10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ダムカードを集めよう..............................白丸ダム (2017年10月9日)(東京都奥多摩町) 

10月9日 公休日

この日は、山梨県の大月市から小菅村、丹波山村を抜け
東京都奥多摩町にやって来ました。

奥多摩町に来た目的は、ずばり、ダムカード集め。


道の駅 たばやま をあとにして、向かった先は...............白丸ダム



白丸ダムは、奥多摩町の多摩川水系多摩川に建設されたダムです。
昭和38年に白丸狭窄地帯と呼ばれる多摩川断崖の谷に
東京都交通局が建設した高さ30.3mの重力式コンクリートダムです。
東京都交通局の水力発電所・多摩川第三発電所および白丸発電所に送水し、
合計最大1万7,500kWの電力を発電します。
すなわち、都営地下鉄の電力の一部をこのダムでまかなっているのです。
ダム湖の名は白丸湖と言いますが、一部では白丸調整池共呼ばれています。

平成13年に国土交通省が魚道を新設し、多摩川に生息する魚の往来が出来るようにしました。
また、白丸ダム直下に白丸発電所が建設され、観光のための放流水を利用して、
1,100kWの電力を発電できるようにしました。



実は、東京都ダムカードが発行されているダムは、
小河内ダムだけでしたが、今年の4月に白丸ダムでも
ダムカードが発行される事になりました。

知らなかったんだよなぁ。

基本は土日祝日の午前10時00分から午後3時30分までが
配布時間だから、何が何でも15時半までに奥多摩町に来たかったのです。


白丸ダムに到着したのは15時25分。
ギリギリセーフです。

      20171009白丸ダム01



周辺の案内図や白丸ダムの概要の説明板も建っていますが
じっくり見ている余裕はありません。
先ずは、ダムカードを手に入れなきゃ!

      20171009白丸ダム02


      20171009白丸ダム03



ダムカードの配布場所は、こちら。

      20171009白丸ダム04


白丸魚道の入口の受付で配布しています。

      20171009白丸ダム05



駄目元で、受付の女性に魚道の見学は犬連れでも可能か?と聞いてみたら
抱きかかえていればOKとのこと。

      20171009白丸ダム06



体重13kgの びいすけ を抱きかかえて、
約30mの階段を下ります。

      20171009白丸ダム07


抱っこしてみると、意外に重い。

      20171009白丸ダム08



『抱っこ』が辛くなって『おんぶ』にチェンジ。

      20171009白丸ダム09



魚道をチェック。
説明板もチェックします。

      20171009白丸ダム10



魚道を見学し終えたら、ダムに向かいます。

      20171009白丸ダム11



駐車場近くの展望台から眺める白丸ダム。

      20171009白丸ダム12


      20171009白丸ダム13



天端まで降りてみましょう。

      20171009白丸ダム16



こちらが天端。

      20171009白丸ダム14


      20171009白丸ダム15


    
ダム湖である白丸調整池。

      20171009白丸ダム17


魚道を見学して、ダムの周りを見学して16時近くになりました。
魚道入口はシャッターが降ろされ、窓口も閉まってます。

      20171009白丸ダム18

本当にギリギリセーフだったんですね。




こちらが、白丸ダムのダムカード

      20171009白丸ダム19


      20171009白丸ダム20



これで、東京都のダムカードもコンプリート。
関東のダムカードの制覇に向けて、頑張ろう。




スポンサーサイト
2017/11/15 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう...............深城ダム (2017年10月9日)(山梨県大月市) 

10月9日 公休日

この日は、山梨県の大月市に出かけました。
大月市の廃校巡りをしていましたが、15時半までに奥多摩町に行かなければならないので
廃校巡りは浅川小学校にて終了。
一路奥多摩町へと向かいます。
奥多摩に向かう道沿いに上和田小学校、瀬戸小学校と2つの廃校がありましたが
場所は確認出来たので、次回にでも訪れましょう。

と、言うことで浅川小学校をあとにして、
車を走らせ、訪れたのは...............深城ダム

深城ダムは、
山梨県大月市にあり、一級河川・相模川水系葛野川に建設されたダムです。
高さ87メートルの重力式コンクリートダムで、洪水調節・不特定利水・上水道を目的とする、山梨県営の多目的ダムである。ダム湖(人造湖)の名はシオジの森ふかしろ湖と言います。

そもそも相模川水系の神奈川県側には相模ダムや城山ダム等が建設され
河川改修も行われて来ましたが、相模川の支流である葛野川の流域は
ほぼ山地で占められ急勾配であった。このため古くから水害に悩まされていました。
また、大月市は都心のベッドタウンとしての重要性を高め、戦後急速に人口が増加するに至り、
このため新規の農業用水確保や上水道確保が必要となりました。
こうして河川総合開発の必要性が生まれ、葛野川にダムを建設し治水・利水に役立てようという構想が生まれ、
昭和49年予備調査が開始され、昭和53年より実施計画調査に入りました。
平成元年に工事着工、平成16年に完成しました。相模川水系では最も新しいダムであります。


大月市から小菅村へと続く国道139号線。
葛野川沿いに走る道。
国道を走っていると、いきなり目の前にダムが現れます。

      20171009深城ダム01


真正面だから、車を停めてその姿を確認しなくっちゃ!

      20171009深城ダム02



深城ダムに到着です。

      20171009深城ダム03


      20171009深城ダム05



天端は車両進入禁止。

      20171009深城ダム06



管理事務所側からダムを眺めてみます。

      20171009深城ダム07


      20171009深城ダム08


天端を歩いて、対岸まで行ってみましょう。


さすがに高さ87mのダム。
天端から下流側を覗きこむと高さに圧倒されます。

      20171009深城ダム09


対岸に到着。

      20171009深城ダム10



対岸からの深城ダム。

      20171009深城ダム11


      20171009深城ダム12





深城ダムのダム湖は、シオジの森ふかしろ湖

      20171009深城ダム04

何やら、けったいな名前ですね。
ダム湖の名称を検討していた際に、
大月市や水没住民による組織「深城ダム対策委員会」、
さらに流域住民から「シオジ」の名を入れるよう要請があったそうで、
深城ダムの事業主体の山梨県は、その意見を取り入れて命名したそうです。


ちなみに「シオジ」とは、モクセイ科の落葉広葉樹の事だそうです。


紅葉にはまだ早かったけれど、あと1ヶ月もすれば
周りの山々が綺麗に色付き、ダム湖が映えるんだろうなぁ。

      20171009深城ダム13


      20171009深城ダム14


      20171009深城ダム15


ダムカードは、管理事務所で配布されています。
山梨県のダムカード(6ヶ所)は土日祝日でも配布されているから
この日もダムカードを貰いに来ているバイク乗りが多かった。
やっぱりダムカードは秘かなブームなんだなぁ。

こちらが、深城ダムのダムカード。

      20171009深城ダム16


      20171009深城ダム17


山梨県のダムカードとしては、初めて手にしたダムカード。
山梨県のダムカード制覇にむけても頑張ろう!



2017/11/13 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう...............霞ヶ浦(西浦) (2017年10月4日)(茨城県行方市) 

10月4日 公休日

昨年からハマっているダムカード集め。

この日は、茨城県の鹿行地区へと出かけました。
この地区に出かけた目的の一つがダムカード集め。
時間に、今年になって茨城県の霞ヶ浦と北浦でダムカードが発行されました。

正確には、ダムではないから何故ダムカードなの?
素朴な疑問が湧きますが...............

印旛沼でも 北沼 と 西沼 の2種類のダムカードが発行されているから
それと同じだと思えば、納得できる。(納得するしかない)(笑)。


そもそも霞ヶ浦は、
茨城県南東部から千葉県北東部に広がる湖です。
湖沼水質保全特別措置法で指定された湖沼です。
西浦・北浦・外浪逆浦・北利根川・鰐川・常陸川の各水域の総体で、
河川法ではこの範囲を「常陸利根川」と呼び、利根川の支川としています。


北浦と霞ヶ浦は、全く別物だと思っていたら、総称が霞ヶ浦で
今まで霞ヶ浦と思っていたのは西浦のことだったんですね。


霞ヶ浦大橋近く、道の駅 たまつくり の裏手の西浦の湖畔に来ました。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦01


霞ヶ浦も広いんだよなぁ。
霞ヶ浦の一部分である西浦も広い。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦02


西浦の先には筑波山。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦03



湖岸の桟橋。
土浦港から観光帆掛船が来るようです。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦04



小さな灯台。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦05



湖岸の道には桜並木。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦06

春は桜の名所でしょうか?



ふと、視界に入った説明板。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦07

昭和13年の6月に、この地方を含め霞ヶ浦界隈にかなり広範囲の洪水があったらしい。
もともと霞ヶ浦界隈は水害に多い地区だったりようです。
その後、霞ヶ浦の流域となる常陸川を改修したようです。



常陸川の改修工事の80周年を記念して建てられた碑。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦08



霞ヶ浦の湖岸から、霞ヶ浦ふれあいランド裏手にはちょっとした公園があります。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦09


      20171004 ダムカード霞ヶ浦10



芝生広場もあって、ちょっとした犬の散歩にも良い。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦11



芝生の匂いを嗅ぎ回る びいすけ もまんざらでは無さそうです。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦12


      20171004 ダムカード霞ヶ浦13



さて、肝心のダムカードですが、
霞ヶ浦ふれあいランドの施設の一部である水の科学館の受付でもらえます。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦14



ダムカードも無事ゲット!

      20171004 ダムカード霞ヶ浦15



こちらが、霞ヶ浦(西浦)のダムカード。

      20171004 ダムカード霞ヶ浦16


      20171004 ダムカード霞ヶ浦17



実は、霞ヶ浦のダムカード(北浦、西浦)を並べると...............

      20171004 ダムカード霞ヶ浦18

印旛沼のダムカードと同じように、霞ヶ浦全体のイラストとなります。
この辺りも、印旛沼のダムカードの二番煎じ?




2017/11/05 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう...............北浦 (2017年10月4日)(茨城県鹿嶋市、潮来市) 

10月4日 公休日

この日は、茨城県の鹿行地区に出かけました。


当初は、潮来市にある国土交通省 関東地方整備局 霞ヶ浦河川事務所 に向かい
北浦 のダムカードを貰うつもりでした。


午前9時に霞ヶ浦河川事務所に着いたのですが...............

      20171004ダムカード北浦01



フェンスには、こんな張り紙がありました。

      20171004ダムカード北浦02

確かに、事務所の前にあるのは北浦に見えるけど北浦じゃない。
あくまでも北浦を訪問した証が必要だし、それがダムカードのルール。


急遽、北浦に向かいました。
と、言っても北浦を挟んで潮来市の対岸である鹿嶋市に向かい
ついでに、マンホールカードを貰いに行ったり、
鹿島神宮に寄ったりしましたが、一応北浦の湖岸にも立ち寄りました。


そもそも北浦を語る前に、霞ヶ浦に触れないと意味が分からなくなっちゃいます。

霞ヶ浦は、茨城県南東部から千葉県北東部に広がる湖で、
湖沼水質保全特別措置法で指定された湖沼です。
西浦・北浦・外浪逆浦・北利根川・鰐川・常陸川の各水域の総体で、
河川法ではこの範囲を「常陸利根川」と呼び、利根川の支川としています。

すなわち、北浦も霞ヶ浦の一部分であり、北浦と霞ヶ浦は、全く別物だと思っていたら、
この水域の総称が霞ヶ浦で今まで霞ヶ浦と思っていたのは西浦のことだったんですね。



これぞ北浦!って言う場所が無いから
国道365線沿いに車を走らせ、ふと視界に入った石碑。

『 輝け 美田 豊穣』と記されています。

      20171004ダムカード北浦03

北浦沿岸の灌漑工事、水田事業の整備を記念したモノのようです。
碑よりも隣の大黒天が一際目立っています。


碑の背後に見える北浦。

      20171004ダムカード北浦04


      20171004ダムカード北浦05


      20171004ダムカード北浦06



さらに、湖畔へと向かいます。

      20171004ダムカード北浦07


この辺りには『北浦』と明記されたモノはありませんねぇ。

      20171004ダムカード北浦08


視界に入るのは、どんよりとした空と北浦の水辺。

      20171004ダムカード北浦09


      20171004ダムカード北浦10




仕方ないので、潮来市に移動しましょう。


潮来市の北浦湖畔。
国道51号線の神宮橋付近。

      20171004ダムカード北浦11


『北浦』って、しっかり看板に書かれています。

      20171004ダムカード北浦12

これなら問題ないでしょう。


一応、神宮橋をバックに、パチリ☆

      20171004ダムカード北浦13


      20171004ダムカード北浦14


バイパスである新神宮橋も押さえておきましょう。

      20171004ダムカード北浦15



と、言うわけで12時半過ぎ、お昼の休憩時間で遠慮がちに
国土交通省 関東地方整備局 霞ヶ浦河川事務所を訪ねます。

無事、北浦のダムカードを手に入れました。

      20171004ダムカード北浦16

いゃあ、時間が掛かったぁ(笑)。


こちらが、苦労して手に入れた北浦のダムカード。

      20171004ダムカード北浦17


      20171004ダムカード北浦18


ひょっとしたら(ひょっとしなくても)
私にとって茨城県の初ダムカードになる。

地道にコツコツと集めて行きましょう。



2017/11/03 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう...............四万川ダム (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日  公休日

この日は、群馬県の中之条町に出かけました。


中之条町には、ダムカードを発行しているダムが幾つかあり
その中の一つが四万川ダムになります。
四万温泉の最奥の日向見地区のさらに奥に四万川ダムはあります。
せっかく近くに来ているんだから、立ち寄らない訳にはいきません。


      20170821四万川ダム01



四万川ダムは、利根川水系四万川に建設された重力式コンクリートダムで、
堤高の89.5メートルは群馬県が運営するダムとしては最も高いダムです。
群馬県による「四万川総合開発事業」の一環として四万川には、
既に砂防と発電を目的に中之条ダムが建設されていましたが、
四万川・吾妻川流域の治水・利水を行う為にさらに中之条ダムの上流である地区に
昭和55年より建設が開始されました。
ダムの目的は、洪水調節・不特定利水・四万温泉郷や太田市、その他地域への上水道供給の他に
ダム直下の日向見発電所における最大1,000kwの水力発電を目的とした多目的ダムになります。
着工から19年の歳月を掛けて、平成11年に完成したそうです。



駐車場から眺める四万川ダム。

      20170821四万川ダム05


      20170821四万川ダム06




四万川ダムの駐車場に建てられていた説明板。
      
      20170821四万川ダム02


      20170821四万川ダム03




それでは、四万川ダムの天端を歩いて対岸に渡ってみましょう。

      20170821四万川ダム04


天端は車は一応、通行止め。
歩いて対岸へと向かいます。
     
      20170821四万川ダム08

意外に観光客が多い。
実は、四万川ダムで堰き止められて出来たダム湖である『奥四万湖』は
ちょっとした観光地になっているようです。

神秘的な青い湖水。
一説には四万川の水に温泉成分が溶け混んで
神秘的な色を醸し出しているらしい。

この日も中型の観光バスが1台停まっていました。



ちらっと背後に見えるのが奥四万湖。

      20170821四万川ダム07


      20170821四万川ダム09



以前、誰かのブログを見たら、もっと青い(碧い)色だったような気がしたんだけど
この日は、曇り空だったから碧さもイマイチだったのかな?

      20170821四万川ダム10



天端からダム堤体の下流を覗き込んでみます。

      20170821四万川ダム11



ダムのすぐ下には、日向見公園があります。

      20170821四万川ダム12

時間があれば立ち寄りたかったんですが
この日は、朝からハードなスケジュール。
日向見公園は次回にでも立ち寄れればと思ってます。



それよりも、やっぱり奥四万湖が気になっちゃいます(笑)

      20170821四万川ダム13


      20170821四万川ダム14



ダム天端には、こんな展望台(?)もあったりして。

      20170821四万川ダム15



ダム天端の真ん中辺りまで来ると、
さっきまでゾロゾロ居た観光バスの観光客は一気に居なくなります。

      20170821四万川ダム16



四万川ダムのダム管理事務所は対岸にあるから
さらに天端を進みます。

      20170821四万川ダム17

何せ、ダムカードを貰うんだから!


天端を渡りきった対岸。
管理事務所脇にある竣工記念碑。

      20170821四万川ダム18



ダムカードもゲット!

      20170821四万川ダム19



管理事務所の門近くに貼られていた貼り紙。

      20170821四万川ダム20

8月7日って2週間前。
つい最近じゃん。


実は、近くにしゃくなげの滝があるから
そちらにも足を伸ばそうと思っていたけれど
熊に遭遇したら大変だから、今回はパスしましょう。




こちらが、四万川ダムのダムカード。

      20170821四万川ダム21


      20170821四万川ダム22



群馬県内で発行されているダムカード。
また1枚、コレクションが増えました...............。






2017/09/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう...............中之条ダム (2017年8月21日)(群馬県吾妻郡中之条町) 

8月21日 公休日

この日は、群馬県の中之条町に出掛けました。

廃校巡りを主体に中之条町に訪れましたが
中之条町にも幾つかのダムがあり、
ダムカードも配布されていることもあり、
中之条ダムを訪れました。
って言うか、国道353号線を四万温泉方面に走っていると
目の前に中之条ダムが現れたって言うのが本音なんですけどね(笑)。

中之条ダムは、群馬県企業局が管轄するダムです。
アーチ式コンクリートダムで、 きっちりとまとめられた造りで、
コンパクトなダムですが、しっかりとその機能を発揮しているようです。
用途は発電の他に、砂防という目的も含まれています。
ダム湖は深い青色をしていて、とても神秘的です。
一説には四万川に含まれる温泉成分がこの神秘的な色を醸し出しているとも言われています。




国道に面した駐車場に車は10台ほど停められます。

駐車場の一角に建つ中之条ダムの碑。

      20170821中之条ダム01


      20170821中之条ダム02



その隣には、中之条ダムの説明板。

      20170821中之条ダム03



駐車場から、中之条ダムを眺めることも出来ます。

      20170821中之条ダム04

ゲートが1基解放されて放水されているようです。



駐車場から散策路が延び、ダム天端に行けるようです。


中之条ダムに近寄ってみましょう。

      20170821中之条ダム06


     
ダイナミックな放水。

      20170821中之条ダム07



近寄ってみると、かなり豪快です。

      20170821中之条ダム08


      20170821中之条ダム09

虹が見えてますね。


こんな感じで天端を歩くことが出来ます。

      20170821中之条ダム10


      20170821中之条ダム11



中之条ダムで堰き止められて出来たダム湖が四万湖。

      20170821中之条ダム12



こちらが、その四万湖。

      20170821中之条ダム14



平日ですが、夏休みシーズンとあってカヌーに興じる人も多い。

      20170821中之条ダム13


     
犬の散歩で訪れる人も多いのか?
飼い主のマナーを問われる看板を見ると悲しくなります。

      20170821中之条ダム15



肝心のダムカード。
駐車場に隣接する中之条ダム管理所で配布されています。

      20170821中之条ダム16



こちらが、中之条ダムのダムカード。

      20170821中之条ダム17


      20170821中之条ダム18



また1枚、ダムカードのコレクションが増えました。



2017/09/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう!...............羽鳥ダム  ( 

7月21日

福島の旅行の2日目。

羽鳥小学校をあとにして、向かった先は...............羽鳥ダム


羽鳥ダムは、阿武隈川流域の白河地域における灌漑を目的としたダムです。
堤高37.1mのアースダムで、アースダムの規模としては全国屈指です。
羽鳥ダムは予備調査を経て昭和25年より現在の地点に建設が開始され、
6年の歳月を掛けて昭和31年に完成しました。
当時は全国各地で「国営農業水利事業」が展開されていましたが、
羽鳥ダムは当時としては日本最大級の規模を誇る灌漑用ダムでした。
ダムによって出来た羽鳥湖は、アースダムの中で現在でも屈指の規模を誇っています。
現在既設のアースダムでは湛水面積と総貯水容量において日本一と言うことです。



ダム天端に掲げられた、羽鳥ダムの概要。

      20170721羽鳥ダム01


羽鳥ダムの堤体。

      20170721羽鳥ダム02


      20170721羽鳥ダム03



こちらが、羽鳥ダムの天端。

      20170721羽鳥ダム04

生活道路となっていて、車の通行も多い。
画面正面が国道118号線。



こちらが羽鳥湖。

      20170721羽鳥ダム05



ちょっと離れた場所になる 羽鳥湖展望台 から眺める羽鳥ダム。

      20170721羽鳥ダム07



同じく展望台からの羽鳥湖。

      20170721羽鳥ダム08




さて、肝心のダムカードですが...............

羽鳥ダムから300mくらいの位置にある羽鳥ダム管理事務所で貰えます。


こちらが、羽鳥ダムのダムカード。

      20170721羽鳥ダム09


      20170721羽鳥ダム10

平日のお昼過ぎ。
この日6人目のダムカード希望者でした。
と言うことは、私の前に5人の人間がダムカードを貰いに来ています。

ダムカード、やっばり静かなブームなんですね。



2017/08/21 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう!...............大川ダム (2017年7月20日)(福島県会津若松市) 

7月20日

7月20日〜21日に福島県の南会津地方へ出かけました。


湯野上温泉駅の足湯でリフレッシュしたあとに
向かった先は...............大川ダム


大川ダムは、阿賀野川総合開発事業の一環として建設された多目的ダムです。
その目的には、洪水調節、洪水の正常な機能の維持、灌漑用水、水道用水、
工業用水の確保、揚水式及びダム式発電が含まれています。
また、大川ダムは、阿賀川本川に立地していて上流の流域面積が大きく、洪水の流入量が大きくなっています。
そのため、治水・利水に関する 放流施設をはじめとする管理設備は、
その種類・数ともに多くなっています。

さらに、貯水池の容量配分、治水と利水(揚水発電)の両容量に重複部分があるため、
予備放流を前提とした洪水調節が計画されており、 複雑な貯水池運用が必要とされます。
ダム湖(若郷湖)を下池とし、その上流に位置する支流である小野川に建設した大内ダム湖を
上池とする*揚水式発電所(供給314m3/s)において、その間の落差約400mにより、
最大100万kwの発電を行います
大川ダム下流右岸に設置した*ダム式発電所(供給45m3/s)において、
最大2万1千kwの発電を行います。
型式は重力式コンクリートダムとロックフィルダムが複合したコンバインダムです。
ダムの高さは75.0mであり、国内第3位の高さを誇ります。

昭和46年より「舟子ダム」または「桑原ダム」の名で計画に取り掛かりました。
しかしながら、各方面から利水についての要望が出されたことから、
阿賀野川の治水と利水を総合的に実施するため河川総合開発事業として事業を進めました。
昭和62年に竣工し、周辺整備を行った後に昭和63年より運用・管理を開始しました。
目的は洪水調節、不特定利水、灌漑、上水道供給、工業用水道供給および水力発電であり、
多目的ダムの中でも用途が広いダムになります。



若郷湖


大内ダムの配布場所である下郷資料館前に建っている
大川ダムの概要を記した案内板。

      20170720大川ダム01

似たような名称のダムの関連施設が
お互いに近い距離にあるからややこしい。


こちらが、大川ダム
(下郷資料館前から見た大川ダム)

      20170720大川ダム02




      20170720大川ダム04



ダム湖である若郷湖。

      20170720大川ダム03

意外に貯水量は少ない。
空梅雨の影響でしょうか?
ダム湖を眺めているこの辺りは下郷町。
ダムの対岸は会津若松市。

会津若松市 の『若』と 下郷町 の『郷』を取って
ダム湖は『若郷湖』と名付けられたようです。

     

管理事務所は、対岸にあるので、下郷町側から会津若松側に移動します。



管理事務所の近くに建つ大川ダムの碑。

      20170720大川ダム05


      20170720大川ダム06



ダム堤体。

      20170720大川ダム07


確かに、一部分は石を積み上げたロックフィルダムと言う事か判ります。

      20170720大川ダム08


ダムの欄干にも大川ダムの銘板が飾られています。

      20170720大川ダム09


     
ダム天端。

      20170720大川ダム10
    
以前は関係者以外の車両は通行止めだったようですが
現在は通行可能。
対岸(下郷側)にある大内ダム展示館と大川ダム管理事務所は
天端を通れば容易に往来できるようになりました。




ダム周辺は大川ダム公園として整備されています。

     20170720大川ダム11


      20170720大川ダム12

本当なら、大川ダム公園をじっくり散策してみたいモノですが
本日は時間が無い。



肝心のダムカードは、大川ダム管理事務所で貰えます。


こちらが、大川ダムのダムカード。

      20170720大川ダム13


      20170720大川ダム14


また1枚、福島県のダムカードをgetいたしました。

ダムカード集め、かなりハマっています.................。



2017/08/17 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう!...............大内ダム (2017年7月20日)(福島県南会津郡下郷町) 

7月20日 公休日

7月20日〜21日に福島県野際南会津方面へ出かけました。


重要伝統的建造物群保存地区として脚光を浴びている大内宿。
その大内宿から、さらに奥へと車を走らせると
やがて大内ダムに到着します。


大内ダムは、阿賀野川水系の小野川の最上流部に建設されたダムです。
堤高102.0mの中央土質遮水壁型ロックフィルダムで、
揚水発電所である下郷発電所の上部調整池でもあります。
下部調整池である大川ダムとの間で純揚水式発電を行うことで、
大内ダムは昭和49年に着工し、19年の歳月を掛け平成3年に完成しました。
大内ダムと大川ダム(若郷湖)の間で有効落差387.0mを利用し、
最大1,000,000kW(認可出力1,000,000kW)を発電する目的を有する発電専用ダムです。



ダム碑近くからの大内ダム。

      20170720大内ダム01

手前が堤体、奥がダム湖になります。



こちらが、大内ダムの碑。

      20170720大内ダム02


      20170720大内ダム03



天端は道路となっており、車も通行可能。
対岸に移動して、逆アングルからダムを眺めましょう。

ダム堤体。

      20170720大内ダム05


ダム堤体と天端

      20170720大内ダム06


      20170720大内ダム10



ダム湖側。

      20170720大内ダム04

一見して、ロックフィルダムと判ります。



ダム湖の駐車場に掲げられていた大内ダム湖概要。      

      20170720大内ダム07


      20170720大内ダム12



そして、ダム湖。

      20170720大内ダム08


      20170720大内ダム09


      20170720大内ダム11

こうやってダム湖を眺めて見ると、周りは山で覆われている。
今は木々の緑一色だけど、紅葉の時期は赤やオレンジ色の風景となるんだろうなぁ。




      
肝心のダムカードですが、
この大内ダムからかなり離れた大川ダムに隣接する下郷展示館でもらえます。
(直線距離は近いんだけど、車の移動だとかなり距離があります。)


こちらが、そのダムカード。

      20170720大内ダム13


      20170720大内ダム14



福島県のダムカードも、コツコツと集めて行きましょう。



2017/08/12 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 坂本ダム 》 (2016年12月7日)(群馬県安中市) 

12月6日 公休日

12月6日、7日と個人的な連休で、
この連休を利用して軽井沢方面へ出かけました。


霧積ダムをあとにして、向かった先は...............坂本ダム


坂本ダムは当初、建設省(現:国土交通省)の砂防事業として昭和32年度に竣工し、
高さ28.5メートル、堤頂長74メートルの砂防ダムでした。
その後昭和53年度に補強のため天端を3.0mの嵩上げが行われました。
もともと下流の既得用水を補給するための容量を持つことから、
昭和56年に群馬県に河川管理施設として移管され、
その後、昭和60年度よりダム再開発事業として調査を開始し、
堰堤改良事業でダム本体の補強、放流施設、管理設備、周辺道路を整備しました。
坂本ダムによって堰き止めらて出来た人造湖(ダム湖)は碓氷湖と呼ばれ、
地元の松井田町(現:安中市)と協力して碓氷峠の歴史的な鉄道施設をモチーフにした周辺設備を行い、
環境と調和のとれた美しいダム湖になっているようです。



こちらが、坂本ダムって言うか、碓氷湖。
奥に見える堰みたいなのが、坂本ダム。

      20161206坂本ダム01


このオブジェがダム碑の代わりなんだろうなぁ。

      20161206坂本ダム02



坂本ダムの案内板(説明板)。

      20161206坂本ダム03



こちらが、坂本ダム。

      20161206坂本ダム04



特に水門を開けているわけではないが
いわゆる堰を超えてオーバーブローしている状態。

      20161206坂本ダム05

要は、碓氷湖の水位はそれなり以上あると言うことか...............?



こちらが、坂本ダムの天端。

      20161206坂本ダム06

車は通行止め。


碓氷湖には、約1.2kmの湖畔の周遊路があるけれど、
橋が老朽化(?)のため、現在は通行出来ないらしい。

      20161206坂本ダム07


こちらが碓氷湖。

      20161206坂本ダム08

碓氷川と中尾川から流れてくる水が
坂本ダム湖で堰き止められてダム湖になっています。



碓氷湖の湖畔は、ちょっとした公園になっています。

      20161206坂本ダム09


こわわな歌碑も建てられています。

      20161206坂本ダム10

よく見たら、有名な小学唱歌ですね。
子供の頃、良く歌ったなぁ。

と言いながら、今でも紅葉を見にいくと、
ついつい口ずさんでいますが...............。


高野辰之って言う人が作詞したんですね。

      20161206坂本ダム11


坂本ダム管理事務所もありますが、どうやら無人のようです。
ダムカードは、霧積ダム管理事務所で貰えます。

こちらが、坂本ダムのダムカード。

      20161206坂本ダム12


      20161206坂本ダム1313


群馬県は利根川の源流の地。
利根川水系には、多くのダムがあって、ダムカードを発行しているダムも多いから
群馬県のダムカードも真剣に集めちゃおうかな...............?





2016/12/28 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 霧積ダム 》 (2016年12月6日)(群馬県安中市) 

12月6日 公休日

12月6日、7日と個人的な連休。
この連休を利用して軽井沢方面へ出かけました。

前日(12月5日)の夜、八王子の実家に移動し
12月6日の朝、6時半過ぎに出発。
圏央道あきる野ICから高速に乗ります。
信越道松井田妙義ICで高速を降り、向かった先は...............霧積ダム


霧積ダムは、利根川水系の霧積川にあるダムで、
難所碓氷峠の奥地に位置している洪水調節・農地防災・不特定・河川維持用水を
目的とした治水ダムです。
昭和50年に竣工し、堤高59m・堤頂長305m・堤体積196000立方メートルの重力式コンクリートダムです。
天端は車両も通行可能て、ダム湖の霧積湖は、流域面積20.4平方キロメートル、湛水面積13ha。
ダムサイトは、森村誠一が著した『人間の証明』で脚光を浴びた秘湯・霧積温泉に向かう途中にあり、
深い自然に囲まれているので、紅葉も美しいそうです。


霧積と言う地は、先に述べた森村誠一氏の『人間の証明』で

『母さん、僕のあの麦わら帽子どうしたでしょうね?
ええ、あの碓氷から霧積に向かう道の途中で、
渓谷に落としたあの麦わら帽子ですよ』

これは、西条八十の詩です。

今から30年近く前に話題になった詩の1フレーズで、
以前から、霧積には行きたいと思ってました。
霧積温泉は今だに山の中の1軒宿。
その霧積温泉のはるか手前に霧積ダムはあります。

こちらが、霧積ダム。
山の天気は変わりやすいと言うのは正解で
さっきまで太陽が顔を出していたのに、霧積ダムに着く頃には
いつの間にか曇り空。

      20161206霧積ダム01


      20161206霧積ダム02


ちょうど、ダム天端が工事中で通れないかな?と思っていたけど
タイミング良く天端を通り、霧積ダム管理事務所の前に車を停めます。

      20161206霧積ダム03


管理事務所前の説明板。

      20161206霧積ダム04


      20161206霧積ダム05



こちらは、竣工記念の碑。

      20161206霧積ダム06


霧積ダムは『くの字』型のダム。
天端の途中から曲がっています。

      20161206霧積ダム07


この角度で見れば、ダムが『くの字』なのがわかるかな?

      20161206霧積ダム09



こちらは、天端。

      20161206霧積ダム08

狭いながらも、一応車も対面通行が出来ます。



      
霧積川を霧積ダムで堰き止めて、出来たのが『霧積湖』。
工事の関係か? はたまた時期的なモノなのか?
霧積湖の水位は、ものすごく低い。

      20161206霧積ダム10


      20161206霧積ダム11



こちらが、霧積ダム管理事務所。

      20161206霧積ダム12

ダムカードは、こちらで配布されています。
しかし、ダムカードの配布時間は、平日の10時から。

実は、この時点で午前9時。
配布時間まで1時間ある...............
1時間待つのも大変だからと諦めかけていたら、
工事関係者だと思っていた人が、ダムの管理事務所の職員で、
事務所の前で右往左往していた私を見て、事務所に戻って来て、
時間前だけど、ダムカードを貰っちゃいました。

霧積ダムのダムカード、Get!

      20161206霧積ダム13



こちらが、霧積ダムのダムカード。

      20161206霧積ダム14


      20161206霧積ダム15


霧積ダム管理事務所では、近隣(下流域)にある坂本ダムのダムカードも配布しています。
当然、坂本ダムのダムカードも貰っちゃいました。


ダムカードだけ貰って、ダムを見に行かない訳には参りません。
霧積ダムをあとにして、坂本ダムへと向かうのでありました...............。


2016/12/27 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 深山ダム 》《 板室ダム 》 (2016年11月1日)(栃木県那須塩原市) 

11月1日 公休日

11月1日、2日の個人的な連休を利用して
1泊2日で栃木県の那須に出かけました。



今回の旅行は、8月に台風で中止した『 びいすけ 7歳の誕生日旅行 』のリベンジ版であり、
また、先日の『欧州視察研修』の時に9日間(?) びいすけ の面倒を見てくれた
もっちゃん へのお礼を兼ねた旅行だから、
基本的には もっちゃん のリクエスト優先。
やれ城址だ!、やれ廃校だ!、やれ丸ポストだ! などの個人的な趣味は封印して
基本的には紅葉の観光地と銘店でのお土産を中心としたプランニングです。

とは言え、紅葉の時期。
ダム湖の紅葉も捨て難いし、ダムカードの魅力もあるから
無理を言って、1ヶ所だけ我儘を言わせて貰いました。

と言う事で、我儘を通して向かった先は 深山ダム


前日の10月31日の夜、千葉の佐倉から八王子の実家に移動。

朝5時の びいすけ のサンボに際は、雨も降っていて
旅行当日に朝に雨が降っていると、かなり心が折れます。

それでも小雨の中出発します。
あきる野ICから圏央道に乗ります。
圏央道も埼玉県内が完全に完成し、東名高速、中央道、関越道から
東北道に簡単にアクセスできるようになったから便利です。
わざわざ、中央道、首都高、東北道と乗り継ぐ必要もなくなったので
随分と楽になりました。

順調に圏央道、東北道と乗り継ぎ、佐野PAにて小休止。
佐野PAに着く頃には、小雨も上がり始めました。
これって日頃の行いが良いからかなぁ(笑)。

黒磯・板室ICで東北道を降り、深山ダムを目指します。

県道を板室温泉方面に向かい、深山ダムの案内板を左折。
山に登って行く道をひたすら走り、やがて深山ダムに到着です。


深山ダムは、国営那須野原開拓建設事業の一環として那珂川上流に建設された
農業・上水道・発電用の多目的ダムで、昭和48(1973)年に完成しました。
高さ75.5メートル、堤の高さ333.8メートルにロックフィルダムで、
これによってできた深山湖の総貯水量は2,580万トンになります。
沼原発電所で発電に使う水はここから揚水されています。

沼原発電所は世界有数の揚水式発電所で、深山湖を下池として、
標高1,200メートルの沼原調整池を上池として、その落差517メートルを利用した発電を行っています。
最大出力は67万5,000キロワット。
発電所は地中にあって普段見ることができませんが、
発電所入口奥にある展示館「森の発電おはなし館」でそのしくみを知ることができます。
また、ダムの周辺は豊かな自然にあふれ、
新緑や深緑、紅葉など四季折々の景色を大パノラマで楽しむことができます。
特に、山頂部から裾野にかけて染まる“三段染め”と呼ばれる紅葉のグラデーションは見事な眺めだそうです。



ダム手前の広場(駐車場?)に建てられた案内板。

      20161101深山ダム01



駐車場(?)から眺める深山ダム。

      20161101深山ダム02



隙間から下を覗く びいすけ 。

      20161101深山ダム03

『 危ないよ! 落っこちゃうよ! 』


深山湖の看板の裏には、深山ダムの詳細が記されていました。

      20161101深山ダム04



深山ダムの1次側。
確かに十分な保有水量です。

      20161101深山ダム05


ダム天端。

      20161101深山ダム06

道路になっていて、この先を行けば「森の発電おはなし館」に行けます。


対岸のダム広場には、深山ダムに関する石碑が建っています。


こちらは、深山ダム完成記念の碑。

      20161101深山ダム07

昭和48年に完成した深山ダム。
この碑も昭和48年に建てられています。


こちらは、深山ダム竣工25周年記念碑。

      20161101深山ダム08


碑文はこちら。

      20161101深山ダム09



深山ダム完成記念碑の前で、 もっちゃん が何かを準備中。

      20161101深山ダム10



呼ばれて、近づくと...............

      20161101深山ダム11

あったかいコーヒー。

いゃあ、11月の声を聞いた途端に寒くなったと言うか
今朝からの雨は上がったものの曇り空。
やっぱり陽が差さないと、寒いよねぇ。



ダム広場側からの深山ダム。

      20161101深山ダム12


こちら側から見てもさほど変わらない。
ゲートが3門とズバ抜けて大きなダムでもない。

      20161101深山ダム13



ただ、山の上部(標高の高い所)になるから
紅葉の名所でもあるようです。

      20161101深山ダム14

この日も平日ですが、何台かの車が深山ダムに訪れ
山肌の紅葉を眺めていました。


曇っていた空も明るくなり、うっすら青空が顔を覗かせています。

      20161101深山ダム15



湖畔の白い建物が『那須広域ダム管理支所』。

      20161101深山ダム16

こちらでダムカードを配布しているはず...............?


ダムカードの配布案内。

      20161101深山ダム17

深山ダムのダムカード配布案内4種類あって、
春バージョン、夏バージョン、秋バージョン、冬バージョンがあるみたいです。


二階で受付をしてダムカードをゲット!。

      20161101深山ダム18

深山ダムのカードは、秋バージョンでした。
下流域にある板室ダム(立入り禁止区域)のダムカードも貰っちゃいました。



さらに、間伐材で作られたと思われるコースター。

      20161101深山ダム19

こちらも戴いちゃいました。



こちらが深山ダムのダムカード。

      20161101深山ダム20


      20161101深山ダム21


そして、こちらが板室ダムのダムカード。

      20161101深山ダム22


板室ダムは現地に行ってないけど、
立入り禁止区域らしい(那須広域ダム管理支所の職員談)。

      20161101深山ダム23


それにしても、非公認のダムカードが4種類あるとは...............
深山ダム、侮れません。

今回は秋だったから、冬、春、夏とあと3回は来ないと完全制覇出来ない。
こりゃ、那須に通え!って言うことかな...............?(笑)








2016/11/15 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 寒川取水堰 》 (2016年9月29日)(神奈川県高座郡寒川町) 

9月29日 公休日

最近ハマっているダムカード集め。
千葉県内で配布されているダムカードはコンプリート。

神奈川県で配布されているダムカードもあと1枚でコンプリート。

せっかく相模川の流域に来ているんだから
貰いに行かない手は無い。
と言う事で、向かった先は...............寒川取水堰


寒川取水堰は、相模川にある堤高6mで堤頂長270mの取水用の堰で、
取り込んだ水は工業用水と上水道に利用されています。

昭和30年代後半からの人口の急増と産業の発展に伴い、
増大する水需要に対処するために実施された相模川総合開発事業により
城山ダム施設、串川取水施設と共に築造されたものです。
昭和38年に完成し、取水堰、取水口、導水路及び沈渣池から構成されています。
平成12年に宮ヶ瀬ダムが完成し、平成13年度から宮ヶ瀬ダムの開発水の全面的な運用が可能となり
寒川取水堰施設は宮ヶ瀬ダムの開発水の一部を取水(毎秒/7.305t)しているそうです。


寒川取水堰に訪れた最たる目的はダムカード。
先ずは、ダムカードを貰いに行きましょう。


ダムカードの配布先は、水道記念館。

      20160929ダムカード寒川取水堰01

水道記念館は、寒川浄水場いこいの広場の中に在ります。


水道記念館の前で、立て看板を見て、びっくり。
園内のペット入場禁止。

      20160929ダムカード寒川取水02



このゲートから先へは、 びいすけ は入れません。

      20160929ダムカード寒川取水03

駐車場からかなり歩いてきたんだよねぇ。
今更、駐車場に戻って びいすけ を車に置きに行くのも大変だし...............

ここは、ポールにリードを括り付け
びいすけ には大人しく外(園外)で待って貰いましょう。

『吠えないで、大人しく待っていろよ!』とササミチップを2枚与えて
ダッシュで水道記念館に走ります。

水道記念館と銘するだけあって、色々と展示されているようですが
ここはグッと堪えて、ダムカードを貰って急いで びいすけ の元へ戻ります。



こちらが、水道記念館。

      20160929ダムカード寒川取水04

立派な建物です。


そして、ダムカード。

      20160929ダムカード寒川取水05



綺麗な芝生広場もあるみたいですが、 びいすけ が入れないんじゃ長居は無用。

      20160929ダムカード寒川取水06


水道記念館から寒川取水堰までは、ちょっと距離があるから
駐車場に戻り、車で相模川の河川敷まで移動します。


河川敷の『川とのふれあい公園』の駐車場にクルマを停め
相模川に架かる神川橋の上から寒川取水堰を眺める事にいたしましょう。


こちらが、神川橋からの寒川取水堰。

      20160929ダムカード寒川取水07


      20160929ダムカード寒川取水08


神川橋には出窓のような欄干があるから
そこからのワンショット。

      20160929ダムカード寒川取水09



せっかくだから、望遠レンズでググッと寄ってみましょう。

一番右側にあたる上砂排水門。

      20160929ダムカード寒川取水10



2基の洪水吐

      20160929ダムカード寒川取水11

この他にも階段式魚道やデニール式魚道、呼び水水路などが組み合わさった設備となっています。


せっかくだから、河川敷に戻って寒川取水堰を覗いてみましょう。


車を停めた『川とのふれあい公園』の奥に寒川取水堰はあります。
寒川取水堰は基本的には立ち入り禁止。
フェンスで制限されています。
裏を返せば、フェンスからの見学は可能。

      20160929ダムカード寒川取水12

しかし、フェンスから取水堰までは距離があるから
今一歩、よく見えません。


フェンスには寒川取水堰の概要が掲げられています。

      20160929ダムカード寒川取水13


フェンス越しに望遠レンズでググッと寄ってみます。

      20160929ダムカード寒川取水14



こちらは、取水堰の一次側。

      20160929ダムカード寒川取水15



こちらがダムカード。

      20160929ダムカード寒川取水堰16


      20160929ダムカード寒川取水堰17


これで、この時点(2016年9月29日現在)で配布されている神奈川県のダムカードを制覇です。

千葉県、神奈川県と制覇して、一応関東地方だけでも
真剣に集めてみようかな?

次は山梨県のダムカードを追いかけてみようかな...............?








2016/10/26 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 東金ダム 》 (2016年9月7日) (千葉県東金市市) 

9月7日  公休日

最近、ハマっているダムカード集め。
千葉県内には多くのダムがありますが、
ダムカードを発行しているダムは9ヶ所あり
その内8ヶ所のダムカードは手に入りました。
残すは1ヶ所。
千葉県のダムカードの最後の1枚。
そのダムカード集めに訪れたのは...............東金ダム




東金ダムは、千葉県東金市にあるダムです。
房総導水路にある2つのダムのうちの1つで、平成6年に完成しました。
ダムの高さ28.3m、長さは248mもあり、土を盛り立てたアースダムです。
堤体材料の大部分は、ダムサイトや近隣住宅地造成時の掘削土を利用しているそうです。

房総導水路事業の一環で房総半島一円を導水路 - 揚水機場 - ダムで結び、
各水道事業体に引き継ぐためのものであり、
千葉市周辺地域、九十九里浜沿岸地域、南房総地域の水道水、
京葉臨海工業地帯等の工業用水を供給する房総導水路施設のひとつです。

東金ダムのダム湖は『ときがね湖』と呼ばれています。




こちらが東金ダム。

       20160907東金ダム01

と言っても東金ダムの駐車場。



駐車場から、ときがね湖を眺めます。

       20160907東金ダム02


       20160907東金ダム03


      20160907東金ダム04


イヤ~な看板が目に入ってきました。

      20160907東金ダム05



ときがね湖の周りは、ぐるっと一周できる周遊路(散歩コース)があって、
東金市民の憩いの場となっているようです。
 
      20160907東金ダム06



しかしながら、こちらも犬連れ散歩禁止。

      20160907東金ダム07



仕方がないので、駐車場から望遠レンズ越しに東金ダムの堤体を眺めてみます。

      20160907東金ダム08


      20160907東金ダム09


      20160907東金ダム10




長柄ダムにも、ダム湖の真ん中に似たような施設がありました。

      20160907東金ダム11

まさか、展望台じゃないと思うけれど...............



確か、ときがね湖って魚釣り禁止だと思うんだけど
まさか、船で釣りしてる...............?

      20160907東金ダム12


なかなか良さそうなロケーションなんですが
犬連れには、周遊路が立ち入り禁止とは酷ですなぁ。

早々に引き上げて、少し離れたダムカードの配布場所に移動しましょう。


こちらが、配布場所になる『東金文化会館』。

      20160907東金ダム13

1階の事務所で配布されています。
ダムを訪れた証しになるデジカメの画像を見せて
ダムカードをゲットです。



こちらが、東金ダムのダムカード。

      20160907東金ダム14


      20160907東金ダム15



これで、千葉県内で配布されているダムカードを全て手に入れました。
千葉県のダムカード、コンプリートっていうやつです。

ちなみに、これで手に入れたダムカードは17枚。
カードを入れるカードホルダーを買って来なくっちゃ。





2016/10/02 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 長柄ダム 》 (2016年9月7日) (千葉県市原市) 

9月7日  公休日

個人的な連休2日目。


この日は、あと2枚でコンプリートとなる千葉県内のダムカード集めに出かけました。

残り2枚の内、1枚は...............長柄ダム




長柄ダムは、千葉県長生郡長柄町に建設されたダムです。
独立行政法人水資源機構が管理する、高さ52.0メートルのアースダムであり、
アースダムとしては高さが日本で第4位、関東地方では最も高く、
同型式としては日本屈指の規模を有するダムと言うことです。
昭和55年にダム建設工事に着工し、昭和60年に完成しました。

利根川の水を房総半島へ導水する房総導水路の調整池として、
東金市にある東金ダムと共に建設され、
栗山川(両総用水)から取水され、東金ダムから送られてくる利根川の水を、
周辺の長生郡市のみならず、松戸市などの江戸川東岸や千葉市などの東京湾岸に上水道と工業用水を供給し、
さらに南房総導水路を系由し南房総に送水することを目的としています。

ちなみに、長柄ダムで出来たダム湖は市津湖と言います。
ダム湖になった辺りは、かつての市津村(現在の市原市)だった事から、
『市津湖』と呼ばれるようになったそうです。

長柄ダムのダムカードは、隣接する『都市農村交流センター』で貰えます。


こちらが、都市農村交流センター。
ダムカード、ゲットです。

      20160906長柄ダム01


      20160906長柄ダム02


長柄ダムに着いた途端、雲行きが怪しくなって来ました。

      20160906長柄ダム03



今にも降り出しそうな感じ。

      20160906長柄ダム04


      20160906長柄ダム05


都市農村交流センターやダム湖の駐車場は
ダム堤体から少し離れているので、周遊路を使ってダムを見に行きましょう。

      20160906長柄ダム06



車止めが設置され、歩いていくしかない長柄ダム。
注意書きが、色々と貼られています。

      20160906長柄ダム07


何と、周遊路の犬連れ散歩は禁止です!

      20160906長柄ダム08


仕方ないので、フェンス越しにダム湖を眺め...............

      20160906長柄ダム09



カメラの越しに堤体を眺めます。

      20160906長柄ダム10



こちらは、ダム湖の真ん中に架かる長柄大橋。

      20160906長柄ダム11

この橋は、県道(一般の公道)だから犬と散歩しても大丈夫。


せっかくだから、長柄大橋を歩いて渡ってみましょう。

      20160906長柄ダム12



暗くて見づらいですが、『長柄大橋』のプレート。

      20160906長柄ダム17



こちらは、『市津湖』のプレート。

      20160906長柄ダム18




長柄大橋の真ん中で湖面を見下ろす びいすけ 。

      20160906長柄ダム19

危ないよ!
落っこちちゃうよ!







長柄大橋から眺める市津湖。

      20160906長柄ダム13


真っ黒な雲は、今にも雨が降りそうな予感を感じさせてくれます。

      20160906長柄ダム14



長柄大橋を渡った先にある周遊路もゲートが閉まって立ち入り禁止。

      20160906長柄ダム15



さらに、ご丁寧にも...............
こちらにも、犬の散歩禁止の看板。

      20160906長柄ダム16


確かに、上水の一部にこの市津湖の水が使われているようだから
衛生面を考えての措置だとは思うけれど、
犬連れをココまで嫌わなくても良いんじゃない?(笑)。


しばらくしたら、突然の雨。
降りそうだとは思っていたけど、まさか橋を渡って対岸に居る時に
ダァ〜っと雨が降って来なくてもいいのに...............

ダムカードを先に貰いに行っておいて、良かったぁ(笑)




こちらが、本日手に入れた『長柄ダム』のダムカード。

      20160906長柄ダム20


      20160906長柄ダム21





千葉県内のダムカードは全部で9種類。
残すは、あと1ヶ所。
コンプリートにリーチです。





2016/09/30 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 矢那川ダム 》 (2016年8月31日) (神奈川県木更津市) 

8月31日  公休日

この日は、千葉県内のダムカード集めに市原市・君津市のダム巡りをしていました。


君津市の亀山ダムを訪れ、亀山ダムのダムカードを貰いに
片倉・亀山ダム管理事務所に立ち寄ったら
何と、木更津市の矢那川ダムのダムカードも一緒に貰えました。

ダムに行ってないのにダムカードだけ貰うのってマズイでしょう。


と言うことで、折木沢・猪ノ川渓谷をあとにして
急遽 、矢那川ダムへと向かうことにしました。


矢那川ダムは、千葉県木更津市にある矢那川の支流である田高川に設けられた
千葉県所有の多目的ダムです。
堤高29.3mのアースダムで、平成4年にダム本体の工事に着手し、
平成11年に完成しました。

矢那川ダムの主たる目的は、かずさアカデミアパークの開発による雨水流出増対策としています。
また、矢那川の沿川は耕地として高度に利用されていて、
下流域の市街地では住家が密集しているため用地の取得が困難であり、
河川拡幅による再改修のみで洪水に対応するのは不可能に近く、
上流域に設けるダムによる洪水調節が最も意義のある経済的な治水対策であったためです。

現在は矢那川ダムに加え、小櫃川水系の亀山ダム、
また、その上流の片倉ダムの管理を同時におこなうことで地域の治水対策を行っているそうです。



駐車場を探すのに、ちょっと苦労しましたが
何とか辿り着いた矢那川ダム。

天端にある、小さなダム標碑前にて。

      20160831矢那川ダム01


こちらが、ダム碑。
なかなか立派です。

      20160831矢那川ダム02



その隣には、ダム完成記念碑。

      20160831矢那川ダム03



少し離れた場所に隠れるように、ひっそりと建つダム完成記念碑。

      20160831矢那川ダム04

こちらは、施工業者が建てたモノのようです。

しかし、ダム関連の碑が4つも有るなんて
ちょっぴり驚き。



こちらが、ダム天端。

      20160831矢那川ダム05

こうやって見てみると、とてもダム天端(上部)には見えません。
どこかの公園の中に居るみたいな感じです。



天端から眺める、ダム湖。

      20160831矢那川ダム06

洪水対策のダムだから、貯水目的じゃないから
貯水量は少なく、とてもダム湖には見えません。

どこかの池の畔に居るような感覚です。



天端から。
こちらがダム湖。

      20160831矢那川ダム07


同じく、天端から。
こちらがダムの下流側。

      20160831矢那川ダム08



真ん中には流れているのが、矢那川。

      20160831矢那川ダム09



こちらは、自由越流式の非常用洪水吐

      20160831矢那川ダム10

すなわち、大雨などにより田高川の流水量が増えて
ダム湖の水位が上がった際に、自然に放水(オーバーブロー)する仕組みです。


そして、こちらが非常用洪水吐の導水路。

      20160831矢那川ダム11

こう言った設備を見ると、矢那川ダムが洪水対策のダムだと言うことを
改めて認識してしまいます。



堤体そのものが、公園となっていて散策路も完備されています。

      20160831矢那川ダム12



『鎌足桜』と言う桜の木が植えられているようです。

      20160831矢那川ダム13



こちらが、鎌足桜。

      20160831矢那川ダム14

どんな花が咲くんでしょうか?



堤体中央部。

      20160831矢那川ダム15

とてもダムの堤体には見えない。
どう見てもどこかの公園に居るみたいです。


芝生(?)のひろば?
いえいえ、矢那川ダムの堤体です。

      20160831矢那川ダム16



こう言った場所では、必ず匂い嗅ぎ。

      20160831矢那川ダム17



びいすけ も公園に散歩に来ているような感覚で
匂い嗅ぎにマーキング...............

彼なりに、矢那川ダムの堤体を散歩しながら満喫しているようです。

      20160831矢那川ダム18




こちらが、矢那川ダムのダムカード。

      20160831矢那川ダム19


      20160831矢那川ダム20


これでダムカードも15枚集まりました。

千葉県内で配布されているダムカードはあと2枚。
こりゃ、制覇目指して頑張るしかないな...............(笑)





2016/09/26 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 亀山ダム 》 (2016年8月31日) (千葉県君津市) 

8月31日 公休日

この日は、房総半島のダムカードを集めるために
市原市・君津市のダム巡りに出かけました。

清水渓流広場をあとにして、向かった先は...............亀山ダム


亀山ダムは、千葉県君津市の小櫃川に建設されたダムです。
堤高34.5メートルの重力式コンクリートダムで、千葉県営の多目的ダムです。
千葉県内の多目的ダムとしては最初に建造され、最大の総貯水容量を持っています。
小櫃川を堰き止めて出来たダム湖の名称は、亀山湖と呼ばれています。
まあ、亀山ダムのダム湖が亀山湖って言うのは、ストレートに単純明解。
紛らわしくないから良いですね。

亀山ダムは、昭和44年に着工して、10年の歳月をかけて完成しました。
東京ドーム12杯分に相当する1,475万tの貯水量を持ち、治水や飲料水確保に利用されている。
かつて、この辺りが亀山村だったことから、亀山ダムと名付けられたそうです。
秋の紅葉の時期には、多くの観光客が亀山湖畔に色付く紅葉を観に来ることから
観光地としても有名な場所であるようです。



実は、亀山ダムも以前訪れた事があります。
当時は、ダムカードの存在を知らなかったから
再びの訪問となります。

亀山ダムに隣接する、『亀山やすらぎ館』の駐車場に車を入れます。
確か、レストランが有って、テラス席が有ったから犬連れでもご飯が食べれそう。
淡い期待を持っていましたが、この日は水曜日。
毎週火曜日、水曜日が定休日でレストランは開いていません。

ちょっぴり、ショック。
お昼ご飯は、笹川湖近くの道の駅が正解だったかな?


駐車場に建っている亀山ダムの説明看板を空腹の身で見つめます。

      20160831亀山ダム01


駐車場の一画にある亀山ダム記念碑。

      20160831亀山ダム02

工事関係者の記念碑だから、そんなに大きくない。




亀山やすらぎ館の向かいの湖畔に建っている、亀山ダムのダム碑。

      20160831亀山ダム03

やっぱり、ダムにはダム碑がなくっちゃ!



そのすぐ脇には、君津市が提唱する『二十一世紀への継承遺産』の碑。

      20160831亀山ダム06

『亀山ダムと亀山湖』で登録されています。


この君津市の『二十一世紀への継承遺産』も追いかけるのも面白そう。
まぁ、既に幾つかの景勝地で、この標柱を見かけてはいますけど...............。




その標柱の脇から眺める亀山ダム。

      20160831亀山ダム07



こちらは、亀山やすらぎ館の駐車場から眺める亀山ダム。

      20160831亀山ダム08


      20160831亀山ダム09



ダムの天端は、県道となっていて車の往来も多い。

      20160831亀山ダム10



天端の欄干の上流側には、『亀山湖』の文字。

      20160831亀山ダム11



下流側には、『亀山ダム』の文字。

      20160831亀山ダム12



天端を渡って、対岸側に向かってみます。



天端から眺める亀山湖。

      20160831亀山ダム13


対岸側の天端の欄干の下流側には、『小櫃川』の文字。

      20160831亀山ダム14


ちょっとした高台から、亀山ダムを眺めます。

      20160831亀山ダム15


      20160831亀山ダム16



紅葉の時期には(亀山湖辺りは紅葉の時期が遅くて12月始め頃らしい。)には
この山々も色付くことだろうなぁ。

      20160831亀山ダム17



亀山ダムに隣接する亀山・片倉ダム管理事務所。

こちらでダムカードが貰えます。

      20160831亀山ダム18

先に訪問した片倉ダムと亀山ダムの2枚のダムカードを貰う予定が
何と3枚。むむむっ...............?(川平 慈英じゃありません。)

木更津市のダムカードも貰っちゃいました...............って、まだ行って無いし!(笑)。
こりゃ、行くしか無いでしょう!!(笑)。



こちらが、亀山ダムのダムカード。

      20160831亀山ダム19


      20160831亀山ダム20




これで、ダムカードも14枚集まりました。
一枚、また一枚と増えていくのが楽しみになりました。






2016/09/24 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 亀山ダム 》 (2016年8月31日) (千葉県君津市) 

8月31日  公休日

この日は、房総半島のダムカード集めに市原市・君津市へと出かけました。


高滝湖をあとにして、向かった先は...............片倉ダム


片倉ダムは、千葉県君津市の小櫃川水系・笹川に建設されたダムです。

堤高42.7メートルの重力式コンクリートダムで、千葉県営の多目的ダムです。
千葉県内の多目的ダムの中では堤高が最も高いダムで、
片倉ダムで堰き止められて出来たダム湖は笹川湖と呼ばれています。
小櫃川流域は豪雨による水害や旱魃などの災害が頻発しており、
これに加えて都市化に伴う生活用水需要の増加や地下水汲み上げ規制などの要因により、
多目的ダムの建設が必要とされるようになりました。
昭和49年に建設事業を開始しましたが、水没する地域の住民との合意が平成5年に取れたため、
平成6年に建設工事が開始され、平成12年にダム本体が完成しました。
試験湛水が平成13年に完了し、平成14年からダムとしての管理が開始されました。



県道24号(通称、久留里街道)沿いにある片倉ダム。
何度か、この道は走った事はありましたが
いつも片倉ダムは素通りでした。
今回は、片倉ダムそのものが目的です。


こちらが片倉ダムの碑。

      20160831片倉ダム01

ダム近くにダム碑が建っているから、片倉ダムはダムの王道です(笑)。


片倉ダムで笹川を堰き止めて出来たから、
ダム湖は『笹川湖』と言います。

      20160831片倉ダム02

紛らわしいから、個人的には『片倉湖』の方が
解りやすかったんじゃないかと思うのだが...............




笹川湖と記された欄干から眺める笹川湖。

      20160831片倉ダム03



天端は、車両通行止め。
歩いて対岸へ行くことが出来ます。

      20160831片倉ダム04

下流側の欄干には『片倉ダム』と記されています。



こちらが、片倉ダム。

      20160831片倉ダム05


前日の台風(台風10号)の影響なんでしょうか?
ダムから放流されています。

      20160831片倉ダム06


      20160831片倉ダム07



天端を渡って対岸へと向かいます。

天端の途中に出窓のような展望デッキ。

      20160831片倉ダム08


笹川湖を眺めたり、

      20160831片倉ダム10


放流している様を眺めることが出来ます。

      20160831片倉ダム09


    
天端を渡り切った対岸の欄干にも『笹川湖』のプレート。

      20160831片倉ダム12


      20160831片倉ダム11



やはり、下流側には『片倉ダム』の文字。

      20160831片倉ダム13



先ほどとは、逆アングルからの『片倉ダム』。

      20160831片倉ダム14




放流している様も確認できます。

      20160831片倉ダム15


      20160831片倉ダム16


片倉ダムの概要が記された案内板。

      20160831片倉ダム17



笹川湖側から眺める片倉ダム。

      20160831片倉ダム18



片倉ダムから車で5分くらい移動した場所に『片倉ダム記念館』がありますが
ダムカードは、こちらでは配布されていません。
亀山ダム近くにある『片倉ダム・亀山ダム管理事務所』で配布されています。


こちらが片倉ダムのダムカード。

      20160831片倉ダム19


      20160831片倉ダム20



これで、手に入れたダムカードも13枚。
1枚、そしてまた1枚と、増えて行くのが楽しみです。








2016/09/20 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 高滝ダム 》 (2016年8月31日) (千葉県市原市) 

8月31日  公休日

この日は、千葉県内のダムカード集めに市原市・君津市方面に出かけました。

平日だから、通勤時間帯の渋滞を避けるべく、朝5時半に自宅を出発。
最初に向かったのは...............高滝ダム


高滝ダムには、以前訪れた事が有りましたが
その時は未だダムカードの存在を知りませんでした。
自分が以前訪れたダムでダムカードが配布されていると、
ちょっぴり悔しい気分と、ダムカードを作成していわゆる観光資源として
その地域の自治体が力を入れていることが、嬉しく感じたりもします。

ダムカードの配布時間(8時半〜)よりもかなり早く、7時半頃に高滝ダムに到着。


高滝ダムは、千葉県市原市の養老川に建設されたダムです。
堤高24.5メートルの重力式コンクリートダムで、
千葉県営の多目的ダムです。ダム湖の名称は高滝湖とよばれています。

高滝ダムの大きな目的は、房総半島中部を貫流する養老川の氾濫を防ぐことです。
養老川は度々、流域に被害を与えていましたが、十分な河川改修が施されていなかったため、
流域住民からは本格的改修が望まれていました。
また、京葉工業地帯発展に伴う人口増に対応すべく、利根川以外の河川水源開発も必要とされるようになり、
多目的ダムの建設計画が立てられました。
昭和49年より建設事業が始まり、平成2年に完成しました。



高滝湖の湖畔のから眺める高滝ダム。

      20160831高滝ダム02


      20160831高滝ダム01



ダムの天端の欄干には『高滝湖』のプレート。

      20160831高滝ダム03

高滝ダムにより出来たダム湖だから、高滝湖。
ストレートで紛らわしくないから良い。



こちらは、ダム天端。

      20160831高滝ダム04

車両が通れるようになっています。



先ずは、ダムをこちら側から眺めてみます。

      20160831高滝ダム05

立ち入り禁止のフェンスが邪魔をして、写真では良く見えません。


さらに下って、フェンスの隙間から、ダムを激写(?)。

      20160831高滝ダム06


ほぼ、正面に近い感じ。

      20160831高滝ダム07

ダム関係者以外では、この辺りが限界。



ゆっくりと天端を歩いて、対岸に向かいましょう。

      20160831高滝ダム08


高滝ダムの説明板。

      20160831高滝ダム09



今は廃校になってしまった近隣の小学校の児童たちが描いた絵が飾られています。


里見小学校の児童の作品

      20160831高滝ダム10

( 廃校になった里見小学校の記事は こちら )




白鳥小学校の児童の作品

      20160831高滝ダム11

( 廃校になった白鳥小学校の記事は こちら )


高滝小学校の児童の作品

      20160831高滝ダム12

( 廃校になった高滝小学校の記事は こちら )



富山小学校の児童の作品

      20160831高滝ダム13

( 廃校になった富山小学校の記事は こちら )



天端を渡り、反対側からダムを眺めてみます。

      20160831高滝ダム14


      20160831高滝ダム15


高滝ダム記念館前のモニュメント。

      20160831高滝ダム16



記念館の裏手は、ちょっとした広場になっていて
ダム碑の代わりにダム建設の『感謝の碑』ご建っています。

      20160831高滝ダム17


こちらが高滝ダム記念館。

      20160831高滝ダム18

こちらでも、ダムカードを配布していて
本当は9時から配布なんですが、出勤したおばちゃん(おそらくレストラン関係者?)が
記念館を8時過ぎに開けてくれたので、受付カウンターにあったダムカードをゲット!。


ダムカードも手に入ったことだし、長居は無用。
車はダム記念館の対岸の公園の駐車場に停めてあるから
再び、高滝ダムの天端を渡って、対岸へ戻ります。

ダム碑は見つけられなかったけど、ダムの欄干にプレートが飾られています。

      20160831高滝ダム19


      20160831高滝ダム20



天端から、高滝湖を眺め...............

      20160831高滝ダム21


見上げるような視線で、高滝ダムを眺めながら...............

      20160831高滝ダム22


駐車場へと向かうのでありました...............。


こちらが、高滝ダムのダムカード。

      20160831高滝ダム23


      20160831高滝ダム24


これで、ダムカードも12枚目をゲット。
とりあえず、千葉県内のダムカードのコンプリートを目指して頑張りましょう。



2016/09/18 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう  《 本沢ダム 》 (2016年8月23日) (神奈川県相模原市) 

8月23日 公休日

この日は、相模湖周辺のダムカード集めに来ました。


城山ダムをあとにして、向かった先は...............本沢ダム


本沢ダムは、相模川総合開発共同事業として城山ダム建設と
それにともない公営電気事業として唯一の純揚水発電所である城山発電所の上池として夜間に貯水するため、
昭和40年に神奈川県相模原市に建設されたダムです。
土砂や岩石を73メートルの高さに積み上げて築いた中央土質遮水壁型(センターコア型)ロックフィルダムです。
堤体表面を全体にわたって草が生い茂るためアースダムの様相を呈しています。

本沢ダムによって貯水された上池を城山湖と称していますが、
正式には本沢調整池と言うらしい。


こちらが、城山湖。

      20160823本沢ダム01

本沢ダムの堤体は画面右側になります。



城山湖をぐるっと一周出来る散策路があり、
ハイキングコースになっているようです。

      20160823本沢ダム02

今回は、ちょっぴり(いや、かなり)疲れているので
ハイキングコースの散策はパス(笑)。


駐車場そのものはありませんが
クルマが10台ほど停められるスペースがあり
何台かの家族連れの車が城山湖に来ていました。

      20160823本沢ダム03


ちょっとした四阿もあったりして、展望も長けている。
案内看板もしっかり準備されています。

      20160823本沢ダム04


展望エリア(?)から眺めるダム堤体。  

      20160823本沢ダム06


草が生えて、とてもダムのように見えないけれど
紛れもなく、ロックフィル式ダム。



とりあえず、ダムの堤体に向かってみます。


しばらく歩くと、こんな看板。

      20160823本沢ダム07


確かに『城山湖』ではなく、『本沢調整池』と記されています。

      20160823本沢ダム08


紛らわしいから、この際『本沢湖』に変えたら如何でしょうか?(笑)



ハイキングコースの案内看板。

      20160823本沢ダム09

次回は、おにぎり持参して歩いてみますか?



方角的には、この先を行けば
ダムに辿り着けるはず...............

      20160823本沢ダム10



確かに堤体の手前に辿り着いたけど、行き止まり。

      20160823本沢ダム11

天端を歩いていけるようですが、
どうやら、別のルートで行くようです。



行き止まり地点は、ちょっとした展望エリア。

      20160823本沢ダム14



望遠レンズで放水口をズームアップ。

      20160823本沢ダム12



この位置からだと、城山湖もまた違った雰囲気になる。

      20160823本沢ダム13






ダムカードは、城山ダムに隣接する(津久井湖畔)津久井湖記念館で貰えますが、
火曜日が休館日のため、本沢ダム近くの発電総合制御所で貰えます。

こちらが、城山発電所の発電総合制御所。

      20160823本沢ダム16


城山発電所は、日本初の大規模な純揚水式発電所で、
本沢ダム(城山湖)と城山ダム(津久井湖)の高低差を利用して発電しています。
夜間の余剰電力を利用して、津久井湖の水を城山湖に汲み上げ貯留し、
電力需要の多い昼間の時間に、城山湖から津久井湖への放流により発電します。

水力発電の勉強をした時に、そういった発電方式があることを教わったけど
これがそうだったのね。



中庭にどぉ〜んと置かれたカプラン水車。

      20160823本沢ダム15

発電機の水車です。
発電機に水車には、カプラン水車とフランシス水車があります。
電験3種を受験した時に、参考書で読んだなぁ。
(結果的には受かりませんでしたけどね...............)

      
同じく、中庭にどぉ〜んと置かれたバター弁(バタフライ弁)。

      20160823本沢ダム17

こんなに大きなバター弁は、初めて見ました。




そして、こちらが貰ったダムカード。

      20160823本沢ダム18


      20160823本沢ダム19



えへへヘヘ。
これでダムカードも11枚目をゲット。

良く良く調べたら、神奈川県で配布されているダムカードも
寒川町にある『寒川取水堰』のみになりました。
いずれ、近いうちに訪れちゃいましょう。

でも、その前に地元の千葉県のダムカードのコンプリートを目指しちゃいましょう。





2016/09/15 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit