09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

ダムカードを集めよう! 《 坂本ダム 》 (2016年12月7日)(群馬県安中市) 

12月6日 公休日

12月6日、7日と個人的な連休で、
この連休を利用して軽井沢方面へ出かけました。


霧積ダムをあとにして、向かった先は...............坂本ダム


坂本ダムは当初、建設省(現:国土交通省)の砂防事業として昭和32年度に竣工し、
高さ28.5メートル、堤頂長74メートルの砂防ダムでした。
その後昭和53年度に補強のため天端を3.0mの嵩上げが行われました。
もともと下流の既得用水を補給するための容量を持つことから、
昭和56年に群馬県に河川管理施設として移管され、
その後、昭和60年度よりダム再開発事業として調査を開始し、
堰堤改良事業でダム本体の補強、放流施設、管理設備、周辺道路を整備しました。
坂本ダムによって堰き止めらて出来た人造湖(ダム湖)は碓氷湖と呼ばれ、
地元の松井田町(現:安中市)と協力して碓氷峠の歴史的な鉄道施設をモチーフにした周辺設備を行い、
環境と調和のとれた美しいダム湖になっているようです。



こちらが、坂本ダムって言うか、碓氷湖。
奥に見える堰みたいなのが、坂本ダム。

      20161206坂本ダム01


このオブジェがダム碑の代わりなんだろうなぁ。

      20161206坂本ダム02



坂本ダムの案内板(説明板)。

      20161206坂本ダム03



こちらが、坂本ダム。

      20161206坂本ダム04



特に水門を開けているわけではないが
いわゆる堰を超えてオーバーブローしている状態。

      20161206坂本ダム05

要は、碓氷湖の水位はそれなり以上あると言うことか...............?



こちらが、坂本ダムの天端。

      20161206坂本ダム06

車は通行止め。


碓氷湖には、約1.2kmの湖畔の周遊路があるけれど、
橋が老朽化(?)のため、現在は通行出来ないらしい。

      20161206坂本ダム07


こちらが碓氷湖。

      20161206坂本ダム08

碓氷川と中尾川から流れてくる水が
坂本ダム湖で堰き止められてダム湖になっています。



碓氷湖の湖畔は、ちょっとした公園になっています。

      20161206坂本ダム09


こわわな歌碑も建てられています。

      20161206坂本ダム10

よく見たら、有名な小学唱歌ですね。
子供の頃、良く歌ったなぁ。

と言いながら、今でも紅葉を見にいくと、
ついつい口ずさんでいますが...............。


高野辰之って言う人が作詞したんですね。

      20161206坂本ダム11


坂本ダム管理事務所もありますが、どうやら無人のようです。
ダムカードは、霧積ダム管理事務所で貰えます。

こちらが、坂本ダムのダムカード。

      20161206坂本ダム12


      20161206坂本ダム1313


群馬県は利根川の源流の地。
利根川水系には、多くのダムがあって、ダムカードを発行しているダムも多いから
群馬県のダムカードも真剣に集めちゃおうかな...............?





スポンサーサイト
2016/12/28 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

ダムカードを集めよう! 《 三保ダム 》 (2016年7月15日)(神奈川県足柄上郡山北町) 

7月15日 公休日

最近集めだしたダムカード。
意外に楽しかったりします。
元々、ダム湖に来るのは嫌いじゃなかったから(むしろ好きだったりします。)
せっかく山北町に来たんだから、丹沢湖の三保ダムのダムカードを貰わなきゃ
丹沢方面に来た甲斐が無い。

と、言うわけでダム広場公園から向かった先は...............三保ダム


三保ダムは、神奈川県足柄上郡山北町にあり、
二級水系酒匂川水系河内川に建設されたダムです。
ダムの維持管理は、神奈川県企業庁が行っています。

三保ダムは当初「酒匂ダム」という名称で計画されていましたが
ダム建設によって223世帯の住居が水没する事となり、
完成前に水没地区の住民より水没する地名を残して欲しいという要望があり、
事業者である神奈川県もこの要望を受けてダム名を「酒匂ダム」から
湖底に沈む旧・三保村に因み「三保ダム」へと変更したそうです。

三保ダムは、酒匂川沿岸の洪水調節、神奈川県全域への上水道供給、
認可出力7,000キロワット(現在7,400キロワット)の水力発電を目的に昭和53年に完成し、
以後神奈川県の水がめとして重要な役割を担っています。



三保ダムをダム広場公園から眺めてみます。

      20160715三保ダム09


      20160715三保ダム10

それなりに立派なダムです。



ダム広場公園からは見上げるダムを見たので
実際にダムに行ってみましょう。

丹沢湖の駐車場に車を停めてダムに向かいます。


こちらがダム碑。

      20160715三保ダム01



ダム碑の裏面には三保ダムの概要が刻まれています。

      20160715三保ダム02



ダム碑の近くには説明板。

      20160715三保ダム03




ダム広場公園からつづら折りの道を上ってくると、こちらに到着します。

      20160715三保ダム04



三保ダムから眺める丹沢湖。

      20160715三保ダム05


この三保ダムもロックフィルダム。

      20160715三保ダム06


石と土を積み上げて作られたダム。

      20160715三保ダム07



完成は昭和53年じゃなかったの...............?

      20160715三保ダム08

改めて、『定礎』って調べたら...............

建物の土台となる礎石(そせき)を定めることらしい。

つまり、昭和51年に工事が始まったことになるようです。




今年は春先の雨が少なく、関東の水瓶である各ダムの貯水率が低いと言われています。
丹沢湖(三保ダム)の貯水率も低いのかな?

      20160715三保ダム11


ダム頂部。

      20160715三保ダム12



ダムから見下ろす酒匂川水系の河内川。

      20160715三保ダム13




こちらが、三保ダム管理事務所。

      20160715三保ダム14

こちらで、三保ダムのダムカードが配布されています。



ダムカード、ゲット!

      20160715三保ダム15



丹沢湖側から、三保ダムとダムカード。

      20160715三保ダム16



こちらが、三保ダムのダムカードの拡大版。

      20160715三保ダム17


      20160715三保ダム18


西印旛沼、奥野ダム、そして三保ダム。
ダムカードも3枚となりました。

ダムカード集め、ハマりそうです(笑)。



2016/08/12 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

奥野 ダムカードを集めよう! 奥野ダム (2016年7月14日)(静岡県伊東市)  

7月14日 公休日

この日は、1泊で伊豆に出かけました。


持越小学校をあとにして、向かった先は...............奥野ダム


奥野ダムは、
静岡県伊東市鎌田、二級河川・伊東大川本川の河口から約6.0km上流に建設されたダムです。

静岡県熱海土木事務所が管理する補助多目的ダムで、
伊東大川の治水と伊東市への上水道供給を目的に建設されました。
伊豆半島を流れる河川に建設された河川法上のダムとしては初の例で、
堤高63.0mの中央土質遮水壁型ロックフィルダムです。
ダムによって形成された人造湖は松川湖と呼ばれます。

実は、この奥野ダムに来るのは、これで2回目。

以前は、ダムそのものが目的では無く、ダム湖である松川湖が目的でした。
あまりにも広いので断念しましたが、松川湖をぐるっと散策するつもりでしたが
周遊路が一周約4.8kmのため諦めました。


今回の目的は、ズバリ! ダムカード集め。

先日、西印旛沼でダムカードを貰って以来
ダムカードを集めるのもアリだな!と個人的に思っています。

ちょくちょく訪れる伊豆の伊東市で、ダムカードを配布しているのなら
貰いに行かなきゃ嘘でしょう!


駐車場に車を停めて、管理事務所に立ち寄りますが
誰も居ないようで、しばらく時間を潰します。

      20160714奥野ダム01



こちらが、奥野ダムの碑。

      20160714奥野ダム02



奥野ダムで堰き止められて、出来た人造湖が松川湖。

      20160714奥野ダム03



伊東市内を抜けて相模湾に流れ行くのが伊東大川。
通称、松川と言われています。
そこから、松川湖と命名されたらしい。

      20160714奥野ダム04


実は、ダム湖を眺めるのも嫌いじゃない。
むしろ、好きだったりして...............。

      20160714奥野ダム13







こちらが、管理事務所。

      20160714奥野ダム05



30分ほど経ったので、再び管理事務所に立ち寄ります。

      20160714奥野ダム06



インターフォンを押しても誰も出ない(応答しない)。

      20160714奥野ダム07

結局、管理事務所に電話して係りの人に出てきてもらいました。


まぁ、ちょっとしたトラブル(?)もあったけど
無事、ダムカードをゲット!

      20160714奥野ダム14


      20160714奥野ダム15


      20160714奥野ダム08


上からみても、石を積み上げているのが分かります。

      20160714奥野ダム09

これぞ、まさしくロックフィルダム。



当然、下流側から見ても、石を積み上げたのが分かります。

      20160714奥野ダム10



やっぱり、ロックフィルダム(笑)。

      20160714奥野ダム11


      20160714奥野ダム12



こちらが、奥野ダムのダムカード。
      
      20160714奥野ダム16


      20160714奥野ダム17


ダムカード集め。
ハマりそうです(笑)。




2016/08/06 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

金山ダム  《 金山湖 》  (2016年3月1日)(千葉県鴨川市) 

3月1日 公休日

個人的な連休初日。
この日は、鴨川市に出かけました。

小笠原陣屋跡をあとにして、向かった先は...............金山ダム

金山ダムは、農業用の用水用のダムとして昭和27年から14年の歳月をかけて、
昭和41年完成したダムです。
賀茂川水系の金山川を堰き止め、農業用水を確保するために活用しています。

ダムで堰き止められた貯水池は金山湖と呼ばれ、
人造湖になります。


鴨川市内から鴨川有料道路へと向かい、
有料道路手前を右折。1車線ちょっとの狭い道を登って行きます。

しばらくすると、トンネル手前で二叉路。
左へ行けば、金山城址。(金山城址については明日にでも触れたいと思います。)
ここは右に進路を取り、トンネルを二つくぐれば金山ダムに到着します。


ダム湖の赤い吊り橋の手前にちょっとした空き地があり、
そこに車を停めましょう。



車から降りて、周りを散策いたしましょう。

      20160301金山ダム01


駐車したスペースに在る説明板。

      20160301金山ダム02

金山ダムや金山湖については、あまり触れずに
金山城址について触れています。
鴨川市の観光資源としては、金山城址の方が位置付けかま高いみたい。



ダム越しに眺める金山城址。

      20160301金山ダム03



しっかりと標柱も建てられています。

      20160301金山ダム04



標柱のさきに見える山が金山城址です。

      20160301金山ダム05



金山ダムの吊り橋。

      20160301金山ダム06


せっかくだから、吊り橋を渡ってみましょう。

      20160301金山ダム07



吊り橋から眺める金山湖。
お世辞にも綺麗だとは言えない。

      20160301金山ダム08



吊り橋から眺める金山城址。

      20160301金山ダム09



金山湖の水位はかなりあるようです。

      20160301金山ダム10



3台ほど停められるスペースには先着車。

      20160301金山ダム11


よく見たら、久留里城址資料館の車。

      20160301金山ダム12

金山城址の調査にでも来たのだろうか?



金山城址へ向かう途中に眺める金山ダム。

      20160301金山ダム13


      20160301金山ダム14



自宅へ帰ってから、ネットで知り得た情報なんですが
実は、金山ダムはそれなりに有名な心霊スポットらしい。

稲川淳二に紹介されて有名になったのが金山ダム。
女性が殺害されたと言われており、ダム周辺にあるトンネルでは
赤い服を着た女性の霊がよく目撃されているらしい。(本当かよ?)

またダムに架かる赤い橋では、若いカップルが自殺を試みたのだが
男性だけ助かったそうで、それ以来男性がこの橋を通ると
引きずり込もうと女性の霊が現れるようになったと言う事らしい。


ひょっとして、トンネルってここだよね?

      20160301金山城址24


赤い服の女性が写ってなくて良かったぁ...............。




2016/03/23 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit