02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

手作りに挑戦..............................犬服作り 第87作目 (2017年2月21日) 

2月21日  公休日

この日は、犬服作りに没頭しました。

犬服を2作作ると、なぜかテンションも高くなります。
勢いに任せて、さらにもう1着作ってみました。

犬服作り、その第87作目になります。


今回もリメイク。
以前、解体したTシャツを用いて びいすけ のタンクトップにしてみましょう。
(解体前の画像がどこかに行ってしまって...............)

まずは、最初に生地取りです。

型紙を当てて、採寸及び裁断します。
後ろ身頃の型紙を当てて、チャコでマーキング。
その後、ローリングカッターで裁断します。

      20170221犬服8701



続いて、前身頃。
前身頃は端切れで持っていた茶系のニット生地を使いましょう。

同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。
ローリングカッターで丁寧に裁断します。

      20170221犬服8702



生地取り完了。

      20170221犬服8703



こちらが、後ろ身頃。

      20170221犬服8704


こちらが前身頃。

      20170221犬服8705




それでは、ミシン作業に取り掛かります。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃を作ります。
腹部を合わせて、マチ針で固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8706



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8707



続いて、肩口。
前身頃と後ろ身頃を合わせてマチ針で固定。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8708



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8709



腹部、肩口の計4ヶ所を縫い合わせたら、身頃が完成です。

      20170221犬服8710

これで、ほぼタンクトップの形になりました。

一応、確認を兼ねて びいすけ に試着させてみます。

      20170221犬服8711

やっぱり、パツパツかなぁ?
型紙を修正しないとダメかなぁ?



それでは仕上げに入りましょう。

襟口、袖口、裾周りにリブ付けをします。
リブは無難にグレーの生地を使います。


リブの採寸幅は7cmで、
襟口 縫い合わせ寸法19cm
    リブ寸法は17cmに
袖口 縫い合わせ寸法14cm
    リブ寸法は12.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法34cm
    リブ寸法は31cmに採寸して裁断しました。

      20170221犬服8712



リブ生地の端を縫い合わせて輪っかを作ります。

      20170221犬服8713


襟口、袖口(2ケ)、裾周り。
計4ケの輪っかも出来ました。

      20170221犬服8714



それでは、リブ付けに入りましょう。
まずは襟口のリブ付けから。

リブを引っ張りながらマチ針で仮固定。
引っ張りながらミシン掛けをします。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8715


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8716



同じように、袖口のリブを縫い付けます。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8717


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8718


いよいよ、最後のミシン掛け。
裾周りのリブ付けです。

リブをかなり引っ張りながらマチ針で仮固定。
引っ張りながらのミシン掛け。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8719


ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れずに。
カタカタカタとミシン掛け。

      20170221犬服8720



リブ付け完了。

      20170221犬服8721

これで、一応完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170221犬服8722


      20170221犬服8723


      20170221犬服8724



恒例の びいすけ の試着タイム。

      20170221犬服8725


      20170221犬服8726


      20170221犬服8727


まぁ、今の私の力量から言ったら
こんな感じですね。



スポンサーサイト
2017/03/20 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第86作目 (2017年2月21日) 

2月21日  公休日

個人的な連休初日。
この日は、犬服作りに精を出してみました。


犬服作りの第86作目
その記事になります。


この日、ロングTシャツから びいすけ 用のラグラン袖の服を作り
残った生地でタンクトップを作ることにします。

ベースになるのはこちら。

      20170221犬服8502

イラスト部を上手く使ってみましょう。


まずは生地取り。

後ろ身頃から取り掛かりましょう。

イラストを意識して、型紙を当てて仮固定。
チャコでマーキングしてら、ローリングカッターで裁断します。

      20170221犬服8601


続いて前身頃。
長袖の生地を上手く利用して生地取りします。

      20170221犬服8602



生地取り完了。

      20170221犬服8603


こちらが後ろ身頃。

      20170221犬服8604



こちらが前身頃。

      20170221犬服8605



ここからがミシン作業です。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃を作ります。
腹部をマチ針で固定して、直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8606



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8607



続いて肩口の合わせを縫い付けます。

直線縫いでカタカタ。

      20170221犬服8608



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8609



これで前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃になりました。
ほぼ、タンクトップの形は出来上がりです。

      20170221犬服8610



確認を兼ねて、 びいすけ に仮試着してもらいます。

      20170221犬服8611

若干、パツパツ気味ですが 、ニット生地だから、いずれ伸びるでしょう。
良く言えばジャストフィット(笑)。


それでは、仕上げに入りましょう。

仕上げはリブ付けになります。
リブは無難な色合いでグレーにします。

リブの採寸幅は7cmで、
襟口 縫い合わせ寸法18cm
    リブ寸法は16cmに
袖口 縫い合わせ寸法14cm
    リブ寸法は12.5cmに
丈裾 縫い合わせ寸法35cm
    リブ寸法は31.5cmで採寸しカットします。

      20170221犬服8612



リブ生地の端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170221犬服8613



直線縫いで固定して、輪っか状態のまま半分に折り曲げれば
リブのパーツになります。

      20170221犬服8614



いよいよリブを縫い付けます。

まずは襟口から。
リブ生地を伸ばしながらマチ針で身頃に固定。
リブを引っ張りながらミシン掛け。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8615



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8616



続いて袖口のリブ付け。

同じように引っ張りながら仮固定。
直線縫いでカタカタカタとミシン掛け。

      20170221犬服8617



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れません。

      20170221犬服8618




そして、大トリの苦手な裾周りのリブ付け。
かなり引っ張りながら、かつバランスを取って仮固定。
さらに引っ張りながらミシン掛け。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170221犬服8619



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170221犬服8620



これでミシン掛けも完了。

      20170221犬服8621

すなわち完成です。


出来上がりは、こんな感じです。

      20170221犬服8622


      20170221犬服8623


      20170221犬服8624



さっそく、 びいすけ に試着させてみましょう。

      20170221犬服8625


      20170221犬服8626


      20170221犬服8627


何となくリブが明るくて浮いてしまっている感じです。
リブをもうちょっと濃いグレーにすれば良かったかな?





2017/03/19 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第84作目 (2017年2月19日) 

2月19日


先日(2月16日)、ミシンを修理に出したけど
この日には、まだ修理は上がっていない。

実は、前回犬服を作っていた時に同時進行しながら
ミシンの調子が悪くなり(上糸通し機能が完全に壊れた。)
途中で投げ出していた状態でした。
針金みたいな糸通しを使って上糸をセットして、


中途半端な状態を仕上げることにしました。

思い起こせば...............
最後に犬服を作ったのが、昨年の9月7日。
もう半年近く前になる。


と言うことで、犬服作り その第84作目 です。






話は遡り...............

昨年の9月7日になります。


今回は、こちらのシャツをリメイクしてみます。

      20170219犬服8401


ミッキーマウスのイラストを有効活用したいため
解体した生地からは、ラグラン袖では後ろ身頃の余裕がなく
今回はタンクトップに仕上げてみます。


先ずは、後ろ身頃の採寸と裁断。

      20170219犬服8402

型紙を当てて、チャコでマーキング。
ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

      20170219犬服8403

同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。
ローリングカッターで裁断します。


裁断完了。

      20170219犬服8404


こちらが後ろ身頃。

      20170219犬服8405


こちらが前身頃。

      20170219犬服8406



前身頃と後ろ身頃を縫い合わせます。

直線縫いでカタカタカタ。

      20170219犬服8407



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170219犬服8408


      20170219犬服8409


      20170219犬服8410




前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、ほぼ犬服らしくなりました。

      20170219犬服8411



びいすけ に仮試着させてみましょう。

      20170219犬服8412

若干、腹回りがパツパツ?
でも、ニットだから着ている内に伸びるでしょう(笑)。


続いては、リブ作り。


リブは生地の色に合わせてピンクを使ってみましょう。

      20170219犬服8413


う〜んむ、半年近く前のことだから、カットした寸法は忘れてしまいました。
たしか、服の仕上り実寸の90%ぐらいでカットしたような...............

      20170219犬服8414

実はここまでの作業を約半年前に行って
その後は放ったらかし状態でした。



老眼で焦点距離が合わない中、
何とか根性で上糸を針穴に通します。

本当はかなりの時間を費やし、心が折れかかっていました。



それでは、ここからが2月19日。



リブの端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      20170219犬服8415



襟口、袖口(2ヶ所)、裾周りの4ヶ所の輪っかが出来ました。

      20170219犬服8416



輪っか状態のリブを身頃に縫い付けましょう。

先ずは、襟口から。
軽く引っ張り気味にしてマチ針で固定。
直線縫いでカタカタカタと縫い付けます。

      20170219犬服8417



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170219犬服8418



続いて、袖口のリブ付けに入ります。

同じように引っ張り気味に身頃にマチ針で固定したら
直線縫いでカタカタカタ。

      20170219犬服8419



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170219犬服8420

反対側の袖口のリブもミシン掛け。


襟口と袖口のリブ付け完了。

      20170219犬服8421

残すは裾周りのリブ付け。
明日も仕事だから、一気にやっつけちゃいましょう。



襟口や袖口と同じように、リブを引っ張りながらマチ針で仮固定。

さらに少し引っ張り気味にして、ミシン掛け。
直線縫いでカタカタカタ。

      20170219犬服8422



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      20170219犬服8423


リブ付け完了。
すなわち、完成です。

      20170219犬服8424



出来上がりは、こんな感じ。

      20170219犬服8425


      20170219犬服8426


      20170219犬服8427



すぐさま びいすけ に試着させてみましょう。

      20170219犬服8428


      20170219犬服8429


      20170219犬服8430

う〜む、微妙。
若干、小さめに仕上がっちゃった気がしないでもない。

ひょっとしたら、7歳過ぎてもまだまだ成長しているのだろうか?
まさか................ね!

単に太っただけなんでしょうね。(笑)






2017/03/17 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第78作目 (2016年6月25日) 

6月25日  公休日

この日は午後から犬服作り。


1着作り終え、タバコを一服。
満足感に満たされ、テンションもハイ。
勢いに任せて、そのままこの日2着目の犬服作りに突入。


犬服作り、その第78作目にチャレンジです。


今回は、こちらのTシャツを びいすけ のタンクトップにリメイクしてみます。

      犬服7801


いつものように、ハサミを使って大胆に解体。
そして、生地取りへとなります。

先ずは、後ろ身頃から。
今回は、イラストが要。
イラスト部分が後ろ身頃の中心に配置されるように生地取りします。

型紙をマチ針で固定して、チャコでマーキング。

      犬服7802

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。

同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。

      犬服7803

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



生地取りも無事完了。

      犬服7804



こちらが、後ろ身頃。

      犬服7805

イラストもセンターにバッチリ。


こちらが前身頃。

      犬服7806

こうやってみると、タンクトップってパーツが少ない。


それでは、ミシン作業に入ります。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。
脇部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7807


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7808



続いて、肩の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7809



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7810


前身頃と後ろ身頃の縫い合わせ完了。

身頃になれば、ほぼ形も出来上がり。

      犬服7811



一応、確認も兼ねて びいすけ の仮試着。

      犬服7812

サイズも問題無さそうです。


続いての作業はリブ作り。

今回は、ベージュのリブにしてみましょう。

      犬服7813



リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は16.5cnだから15cmでカットします。
袖口は14cmだから12.5cmにカットします。
裾周りは31cmだから25cmでカットします。

      犬服7814


各寸法にカットしたリブ生地の端を縫い合わせて『輪っか』を作ります。

      犬服7815



端を縫い合わせて、半分に折り曲げれば、
リブのパーツの完成です。

      犬服7816



それでは、リブ付けに移りましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7818
      



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7819



続いて、袖ぐりのリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7820



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7821



襟口と袖ぐりのリブ付け完了。

      犬服7822

完成までもう少し。


残りの作業は、裾周りのリブ付け。

リブを引っ張りながら、身頃にマチ針で固定。
リブを引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7823



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7824



全てのリブ付け完了。

      犬服7825

と言うことは、ほぼ完成となります。


出来上がりは、こんな感じです。

      犬服7826


      犬服7827


      犬服7828



さっそく、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      犬服7829


      犬服7830


      犬服7831



意外に横方向に伸び難い生地だから、ジャストフィット?
(ちょっぴり、パンパンかな?)
同じ型紙を使っても生地の種類(伸縮性)によって
仕上がりが変わってきます。

リブがキュッと絞られてちょっぴり満足。
まぁ、これはこれで良しといたしましょう。

と言うことで、犬服作り、その第78作目。
これにて完成です!!





2016/07/08 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第76作目 (2016年6月24日) 

6月24日

この日は、月に2回ある早上がりの日。
16時に仕事を終え、急いで自宅へ戻ります。

久しぶりに明るい時間帯に夕方の散歩に連れ出す事が出来て
個人的には満足ですが、ちょっぴり小雨もパラついていたから
残念と言えば残念。

2日続けて犬服を作り、眠い目を擦りながら仕事をしていましたが
明日(6月25日)から2連休。


今日は気兼ねなく夜更かしが出来る。
と、言うことで犬服作り日チャレンジ。

犬服作り、その第76作目チャレンジです。



今回は、こちらの子供服を びいすけ の服にリメイクしてみます。

本当は、ラグラン袖の服にしたかったんだけど
解体したら、生地が足りない...............。
どうやっても、後ろ身頃がタンクトップ用にしか生地取り出来ない。
ちょっぴり心の中で妥協して、タンクトップに仕上げることにいたします。

      犬服7601



先ずは、生地取り。

先に述べたように、ハサミで大胆に解体した後、
ラグラン袖用の後ろ身頃の型紙を当てたら、
横手方向(胴廻り)の寸法が足りない!!

タンクトップの型紙を当てたら、ギリギリ縫い代まで確保出来る。
きゅうきょ、タンクトップに変更となりました。


型紙をマチ針で固定して、チャコでマーキングします。

      犬服7602

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


続いて前身頃。

こちらは生地取りも余裕。
型紙をマチ針で固定して、チャコでマーキング。

      犬服7603

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


生地取りも無事終了。

      犬服7604



こちらが、後ろ身頃。

      犬服7605



こちらが、前身頃。

      犬服7606



それでは、ミシン作業に取り掛かりましょう。

先ずは、前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃にします。
脇の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7607



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7608



続いて、肩の部分を合わせて直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7609



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

       犬服7610



タンクトップの場合、胴の部分の二ヶ所、肩の部分の二ヶ所。
合計4ヶ所を縫い合わせれば、形は出来上がり。

      犬服7611


形は出来上がったから、 びいすけ による仮試着。
若干、伸びやすい生地だから少し大きめな気がしないでもない。

      犬服7612



今回はこちらのリブを使ってみましょう
(って言いながら、最近は白リブにハマってます。)(笑)

      犬服7613


リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は19cnだから17mでカットします。
袖口は16cmだから14.5cmにカットします。
裾周りは33cmだから26.5cmでカットします。

      犬服7614



それでは、リブ作りに取り掛かりましょう。

リブ生地の端を縫い合わせて、『輪っか』を作ります。

      犬服7615



縫い合わせたリブを半分に折り曲げれば、リブのパーツの完成です。

      犬服7616



そして、リブの縫い付けです。

先ずは、襟口のリブ付け。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7617



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7618



続いて、袖ぐりのリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7619



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7620



襟口、袖ぐりのリブ付け完了。

      犬服7621



残りの裾周りのリブ付けも片付けちゃいましょう。


直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7622



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7623



全てのリブ付け完了。

      犬服7624

とりあえず、ミシン作業は全て終了(?)
一応、完成と言うことになります。


出来上がりは、こんな感じです。

      犬服7625


      犬服7626


      犬服7627



びいすけ に試着させてみましょう。

      犬服7628


      犬服7629


      犬服7630


黄色のベースの生地に白いリブ。
やっぱり白リブも良いですね。

黄色い服も びいすけ には似合います。
何といっても、可愛らしさが滲み出てきます(笑)
(親バカですみません...............)


何だかんだと言いながらも、犬服作り、その第77作目。
これにて完成です!!



2016/07/06 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第73作目 (2016年6月15日) 

6月15日  公休日

この日は、犬服作りにチャレンジ。

テンポ良く2着を作り終え、この日3着目に突入です。
犬服作り、その第73着目となります。



今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクいたしましょう。

      犬服7301



ハサミで大胆に解体したら、生地取りいたしましょう。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙をマチ針で固定して、チャコでマーキング。

      犬服7302

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。

型紙をマチ針で固定して、チャコでマーキングします。

      犬服7303

チャコのマーキングに合わせてローリングカッターで裁断します。


タンクトップの場合、パーツが少ないから
生地取りはさほど苦ではありません。


生地取り完了。

      犬服7304



こちらが、後ろ身頃。

      犬服7305


こちらが、前身頃。

      犬服7306



それでは、ミシン掛けに移りましょう。

前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃を作ります。
脇の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7307



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7308


肩の部分も合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7309



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7310

前身頃と後ろ身頃の縫い合わせ完了。


この時点でほぼ形は出来上がります。

      犬服7311


同じ型紙を使用しているから問題は無いはずですが
一応、確認を込めての仮試着。

      犬服7312

サイズ的にも問題無し。




それでは、リブ作りに移ります。

ベースが白色で柄が赤だから、赤いリブも考えたんですが
無難な白色のリブにしてみました。

リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は18cnだから16cmでカットします。
袖口は15cmだから14cmにカットします。
裾周りは33cmだから26.5cmでカットします。

      犬服7313



カットしたリブ生地の端を縫い合わせて、『輪っか』を作ります。

      犬服7314


『輪っか』作り完了。

      犬服7315



それでは、リブの縫い付けに取り掛かりましょう。

先ずは、襟口のリブ付け。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7316


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7317


続いて、袖ぐりのリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7318


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7319



襟口、袖ぐりのリブ付け完了。

      犬服7320

完成まであと少し。


残りの裾周りのリブ付けに取り掛かります。

リブを引っ張りながらマチ針で固定。
ズレない様にリブを引っ張りながら、
直線縫いでカタカタカタと縫い付けます。

      犬服7321



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れずに、
カタカタカタと縫い付けます。

      犬服7322


全てのリブ付け完了。

      犬服7323

これで、一応完成となります。


出来上がりは、こんな感じです。

      犬服7324


      犬服7325


      犬服7326

オリジナルは、周りを赤く縁取っていましたが
リブを白にして、雰囲気も変わりました。


早速、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      犬服7327


      犬服7328


      犬服7329


なんか、垢抜けた感じ。
ドッグランに着ていくにはちょっと勿体なく感じてしまうから
旅行の時や、滅多に行かないドッグカフェにでも行く時には着せてみましょう。
いわゆる、『よそいき』の1着にしちゃいましょう。







2016/07/02 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第72作目 (2016年6月15日) 

6月15日  公休日

この日は、午後から雨。
雨の日は退屈です。

雨で外に出れない日は、ダラダラ過ごしてしまいがち。
そんな時には、何か形に残るモノを作りましょう。
と言うことで、この日は犬服作りにチャレンジ。

犬服作り、その第72作目です。



今回は、こちらのタンクトップを びいすけ のタンクトップにリメイクしてみましょう。

      犬服7201


ハサミで大胆に解体したら、生地取りです。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、マチ針で固定しチャコでマーキング。

      犬服7202

チャコのマーキングに合わせて裁断します。




続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコです。マーキング。

      犬服7203

チャコのマーキングに合わせて裁断します。



生地取り完了。

      犬服7204



こちらが、後ろ身頃。

      犬服7205



こちらは、前身頃。

      犬服7206



前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃を作ります。

脇の部分を縫い合わせます。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7207



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7208



続いて、肩の部分を縫い合わせます。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7209


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7210


前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて身頃の完成です。

      犬服7211



どんな感じか?
びいすけ の仮試着。

      犬服7212

寸法的には問題なし。




続いて、リブ作り。


今回もリブは白色にしてみましょう。


リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は18cnだから16cmでカットします。
袖口は15cmだから14cmにカットします。
裾周りは32.5cmだから26cmでカットします。

      犬服7213



リブ生地の端を縫い合わせて、『輪っか』にします。

      犬服7214


『輪っか』も無事出来ました。

      犬服7215



それでは、輪っか状態のリブを縫い付けていきましょう。

先ずは、襟口から。
マチ針で固定した後、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7216



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7217




続いて、袖ぐりのリブ付け作業。

リブをマチ針で固定して、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7218



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7219




襟口と袖ぐりのリブ付け完了。

      犬服7220


残すは裾周りのリブ付け。


一気に片付けちゃいましょう。


輪っか状態のリブを引っ張りながら、マチ針の固定。
そして、リブを引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7221



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7222



裾周りのリブ付けも完了。

      犬服7223


即ち、完成です。


出来上がりは、こんな感じ。

      犬服7224


      犬服7225


      犬服7226


早速、 びいすけ に試着してもらいましょう。

      犬服7227


      犬服7228


      犬服7229


ベースの黄色に白色のリブが映えています。
カラフルな色使いのお気に入りの1着になりました。







2016/07/01 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第71作目 (2016年6月15日) 

6月15日  公休日

午前中はドッグランに出かけていたものの
小雨がパラつき、急いで撤収。

自宅に戻ってみても、雨だとツマラナイ。


テレビをぼけ〜っと見て過ごすのも芸がないし、
東京都知事を辞職する舛添氏の話題で、
どのチャンネルも同じ様な事を報道している。
(この日、舛添都知事は辞意を表明しました。)

まあ、ミシンも最近2台手に入れたし、
リメイクする材料の古着もそれなりに有る。
と言うことで、犬服作りにチャレンジです。

犬服作り、その第71作目のチャレンジです。



今回は、こちらを びいすけ のタンクトップリメイクしてみましょう。

      犬服7101


大胆にハサミで解体したら、生地取りです。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、マチ針で固定。
チャコで、マーキングします。

      犬服7102

マーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。



続いて、前身頃。
同じ様に、型紙を当ててチャコでマーキングします。

      犬服7103

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断。


これで、ベースになる身頃の生地取り完了。

      犬服7104



こちらが、後ろ身頃。

      犬服7105



そして、こちらが、前身頃。

      犬服7106




前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。
脇の部分を合わせて、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7107



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7108


続いては、肩口の部分を縫い合わせます。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7109



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れずにカタカタカタ。

      犬服7110


あっと言う間に縫い合わせ完了。

      犬服7111



とりあえず、 びいすけ に仮試着させてみます。

      犬服7112

問題は無さそうです。



それでは、リブ付けに入りましょう。



先ずは、リブのパーツ作り。

リブは白色とし、リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は16cnだから14.5cmでカットします。
袖口は14cmだから12.5cmにカットします。
裾周りは31.5cmだから25.5cmでカットします。

      犬服7113



カットしたリブ生地の橋を縫い合わせて『輪っか』を作ります。

      犬服7114



『輪っか』も完成です。

      犬服7115



いよいよ仕上げ。
輪っかとなったリブを身頃に縫い付けていきます、

先ずは、襟口から。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7117



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7116




続いて、袖ぐりのリブの縫い付けです。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7119



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7118




襟口と袖ぐりのリブ付け完了。

      犬服7120




残すは、裾周りのリブ付け。

それでは、裾周りのリブ付けに入りましょう。
リブを引っ張りながら、マチ針で仮固定。
リブを引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7121



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7122



これで、すべてのリブ付け完了。

      犬服7123



即ち、完成です。
出来上がりは、こんな感じです。

      犬服7124


      犬服7125


      犬服7126



それでは、 びいすけ の試着タ〜イム。

      犬服7127


      犬服7128


      犬服7129


中々、赤白のボーダーもお洒落。
リブが白いから、清潔感と清涼感があって
これから暑くなる季節には丁度良いかもしれないなぁ...............。





2016/06/30 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服作り 第70作目 (2016年6月13日) 

6月13日

再び、火が付いた犬服作り。
梅雨に入り、雨で外出出来ない休みの日の過ごし方には
ちょうど良いかもしれない。
とは言いながらも翌日も仕事だというのに
急に犬服作りに取り掛かりました。

犬服作り、その第70作目です。


今回は、こちらのTシャツを びいすけ の服にリメイクいたします。
生地取りの関係で袖部分が取れないので
タンクトップにしてみたいと思います。

      犬服7001




ハサミで大雑把に解体して、生地取りいたしましょう。

先ずは、後ろ身頃から。
型紙を当てて、チャコでマーキング。


      犬服7002

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。




続いて、前身頃。
同じように型紙を当てて、チャコでマーキング。

      犬服7003

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。




これで生地取り完了。

      犬服7004


タンクトップの場合、パーツが少ないから楽ですね。




こちらが、後ろ身頃。
ちょうど背中部分になります。

      犬服7005



こちらが前身頃。

      犬服7006




前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、身頃にします。




先ずは、脇部分から。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7007



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7008



続いて、肩口。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7009



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れずに、カタカタカタ。

      犬服7010


これで縫い合わせ完了。
身頃の完成。ほぼタンクトップの形になりました。

      犬服7011



それでは、 びいすけくん。
仮試着をお願いします。

      犬服7012






ここからが、後半戦。
リブ付け作業の前にリブを作ります。

今回はこちらのリブ生地を使いましょう。

      犬服7013



リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は16.5cnだから15cmでカットします。
袖口は14cmだから12.5cmにカットします。
裾周りは33cmだから27cmでカットします。

      犬服7014



リブ生地の端を縫い合わせて、『輪っか』を作ります。

      犬服7015



『輪っか』も、完成。

      犬服7016




それでは、リブ付け作業に入ります。
先ずは、襟口のリブ付け。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7017



ほつれ防止のジグザグ縫いをカタカタカタ。

      犬服7018



続いて、袖ぐりのリブ付けです。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7018



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7019



襟口と袖ぐりのリブ付け完了。

      犬服7020

残すは裾周りのリブ付けです。


裾周りのリブ付けだけは、毎回緊張します。
キュッと絞られて、裾周りがペロンとしないのが理想的。
そのために、裾周りの寸法の80%の長さでリブの輪っかを作っているので
リブを引っ張りながら、マチ針で固定します。

リブを引っ張りながら、直線縫いでカタカタカタ。

      犬服7021



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服7022



裾周りのリブの縫い付け完了。

      犬服7024

これで、一応はかんせいとなります。



出来上がりは、こんな感じです。

      犬服7024


      犬服7025


      犬服7026



びいすけ に試着してもらいます。

      犬服7027


      犬服7028


      犬服7029


なかなか良いんではないかい?(笑)。


犬服作り、第70作目。
無事、完成です。







2016/06/28 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手作りに挑戦..............................犬服 第69作目    (2016年6月6日) 

6月6日 公休日

午前中に仕掛かり途中だった犬服を2着作り終え、
午後からはホームセンターに買い物に出かけたこの日。
買い物と西印旛沼の散歩をお利口さん、帰宅してぽっかり時間が空きました。

久しぶりにミシンを触ったから、眠っていた意識が覚醒したのか?
『やる気』スイッチに触れてしまったのか?
再び、犬服作りにチャレンジです。

犬服作り、その69作目と相成ります。



今回は、こちらの子供用のロングTシャツを びいすけ のタンクトップにリメイクしてみましょう。

      犬服6901


小さめのサイズだから、生地取りが難しく、ラグラン袖の服は諦め
タンクトップに仕上げていきましょう。

大胆にハサミで解体して生地取りします。


型紙を当てて、チャコでマーキングします。
先ずは後ろ身頃から。

      犬服6902

チャコのマーキングに合わせて、ローリングカッターで裁断します。


続いて、前身頃。
同じように、型紙を当ててチャコでマーキング。
その後、ローリングカッターで裁断します。



生地取り完了。

      犬服6904



こちらが、後ろ身頃。

      犬服6905



そして、前身頃。

      犬服6906



前身頃と後ろ身頃を縫い合わせます。

最初に脇の部分からの縫い合わせ。
直線縫いでカタカタカタ。

      犬服6907



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服6908


続いて、肩口部分の縫い合わせ。

直線縫いでカタカタカタ。

      犬服6909



ほつれ防止も忘れずに、ジグザグ縫いでカタカタカタ。

      犬服6910


袖が無い分、ミシン作業は少なくなります。
前身頃と後ろ身頃を縫い合わせて、犬服の形は出来上がります。

      犬服6911



びいすけ の仮試着。

      犬服6912


最近は、ラグラン袖の服作りが多かったので
タンクトップは久しぶり。
型紙の修正が必要なかな?なんて思っていたけれど
とりあえずは、問題無さそうです。



続いてリブ作り。

最近は白リブの服が気に入っているので
今回も白リブを使いましょう。

      犬服6913



リブ幅は6cmで裁断します。
襟口は18.5cmだから16.5cmでカットします。
袖口は14.5cmだから13cmにカットします。
裾周りは36cmだから27cmでカットします。

      犬服6914



端を縫い合わせて、輪っかを作ります。

      犬服6915



輪っかも完成。

      犬服6916



それでは、リブ付けに入りましょう。


先ずは、襟口のリブ付け。
輪っかを伸ばしながら、マチ針で身頃に固定。
直線縫いでカタカタカタと縫い付けていきます。

      犬服6917



ほつれ防止のジグザグ縫いも忘れません。

      犬服6918


続いて、袖口(袖ぐり)のリブの取り付けです。
輪っかを伸ばしながら、マチ針で身頃に固定。
直線縫いでリブを身頃に縫い付けます。

      犬服6919



ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服6920



襟口と袖口(袖ぐり)のリブ付け完了。

      犬服6921

残すは、裾周りのリブ付け。



裾周り用のリブの輪っかを引っ張りながら身頃にマチ針で固定し、
リブを引っ張りながら、直線縫いで一気に仕上げます。

カタカタカタ...............とミシンの音が響きます。

      犬服6922


ほつれ防止のジグザグ縫いもカタカタカタ。

      犬服6923



裾周りのリブ付けも完了です。

      犬服6924


即ち、これで完成です。


出来上がりは、こんな感じ。

      犬服6925


      犬服6926


      犬服6927



恒例の びいすけ の試着タ〜イム!!

      犬服6928


      犬服6929


      犬服6930


グレーの生地に白のリブってとっても合う気がします。
何か、上品と言うか、清潔感も感じるから、グレーベースの犬服には
白のリブって言うのが、個人的には定番になっちゃうかな?

犬服作り、その第69作目。これにて完了です。





2016/06/25 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit