FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・七福神巡り.................浅草名所七福神 《 矢崎稲荷神社 》 (2018年10月18日)(東京都台東区) 

10月18日

この日は、都内散歩。
台東区の神社の御朱印巡りです。

御朱印巡りで訪れた矢崎稲荷神社は、
浅草名所七福神の一つでもありました。

      20181018矢崎稲荷神社01



      20181018矢崎稲荷神社02



      20181018矢崎稲荷神社08




浅草名所七福神は、七福神と言いながら
東京都台東区・荒川区の9寺社に祀られている七福神の巡礼札所です。
福禄寿、寿老人が2社ずつあるので計9ヶ所で構成されています。

『えっ! 七福神なのに 9寺社?』と思いますが、
これは、福禄寿、寿老人が2社ずつあるので計9ヶ所で構成されています。

「九は数のきわみ、一は変じて七、七変じて九と為す。
九は鳩であり、あつまる意味をもち、また、天地の至数、
易では陽を表す」という古事に由来したことによるとされています。
 
その構成は、
大黒天 浅草寺
恵比須 浅草神社
毘沙門天 待乳山聖天
布袋尊 橋場不動院
弁財天 吉原神社
寿老人 石浜神社
寿老人 鷲神社
福禄寿 矢崎八幡宮
福禄寿 今戸神社 と、なっています。


矢崎稲荷神社は、浅草名所七福神の福禄寿とかなっていますが
今戸神社も福禄寿。
やっぱりカブっていると、面白さもちょっと半減。

そしてこの時は、なぜ七福神の福禄寿なのか?知らなかったのですが


矢崎稲荷神社の拝殿奥に福禄寿の神像が祀られているらしい。

拝殿の天井画を見学にするために、拝殿内に入らせてもらったのに.............
知っていれば、きちんとお詣りしたのになぁ。


と言うことで、福禄寿の神像は拝観出来なかったけれど
福禄寿の御朱印は拝受してきました。


こちらが、浅草名所七福神 福禄寿 の御朱印です。

      20181018浅草名所七福神 矢崎稲荷神社001

現物を見てはいませんが、福禄寿の像があると言うことですから
コレで良しといたしましょう。







スポンサーサイト



2018/12/08 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

常陸七福神巡り 《 寿老人 西蓮寺 》 (2018年5月22日)(茨城県行方市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。
小美玉市に向かう途中、立ち寄ったのは行方市の西蓮寺。

西蓮寺には、以前『茨城百景』の地として訪れた事があります。
( その時の記事は こちら


しかし、西蓮寺は、『常陸七福神』の寿老人だと言うことを知り
改めて訪れました。



西蓮寺は、延暦元年(782年)に創建と伝えらる古刹で、
数多くの文化財を持っているそうです。



仁王門脇の寺号標。

      20180522西蓮寺01



こちらは、仁王門。

      20180522西蓮寺02

この仁王門も文化財の一つ。
国の重要文化財に指定されています。
天文12年(1543年)建立されたもので、
当初は楼門として造られたそうです。
寛政2年(1790年)山門に造り替え、
更にその後、仁王門に改めて現在に至っているそうです。



仁王門の扁額。

      20180522西蓮寺03

かなりの年月を経てきたのが、掠れ具合いで計り知れます。



仁王像。
阿形(あぎょう)像。

      20180522西蓮寺04



吽形(うんぎょう)像。

      20180522西蓮寺05



西蓮寺の説明板。

      20180522西蓮寺06



手水舎。

      20180522西蓮寺07



定番の龍の吐出口。

      20180522西蓮寺08



常行堂

      20180522西蓮寺09



常行堂前の天水桶。

      20180522西蓮寺10



常行堂脇に鎮座する延命地蔵尊。

      20180522西蓮寺11


      20180522西蓮寺12



こちらは、薬師堂。

      20180522西蓮寺13


      20180522西蓮寺14

この中に、木造薬師如来坐像が安置されているそうです。
西蓮寺の本尊で非公開。
茨城県有形文化財に指定されているそうです。


薬師堂の近くには、相輪橖。

      20180522西蓮寺18

天台宗の象徴になるもので、こちらは国の重要文化財に指定されています。



こちらは、鐘楼。

      20180522西蓮寺15



そして、西蓮寺の大イチョウ。
それも1本ではなく、2本ある。
それぞれ一号株・二号株と呼び、こちらは一号株。
  
      20180522西蓮寺16
      20180522西蓮寺17

幹囲約6メートル、樹高約25メートルだそうです。



こちらは二号株。

      20180522西蓮寺20
      20180522西蓮寺21

幹囲約8メートル、樹高約27メートルあるそうです。



二号株の幹の手前には尸羅度稲荷社が祀られています。

      20180522西蓮寺19



さて、肝心の七福神はと言えば...............


幟、見っけ!

      20180522西蓮寺22



こちらの曼珠院に安置されているようです。

      20180522西蓮寺23



曼珠院の扁額。

      20180522西蓮寺24



びいすけ には申し訳ないけれど
車止めのパイプにリードを括り付け、
暫し待機してもらいましょう。

      20180522西蓮寺25



住職さんにお断りをして
曼珠院の中に入らせてもらい、寿老人を拝観します。

こちらが、寿老人。

      20180522西蓮寺26

常陸七福神の寿老人です。

寿老人は、星の化身で、にこやかな微笑みを称え、
手には巻物を括り付けた杖、そして団扇や桃などを持ち、
鹿を従えた姿が一般的に知られてます。
団扇は難を払い、桃は長寿のしるしで、鹿もまた長寿の象徴であるようです。
長寿延命、富貴長寿の神として信仰されているようです。


せっかくだから、曼珠院の中もじっくりと見学します。

      20180522西蓮寺27


      20180522西蓮寺28


      20180522西蓮寺29


      20180522西蓮寺30



      20180522西蓮寺31

神社とは違った空間の静寂感と幾ばくかの緊張感を感じます。



こちらは、庫裏。(寺務所)

      20180522西蓮寺35

御朱印は、こちらで拝受できます。


常陸七福神の寿老人の御朱印が目的でしたが
こちらの西蓮寺では3種の御朱印が拝受出来るという事なので
3種の御朱印を拝受しました。


本尊、薬師如来の御朱印。

      20180522西蓮寺32



延命地蔵尊の御朱印。

      20180522西蓮寺33



そして本命、常陸七福神 寿老人 の御朱印。

      20180522西蓮寺34


朝早くから押し掛け、申し訳ありませんでした。
そして、ありがとうございました。


2018/07/09 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

常陸七福神巡り 《 布袋尊 月山寺 》 (2018年2月16日)(茨城県桜川市) 

2月16日

この日は、茨城県の桜川市に出かけました。

茨城百景の石碑を見つけ、ついでに参拝した富谷観音。
こちらの御朱印は、同じ桜川市内の月山寺でいただく事が出来ます。

月山寺...............?
どこかで聞いたような記憶が...............


たまたま先日、御朱印を拝領した石岡市の西光院。
こちらは、常陸七福神の一つでした。
そして、月山寺も常陸七福神の一つです。
富谷観音の御朱印もいただけるし、常陸七福神だし、
月山寺に行かない理由がありません。

と言うことて、向かうのは月山寺です。


月山寺は、天台宗の寺院で山号は曜光山。
正式には『曜光山 月山寺』と呼ぶようです。
平安時代初期、桓武天皇の時代に創建され、
江戸時代には天台宗の学問所、
関東八檀林の一つとして栄えていました。

布袋尊が祀られていて、常陸七福神の1つとされています。
茨城県と桜川市の指定有形文化財に指定されています。
紅葉の美しい庭園があり、例年11月中が紅葉の見頃だそうです。
併設されている美術館には国や県指定の文化財が展示されています。



こちらが、月山寺の寺号標。

      20180216布袋尊 月山寺01



山門前にて。

      20180216布袋尊 月山寺02



こちらが、山門。

      20180216布袋尊 月山寺03



山門をくぐって境内に入ると、目に留まるのは札所の前の赤い幟。

      20180216布袋尊 月山寺04

常陸七福神の幟です。

1月だと新年の七福神巡りで幟を立てる事が多いけれど、
2月になっているし、七福神巡りには通年力を入れているようです。


こちらが、本堂。

      20180216布袋尊 月山寺05

正直言って、あまり本堂には関心がない。


気になるのはこちら。

      20180216布袋尊 月山寺07


      20180216布袋尊 月山寺08


このお堂の中に、布袋尊が鎮座しています。

      20180216布袋尊 月山寺09


      20180216布袋尊 月山寺10



少し影になって見にくいですが...............

      20180216布袋尊 月山寺11


月山寺の布袋尊。

      20180216布袋尊 月山寺12

常陸七福神の布袋尊です。


布袋尊の背後には小振りな七福神たち。

      20180216布袋尊 月山寺13



七福神の布袋尊もお詣り出来たから、月山寺の境内を探索してみましょう。


この石段を上って行くと...............

      20180216布袋尊 月山寺14



そこには鐘楼堂。

      20180216布袋尊 月山寺15



そして、その脇には『千手堂』。

      20180216布袋尊 月山寺16



扁額には『千手室』と記されています。

      20180216布袋尊 月山寺17



この千手堂には、千手観音が祀られているそうです。

      20180216布袋尊 月山寺18




こちらが札所。

      20180216布袋尊 月山寺23

一見、御朱印はこちらで拝領できるのかと思えますが
こちらではなく、受付で御朱印をお願いできるそうです。



そして、こちらがその受付。

      20180216布袋尊 月山寺19

御朱印は、こちらで受け付けてもらいます。



墨書きの御朱印を待つ間、綺麗な庭園を覗きます。

      20180216布袋尊 月山寺20


梅の花が一輪、春は近づいています。

      20180216布袋尊 月山寺21



こちらが、月山寺美術館。

      20180216布袋尊 月山寺22

貴重な月山寺の宝物が展示されているらしい。



      
個人的には、美術館よりもやっぱり庭園を見てほしい。
京都の龍安寺の石庭っぽい。

      20180216布袋尊 月山寺24


      20180216布袋尊 月山寺25



こちらが、拝領した御朱印。

      20180216布袋尊 月山寺26

月山寺の御朱印と常陸七福神の御朱印の2種を
見開きでお願いしました。


こちらが、月山寺の御朱印。

      20180216布袋尊 月山寺27



そして、常陸七福神 布袋尊の御朱印。

      20180216布袋尊 月山寺28


常陸七福神の御朱印、やっぱり追いかけてみようっと!







2018/04/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............《 母智丘神社 》 (2017年12月21日日)(東京都町田市) 

12月21日

関東の富士見百景巡りをしようと、八王子の実家を出たものの
空がガスって来るのが意外に早く、急遽予定を変更して
町田市内の御朱印巡り。
その第二弾は...............母智丘神社


母智丘神社は、緑豊かな樹木と清らかな清水が
こんこんと湧き出し小川となって流れる町田市民憩いの公園・芹が谷公園に隣接していて
豊受姫大神と大歳神を御祭神として祀っている神社です。
社はくぬぎや楓などが茂る大樹に囲まれ静寂なただずまいの地にあり、
境内には七福神・芸術財福の福神様弁財天をお祀りしています。
由緒によれば...............
大正8年、日向国北諸県郡庄内町地内(現在の宮崎県都城市)の
石峰山山頂に鎮座せる母智丘大神の御神徳を感得せし黒木昇、黒木ハナの両人御分霊を勧請し
自宅に奉斎せしが家屋鳴動し畏懼(いく)の念に堪えず社殿を創建し奉鎮座した。
とされています。



実は、この母智丘神社。
今年(平成29年)の元旦に、原町田七福神巡り際に訪れています。
その時はまだ御朱印巡りに興味が無かったから
御朱印を頂くことは無かったんですが...............

今年(平成29年)の秋から、願を掛ける事があって
多くの神社を巡り、お参りして、御朱印を拝領して
無事、最近になって願いが叶ったこともあり、
最近は、御朱印巡りにハマっています。





こちらが、母智丘神社の社号標(?)

      20171221母智丘神社01



小さな鳥居の脇には、まだ年末なのに
もう初詣の幟が立っています。

      20171221母智丘神社02

まあ、神社やお寺にとって、初詣は年に1回の大きなイベントだから
準備に余念がないのでしょう。


こちらは、由緒書き。

      20171221母智丘神社03



手水舎。

      20171221母智丘神社04



こちらは、拝殿。

      20171221母智丘神社05


前回訪れた時は、元旦だったから茅の輪がどぉ〜んと置かれていました。

      20171221母智丘神社06


母智丘神社の提灯。

      20171221母智丘神社07


こちらが、本殿。

      20171221母智丘神社08



境内には、原町田七福神の弁財天。

      20171221母智丘神社09


      20171221母智丘神社10


こちらが、社務所ですが閉まってます。

      20171221母智丘神社11

御朱印は、本殿隣に住まれる宮司さん宅にて頂くことが出来ます。



こちらが、母智丘神社の御朱印。

      20171221母智丘神社12

小さな神社で社務所も閉まっていたから
ひょっとしたら、書き置きの御朱印かな?と思っていたら
御朱印帳に墨書きして頂きました。






2018/02/20 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit