FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............香取神宮 (2018年2月19日)(千葉県香取市) 

2月19日

この日は、香取市に出かけました。

香取市と言ったら、香取神宮でしょ?

何と言っても、下総国の一宮ですからねぇ。
神社の格に付いては以前触れましたが、
中世の社格制度には一宮制度がありました。

一宮は国で一番有力な神社です。
国司が任国に赴任したときに神拝といって任国内の神社を巡拝しなければなりませんでした。
その中でもっとも有力な神社を一宮と呼ぶようになり、一番初めに参拝しました。
国によっては二宮、三宮も存在しました。
ちなみに、下総国ではなぜか二宮が2つ存在します。
(旭市 『玉崎神社』、船橋市 『二宮神社』

明確な規定はなく、神社の盛衰によるため時代によって異なっているようです。
そのためでしょうか? 安房国では、『洲崎神社』と『安房神社』が一宮と言われ、
かつては、『洲宮神社』も安房国の一宮と言われていたようです。

下総国の一宮である香取神宮は、
鹿島神宮、鳥栖神社と合わせて『東国三社』とも呼ばれています。

古くから国家鎮護の神として皇室からの御崇敬が最も篤く、
特に『神宮』の御称号(明治以前には伊勢・香取・鹿島のみ)を以て奉祀されており、
中世以降は下総国の一宮、
明治以後の社格制では官幣大社に列し、
昭和17年に勅祭社に治定され、今日に至っています。

由緒によれば..............
香取神宮は、御祭神は経津主大神。
初代神武天皇の御代に創建されたと云われています。
経津主大神は、はるか昔 天照大神の命により、
武甕槌大神鹿島神宮の神と共に出雲へ派遣され
見事交渉を成功させることができました。
二神は、大国主神から自らが最も大切としていた広鉾を授かり、
日本の国を 平定して天照大神の元へ復命されたのです。


こちらが、香取神宮の一の鳥居。

      20180219香取神宮01



大きな鳥居です。

      20180219香取神宮02



鳥居脇の社号標も立派。

      20180219香取神宮03



こちらは、香取神宮の門前(神社でも門前と言うのだろうか?)

      20180219香取神宮04

無料の駐車場があり、数件のお土産屋さんが並びます。



お土産屋を横目に、ニの鳥居へと向かいます。


二の鳥居と社号標。

      20180219香取神宮05


      20180219香取神宮06


      20180219香取神宮07


実は、香取神宮の境内は犬連れ禁止。
さすが一宮、格が高い。

      20180219香取神宮50



従って、びいすけ は車の中でもお留守番。

それでは仕切り直して...............

二の鳥居と社号標。

      20180219香取神宮08


      20180219香取神宮09



鳥居脇の『定』

      20180219香取神宮10

どうせなら、この『定』にも犬連れ禁止って謳えばいいのに...............



表参道を社殿目指して歩きます。

      20180219香取神宮11



三の鳥居(で良いのかな?)。

      20180219香取神宮12


鳥居に掲げられた神額。

      20180219香取神宮14



鳥居前の狛犬。

      20180219香取神宮13


      
鳥居の先には総門。

      20180219香取神宮15



総門前の狛犬。

      20180219香取神宮16



総門の飾りと菊の御神紋。

      20180219香取神宮17



総門の先には手水舎。

      20180219香取神宮18

手水舎の前で旧参道と合流。
この先は楼門。



参道には、由緒書きが建てられています。

      20180219香取神宮19



こちらが、楼門。

      20180219香取神宮20

楼門のある神社って、まだまだそんなに出会っていない。
日光の二荒山神社以来か?
まあ、楼門じゃなく随身門って言う神社もあるからねぇ。


楼門の扁額。

      20180219香取神宮21



神を守るとされる随身(随神)。
向かって左側だから矢大臣。

      20180219香取神宮22


向かって右側。
右側なのに左大臣。

      20180219香取神宮23



楼門には、香取神宮の神紋。

      20180219香取神宮24



そして、門の先には拝殿。

      20180219香取神宮25



こちらが、拝殿。

      20180219香取神宮26


さすが、下総国の一宮。
豪華と言うか、華がある。

黒の漆塗りを基調とした社殿です。
私から見たら、立派すぎる社殿。

      20180219香取神宮27


拝殿正面。

      20180219香取神宮28



こちらが、本殿。

      20180219香取神宮29



別アングルから。

      20180219香取神宮30


      20180219香取神宮31


      20180219香取神宮32



拝殿前の例のモノ。

      20180219香取神宮39

そうです。
天水桶。
先日まで名称が分からなくて.....................
名称を知ったから、ついつい自慢したくなる(笑)。



こちらは、祈祷殿(神楽殿)。
実は、香取神宮の旧拝殿です。

      20180219香取神宮33


祈祷殿正面。

      20180219香取神宮34





こちらは、神饌所。

      20180219香取神宮36

神事の際に供える供物を納めておく所です。



こちらが、授与所。

      20180219香取神宮38

御朱印は、こちらでいただくことが出来ます。


境内の隅にはこんなモノも。
以前の授与所なんでしょうか?

      20180219香取神宮35


授与所の前にそびえる御神木。      

      20180219香取神宮40
      20180219香取神宮41


      20180219香取神宮42





社殿周りには、こんなモノもあります。


三本杉。

      20180219香取神宮43

(画像では、分かりづらいのですが.........)

中央に真っ直ぐ、そして両脇に斜めに伸びている二本は、
実は根元でつながった一株の杉だと言うことらしい。
残念ながら三本の内真ん中の杉は枯れてしまっています。


『大和心』と記された石。

      20180219香取神宮44


そして、境内社。


櫻大刀自神社。

      20180219香取神宮45



鹿島神宮。

      20180219香取神宮46


諏訪神社。

      20180219香取神宮47



馬場殿神社。

      20180219香取神宮48


市神社、天降神社。

      20180219香取神宮49






社殿のある境内から、奥宮へと向かいます。

その途中にこんな案内板。
素通りは出来ません。 

      20180219香取神宮51



導かれるように辿り着いたのは、要石。

      20180219香取神宮52



こちらが、要石。

      20180219香取神宮53

地震を鎮めるとされる霊石です。
地震を起こすと考えられた大ナマズを刺すために、
地中深くまで埋められている大きな石の一部が
地上に現れていると伝えられています。


要石の前には、末社の押手神社。

      20180219香取神宮54




要石へは、別なルートでも行くことが出来ます。

      20180219香取神宮55



『要石道』と刻まれた遊歩道を歩いて行きます。

      20180219香取神宮56

この辺りの森(香取神宮の森)は杉の老齢林。
千葉県の指定天然記念物となっています。



この道の先に、『要石』と『奥宮』があるようです。

      20180219香取神宮57



目の前に現れた手水鉢。

      20180219香取神宮58

表面には鹿の角の神紋(?)


さらに、その先には祠。

      20180219香取神宮59

これが『奥宮』かと思ったら違っていました。
どうやら、護国神社のようです。



こちらが、奥宮。

      20180219香取神宮60



手水鉢は、ほとんど使われていない。

      20180219香取神宮61



社殿は高い板塀に囲まれて、中がよく見えない。

      20180219香取神宮62

昭和48年の伊勢神宮遷宮の際の古材を使用して建てられたと言う社殿。
見たかったなぁ。



ちなみに、『奥宮』と刻まれたこの社号標は
平成24年に建立されたモノらしい。

      20180219香取神宮63



奥宮の左側手前には、『天真正伝神道流始祖 飯篠長威斎墓』。

      20180219香取神宮67


      20180219香取神宮64


『飯篠長威斎』は旧飯笹村(現在の多古町)の出身で、
室町時代に形成された権威ある剣術の流儀の始祖とされているそうです。


おそらく、これが墓石でしょう。

      20180219香取神宮65


大きな立派な碑は、碑文が良く読めない。

      20180219香取神宮66


     


ひと通り見て回ったので、結構時間を食っちゃいました。
急いで駐車場へと向かいます。
びいすけ が車の中で待っているからね。


駐車場の手前のお土産屋。
こんな看板を見ちゃうと、ついつい買ってしまいます。

      20180219香取神宮68


『厄除け団子、買ったどぉ〜!』

      20180219香取神宮69



今回、香取神宮の御朱印帳もいただきました。

      20180219香取神宮70

デザインは至ってシンプル。
オリジナルと言いながらも、どこにも香取神宮の表記は無い。
でもビニールカバー付きで、1000円の初穂料は安いと思う。


こちらが、香取神宮の御朱印。

      20180219香取神宮71


朱印がメイン。余分な墨書きは無い。
至ってシンプル。
下総国の一宮だけに、墨書きで社号を書き入れて欲しかった。
それが、私の謙虚な気持ちです。


スポンサーサイト



2018/04/08 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............《 安房神社 》 (2017年11月25日)(千葉県館山市) 

11月25日

この日は、房総半島南端の館山市に出かけました。


富崎漁港をあとにして、向かった先は...............安房神社



房総半島南部は、昔は安房の国と呼ばれていました。
その安房の国の一宮である安房神社。
かつては(江戸時代まで)洲崎神社が安房の国の一宮だったようですが
現在は安房神社が安房の国の一宮となっているようです。
まぁ、色々な大人の事情ってやつがあるんでしょう。


こちらが、安房神社の社号標。

      20171125安房神社01



こちらが鳥居。

      20171125安房神社02



神額は掲げられていませんが、かなり大きな鳥居。

      20171125安房神社03



まっすぐに伸びた参道。

      20171125安房神社04



案内図も完備。

      20171125安房神社05

周辺の観光案内も載っているから、
安房神社も重要な観光資源の一つのようですね。


参道を歩いていると、目に入った看板。

      20171125安房神社06

ペットNG。

まっ、まずい!

急いで車に戻り、 びいすけ には申し訳ないけど
車の中で留守番してもらいましょう。


気を取り直して、再び安房神社へと向かいます。

      20171125安房神社07



こちらの鳥居をくぐって、境内に入ります。

      20171125安房神社08


こちらが、授与所。
御朱印はこちらで貰えます。

      20171125安房神社09


昨今の御朱印ブーム(しっかり、ブームに乗っかっちゃってますけどね。)
御朱印を求める人も多く、番号札を貰って順番待ち。

      20171125安房神社10


その間に参拝しちゃいましょう。


こちらは、手水舎。

      20171125安房神社11



安房神社の由緒書き。

      20171125安房神社12



こちらが、拝殿。

      20171125安房神社13



拝殿に掲げられた扁額。

      20171125安房神社15



拝殿奥に掲げられた扁額。

      20171125安房神社16


安房神社の提灯。

      20171125安房神社17



ちょうど七五三のお詣りで拝殿内に何人もの人がいたので
邪魔にならないように別アングルからの拝殿。

      20171125安房神社18


      20171125安房神社19



こちらが、本殿。

      20171125安房神社28



本殿脇には、神饌所。

      20171125安房神社20

神饌所とは、元々は神様に奉じる食事を作る建物だそうです。


本殿脇の大イチョウ。

      20171125安房神社21

かなり枯れ落ちているはいるけれど、見事な黄金色。



こちらは御仮屋。

      20171125安房神社22

かつては例祭の際に、出祭してきた近郷の神社の神輿を納めるための建物でした。



こちらは、御神木。

      20171125安房神社23



そして、こちらは下の宮。

      20171125安房神社24



分社である厳島社。

      20171125安房神社25


さすが、安房の国の一宮。
コンパクトながらも立派な社が揃っている。      



こちらが、安房神社の御朱印。

      20171125安房神社29



そう言えば、御朱印関連のブログを見ると、
全国の一宮を巡って参拝している方もいるようです。
やっぱり一宮って別格なのだろうか...............?






2018/01/12 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............《 洲崎神社 》 (2017年11月25日)(千葉県館山市) 

11月25日

この日は、館山市に出かけました。

東小学校をあとにして、向かった先は...............洲崎神社


洲崎神社は、千葉県館山市洲崎の御手洗山に鎮座する神社です。
御手洗山は標高110mメートル。
洪波万里・黒潮踊る太平洋を一望し、
富士の霊峰、大島の御神火を指呼の間に望む
風光明媚な山稜で、地元の人達には神社山として親しまれています。

平安時代末期の1180年、石橋山の合戦に敗れ、
房総半島に逃れてきた源頼朝が参詣し、
源氏の再興を祈願したとされています。


県道沿いに建つ社号標。

      20171125洲崎神社01

『安房之国一宮』と記されています。

一宮とは、令制国の一宮を指すことが多く、
ある地域の中で最も社格の高いとされる神社のことです。
江戸時代まで、房総半島南部は安房の国と呼ばれ
洲崎神社は江戸時代まで安房之国の一宮とされていたようです。

明治期にどういった経緯が在ったのか分かりませんが
現在の安房国の一宮は安房神社とされているようです。


こちらは、旧・社号標。

      20171125洲崎神社02


洲崎神社は洲崎地区の観光資源の一つでもあるようで
周辺を含めた観光案内図も完備されています。

      20171125洲崎神社03



こちらが一の鳥居。

      20171125洲崎神社04


      20171125洲崎神社05


鳥居には大注連縄。

      20171125洲崎神社07



なぜか、その大注連縄には久那戸大神の名が...............。

      20171125洲崎神社06


  
一の鳥居をくぐって境内に入ります。


すぐ目に留まるのが、子宝蘇鉄。

      20171125洲崎神社08

房総半島には蘇鉄が多い。



手水舎。

      20171125洲崎神社09



洲崎神社の由縁書の碑。

      20171125洲崎神社10



こちらは、随身門。

      20171125洲崎神社11



随身門とは聞き慣れない言葉ですが、
神社の門の中で、門の左右に随身(随神)と言う守り神を安置した門のことを
「随身門」と言うそうです。

      20171125洲崎神社14


      20171125洲崎神社15




実は、この洲崎神社は社務所があるものの
神職が他の神社と兼務していて、神職は常駐していません。
従って、御朱印は半紙に書置きしたものが、
この随身門の左側に置かれています。

      20171125洲崎神社12


書置きだから、拝参日は記入されていません。
そのため筆ペンも置かれていて、自分で記入することになります。

      20171125洲崎神社13



御朱印も手に入れた事だし、じっくりと洲崎神社を参拝いたしましょう。



      
随身門先には長い石段。
この石段は『厄祓坂』と呼ばれています。

      20171125洲崎神社16


      20171125洲崎神社17



石段を上りきった先には拝殿。

      20171125洲崎神社18



拝殿に掲げられた扁額。

      20171125洲崎神社19

『安房國一宮 洲崎大明神』
ここまで書かれると、たった1枚の扁額ですが
尊厳さを感じます。

そう思うと、拝殿の見た目もまた違った感覚に感じます。

      20171125洲崎神社20



拝殿の正面は東京湾。

      20171125洲崎神社21

拝殿から石段、そして鳥居の先には紺碧の海。



拝殿左側には遊歩道。
しばらく歩けば、富士見鳥居。

      20171125洲崎神社22


      20171125洲崎神社23



富士見鳥居と言うだけあって、富士山の眺望は良い。

      20171125洲崎神社24


      20171125洲崎神社25



こちらが、洲崎神社の御朱印。

      20171125洲崎神社26

力強い文字。
大相撲の番付表に出てきそうな書体。
味のある御朱印です。
半紙の書置きなのが残念です。
ちなみに日付は私が付け足しました。



2018/01/06 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit