06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

御朱印巡り...............塚崎神明社 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、柏市の神社巡り。


満福寺をあとにして、向かった先は...............塚崎神明社。


塚崎神明社は、柏市塚崎に鎮座する神社です。

創建については不詳ですが、南北朝時代の『神凰鈔』、
江戸時代の【寺社分限】にも記載があるなど、
古くから伊勢神宮の相馬御厨との関係が密接であったようです。
また、平安時代には伊勢神宮領として何度も寄進されていることから、
相馬御厨の重要な聖地として存在していたことが推察されるそうです。

御祭神は、天照皇大神、応神天皇、武甕槌神。



県道8号線沿いに鎮座する塚崎神明社。


参道は2ヶ所あるようですが、こちらが表参道口の社号標。

      20180602神明社01



塚崎神明社が鎮座する台地は、『沼南の森』と呼ばれているようです。

      0180602神明社02



では、塚崎神明社を参拝いたしましょう。

      0180602神明社03



石段を上がれば、石畳みの参道。

      0180602神明社04



その先には鳥居。

      0180602神明社05



こちらは、手水舎。

      0180602神明社06



拝殿の前には茅の輪。

      0180602神明社07



拝殿前の狛犬。

      0180602神明社08


      0180602神明社09



拝殿。

      0180602神明社10



拝殿正面。

      0180602神明社11

なぜか、かなり斜め。
右下がりの構図になってしまうことが多い。
ひょっとしたら、右肩が下がっているんだろうか?



拝殿正面に掲げられた扁額。

      0180602神明社12



拝殿の側面に掲げられた扁額。

      0180602神明社31



拝殿前の天水桶。

      0180602神明社13



こちらが、本殿。

      0180602神明社14



社殿の左右や裏手には多くの境内社建ち並びます。


猿田彦神社。

      0180602神明社15


子ノ神社。

      0180602神明社16



石祠社。

      0180602神明社17



こちらは、不明社。

      0180602神明社18



左から、大杉神社、疱瘡神社、子安社。

      0180602神明社19


裏参道口には一の宮。

      0180602神明社20



裏参道も侮れません。

裏参道の社号標。

      0180602神明社21


裏参道の鳥居。

      0180602神明社22


裏参道の狛犬。

      0180602神明社23


      0180602神明社24



そして裏参道の手水舎。

      0180602神明社25

セットで揃っていて、本当に裏参道?


こちらは、神楽殿。

      0180602神明社26


千葉県の天然記念物に指定された大榊の碑。
推定樹齢は1300年。

      0180602神明社27

推定樹齢は1300年と言うことですが、
残念ながら主幹が枯死してしまって、
現在は育成中の若木となっています。



そして、こちらにも在りました。
『かしわ七福神』

      0180602神明社28


大黒天が祀られていました。

      0180602神明社29

行く先々で七福神に遭遇すると、
やっぱり『かしわ七福神』も全部巡れ!と言うことだろうか?

いつか、改めて、全部回ってみたいなぁ。



大黒天の脇には、「十二座神楽記念碑」。

      0180602神明社30

毎年、秋の例大祭では、神楽殿で「十二座神楽」が奉納される。




こちらは、御神木になるのでしょうか?

      0180602神明社32
      0180602神明社33



駐車場下には弁天池。

      0180602神明社34

奥には弁財天を祀る小祠が2つ並びます。


弁天池(弁天社)の玉垣には、神明社の看板。

      0180602神明社35

下総塚崎って言うのが、良いですね。


こちらが、塚崎神明社の御朱印。

      0180602神明社36


墨書きかと思ったら、神明宮の文字はスタンプ。
何となく味気なく感じるのは、私だけ.........?


スポンサーサイト
2018/07/23 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

福満寺 《 手賀沼八景① 大井の晩鐘 》(2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、柏市の神社巡り。


大井の香取神社を参拝したあと、路駐した車に戻る際に
こんな看板を見かけました。

      20180602福満寺01

九曜紋に『大井七人衆影武者伝説の里』、『平将門大明神』
このような文言が書かれていたら、素通りはできません。

ちょっぴり、足を伸ばしてみましょう。

と言う事で立ち寄った先は.........福満寺


こちらが、福満寺の寺号標。

      0180602福満寺02



ここで、非常に残念な看板を目にします。

      0180602福満寺03

境内犬禁止。
でも、将門大明神には惹かれます。

ごめん! びいすけ。

境内入口のポールに びいすけ のリードを括り付け
ダッシュで境内を巡ります。

      0180602福満寺04



本堂。

      0180602福満寺05


本堂の扁額。

      0180602福満寺06

福満寺の御本尊は阿弥陀如来。



こちらは、割と新しい建物。

      0180602福満寺07

参集殿か何かでしょうか?


本堂の脇に建つ小さな祠。

      0180602福満寺08

こちらが、将門大明神らしい。

ちょっと意外。
って言うか、正直、期待倒れ。


せっかくだから、境内を急ぎ足で巡ります。


こちらが、観世音菩薩堂。

      0180602福満寺09

秘仏である「聖観世音菩薩」は聖徳太子作と伝えられ、
平将門公の重臣であった大井城主・坂巻若狭守の守本尊であったと言われているようです。


観世音菩薩堂の脇には、数多くの祠が建ち並びます。
准四国八十八所霊場の祠になるそうです。

      0180602福満寺11


写真で見ると、そうでもありませんが
実際に実物を見ると、かなり圧倒されます。

      0180602福満寺12


      0180602福満寺13


      0180602福満寺14

まさに、パワースポットと言う感じです。



こちらは、六地蔵。

      0180602福満寺10



こちらは、弁天池。

      0180602福満寺15

弁天池に祀られているのは「弁財天」。
天保十一年、上野・寛永寺の不忍池の弁財天を勧請したものらしい。

でも、弁財天を祀っているのに、
なぜか弁天池の前には別な七福神。


かしわ七福神の布袋尊が鎮座していました。

      0180602福満寺16

ここも、『かしわ七福神』の地だったのですね。



境内の片隅には、鬼瓦。

      0180602福満寺17

以前の本堂に使われていたモノのようです。



境内には、こんな案内図。


気になるのは、赤字で書かれた『大井晩鐘』。

      0180602福満寺18

どうやら、鐘楼があるみたいです。
見に行ってみましょう。


鐘楼は、境内からちょっと離れている。
びいすけ を連れて歩いて行きます。

竹林の道を歩いて行きますが、
道沿いにも祠が建ち並びます。

      0180602福満寺19


      0180602福満寺20



山門のように見えますが、鐘楼堂。

      0180602福満寺21

江戸時代に建てられたモノらしい。


正面から。

      0180602福満寺22



山号が記された扁額。

      0180602福満寺23



鐘楼堂には、こんな看板。

      0180602福満寺24


見て、びっくり。
手賀沼八景 大井の晩鐘 。

手賀沼八景って言うのも有ったんだ。
各地の八景巡りも追っかけているから
『手賀沼八景』、これも要チェックですね。









2018/07/22 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

大井香取神社 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、柏市の神社巡り。
廣幡八幡宮をあとにして、向かった先は...............大井香取神社。


本来は香取神社ですが、香取神社と言う社号は多く、
柏市内でも3つの香取神社が存在するようです。
そんな訳で、他の香取神社と混同しないように、
『大井香取神社』と表記させてもらいます。

大井香取神社は、柏市大井に鎮座する神社です。


地元の方々からは、「通称 氏神様」と呼ばれている大井の香取神社。
創建は不詳ですか、古伝によると元和年代以前より、
この大井の鎮守として祭られ、
聖上陛下の金婚を記念して改築し現在に至っているそうです。

御祭神は、経津主命。





こちらが、社号標。

      20180602大井香取神社01

社号標の隣には、千葉県神社庁の規範神社の認定碑。



一の鳥居。

      20180602大井香取神社02



境内には、二の鳥居もあるようです。

      20180602大井香取神社03



境内の狛犬。

      20180602大井香取神社04


      20180602大井香取神社05



手水舎。

      20180602大井香取神社06


定番の龍の吐出口。

      20180602大井香取神社07


こちらは、二の鳥居。

      20180602大井香取神社08


こちらには、神額が掲げられていますが、
汚れているのか?
はたまた逆光なのか?
良く見えません。

      20180602大井香取神社09



拝殿前の狛犬。

      20180602大井香取神社10


      20180602大井香取神社11



こちらが、拝殿。

      20180602大井香取神社12



拝殿正面。

      20180602大井香取神社13


      20180602大井香取神社14


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180602大井香取神社15


こちらが、本殿。

      20180602大井香取神社16



拝殿脇には、香取神社の碑。

      20180602大井香取神社17



境内社。
左から子安社、稲荷社、天神社。

      20180602大井香取神社18


大杉社。

      20180602大井香取神社19


春日社。

      20180602大井香取神社20



この一画には、石祠が建ち並びます。

      20180602大井香取神社21


境内入口の板碑。

      20180602大井香取神社22


      20180602大井香取神社23


      20180602大井香取神社24



こちらは、社務所のようですが、閉ざされていて無人。

      20180602大井香取神社25



御神木。

      20180602大井香取神社26
      20180602大井香取神社27
      20180602大井香取神社28


      20180602大井香取神社29
      20180602大井香取神社30


ネットの情報だと、御朱印が拝受でくるような事が
誰かのブログで書かれたいたような気がしていたけど
宮司さん宅に連絡したら、御朱印はやっていないとのことでした。

たまたま、参拝に来ていた初老の男性も御朱印をもらうために
何回か訪れているけど、いつも無人。
ネットで御朱印がもらえるような記事を見たって言っていた。

私が訪れた時に、入れ替わりで帰って行った若い3人組も
同じ思いだったのかなぁ.........?



2018/07/21 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............廣幡八幡宮 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、柏市の神社巡り。


神明神社をあとにして、廣幡八幡宮に向かいます。


廣幡八幡宮は、柏市増尾に鎮座する神社です。

創建は古く、第59代宇多天皇の御代「下総国第一鎮守宇多天皇勅願所」として
鎮座されたと伝えられているようです。
建久4年(1193年)後鳥羽天皇の御代に、
柏市近郊一帯の総鎮守(守護神)として再び社殿が創建されたそうです。

御祭神は、誉田別命、息長足姫命、玉依姫命。




こちらが、社号標。

      20180602広幡八幡神社01


鳥居。

      20180602広幡八幡神社02



鳥居に掲げられた扁額。

      20180602広幡八幡神社03



参道口には、千葉県神社庁の規範神社の認定碑。

      20180602広幡八幡神社04

格式高そうな神社ですね。


とりあえず、境内の犬禁止の札がないから大丈夫そう。
でも、周りの参拝客の迷惑にならないように参拝いたしましょう。



社殿へと続く参道。

      20180602広幡八幡神社05


参道には杉の木が立ち並びます。

      20180602広幡八幡神社06



手水舎。

      20180602広幡八幡神社07


定番の龍の吐出口。

      20180602広幡八幡神社08


参道の狛犬。

      20180602広幡八幡神社09


      20180602広幡八幡神社10



拝殿が見えて来ました。

      20180602広幡八幡神社11



こちらが、拝殿。

      20180602広幡八幡神社12



拝殿正面。

      20180602広幡八幡神社13


      20180602広幡八幡神社14


      20180602広幡八幡神社15


拝殿正面の彫刻。

      20180602広幡八幡神社16



拝殿に掲げられた扁額。

      20180602広幡八幡神社17



こちらが、本殿。

      20180602広幡八幡神社18

新緑の木々に隠れるように鎮座しています。



境内社。
多くの神社が祀られた合殿となっています。

      20180602広幡八幡神社19



こちらは、境内社の大杉神社。

      20180602広幡八幡神社20



古い石祠も大切に祀られています。

      20180602広幡八幡神社21



神輿庫。

      20180602広幡八幡神社22


こちらは、授与所のようですが、閉まっています。

      20180602広幡八幡神社23

年始の時など、参拝客が多い時に使われるのでしょうか?


こちらが、通常使用されている授与所。
社務所も兼ねているようです。

      20180602広幡八幡神社24



御朱印は、こちらで拝受出来ます。

      20180602広幡八幡神社25


ただし、書置きの御朱印になります。

      20180602広幡八幡神社26



参道の忠魂碑。

      20180602広幡八幡神社27


奉納された絵馬。

      20180602広幡八幡神社28



そして、御神木。

      20180602広幡八幡神社29
      20180602広幡八幡神社30



こちらが、廣幡八幡宮の御朱印。

      20180602広幡八幡神社31


柏の神社って、書置きの御朱印が多いみたいです。



2018/07/21 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

神明神社 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、柏市の神社巡り。


豊受稲荷本宮を出て、広幡八幡社に向かい車を走らせ
最初の信号で止まると、左手に神社が在る。

せっかくだから、ちょっと立ち寄ろう。


立ち寄った先は、神明神社。


神明神社は柏市富里に鎮座する神社です。


旧水戸街道に面した赤と白が一際目立つ社殿の神社ですが
立派な石鳥居が建っています。

明治初期に創建された神明神社。

御祭神は、天照皇大神。
昭和42年以前は、神明神社が鎮座する富里は、豊四季の一部でした。

明治新政府の殖産事業として、もと徳川幕府の上総牧場であった小金牧と佐倉牧を、
明治初年に明治新政府が東京府に命じて、
初富・二和・三咲・豊四季・五香・六実・七栄・八街・九美上・十倉
・十余一・十余二・十余三とつづいて開墾をされ、
この小金牧の内なる四番目の豊四季の一部で、
各地から、武士をはじめ次男・三男や世の変革によって
職を失った多くの人々が入植、移り住んで集落が形成されました。
やがて松並木の旧水戸街道沿い地域の人々のよりどころとして、
天照皇大御神を御祭神として現在地に神明神社を創建したそうです。



こちらが、社号標。

      20180602神明神社01



信号停止の際、目に留まった石造りの鳥居。

      20180602神明神社02



手水舎。

      20180602神明神社03



由緒書き。

      20180602神明神社04


こちらが、拝殿。

      20180602神明神社05



拝殿正面。

      20180602神明神社07



拝殿正面の扁額。

      20180602神明神社06


      
びいすけ も参拝。

      20180602神明神社08


こちらが、本殿。

      20180602神明神社09


豊受稲荷本宮の近くに、入植者の心の拠り所となる神社があったなんて
ちょっぴり驚きです。




2018/07/20 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............豊受稲荷本宮 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、柏市の神社巡り。


柏神社をあとにして、向かった先は.............豊受稲荷本宮


豊受稲荷本宮は、柏市豊四季に鎮神社です。

『豊受』と書いて『ゆたか』と読むそうです。
全国でも珍しい神仏混淆(神仏習合)の稲荷神社です。
戦後に創建された比較的新しい歴史の神社で、
京都の「伏見稲荷大社」からの勧請。
「伏見稲荷大社」と同様に神社本庁には属していない単立神社ですが、
創建者であり先代の宮司が神仏習合(神仏混淆)に拘り、
様々な神と仏を祀った、現代では珍しい神仏習合の神社だそうです。


意外に小さな神社であり、鎮守の森もなく
神社らしくない雰囲気もあり、最初は気付かずに
車で通り過ぎてしまいました(笑)


社号標の代わりの看板。

      20180602豊受稲荷神社01

それなりに大きいのに、何故気付かなかったのだろう!



鳥居。

      20180602豊受稲荷神社02

鳥居も建物の陰になっていて見過ごしたんでしょう。



鳥居に掲げられた神額。
(神仏習合だから、この場合は扁額か?)

      20180602豊受稲荷神社03



鳥居の先の狛犬。

      20180602豊受稲荷神社07


      20180602豊受稲荷神社08




拝殿。

      20180602豊受稲荷神社04

拝殿の一部は社務所の陰になり、
表通りからも分かりづらい。


拝殿正面。

      20180602豊受稲荷神社05



拝殿の扁額。

      20180602豊受稲荷神社06



拝殿の提灯。

      20180602豊受稲荷神社09

提灯がこんな形で吊るされているのは、寺院っぽい。




拝殿前の狛狐。

      20180602豊受稲荷神社10


      20180602豊受稲荷神社11



こちらが、本殿。

      20180602豊受稲荷神社12



境内末社。

      20180602豊受稲荷神社13



短い参道には赤い幟が立ち並ぶ。

      20180602豊受稲荷神社14


おっ! 七福神?

      20180602豊受稲荷神社15



台座の銘を見ると、『かしわ七福神』とある。

      20180602豊受稲荷神社16

かしわ七福神は、柏に住む人々によって結成された「かしわ七福神創立を考える会」が、
柏市にも七福神巡りを、と云う理念の基で活動を行っていたそうです。
数年前から七福神の像を設置し始めましたが
暫く、の間、寿老人と毘沙門天が未定であったため頓挫していました。
平成29年末に残りの七福神が決まり、
寿老人と毘沙門天の像も設置される運びとなったそうです。
しかしながら、未だ『かしわ七福神』として大々的にPRはされていないようです。


こちらが、かしわ七福神 福禄寿 。

      20180602豊受稲荷神社17



さて、豊受稲荷本宮の御朱印は何種類もあるようです。

      20180602豊受稲荷神社18

基本型と、季節限定のカラー(書置き版)。
この日は、限定版は6種類用意されていたようです。

基本版と限定版を1種お願いしました。


御朱印を待つ間、出されたお茶を飲んでます。

      20180602豊受稲荷神社19



こちらが、豊受稲荷本宮の御朱印。

基本型。墨書きです。

      20180602豊受稲荷神社20



8月末まで限定の『星空にむかって』バージョン。
書置きですが、見開き版。

      20180602豊受稲荷神社21

この限定とか、カラーバージョンや見開き版と言うのが曲者。
何となく商売っ気を感じちゃうんだけど...............

そうは言いながらも、ついついお願いしちゃうんだよなぁ(笑)




2018/07/20 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............柏神社 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、我孫子市に出かけ
その後、柏市に足を伸ばしました。


柏諏訪神社をあとにして、向かった先は.........柏神社。


柏神社は、柏市柏3丁目に鎮座する神社です。

古くから天王様とよばれて、街の人々に親しまれてきたそうです。
山形の羽黒神社と京都の八坂神社の両神が鎮座する合祀社です。
江戸時代に柏近辺で流行した疫病から人々を救うために、
厄除けとして名高い素戔嗚尊を境内に祀ったのが始まりとされています。


御祭神は、大山祇命、稲倉魂命、月読命、素戔嗚尊、稲田姫命。




こちらが、柏神社の社号標。

      20180602柏神社01


社号標の脇に大きな鳥居が建てられていますが
歩道からは写真に収めきれない。
後で、反対側の歩道から撮ろうと思っていたけれど
忘れちゃいました。
とにかく柏の市街地、それも中心に鎮座しているので
駐車場は無く、近くのコインパーキングに車を停めるしかない。
時間を気にしていると、ついつい忘れちゃいます。



境内の狛犬。

      20180602柏神社02


      20180602柏神社03



手水舎。

      20180602柏神社04



拝殿。

      20180602柏神社05



拝殿前にて。

      20180602柏神社06


      20180602柏神社07



拝殿正面。

      20180602柏神社08


      20180602柏神社09


      20180602柏神社10



拝殿前の狛犬。

      20180602柏神社13




こちらが、本殿。

      20180602柏神社12



こちらは、神楽殿。

      20180602柏神社14



神楽殿の隣は神輿庫。

      20180602柏神社21



由緒書き。

      20180602柏神社15



境内社。

      20180602柏神社16


      20180602柏神社17


こちらは、白山神社。

      20180602柏神社18



板碑。

      20180602柏神社19




古い石灯籠と青面金剛像。

      20180602柏神社20




御神木と思われるイチョウ。

      20180602柏神社22
      20180602柏神社23



柏は意外に都会?
まあ、佐倉に比べれば都会ですなぁ。

柏神社の近くには、ビルが多い。

      20180602柏神社24


      20180602柏神社25



境内には、季節の花 紫陽花。

      20180602柏神社26



こちらが、授与所。

      20180602柏神社11

御朱印は書置きですが、こちらで拝受できます。



こちらが、柏神社の御朱印。

      20180602柏神社27


柏神社も本務社の柏諏訪神社同様に
昨年暮れより、書置きになりますが
御朱印をいただけるようになったそうです。



2018/07/19 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............諏訪神社 (2018年6月2日)(千葉県柏市) 

6月2日

この日は、我孫子市に出かけました。

我孫子香取神社を参拝し、御朱印を拝受して
我孫子市の目的は達成。
さて、このあとはどうしょう?


お隣の柏市の神社巡りでもいたしましょう。


と言うことで、向かった先は...............柏諏訪神社




柏諏訪神社は柏市柏5丁目に鎮座する神社です。

創建年代は不詳ですが、江戸時代の創建と推測されるようです。
御祭神は、建御名方神。



こちらが、社号標。

      20180602諏訪神社01



鳥居。

      20180602諏訪神社02

鳥居に神額は無い。



手水舎。

      20180602諏訪神社03



定番の龍の吐出口。

      20180602諏訪神社04




境内の狛犬。

      20180602諏訪神社05


      20180602諏訪神社06



こちらが、拝殿。

      20180602諏訪神社07


      20180602諏訪神社08



拝殿正面。

      20180602諏訪神社09


      20180602諏訪神社10



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180602諏訪神社11



拝殿正面の提灯。

      20180602諏訪神社12



こちらが、本殿。

      20180602諏訪神社13



境内社。

      20180602諏訪神社14


      20180602諏訪神社15


      20180602諏訪神社16



小さな石祠も建ち並びます。

      20180602諏訪神社17


 
本殿裏にもびっしり。     

      20180602諏訪神社20


      20180602諏訪神社21



庚申塔。

      20180602諏訪神社18

神仏習合の名残りでしょうね。



こちらが、社務所。

      20180602諏訪神社22

この日は、なぜか無人。


貼り出された連絡先に電話を入れると
神社の隣の宮司さん宅にて、御朱印がいただけるそうです。


こちらが、柏諏訪神社の御朱印。

      20180602諏訪神社23

都合により、書置きの配布となりますが
一向に構いません。

柏諏訪神社は、御朱印の拝受を休止していたようですが
昨年の暮れより御朱印がいただけるようになったそうです。








2018/07/18 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............我孫子香取神社 (2018年6月2日)(千葉県我孫子市) 

6月2日

6月の第1土曜日。

この日は、我孫子市に向かいました。


目的は、我孫子駅近くの我孫子香取神社の参拝。



我孫子香取神社は、我孫子市緑に鎮座する神社です。


創建は不詳ですが、我孫子宿の鎮守の一つとして、
江戸時代の享保年間(1716~1735年)に創建されたと伝わります。
幕末期には我孫子村の鎮守だったそうです。
境内には周辺で祀られていた多くの石祠や庚申塔なども合わせ祀られていて、
江戸時代の神仏習合の名残りと思われます。

御祭神は、経津主命。


実は、毎月第1土曜日に限り、
御朱印が拝受できると知りやって来ました。



我孫子香取神社の参道口。

      20180602我孫子香取神社01



表参道口には社号標は無いみたいです。

      20180602我孫子香取神社02



こちらが、鳥居。

      20180602我孫子香取神社03



鳥居前の狛犬。

      20180602我孫子香取神社04


大小3対の狛犬が鎮座しています。

      20180602我孫子香取神社05



手水鉢。

      20180602我孫子香取神社06



こちらが、拝殿。

      20180602我孫子香取神社07



拝殿正面。

      20180602我孫子香取神社08



拝殿正面の扁額。

      20180602我孫子香取神社09



拝殿前の天水桶。

      20180602我孫子香取神社10



別アングルからの拝殿。

      20180602我孫子香取神社11



こちらが本殿。

      20180602我孫子香取神社12



本殿の裏手には社号標。

      20180602我孫子香取神社13

鳥居はないけれど、こちらが裏参道なのでしょう。



境内社。

      20180602我孫子香取神社14


      20180602我孫子香取神社15


      20180602我孫子香取神社16


      20180602我孫子香取神社17



鳥居脇の板碑。

      20180602我孫子香取神社18



神輿子。

      20180602我孫子香取神社19



社務所。

      20180602我孫子香取神社20



御神木。

      20180602我孫子香取神社21
      20180602我孫子香取神社22



この日、境内には朝市が開かれています。
毎月第1土曜日には、そんなに大きくはないけれど
朝市が開催され、書道家の女性が御朱印を墨書きしてくれます。

      20180602我孫子香取神社23



御朱印をお願いしました。

      20180602我孫子香取神社24



達筆な書体の墨書きをしてくれます。

      20180602我孫子香取神社25



こちらが、我孫子香取神社の御朱印。

      20180602我孫子香取神社26


月に1回しかないチャンス。
無事、そのチャンスをモノに出来ました。




2018/07/18 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............皇産霊神社 (2018年5月30日)(千葉県四街道市) 

5月30日

この日は、四街道市に出かけました。

向かった先は...............皇産霊神社



皇産霊神社は、四街道市和良比に鎮座する神社です。

創建時期等の詳細は不明です。
境内に由緒書き等の掲示もなく、御祭神も詳しくは分かりません。
ネットで調べてみると、神皇産霊尊(かみむすびのみこと)かと思われるような記載もありますが
確かではありません。

毎年2月に催される『和良比泥んこまつり』は、
こちらの神社の祭礼と言うことです。



こちらが、皇産霊神社の社号標。

      20180530皇産霊神社01

いつものデジイチカメラにメモリーカードを入れてくるのを忘れてしまい、大失態。
仕方がないので、今日はiPhoneにて撮影。



参道口。

      20180530皇産霊神社02



鳥居前にて。

      20180530皇産霊神社03


      20180530皇産霊神社04



鳥居に掲げられた神額。

      20180530皇産霊神社06



境内の狛犬。

      20180530皇産霊神社05



表情が何とも言えませんね。

      20180530皇産霊神社07



手水舎。

      20180530皇産霊神社10



なぜか、手水舎がもう一つある。

      20180530皇産霊神社11



拝殿。

      20180530皇産霊神社12


      20180530皇産霊神社13



拝殿正面。

      20180530皇産霊神社14



拝殿の扁額。

      20180530皇産霊神社15

そこには、なぜか『大六天』の文字。



別アングルからの拝殿。

      20180530皇産霊神社16


      20180530皇産霊神社17



こちらは、本殿。

      20180530皇産霊神社18


      20180530皇産霊神社19



境内社。

      20180530皇産霊神社20



石祠。

      20180530皇産霊神社21



本殿裏手には板碑も建ち並びます。

      20180530皇産霊神社22



御神木。

      20180530皇産霊神社23
      20180530皇産霊神社24


      20180530皇産霊神社25
      20180530皇産霊神社26



そして、こちらが皇産霊神社の御朱印。

      20180530皇産霊神社27




皇産霊神社は、普段は無人のため
本務社の佐倉市の麻賀多神社で拝受出来ます。


でも皇産霊神社が鎮座するのは四街道市。
どうみてもこの御朱印、佐倉って書かれているけど、
これって、書き手のミスかなぁ?


2018/07/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

マンホールカードを集めよう...............茨城県石岡市 その② (2018年5月22日)(茨城県石岡市) 

5月22日

この日は小美玉市に出かけ、その帰りに石岡市に立ち寄りました。


高浜神社をあとにして向かった先は、石岡市の市街地。
中心部にある 『まち蔵 藍』 。


石岡市では、平成28年の12月より2種のマンホールカードを配布しています。
そのカードの一つが、『まち蔵 藍』で配布されています。

実は、今年の1月に一度訪れているのですが
その日は定休日の木曜日。
定休日のことを頭に入れてなかったので、
その日は空振り。本日の再訪となった訳です。



こちらが、『まち蔵 藍』。

      20180522マンホール石岡②01

『まち蔵 藍』と呼んでいるようですが、看板には丁字屋。
 屋号でしょうか?


店内には駄菓子が置かれていて、昔の駄菓子屋ですね。


簡単なアンケートを記入して、マンホールカードいただきました。

      20180522マンホール石岡②02



入口のガラス戸には、マンホールカードの案内。

      20180522マンホール石岡②03

カードを並べて.............ゲットだぜ!(笑)。



そして、マンホールカードのモデルになったカラーマンホールは
『まち蔵 藍』から30mぐらい先。
お隣りの金比羅神社の白い鳥居の前の歩道に設置されています。

      20180522マンホール石岡②04



マンホール見っけ!

      20180522マンホール石岡②05


      
びいすけ とカラーマンホールとマンホールカード。
一緒にパチリ☆。

      20180522マンホール石岡②06



石岡のこの辺りは旧街道。
昭和の風情を残した古い建物も残っています。

      20180522マンホール石岡②07



こちらが、本日のマンホールカード。
石岡市(A001)

      20180522マンホール石岡②08


      20180522マンホール石岡②09

マンホールのデザインは、毎年9月に祭行される「常陸國總社宮例大祭」(通称:石岡のおまつり)の
幌獅子をモチーフとしています。
創建千年を誇る古社・常陸國總社宮の最も重要なお祭りです。


さて、これで石岡市のマンホールカードも2種揃いました。
次は、どこの町でマンホールカードをもらってこようかな?


2018/07/16 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

高浜神社 (2018年5月22日)(茨城県石岡市) 

5月22日

この日は茨城県の小美玉市に出かけました。
その帰り道、お隣りの石岡市にも立ち寄りました。

茨城百景の 高浜の釣り場 である恋瀬川から
高浜駅に戻る途中に、藁葺き屋根の社殿の神社を見つけたので、
立ち寄ってみる事にしました。


こちらが、その神社の鳥居。

      20180522高浜神社01



鳥居の先には、説明板。

      20180522高浜神社02


その神社は 高浜神社。


高浜神社は、石岡市高浜に鎮座する神社です。

高浜神社は,県道沿いの低地に鎮座し、
古くから高浜の鎮守として尊崇を集めてきたそうです。
その昔、国府が現在の石岡市に置かれ,国司が都から着任すると
当国内の大社に報告のための参拝や,毎年奉幣,祈願に参向する習わしがありました。
常陸国では鹿島神宮が第一大社であったため,
国府の外港である高浜から船で鹿島まで行くことになっていましたが,
天候悪化などで出航できないときは,高浜の渚にススキ,マコモ,ヨシ等の青草で仮殿(青屋)を造り,
鹿島神宮を遥拝して来たそうです。

御祭神は、武甕槌尊。
配祀は月読命、菅原道真。




手水鉢。

      20180522高浜神社03

水が枯れているから、お参りに訪れる人も少ないんでしょう。



こちらが、拝殿。

      20180522高浜神社04

藁葺き屋根とは、ちょっと驚き。


別アングルからの拝殿。

      20180522高浜神社05



こちらが、本殿。

      20180522高浜神社06



これまた、藁葺きの屋根。

      20180522高浜神社07

再び、驚きです。



こちらは、社務所のようですが無人。

      20180522高浜神社08



石祠。

      20180522高浜神社09



こちらにも末社と思われる石祠。

      20180522高浜神社10


      20180522高浜神社11



力石。

      20180522高浜神社12



本殿裏手の参道口の鳥居。

      20180522高浜神社13



こちらは、弁財天?
はたまた水神社?

      20180522高浜神社14

人工池の中に祠が建っています。


『高浜の海』の説明板。

      20180522高浜神社15


常陸国の人々にとって、筑波山の他にこの高浜の海も
霊感あらたな場所であったようです。


創建時期など不詳ですが、この藁葺きの社殿を見ただけでも
長い歴史を感じてしまう高浜神社。

こんな神社もあったんだと、思い知らされました。




2018/07/15 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

茨城百景 《 高浜の釣り場 》(2018年5月22日)(茨城県石岡市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけていました。

小美玉市からの帰り道。
石岡市を通過して、佐倉の自宅へと向かいます。
そう言えば、石岡市でも数ヶ所気になっていた場所がある。
せっかくだから、立ち寄って行きましょう。


と言うわけで、立ち寄った先はJR常磐線 高浜駅。
実は、この高浜駅前に茨城百景の碑が在ると言うことです。


駅前のロータリー(?)の片隅に碑を発見!

      20180522高浜の釣り場02



『 茨城百景 高浜の釣り場 』としっかり刻まれています。

      20180522高浜の釣り場01



碑の脇には、周辺の観光案内図。

      20180522高浜の釣り場03

ちょっと古いけれど、参考になります。


とにかく、釣り場と言うからには水辺。
水辺に行かなきゃ話にならない。
先程の地図によれば、近くに恋瀬川が流れ
それが、霞ヶ浦に流入している。
昭和20年代には、恋瀬川は格好の釣り場だったのでしょうか?


恋瀬川目指して歩いてみましょう。

      20180522高浜の釣り場04

初めての場所だから、匂い嗅ぎに夢中な びいすけ のペースに合わせ
恋瀬川方面へと進みます。

10分ほど歩けば、恋瀬川の堤防に出ました。

      20180522高浜の釣り場05



茨城百景が選定されたのが、昭和25年。
あれから、かなりの年月が経ったから景色も様変わりしている事でしょう。


恋瀬川に架かる、こんな橋も無かった事でしょう。

      20180522高浜の釣り場06


      20180522高浜の釣り場07



護岸も改修されて、きっと往時とは変わっているかと思うけれど、
これが、茨城百景 高浜の釣り場 です。

      20180522高浜の釣り場08



茨城百景全てを巡り切るのは、かなり難しいとは思うけれど
一つずつ、クリアしていければ良いなぁ...............。





2018/07/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

乗越神社 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。


耳守神社をあとにして、向かった先は...............乗越神社


乗越神社は、小美玉市羽鳥に鎮座する神社です。


昭和49年(1947年)京都・伏見の羽束師坐高御産日神社より御分霊を観請し創建。
羽束師坐高御産日神社は、477年の創建とされ、
式内大社として、延喜式にも記載がある古社です。
「むすび」の御神徳が顕著と言われているため
乗越神社も縁結びの神として人気があるそうです。

御祭神は、高皇産霊大神(たかみむすびのかみ)、
神皇産霊大神(かみむすびのかみ)。



社号標は見当たりませんでしたが
道路沿いに看板が建っています。

      20180522乗越神社01



乗越神社の鳥居。

      20180522乗越神社02



社殿前にて。

      20180522乗越神社03


      20180522乗越神社04



社殿正面。

      20180522乗越神社06


      20180522乗越神社05


      20180522乗越神社09



社殿正面に掲げられた扁額。

      20180522乗越神社07



乗越神社の提灯。

      20180522乗越神社08


     
別アングルからの拝殿。

      20180522乗越神社10



こちらは、手水舎。

      20180522乗越神社11



こちらは、神楽殿のようです。

      20180522乗越神社12



境内社。

     20180522乗越神社13


こちらが、社務所。

     20180522乗越神社14

御朱印は、こちらで拝受出来るようですか
なぜか、この日は社務所が無人。
どうやら、宮司さんは外出中のようです。

残念ながら、この日御朱印をいただく事は出来ませんでした。
こんな事もあるでしょう。

また近くに来ることがあったら
その時にでも立ち寄りましょう。






2018/07/14 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............耳守神社 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。


小川城址をあとにして、向かった先は...............耳守神社


耳守神社は、小美玉市栗又四ケに鎮座する神社です。

地元では「みみっちょ様」と呼ばれている神社で、
全国でも珍しい耳の病に霊験があると言われている神社です。
耳守の名は、平安時代の末期の、平繁盛の孫娘千代姫の耳の病気の伝説に由来するそうです。
「耳がよく通るように」と、竹筒の両端に紐を通した絵馬は、

御祭神は、千代姫命。

こちらが、耳守神社の社号標。

      20180522耳守神社01



鳥居。

      0180522耳守神社02



社殿。

      0180522耳守神社03



手水鉢。

      0180522耳守神社04



狛犬。

      0180522耳守神社05


      0180522耳守神社06



再び、社殿(拝殿)。

      0180522耳守神社07



拝殿正面。

      0180522耳守神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      0180522耳守神社09




拝殿正面には、何やら奉納されています。

      0180522耳守神社10



「耳がよく通るように」と、竹筒の両端に紐を通した絵馬。

      0180522耳守神社11


      0180522耳守神社12

実は、この耳守神社は日本で唯一の耳の病気に効く神社だと言うことです。
そのため、奉納されている竹筒には『耳の病気が治りますように』と言った
願い事が書かれています。


と言うのも耳守神社については、このような民話が伝わるからだそうです。

昔々、今の栗又四ケは平国香(平将門の叔父)の孫の飯塚兼忠によって治められていました。

兼忠には妻と可愛らしい娘がいました。
娘は千代姫と言い、両親からとても大切に育てられていました。
しかし、千代姫は兼忠から話しかけられても返事をしないときがあります。
千代姫は耳が聞こえなかったのです。

兼忠は千代姫が育つにつれ、娘の将来が心配になりました。
また、千代姫も自分が他の人と違うことに気付きはじめました。
そこで、兼忠夫婦は娘のためと覚悟を決めて、
熊野の神様に断食をしながら願掛けをしました。

それから数日すると千代姫が驚いた表情で夫婦のもとにやってきて、
なにかを伝えようとしました。
言葉にできませんでしたが、千代姫の耳はきこえるようになったのです。

千代姫の耳はだれよりも優れていました。
そんな千代姫のことを里の人々は親しみを込めて
「館の耳千代様」と呼んでいました。

千代姫が33歳を迎えると、ささいな病が次第に悪化して
不治の病となってしまいました。
死期を悟った千代姫は「自分が死んだらこの地に神社を建ててください。
わたしはそこで里の人々を耳の病から守りたいのです」
そう両親に伝えると、そのまま息を引き取りました。

その後、千代姫の遺言どおりに神社が建てられ.
『耳守神社』と名付けられました。


なるほど、そう言うことだったんですね。





こちらが、本殿。

      0180522耳守神社13



境内の石祠。

      0180522耳守神社15



神仏習合の名残りか?
青面金剛像。

      0180522耳守神社14




こちらが、耳守神社の御朱印。

      0180522耳守神社16

無人の耳守神社。
本務社の素鵞神社で拝受出来ます。



押し寄せる年波には勝てない。
最近、聴力の衰えを感じなくもない。
お詣りしたから、少しは耳に良くなるのかな?



2018/07/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

小川城址 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。


小美玉市の素鵞神社に参拝をいたしました。
実は、素鵞神社が鎮座している台地は、
かつての小川城の城跡でした。


小川城は、別名を園部城とも呼ばれています。
築城時期は定かではありませんが、建久年間(1190年~1199年)に
下河辺政平によって築かれたと言われています。

下河辺氏は藤原秀郷の後裔で下総国葛飾郡下河辺荘の発祥と言い、
政平の嫡男であり政義は、小川氏を名乗り代々と続きます。
室町時代になると小川氏は衰退してしまい、
やがてこの地は、常陸国筑波郡小田邑(現在の茨城県つくば市小田)を本拠とした
小田政治によって、享禄元年(1528年)に家臣の薗部兼泰を小川城主として置き、
対立する大掾氏への備えとしました。

天正年間(1573年~1592年)末期には、佐竹氏の城となり
茂木治良が在城しましたが、
慶長7年(1602年)、関ヶ原の戦いで勝利を収めた徳川家康の命により
佐竹氏が秋田に転封されると茂木氏もこの地を去りました。
その後、戸沢氏の領地てたなりましたが、最終的には水戸藩領となりました。

小川城は現在の小川小学校一帯に築かれていたと言われます。
文献によれば、小学校の南東側に本丸を配し、
北西側に二の丸、北東の小川公民館側に三の丸があったようです。
残念ながら、遺構はほぼ消滅しているようです。




こちらが、小川城の縄張り図。

      20180522小川城址

( 余湖さんのHP よりお借りしました )



こちらが、小川城の大手口。

      20180522小川城址01

碑か何かがあれば良いんだけど、そう言った類いのモノは無い。



びいすけ の背後に見えるのが、小川公民館。

      20180522小川城址02

小川城の三の丸にあたります。


こちらが、公民館入口。

      20180522小川城址03

この奧が三の丸だったんですね。



こちらは、小川小学校正門。

      20180522小川城址04

小川小学校の建つ場所が、小川城の本丸跡。
平日の午後、門扉は閉ざされ中へ入ることは出来ません。
まさしく、攻略不能の本丸です。


正面玄関のロータリーの植え込みの中に
『小川城址』の碑が在るようですが、
残念ながら確認出来ず.............



小学校の裏手に回ってみました。

      20180522小川城址05

授業の最中に、校庭を怪しい男が犬連れで歩いている.........
そんな通報をされても困るから、フェンス越しに眺めるだけ。


かつては校庭の中央には土塁と堀があって
本丸と二の丸とを区画していたようです。
因みに、校舎側が二の丸、校庭側が本丸だったと言う事です。



学校の下。
ちょうど、二の丸の切岸。

      20180522小川城址06


      20180522小川城址07


      20180522小川城址08



素鵞神社脇。

      20180522小川城址09

隣に車道がありますが、ここは本丸と三の丸を隔てる堀跡。


こちらが、その車道。

      20180522小川城址10

何となく、堀跡っぽく見えなくもない。



冒頭の縄張り図で言うところの、台の坊。
土塁らしき土壇が残っています。

      20180522小川城址11


      20180522小川城址12



台の坊の下。
堀跡がのこっています。

      20180522小川城址13



縄張り図で言うところの上宿。

      20180522小川城址14

素鵞神社の社号標が建っています。



廃城になった城郭が神社になっていたり、学校になっていたりするパターンは多い。
この小川城は、完全にそのパターン。
城郭が宅地化されて遺構が無くなってしまった事は残念だけど
城郭跡を示す碑は、もうちょっと考えて建てて欲しかったな。

せめて、校門脇の敷地外(公道上)だったら良かったのに.............



2018/07/13 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............素鵞神社 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。
手接神社をあとにして、向かった先は...............素鵞神社


素鵞神社は、小美玉市小川に鎮座する神社です。

亨禄2年(1529年)橋本源左衛門、孫左衛門兄弟が
園部川より神像を掬い上げました。
その神像は、兄弟に「吾は是牛頭天王にして陰神、陽神也。
将に当所の鎮守とならん。」と神託を言い渡しました。
翌年、園部城(小川城)主・園部宮内少輔の命により分祭され、
陰神・櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)を城内に、
陽神・素戔鳴命(スサノヲノミコト)が城外にそれぞれ鎮座されました。
当初は、天王宮と尊称していましたが、皇国に恐れ多いこと、神仏混淆の社号であることを理由に
天保年間に、素鵞神社に改められたそうです。
また、明治2年(1869年)、高台の旧小川城外曲輪のあった現在地に遷座したそうです。

御祭神は、素戔鳴命。


こちらが、素鷲神社の社号標。

      20180522素鵞神社01

元々の素鷲神社(天王宮)は、この近くに在ったらしい。
社号標から先は参道でもあるが、小川城(園部城)の登城路でもあったようです。



素鷲神社の鳥居。

      20180522素鵞神社02

鳥居の前に数台停められる駐車スペースがありますが
小学校が隣接しているため、学校関係者(PTA?)の車が占拠状態。



玉垣にも素鷲神社の銘。

      20180522素鵞神社03



見たくもない、看板が目に入りました。

      20180522素鵞神社04

残念。
びいすけ は鳥居前まで。
境内はNGだから、車の中で待機してもらいます。



鳥居をくぐれば参道。

      20180522素鵞神社05



参道口には石碑が建ち並びます。

      20180522素鵞神社06


      20180522素鵞神社07



こちらは、由緒書き。

      20180522素鵞神社08



手水舎。

      20180522素鵞神社09



定番の龍の吐出口。

      20180522素鵞神社10



こちらが、拝殿。

      20180522素鵞神社11



拝殿正面。

      20180522素鵞神社12



拝殿正面の彫刻。

      20180522素鵞神社13



拝殿正面の扁額。

      20180522素鵞神社14



拝殿正面の屋根部。

      20180522素鵞神社17



別アングルからの拝殿。

      20180522素鵞神社15


      20180522素鵞神社16


     
拝殿前の狛犬。

      20180522素鵞神社18


      20180522素鵞神社19



こちらが、本殿。

      20180522素鵞神社20


      20180522素鵞神社21



境内社の稲田姫神社。

      20180522素鵞神社22



こちらが、素鵞神社の隠神にあたります。

      20180522素鵞神社23



元々は、小川城の本丸(現在の小川小学校の敷地内)に鎮座していたそうです。

      20180522素鵞神社24



境内末社。

      20180522素鵞神社25



境内社の稲荷神社。

      20180522素鵞神社26



同じく、境内社の秋葉神社。

      20180522素鵞神社29

本殿の真裏に鎮座しています。



神輿庫

      20180522素鵞神社27



こちらの素鵞神社の例祭は、『祇園祭り』と呼ばれています。

      20180522素鵞神社28

一般に「小川のぎおん」として毎年7月中旬に祭行され、
多くの人々に親しまれており、
一年で最も小川の街が活気に溢れる夏の風物詩となっているそうです。



      
こちらが、授与所。

      20180522素鵞神社30


      20180522素鵞神社31

兼務社を含め、6種の御朱印を拝受出来ます。



御神木。

      20180522素鵞神社32
        20180522素鵞神社33



      20180522素鵞神社34


      20180522素鵞神社35
      20180522素鵞神社36



こちらが、素鵞神社の御朱印。

      20180522素鵞神社37



そして、境内社の稲田姫神社の御朱印。

      20180522素鵞神社38


陽と陰。
二つの神社の御朱印、いただきました〜!!





2018/07/13 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

手接神社 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。

百里神社をあとにして、次なる目的地に移動中に
こんな看板を見かけました。

      20180522手接神社01

日本に1社。
かっぱの神様?
河童の絵も描かれている...........


気になりますねぇ...............


と言うことで、急遽立ち寄った先は...............手接神社

手接神社は、小美玉市与沢に鎮座する神社です。
手接と書いて『てつぎ』と読みます。

創建は、文明13年(1481年)。
芹沢城主・芹沢隠岐守俊幹が祭祀し、
当初は与沢村神橋に鎮座していたそうです。

永正4年(1507年)与沢村上与沢篠原神社の社地に遷座し、
相殿に祭祀し手接神社と称したそうです。

御祭神は、罔象女命(みづはのめのみこと)、大己貴命(おおなむぢのみこと)、
少彦名命(すくなひこなのみこと)の三柱である。


手接神社には、このような伝説が在るそうです。

1465年(寛正6)頃、芹沢村領主・芹沢俊幹が梶無川を通りかかった際に
乗っていた馬の尾を河童に掴まれてしまいました。
俊幹は、刀で河童の手を切り落として難を逃れました。
そして、俊幹は切り落とした河童の手を屋敷に持ち帰りました。

その夜、手首のない河童が俊幹の屋敷にやってきて来ました。
河童は「七郎河童」と名乗り、昼間の非礼を詫び、
「このままでは魚も捕れず、老いた母を養うことも出来ません。
どうか手を返して下さい。手はつなぐことができます。
もし、お返しいただけるなら毎日魚を届けにきます。
そして、先祖から伝わる秘伝の薬の作り方をお教えします」と泣いて懇願しました。

初めは半信半疑だった俊幹も母を思う気持ちに心打たれ、手を返しました。
河童は約束を守り、薬の秘法ときりすね等を俊幹に伝えました。
そして、翌日から2匹の魚が毎日館に届けられるようになりました。

それから数年経ったある日。いつも届けられるはずの魚がありません。
河童を心配した俊幹が川に行くと、川の中に七郎河童の死体が見つかりました。
不憫に思った俊幹は、梶無川のほとりに小さな祠を建てて
「手接大明神」として七郎河童を祀ったそうです。

なるほど、それで河童の神社なんですね。



こちらが、手接神社の社号標。

       20180522手接神社02


漬物工場の脇を歩き、参道口にも社号標。

      20180522手接神社03



参道。

      20180522手接神社04



鳥居。

      20180522手接神社05



鳥居脇には、河童の碑。

      20180522手接神社17



手水舎。

      20180522手接神社07



拝殿前にて。

      20180522手接神社08



拝殿前の狛犬。

      20180522手接神社09


      20180522手接神社10



拝殿正面。

      20180522手接神社11

賽銭箱は置かれておらず、直接拝殿に投げ入れるようになっています。



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20180522手接神社12



さらには、別な扁額も飾られています。

      20180522手接神社13



別アングルからの拝殿。

      20180522手接神社14



拝殿脇には、なぜか手袋が奉納されている。

      20180522手接神社15

この手接神社は手の病気を治すと言われており、
手袋を奉納する人が多いみたいです。



こちらが、本殿。

      20180522手接神社16


      
境内社。

      20180522手接神社18


      20180522手接神社19


      20180522手接神社20


      20180522手接神社21


小さな祠も参道沿いに並びます。

      20180522手接神社22


境内の片隅には板碑群。

      20180522手接神社23



とても珍しい河童の神社。
手の病気も治すと伝わる神社。

残念ながら、宮司さんは90歳を越す高齢のため
御朱印は拝受していないらしい。

でも、貴重な神社に参拝する事が出来ました。


2018/07/12 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............百里神社 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。

羽木上森林公園をあとにして、向かった先は...............百里神社



百里神社は、小美玉市山野に鎮座する神社です。

茨城空港や自衛隊の百里基地に近い場所です。
創建時期、御祭神等の詳細は不明ですが、
一説によれば、その昔には百里原海軍航空隊施設内に
鎮座していたともされているようです。


百里神社の看板が見えて来ました。

      20180522百里神社01



看板に導かれ、左方向へ進むと...............

びっくり!!

      0180522百里神社02

まあ、見事に周りの木々が伐採されている。


ネットで過去に訪れた方々の情報では、
参道入口を探すのも大変なくらいの藪の中と言う話だったが...............



社号標。

      0180522百里神社03

以前は、この社号標も見えないくらいの藪だったらしい。



こちらが、鳥居。

      0180522百里神社04

コンクリート製の鳥居。
基礎部が飛行機の車輪のような独特なフォルム。



そして、こちらが社殿。

      0180522百里神社05

これまた、コンクリート製。


屋根も一部壊れている。

      0180522百里神社06


      0180522百里神社07


      0180522百里神社08



社殿から鳥居方向の眺め。

      0180522百里神社09



少し離れた位置から眺める鳥居と社殿。

      0180522百里神社10


周りの竹や木々を伐採したのは分かるけれど
何か殺伐としていて、荒れ果てた感じがする。



こちらが、百里神社の御朱印。

      0180522百里神社11

航空機(戦闘機)を印にした珍しい御朱印です。


御朱印は、百里神社を兼務している素鵞神社で拝受出来ます。


素鵞神社の宮司さんに百里神社の事を訊いたら

①東日本大震災で社殿が一部壊れたらしい。
②近隣の方々から苦情がきてしまったようで
地主さんが藪状態の敷地の伐採に踏み切ったと言うことです。

でも、ずっとこのままなのかなぁ?



2018/07/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

羽木上森林公園 (2018年5月22日)(茨城県小美玉市) 

5月22日

この日は、茨城県の小美玉市に出かけました。


小美玉市の丸ポストの写真を撮る際に、
丸ポストの場所の近くにある羽木上森林公園の駐車場に
車を置かせて貰いました。

駐車場だけ利用して、森林公園に寄らない訳にはいかないでしょう。
と、言うことで羽木上森林公園に立ち寄りました。


こちらが、羽木上森林公園の入口。

      20180522羽木上森林公園01



公園案内図をチェックします。

      20180522羽木上森林公02

とは言え、自治体によっては森林公園と名が付く公園には
犬連れNGの公園があったりする。

『迷惑をなくしましょう』と言うことは
犬連れ禁止ではない。

      20180522羽木上森林公03



それでは、迷惑をかけないように、森林公園を散歩いたしましょう。

      20180522羽木上森林公04



入口に在った案内図を見る限り、広い芝生があるようなので
芝生広場を目指しましょう。

      20180522羽木上森林公05



木々に囲まれた薄暗い道を歩いていると、いきなり視界が開けた。
ここが芝生広場?
案内図とは位置関係が違う。

      20180522羽木上森林公06

芝生広場だとしても、雑草が生い茂り、
あまり管理が行き届いていないみたい。


案内図を信じて、さらに奥に進んでみます。

      20180522羽木上森林公07



でも案内図が示していた芝生広場へ行く導線が見つからない。

      20180522羽木上森林公08



再び明るくなり、視界が開けたと思ったら...............

      20180522羽木上森林公09

そこには、多くのソーラーパネルが建ち並んでいます。

えっ! 芝生広場が無い!!


YahooマップやGoogleマップの航空写真を見ても
このソーラーパネルの塊は映っていないんだよなぁ。
どうやら、最近建てられたモノなんだろうか?


以前は、この先も森林公園だったはず。
でも、今はフェンスが張られ、立入り禁止ゾーン。



仕方がないから、戻りましょう。

      20180522羽木上森林公10


      20180522羽木上森林公11



再び、森の中を散策します。

      20180522羽木上森林公12



いろんな匂いが混在しているからか?
こう言った雑木林の中を徘徊するのが、 びいすけ は好きみたい。

      20180522羽木上森林公13



平日の午前中。
ましてや、あまり知れ渡っていない森林公園。
訪れる人も居ない。
びいすけ のリードをフリーにして、
びいすけ の後ろを付いていくことに。

      20180522羽木上森林公14


      20180522羽木上森林公15



再び、視界が開けて来たけれど、求めていた芝生広場じゃない。

      20180522羽木上森林公16


結局、不完全燃焼状態でこの地をあとにする事になりました。
まあ、 びいすけ は、ウンチとオシッコが出来たから
これはこれで良かったのかな...............?


2018/07/11 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit