして、静かに伊豆高原の夜はフケて行くのでありました..................。



明けて、10月28日。

伊豆旅行2日目の始まりです。

iPhoneの充電器を持ってくるのを忘れたことに気づき
朝からiPhoneが使えない状態。
目覚まし機能も使えないから、目一杯の遅起き。

日が登り始める頃に朝の散歩。

      20141028~27サンロード11




先ずは敷地内でオシッコ。

      20141028~27サンロード07




そしてフェンス周りの匂い嗅ぎ。

      20141028~27サンロード08



そしてプールサイドを徘徊

      20141028~27サンロード10



そして何かに気付いた びいすけ 。

      20141028~27サンロード12



前回(先月)もこの場所から離れませんでした。

      20141028~27サンロード09



フェンスの向こうに向かってやたらと吠えています。

      20141028~27サンロード13



フェンスの向こうには一匹の猫。
びいすけ の吠える声にも動じない。
なかなかの大物です(笑)

      20141028~27サンロード14





いつまでも猫の前から離れない びいすけ を
『ごはんだよぉ~』と宥めます。

ご飯と聞いて、我先と部屋に戻る びいすけ 。

      20141028~27サンロード15

まったく現金なヤツです(笑)。




朝食もしっかりいただき、そろそろ本日の行動開始。

時刻は9時を回りました。
少し早目にチエックアウトして2日目の行動開始です。

ねえ びいすけ 。
今日はどこに行こうか..................?






2014/11/23 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東氏居館跡    (2014年9月26日)(静岡県伊東市) 

9月26日 公休日

伊豆旅行の2日目。

9時半にサンロードをチェックアウトして、向かった先は............

       伊東氏居館跡


そもそも伊東市は、方角地名で「伊豆の東の意味から付けられたと言われています。
また別説では「伊東祐親」という平安時代後期の伊豆を統括していた武将の名前も
地名の由来のひとつであると言われています。

伊東 祐親(いとう すけちか)は
平安時代末期の伊豆国伊東(現・静岡県伊東市)の武将・豪族。
藤原南家の流れを汲む伊東祐家の子。
伊東荘を領する工藤祐隆の嫡男であった父・祐家が早世すると、
祖父・祐隆(法名寂心)は、後妻の連れ子である祐継を嫡子として本領の伊東荘を与え、
嫡孫の祐親を次男として河津荘を与えました。
総領の地位を奪われた事に不満を持つ祐親は
祐継の死後にその子・祐経から伊東荘を奪ってしまいます。
これを恨んだ祐経は安元2年(1176年)10月、祐親の嫡男・河津祐泰を狩りの場で射殺し
これがのちに祐親の孫たちが起こす曾我兄弟の仇討ちの原因となります。

東国における親平家方豪族として平清盛からの信頼を受け、
平治元年(1159年)の平治の乱に敗れて伊豆に配流されてきた源頼朝の監視を任されます。
しかし祐親が大番役で上洛している間に、娘の八重姫が頼朝と通じ、
子・千鶴丸を儲けるまでの仲になってしまいます。
祐親はこれを知って激怒し、平家の怒りを恐れ千鶴丸を松川に沈めて殺害し、
さらに頼朝自身の殺害を図りました。
頼朝の乳母・比企尼の三女を妻としていた次男の祐清が頼朝に知らせ、
頼朝は夜間馬に乗って熱海の伊豆山神社に逃げ込み、
北条時政の館に匿われて事なきを得たと言われています。
また、頼朝が平家打倒のために伊豆で挙兵すると
大庭景親(3000騎の兵)らと協力して、
石橋山の戦いにて300騎の兵で頼朝を敗退させます。

そんな伊藤祐親を輩出した伊東氏の居館跡が
伊東市役所周辺にあったとされています。



こちらが伊東市役所

      20140926伊東氏居館跡03


市役所の裏側には腰曲輪でしょうか?
明らかに人の手が加わったお湯に見える削平地があります

      20140926伊東氏居館跡01


市役所に隣接する物見塚公園整備時に手が加わったものでしょうか....?

      20140926伊東氏居館跡02



現在は、物見塚公園として整備されている伊東氏居館跡


      20140926伊東氏居館跡04



公園のシンボルとでも言うべきか?
伊藤祐親の像が建っています。

      20140926伊東氏居館跡05


      20140926伊東氏居館跡06

石橋山の戦いでは頼朝の敵方となり
歴史上では、頼朝の敵方だったため、さも悪者のように感じてしまいますが
伊東市民にとっては郷土の偉人だったようですね。



伊藤祐親像の脇には、伊東氏居館跡の碑。

      20140926伊東氏居館跡07

元々、この地には『物見の松』と言う立派な松の木があったらしい。
物見塚公園の名前の由来もそのあたりからと言うことらしい。


物見の松は昭和57年に枯れてしまい、現在は何もありません。

      20140926伊東氏居館跡08



少し離れた場所に、三代目の物見の松が植えられています。

      20140926伊東氏居館跡09



こちらが、三代目の物見の松。

      20140926伊東氏居館跡11


公園は、一部がゲートボール場となっていて
近隣のお年寄りの憩いの場となっているようです。

      20140926伊東氏居館跡10



あくまでも、伝承である伊東氏居館跡。
いくつかの推定地があるようですが、
正確な場所は未だに分かっていないそうです。

私は、この場所が伊東氏居館跡だと信じたい。
いや、信じることに致します............。


2014/10/20 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

本日のお泊り@サンロード (2014年9月25日〜26日)(静岡県伊東市) 

9月25日 公休日

9月25日〜26日の個人的な連休を利用して伊豆へ遊びに行きました。


伊豆に来たら、我が家の定番宿って言うか、定宿  

          プチホテル サンロード


この日は16:30すぎにサンロードの到着。

本日もお世話になりま~す。

      20140925~26サンロード01



本日は5組5頭のご利用です。

      0140925~26サンロード17



本日の部屋は102号室

      0140925~26サンロード16


室内はこんな感じ

      0140925~26サンロード02


1人用の部屋になるのかな?

シングルベッドに畳のくつろぐスペースがあります。

      0140925~26サンロード03



部屋に入って、ジャージに着替えて..............

びいすけ には申し訳ないけれど
しばし、部屋で留守番してもらって
その間に温泉につかります。

オレンジビーチ散策  松川散策で
それなりに汗をかいたから温泉が気持ちいい。
8月末から調子が悪い左肩もちょっぴり楽になったような気がします。


火照った体で、 びいすけ をサンロード敷地内の中庭で遊ばせてみます。

恒例の芝生の匂い嗅ぎ。

      0140925~26サンロード04


色んな地域から、ここサンロードに遊びに来たワンちゃんたちの
匂いが残っているから、いつになく匂い嗅ぎにも熱が入ります。

      0140925~26サンロード05



本日お泊りのワンちゃんにもご挨拶。

      0140925~26サンロード06


      0140925~26サンロード07


湯上りで汗が止まらない私は、クールダウン(笑)。

      0140925~26サンロード08

プシュ〜。あ〜、美味しい!



プール再度に移動した びいすけ 。
今日はプールに入らないから強気です(笑)。
安心してプールサイドに居られるようです。

      0140925~26サンロード09


プールサイドから食堂を覗きこむ びいすけ
今日のおかずは何だろう?

びいすけ も気になるようです(笑)

      0140925~26サンロード10



夕食まで、まだまだ時間があるから、一度部屋に戻ります。


朝早くからの行動に付き合わされた びいすけ 。
流石にお疲れか?
いつの間にか、お昼寝となりました。

      0140925~26サンロード11


      0140925~26サンロード12


      0140925~26サンロード13




鬼の寝ている間に、父さんタイム。
流石に湯上りのビールは美味い!
いつになくハイペースで『酔っぱ』の世界へと導かれます。

      0140925~26サンロード15





さてさて、お楽しみの夕食の時間です。

とにかく、ここサンロードの夕食も利用する楽しみの一つです
普段から食生活に恵まれていない(?)私にとって
この時間は至極の時間です(笑)


夕食の一部、全部がテーブルに乗せ切れないので
順に運ばれてきます。

      0140925~26サンロード21

左から、
    温物(魚すき)  
    前菜(各種盛り合わせ)
    酢の物(アボガドサラダ)
    お凌ぎ(鮭若布ごはん)
    刺身(地魚盛り合わせ)
    


本日のお品書き。

      0140925~26サンロード22


夕食の友、生ビール。

      0140925~26サンロード23



魚すき

      0140925~26サンロード24



鮭若布ごはん

      0140925~26サンロード25



お代りしたごはん と 椀物(金目吉野)

      0140925~26サンロード26



焼き物(伊先塩焼き)

      0140925~26サンロード27



さらにお代わりしたご飯 と 揚げ物(海老天ぷら)

      0140925~26サンロード28



洋皿(牛ロースステーキ)

      0140925~26サンロード29



こちらのお肉は びいすけ のお腹の中に.................

      0140925~26サンロード30



美味しそうに食べてくれます。

      0140925~26サンロード31


そしてデザート(パンナコッタ)

      0140925~26サンロード32


本日も美味しくいただきました。

ごちそうさまでした!!

食事前に飲んだ缶ビールと食事の際の生ビール。
心地よい酔いの世界に誘ってくれます。

部屋の戻る前にロビーでワンちゃんとのひとコマ。



この子は ももちゃん

      0140925~26サンロード33



部屋に戻ると、さすがにお疲れモードの びいすけ 。

いつの間にか、眠りの世界に引き込まれて行ったようです。
 
      0140925~26サンロード14

かく言う私も22時前に深い眠りに入っていくのでありました。

伊豆高原の夜は、静かに、静かにフケていくのでありました..............。







明けて、9月26日

朝4時すぎに朝の散歩を済ませ、二度寝。

6時半過ぎにむくっと起き、びいすけ は部屋で留守番。
贅沢にも朝風呂とシャレこみます。

気がつけば、時刻は8:00
朝食の時間です。

朝ごはんもしっかりいただきました。


      0140925~26サンロード34




朝食後は、サンロードの敷地内で びいすえ を放牧状態。

サンロードで飼っているネコが気になる びいすけ 。

なかなか、この場所から離れません。

      0140925~26サンロード18


やっと諦めたのか?
プールサイドを徘徊しています。

      0140925~26サンロード19


今年はもう入らないけれど、
来年もお世話になるであろうプール前で、パチリ ☆

      0140925~26サンロード20


チェックアウトは10:00ですが、少し早めに行動しましょう

チェックアウト前に仲良くなった ももちゃん とのひとコマ。

      0140925~26サンロード35

ももちゃん もサンロードの常連さんのようで、ちょくちょく泊まりに来ているらしい。
話を聞いたら、実家(八王子)からさほど遠くない(でもないかな?)所にお住まいらしい。

また、サンロードでご一緒できたらいいですね。
そんな会話を別れ際にしながら、サンロード出発です。

今回もお世話になりました。


さぁ、 びいすけ 。
今日はどこに行こう..............?








2014/10/19 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景   《  松川  》   (2014年9月25日)(静岡県伊東市) 

9月25日 公休日

9月25日〜26日の個人的な連休を利用して伊豆へ遊びに行きました。

伊東市のオレンジビーチ、なぎさ公園を満喫したあとは
もう少し、なぎさ公園の駐車場に車を預け、
向かった先は............

          松川



静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。


伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山あり海あり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹海岸
城ヶ崎海岸

となっています




松川は

伊東の中心市街地を流れています。
川沿いの松川遊歩道では、春には桜が咲きほこり、
川越しに伊東温泉観光文化施設「東海館」を臨み
古き良き湯の街情緒を楽しみながら散策することができるそうです。



松川が相模湾に流れ込む河口近くに、渚橋があります。
この渚橋から松川沿いに遊歩道が整備されています。

それでは、伊東八景の一つ
松川の散策と相成ります。

      20140925松川01


遊歩道を歩き始めるとすぐに、按針音頭の碑。
どうやら、ここ伊東は三浦按針(英名:ウイリアム・アダムス)のゆかりの地のようです。

三浦按針にちなんだ音頭が作られているようです。

      20140925松川02


でも聞いたことがないなぁ(笑)


三浦按針は、英国人で本名はウイリアム・アダムズと言いました。
江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイギリス人航海であり、
水先案内人でもあり貿易家でもありました。
元来は、長崎の平戸や神奈川の横須賀に墓があることから
そちらが所縁の地であると言われていますが
この伊東市で徳川家康の命令で、日本で初めての造船ドックを設けて
80tの帆船を建造したとされています。
そのため伊東市は三浦按針所縁の地として毎年夏には「按針祭」が開催され、
日程の最後には「按針祭海の花火大会」が挙行されるそうです。

按針音頭もその按針祭の時に唄われるのでしょう。



こちらが、ウイリアム・アダムスの記念碑

      20140925松川03

本名(英国名)で記念碑が作られるとは、
やはり伊東市にとっては欠くことができない偉人だったのかもしれない。


河川敷の遊歩道に設けられたインターロックのタイルのモニュメント。
こちらも三浦按針にちなんだモノとなっています。

      20140925松川04




松川沿いの遊歩道をさらに進みます。

      20140925松川05


      20140925松川08



やがて、対岸に古めかしい建物が見えてきます。

      20140925松川06



そうです、これが『東海館』

      20140925松川07

東海館は、伊東市の指定文化財です。
1928年に温泉旅館として営業が開始されました。
その後、何回か増築を重ねましたが、
残念なことに1997年に温泉旅館としての営業を終了しました。
その後、2001年に伊東市の文化施設として開館したそうです。

確かに、木造3階建ての風情ある和風旅館だったようです。

      20140925松川09


      20140925松川10


この景色をいつか見たいと思っていました。

      20140925松川11



東海館の石垣のそばに野鳥。
鳥にはあまり詳しくないので、よくわかりませんが
鷺系の鳥でしょう。
思いきり市街地なんですが、こう言った野鳥が飛来すると言うことは
水がそれなりに綺麗で、近くに自然がいっぱい残っていると言うことでしょう。

      20140925松川12





東海館を過ぎて、今度は川沿いの道を歩きます。

この辺りは伊東市も散歩コースとして力を入れている場所。
静岡県まちなみ50選にも選ばれているようです。

      20140925松川13



こちらにも、野鳥が飛来していました。

      20140925松川14

どうやら調べて見ると、『アオサギ』のようです。
野鳥観察が趣味な方のブログを拝見すると、
東海館の近くに飛来し、
東海館の屋根でくつろいでいたりしているそうです。




松川の川岸のこの散歩道(通称 松川遊歩道)には
柳並木や桜並木があり、敷石の歩道を湯の町情緒を楽しみながら
歩くことが出来ます。

      20140925松川20


松川では鮎釣り(かな?)をしている人もいました。
何となく長閑さを感じてしまいます。

      20140925松川21


落ち葉の季節にはちょっと早いけれど
前日の台風16号崩れの温帯性低気圧の影響で
桜の葉も舞乱れたようです。

      20140925松川22



びいすけ も、この松川の散策路が気に入ったのか?
いつになく、ご機嫌な顔付きのような気がします。

      20140925松川23


      20140925松川24


      20140925松川25


      20140925松川26




ここら辺りでUターン。
松川の岸辺をなぎさ公園の駐車場へと戻ります。


往きは三浦按針の碑などで気が付きませんでしたが
岸辺の道を歩いていると、こんな説明看板が目に止まりました。

      20140925松川15

江戸城の築城石。

江戸城大修築工事は1605年から半世紀に及ぶ大工事で、
石垣に用いる石は伊豆、とくに伊東の山から切り出されて海路で江戸まで運ばれました。
石に彫られた文字やマークで所有していた大名がわかるそうです。

      20140925松川16



こちらは、島津家のモノのようです。
島津家の家紋が刻まれています。

      20140925松川17


『山』の刻印。
どちらの大名でしょうか?

      20140925松川18


こちらも、どちらの大名かは不明。
(って言うか、私が家紋を知らないだけですが............)

      20140925松川19


何だかんだと、約1時間近く松川沿いを散策しちゃいました。
意外に楽しかったりして............

伊東市が伊東八景として、
この『松川遊歩道(松川散策路)』を押したい気持ちが
ほんの少しだけ、分かったような気がしました。




2014/10/17 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

伊東八景 《 オレンジビーチ 》 (2014年09月25日)(静岡県伊東市) 

9月25日 公休日

9月25日〜26日の個人的な連休を利用して伊豆へ遊びに行きました。


荒井城址をあとにして、一路車を伊東方面に走らせます。


静岡県伊東市には伊東八景という景勝地があります。



伊東八景とは

伊東の魅力を存分に味わってもらおうと選定された「伊東八景」は、
市内に数ある景勝地の中から厳選された、伊東を語る上で欠かせない八つの名所群です。
風光明媚な当地ならではの、山ありあり湖湖川ありのバラエティ豊かなラインナップ。
四季折々、様々な色彩に満ちた風景で、旅人を温かくお迎えいたします。

                      (伊東市HPより抜粋)

八景の景勝地として挙げられたのは

大室山
一碧湖
小室山
松川
オレンジビーチ
巣雲山
汐吹
城ヶ崎

となっています。


せっかく伊東市にきているのなら、八景巡りでもいたしましょう。

と、言うことで向かった先は............

           オレンジビーチ



オレンジビーチはR135沿いに広がる砂浜。
夏の水浴シーズンにはの家が立ち並び
伊東市の誇る夏の海水浴場のメッカです。

季節も秋へと移り、夏の喧騒も去り
浜辺を散策するには良い季節となったようです。


オレンジビーチに隣接する、なぎさ公園の有料駐車場に車を停め
オレンジビーチの散策となります


      20140925オレンジビーチ12


こちらがオレンジビーチ。
朝降っていた雨も上がり、
いつの間にか青空が広がってきました。

      20140925オレンジビーチ13



シーズンオフの海岸だから、誰も居ないかと思ったら
何組かのカップルが何故か来ていました。

さすがに、ノーリードと言う訳には行かないけれど
ロングリードを車に忘れて来てしまい、ちょっぴり後悔。


とりあえず、制御できる範囲内で一緒に砂浜を移動します。

      20140925オレンジビーチ22


一応、私を確認して、安心したのか?

      20140925オレンジビーチ23


再び、砂浜を闊歩する びいすけ 。

      20140925オレンジビーチ25



海って言うか、波が苦手な びいすけ 。


      20140925オレンジビーチ24



これ以上は先には行きません(行けません)。


      20140925オレンジビーチ18


朝の雨が嘘のような晴れっぷり。
陽射しも意外に強く、砂浜を歩いていると、
うっすら額に汗が浮かんできます。

      20140925オレンジビーチ19



でも、潮風が気持ち良い。

      20140925オレンジビーチ20



陽射しを浴び、潮風を浴びて、 びいすけ も気持ち良さそう。


      20140925オレンジビーチ21


本当は2〜3日前から台風が近づいていて、今回の旅行をキャンセルしようかと思ったけれど、
無理(?)して、出て来て良かったぁ。






伊東市は文学の街とでも言うか、文学の碑・歌碑が多い。
ここ、オレンジビーチにも文学の碑がありました。

      20140925オレンジビーチ14


木下杢太郎の海の入日詩碑。

      20140925オレンジビーチ15


      20140925オレンジビーチ16



碑の隣には、『伊東文学散歩』と題した
文学の碑・歌碑巡りの散歩コースの案内板もありました。

      20140925オレンジビーチ17




秋の陽射しと相模湾の潮風を満喫し、駐車場の方へ戻ります。



オレンジビーチの隣にあるなぎさ公園は、
伊東市民の平和と幸せを願う姿をシンボル化した公園として
昭和52年に整備され、伊東市在住の彫刻家、
重岡健治氏の「家族」と題した彫刻をメインに
様々な作品が展示されています。



せっかくだから、なぎさ公園に立ち寄りましょう。


      20140925オレンジビーチ26


こちらが、なぎさ公園の入口。

      20140925オレンジビーチ27


広い芝生のなぎさ公園。
余分なモノは無く、芝生と彫刻のみの公園。


      20140925オレンジビーチ01



確かに、色んな彫刻が飾られています。

      20140925オレンジビーチ02



彫刻には興味はないけれど、なぜだろう?
ものすごく、新鮮な感覚を覚えてしまいます。

      20140925オレンジビーチ03


芝生と青い空。
そして白い雲。

      20140925オレンジビーチ04



それが、妙にこの彫刻たちとマッチングしている。

      20140925オレンジビーチ05


      20140925オレンジビーチ10


      20140925オレンジビーチ11



芝生だけじゃない。
青い空、白い雲。
そして、青い海がこの彫刻たちと
マッチングしているように感じてしまいます。

      20140925オレンジビーチ06


      20140925オレンジビーチ07


      20140925オレンジビーチ08


      20140925オレンジビーチ09



今まで、幾度となくR135を走り
このオレンジビーチやなぎさ公園の前を通り過ぎましたが
こんなに素敵な場所だとは気づかなかった。

ズバリ! なぎさ公園。
オススメです。




2014/10/16 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit