FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

しもふさ七福神⑦  《 昌福寺 寿老人  》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

ここまでに6福神を巡り、『しもふさ七福神』も残すは一つ。

菊水山城址をあとにして、向かった先は 
成田市西大須賀にある 『しもふさ七福神』   昌福寺(寿老人)


寿老人は、星の化身で、不老不死の霊薬を持つと言われ、
長寿延命、富貴長寿の神として信仰されています。



県道63号線沿いにある昌福寺。

『しもふさ七福神』の看板も県道沿いに建っています。
裏を返せば、この看板が昌福寺の目印と言うことになります。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺01



こちらが、昌福寺の山門。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺02



昌福寺は昔より健康と長寿の神様として人々から広く崇敬されているそうです。
昌福寺は、浄土宗で本太蓮社良扇上人が開山されました。
本堂には、十間四面の総欅造りの天井に極彩色の百花の絵
、内陣欄間に龍などの彫刻を施してるそうす。




山門奥には、本堂。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺07


この昌福寺、敷地内に保育園があり(月かげ保育園)、
ちょうど、園児が境内で遊んでいました。

園児の邪魔にならないように参拝。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺08



こちらは、本堂に掲げられた扁額。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺09




境内の片隅に鎮座している『しもふさ七福神』の寿老人。

      20150108しもふさ七福神 昌福寺03


      20150108しもふさ七福神 昌福寺05


      20150108しもふさ七福神 昌福寺04


      20150108しもふさ七福神 昌福寺06



これで、『しもふさ七福神』全て制覇。

今年も健康で、そして びいすけ に長寿を。
さらには、多いなる幸と福が舞い落ちてくることを期待しています。

(欲張り過ぎかなぁ?)(笑)




スポンサーサイト



2015/02/06 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神⑥  《 龍正院 毘沙門天 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

ここまでで都合5福神わ巡ったことになり、残りは2福神。
眞城院をあとにして、向かった先は 
成田市滑川にある 『しもふさ七福神』   龍正院(毘沙門天)

毘沙門天は、仏教四天王の一人で、
七福神中唯一武将の姿をしており融通招福の神として信仰されています。



こちらが、龍正院の寺号標

      20150108しもふさ七福神 龍正院01


龍正院は、坂東札所観音第28番目の霊場として知られています。
ご本尊は、十一面観世音菩薩で、脇侍として不動明王と毘沙門天が祀れています。
仁王門は国指定重要文化財。本堂、鰐口などは県指定文化財です。


こちらは龍正院の由緒書き。

      20150108しもふさ七福神 龍正院02



びいすけ の背後にあるのが、国指定重要文化財の仁王門。

      20150108しもふさ七福神 龍正院03


何やら、仁王門の前に人が集まっています。

      20150108しもふさ七福神 龍正院05


住職さんも不安気に見ているのか?

      20150108しもふさ七福神 龍正院04

どうやら、注連縄を取り替えているようです。

あれ?
注連縄って年末の12月28日までに取り替えるんじゃなかったっけ?



取材に来ていた成田市の広報の方の話では
ここ龍正院では古来より毎年1月8日に注連縄を取り替えるらしい。



賑々しい現場を尻目に本来の目的である
七福神巡りをしちゃいましょう。
      

見慣れた『しもふさ七福神』の看板。

      20150108しもふさ七福神 龍正院06



そして、こちらが『しもふさ七福神』の毘沙門天。

      20150108しもふさ七福神 龍正院07


      20150108しもふさ七福神 龍正院08


      20150108しもふさ七福神 龍正院09




毘沙門天の隣には、道祖神が祀られています。

      20150108しもふさ七福神 龍正院10



こちらが、龍正院の本堂。

      20150108しもふさ七福神 龍正院11


こちらは、千葉県の指定文化財らしいが
旧・下総町時代の説明看板だから、文字がカスれて読み辛い。

      20150108しもふさ七福神 龍正院12



本堂と びいすけ 。

      20150108しもふさ七福神 龍正院13




県道沿いに建ち並ぶ、宝筐印塔群。

      20150108しもふさ七福神 龍正院15


      20150108しもふさ七福神 龍正院14


こちらは、成田市の指定文化財らしい。
      
      20150108しもふさ七福神 龍正院16




そうこうしている内に、
仁王門の注連縄は無事取り替えられたようです。

      20150108しもふさ七福神 龍正院17



見事な注連縄です。

      20150108しもふさ七福神 龍正院18



これで『しもふさ七福神』の6福神を巡ったことになります。
残すはあと一つ。
この勢いで制覇しちゃいましょう。



2015/02/05 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神⑤  《 眞城院 弁財天 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

大和田城址をあとにして、向かった先は 
成田市高岡にある 『しもふさ七福神』   眞城院(弁財天)


弁財天は、七福神中、唯一の女神であり、
知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があると言われています。



こちらが眞城院の寺号標

      20150108しもふさ七福神 眞城院01


眞城院は、高岡山瑞泉寺眞城院。天台宗のお寺です。
本尊は阿弥陀如来 特に善女人の信者が多く、弁財天御宝前に護摩供を修し、
開運延命、家内安全、商売繁盛、諸願成就を祈願しています。
5月には弁財天が祀られているお堂の周りに藤の花が美しく咲くそうです。




眞城院の参道。
びいすけ の背後に見えるのが山門。

      20150108しもふさ七福神 眞城院02



こちらが山門。

      20150108しもふさ七福神 眞城院03



そして、本堂。

      20150108しもふさ七福神 眞城院04


境内をぐるっと回って、七福神を探しましたが見つかりません。
墓地の奥にも目を凝らしましたが見つかりません。


何のことはない。
国道356号線を挟んだ反対側に眞城院の弁天堂があり
そちらに七福神はありました。

この辺り(旧・下総町高岡)は高岡陣屋がらあった場所。
その陣屋の名残りである堀跡が弁天堂の脇にありました。

      20150108しもふさ七福神 眞城院05


      20150108しもふさ七福神 眞城院11



こちらが、『しもふさ七福神』の看板。

      20150108しもふさ七福神 眞城院06

七福神のいずれも、こんな形で案内されているようだから
分かりやすくて良い。


こちらが、『しもふさ七福神』の弁財天。

      20150108しもふさ七福神 眞城院07


      20150108しもふさ七福神 眞城院09


      20150108しもふさ七福神 眞城院08


      20150108しもふさ七福神 眞城院10



これで『しもふさ七福神』の内、5福神を見て回ったことになります。
残すは2福神。
頑張りましょう!

って言ってもモデルコースは滑川駅から徒歩にて、
全行程約17km。
もっとも車での移動だから、楽って言えば楽なんですけどね........(笑)。




   



2015/02/03 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神④  《 楽満寺 恵比寿 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。

『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。



昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
この日は『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

常福寺をあとにして、向かった先は 
成田市中里にある 『しもふさ七福神』   楽満寺(恵比寿)



恵比寿は、七福神唯一の日本の神様で、
漁業・商売繁盛の神として信仰されています。



こちらが、楽満寺の入口。

      20150108しもふさ七福神楽満寺01

楽満寺は、臨在宗(妙心寺派)のお寺。
本尊は安産子育の如意輪観世音菩薩。春日作。
源頼朝、実朝の母堂の守り本尊といわれています。



こちらにも、常福寺にあったような説明看板が建っていました。

      20150108しもふさ七福神楽満寺02



そして、その横には『しもふさ七福神』の看板。

      20150108しもふさ七福神楽満寺03



そして、こちらが『しもふさ七福神』 恵比寿。

      20150108しもふさ七福神楽満寺04


      20150108しもふさ七福神楽満寺05


      20150108しもふさ七福神楽満寺06




七福神の先には、楽満寺の仁王門。

      20150108しもふさ七福神楽満寺07




仁王門脇の鐘楼

      20150108しもふさ七福神楽満寺08



そして、こちらが本堂。

      20150108しもふさ七福神楽満寺09



本道に掲げられた扁額

      20150108しもふさ七福神楽満寺10




ネットで、この楽満時のことを調べていたら
どうやら、この楽満寺は子宝に授かる寺らしい。

「子供が欲しいのでお茶碗を貸して」と言うと、
母親になる人(なった人)が飲んだ茶碗を貸してくれるそうです。
その茶碗で毎日お茶を飲むと授かるそうです。

要は、このお寺で子宝を授かるよう祈願をしてもらうと
茶碗を貸してくれるらしい。
その茶碗で毎日お茶を飲むと、子宝に授かるらしい。

そして子宝に授かったら茶碗を返しに行くわけですが
その時に新しい茶碗を一緒に収めるらしい。
その収めた茶碗を次なる祈願者に貸し出すといったシステムのようです。

なかなかユニークなお寺と言っていいのだろうか?

世の中知らなかったことも多いようです...................




2015/02/01 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神③  《 常福寺  大黒天 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

この日は成田市のしもふさ七福神巡りをしてきました。

しもふさ七福神は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が“しもふさ七福神”の御縁日です。


『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。


昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
『しもふさ七福神』の一つでした。

年が明けて2015年。
『しもふさ七福神』の残り6福神を巡ることにいたしました。

成田ゆめ牧場をあとにして、向かった先は 『しもふさ七福神』
成田市名木にある 『しもふさ七福神』 常福寺 (大黒天)


大黒天は大地を掌握する神様と言われ、
財宝・福徳海運の神として信仰されています。


こちらが、常福寺。

門前にある説明看板。

      20150108しもふさ七福神 常福寺01

常福寺は、成田山新勝寺と同じ真言宗智山派の寺院です。
中興の宥ばん上人が、寛永三年身の丈六尺程の青銅の不動尊を鋳造し
お堂を造り安置しました。
尚、同上人は、成田山新勝寺の中興の祖とも言われています。




仁王門前には、『しもふさ七福神』の看板もあります。

      20150108しもふさ七福神 常福寺02



こちらが、常福寺仁王門。

      20150108しもふさ七福神 常福寺03



こちらが、鐘楼。

      20150108しもふさ七福神 常福寺04



仁王門をくぐれば、正面は本堂。

      20150108しもふさ七福神 常福寺05



こちらが、本堂。

      20150108しもふさ七福神 常福寺06



本堂手前に鎮座する、『しもふさ七福神』の大黒天。

      20150108しもふさ七福神 常福寺07


      20150108しもふさ七福神 常福寺08


      20150108しもふさ七福神 常福寺09




本堂に掲げられた扁額。

      20150108しもふさ七福神 常福寺10



山号は南城山

      20150108しもふさ七福神 常福寺11



本堂裏手の土塁。

      20150108しもふさ七福神 常福寺12



そして、やはり本堂裏手の空堀。

      20150108しもふさ七福神 常福寺13



山号が南城山と言うだけあって、
遠い昔に、この辺りに城館があったのかもしれない。

そんなことを考えながらも、これで『しもふさ七福神』巡りの3福神完了。
残すは、4福神。
先を急ぎましょう。



2015/01/31 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神②  《 成田ゆめ牧場 福禄寿 》  (2015年1月8日)(千葉県成田市) 

1月8日 公休日

個人的な連休初日。

この日は成田市の『しもふさ七福神』巡りをしてきました。

『しもふさ七福神』は、千葉県の旧下・総町域(現・成田市域)に点在する6つの寺と
1つの牧場を七福神の札所に定めたもので、
旧・下総町が地域活性化事業の一環として、昭和61年に誕生しました。
7柱の神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が『しもふさ七福神』の御縁日です。


『しもふさ七福神』は

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。


昨年末に、訪助崎城址へ訪れた際に車を停めるために立ち寄った乗願寺が
しもふさ七福神の一つでした。

年が明けて2015年。
しもふさ七福神の残り6福神を巡ることにいたしました。


本日最初に立ち寄った 『しもふさ七福神』 は
成田市名木にある  成田ゆめ牧場 (福禄寿)


福禄寿は、長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神として信仰されています。



こちらが、成田ゆめ牧場。

      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場08


成田ゆめ牧場は、秋葉牧場の百周年を記念して、
1987年(昭和62年)に開場されました。
約9万坪の広々とした自然の中で動物達とのふれあいが楽しめるそうです。


しかし、朝の9時前に到着したため、まだオープンしていません。

      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場09


駐車場もガラガラ。

      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場07



JR滑河駅から無料の送迎バスがあり
その無料バスの駐車場(乗降場)の片隅に『しもふさ七福神』はありました。

      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場01


      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場06



こちらが、『しもふさ七福神』の看板

      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場02



そして、七福神の福禄寿。

      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場03


      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場04


      20150108しもふさ七福神 成田ゆめ牧場05



成田ゆめ牧場にはドッグランもあるから
本当は中に入りたかったんだけど
12月、1月、2月の平日の営業時間は10:00~16:00

オープンまで、まだ1時間もある。
そして、しもふさ七福神巡りは始まったばかり.............

残念な形になるけれど、次なる七福神を目指しましょう..........

2015/01/31 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

しもふさ七福神①  《 乗願寺 布袋尊 》  (2014年12月24日)(千葉県成田市)  

12月24日 公休日

幡谷城址をあとにして、向かった先は..................
助崎城址のはずだったのが、辿り着いたのは何故か乗願寺


と言うのも、ネットの情報によれば............

助崎城址の城域は、乗願寺のある台地あたりから始まり、
乗願寺に車を停めて、三郭、そして二郭、最後に主郭と
じっくりと巡った方が良いと言うことなので
乗願寺に車を停めに行きました。
着いたら、何とこんな↓看板を見つけてしまいました。

      20141224しもふさ七福神乗願寺06

いゃあ〜、七福神巡りも好きなモノですから
素通りは出来ません。

って言う事で急遽、七福神巡りとなりました。
(と言ってもここ1ヶ所だけですけど......)


しもふさ七福神は、
地域活性化事業の一環として昭和61年に誕生しました。
今でこそ、この辺りは成田市でありますが、
平成18年3月迄は千葉県香取郡下総町でありました。

この下総七福神(当初は漢字表記だったのがいつの間にか平仮名表記になった)は、
7つの神様をお参りすることで7つの幸福が授かるといわれています。
毎月7日が“しもふさ七福神”の御縁日と言うことです。

しもふさ七福神

昌福寺(寿老人)
龍正院(毘沙門天)
眞城院(弁財天)
乗願寺(布袋尊)
成田ゆめ牧場(福禄寿)
常福寺(大黒天)
楽満寺(恵比寿)

と言うような構成になっています。

その中の一つ、乗願寺の布袋尊をお詣りいたしましょう。


乗願寺は、時宗のお寺です。
赤城の子守唄で有名な国定忠治の子分“板割り浅太郎”ゆかりの寺として知られています。
本堂内にも子供を背負った布袋尊があり、子育て、安産のご利益があるそうです。


そして、布袋尊は弥勒菩薩の化身といわれ、
笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰されています。



こちらが、乗願寺の参道。

      20141224しもふさ七福神乗願寺07



この日は、かなり西陽が強く、思いきり逆光状態。

      20141224しもふさ七福神乗願寺08




こちらが山門。

      20141224しもふさ七福神乗願寺04


かなりの逆光です。

      20141224しもふさ七福神乗願寺05



そして、本堂。

      20141224しもふさ七福神乗願寺03

ちょうど読経しているようで、中からお経が聞こえてきます。





本堂脇に、探していた七福神発見。

      20141224しもふさ七福神乗願寺01



布袋尊と御対面。

      20141224しもふさ七福神乗願寺02



これが、しもふさ七福神の布袋尊。

      20141224しもふさ七福神乗願寺09


七福神には色々あって、本堂内に秘仏として特定日にしか公開しないモノもある。
でも、こんな感じで境内にひっそりと(大々的な場合もありますが)祀られているのを
探しながら訪ね行く七福神巡りが好きです。
境内ならワンコ連れでもギリギリ可能な事が多いし、
何かオリエンテーリングをしているみたいで、地図やリストを片手に
訪ね歩くって言うのも面白い。

さすがに全行程17.5kmの距離を歩いて回るって言うのは無理だけど
しもふさ七福神。
いずれ制覇することにいたしましょう!







2015/01/18 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit