02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

心の駅 外房七福神⑦ 《 西善寺 福禄寿 》  (2017年1月21日)(千葉県いすみ市) 

1月21日 公休日

毎年、1月のこの時期に集中的にしている七福神巡り。

今回は、房総半島のいすみ市、一宮町に点在する
『心の駅 外房七福神』巡りにチャレンジです。


心の駅 外房七福神は

寿老人     観明寺    一宮町
布袋尊    東漸寺    一宮町
恵比寿    遍照寺     一宮町
大黒天    法興寺    いすみ市
毘沙門天   行元寺    いすみ市
弁財天    三光寺    いすみ市
福禄寿     西善寺    いすみ市

と、このような構成になっています。


そんな『心の駅 外房七福神』巡りの最終章
西善寺の福禄寿です。


西善寺は天文三年(1534)法印慈光の開基と伝えられる。
戦国時代、この地は臼井将監定澄の支配地でしたが、里見氏の軍勢に攻められて
里見家の支配下になり、西善寺も焼失してしまったそうです。
本堂は文化六年(1809年)に、再建されたものとされています。
西善寺の御本尊は阿弥陀如来です。
その阿弥陀如来は秘仏で年に1月1、2、3日にだけ公開するそうです。


福禄寿は
長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神様として信仰されています。
ご神名は伊装諾尊。長寿の神ですが、
一般には人々の幸福、授かる財物、人々の寿命を司る神様として親しまれています。



こちらが、西善寺の山門。

      20170121西善寺 福禄寿01

本堂は正面にありますが...............


こちらが閻魔堂。

      20170121西善寺 福禄寿02


閻魔を描いた地獄図。

      20170121西善寺 福禄寿09      

閻魔堂の脇に飾られています。

西善寺では、毎年、1月15日、16日。7月15日、16日が
『えんまさま御縁日』となっているようです。



こちらは薬師堂。

      20170121西善寺 福禄寿10

毎月8日がお薬師さんの御縁日だそうです。




こちらが本堂。

      20170121西善寺 福禄寿03



本堂に掲げられた扁額。

      20170121西善寺 福禄寿12


本堂に向かって右側には石仏群。

      20170121西善寺 福禄寿08




本堂に向かって左側には、ずらっと並ぶ七福神。

      20170121西善寺 福禄寿04


      20170121西善寺 福禄寿05

どうやら、ここに七福神全て揃っていますが、目的の福禄寿はコレじゃない。



『心の駅 外房七福神』の福禄寿は、この奥にあるみたい。

      20170121西善寺 福禄寿06


扉は閉まり、鍵も掛かっていて中には入れない。


ガラス越しにパチリ☆。

      20170121西善寺 福禄寿07

木像の立派な福禄寿のようですが、個人的には立派じゃなくても良いから
気軽に触ったり、拝めることの出来る七福神像の方が良い。



西善寺の墓地奥には、樹齢1000年を超えるシイノキがあります。

      20170121西善寺 福禄寿11


とりあえず、これで『心の駅 外房七福神』の福禄寿も制覇。
そして、『心の駅 外房七福神』巡りも完了です。

朝から一宮町、いすみ市と車で走り抜け、七福神巡りも制覇して
ほんのちょっぴりの充実感を胸に帰路に着くのでありました...............。





スポンサーサイト
2017/02/14 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

椿公園  (2017年1月21日)(千葉県いすみ市) 

1月21日 公休日

この日は、『心の駅 外房七福神』巡りでいすみ市に出かけました。

いすみ市には、以前から気になっていた公園があるので
これ幸いと、そちらの公園にも足を伸ばして見ました。

向かった先は...............椿公園




椿公園は、ふるさと創生事業の一環として千葉県地域観光振興事業により進めてきたものです。
旧・大原町の町木である椿を植栽し、散策や観賞を楽しむ場として整備されました。
公園内は、自然を残し、樹林の保全に留意しつつ多種の椿を植栽し中心施設の設置と、
観賞・散策のための園路・吊橋・四阿・展望台などを設置しました。

元々、旧・大原町は昭和40年に椿を町木に制定し
椿が多数群生する、若山・深堀・日在地区には椿が多数群生しており、この地区を「椿の里」として
その保護・育成に努めてきました。

椿に溢れた中を散策や鑑賞を楽しむ場として「椿公園」が整備されました。



 
こちらが、椿公園の入口。

      20190121椿公演01



案内板は錆びで赤茶けて説明文が読めない。
とりあえず、園内図が見えるだけでも良しとしましょう。

      20190121椿公演02



公園に入ると、いきなり正面に吊り橋。

      20190121椿公演03



この吊り橋が、この椿公園のウリの一つ。

椿公園には、吊り橋が2つあり、こちらが長さ70mの大吊橋。

      20190121椿公演04


多少の揺れを感じながら、大吊り橋を渡っていると
視界に長さ40mの吊り橋が入ってきます。

      20190121椿公演05


反対側には堰(ため池)も見えます。

      20190121椿公演06

吊り橋の上からの眺望も中々のモノ。



大吊り橋を渡ると、散策路は台地(山)を登るようになります。

      20190121椿公演07



この先には展望台があるようです。

      20190121椿公演08


とりあえず、展望台を目指して、尾根沿いの散策路を歩きます。

      20190121椿公演09



展望台は間も無く。
最後の登りはやっぱりツライ。

      20190121椿公演10



展望台に到着。

      20190121椿公演12


展望台と言うだけあって、眺望に長けています。

      20190121椿公演11


      20190121椿公演13



展望台に来るまで、登りの山道(?)の足元に気を取られていて気付かなったんだけど
展望台の脇の斜面に椿の花。

      20190121椿公演14



展望台から、一気に下っていきます。

長さ40mの吊り橋を逆アングルから。

      20190121椿公演15



40mの吊り橋も渡り、公園の一番低い辺りへと向かいます。

      20190121椿公演16

周りには椿の木がいっぱい。


所々に赤い椿の花が咲いていますが、まだ早いのか? 蕾が多い。
椿って冬の花だから、1月中旬の今が見頃じゃなかったっけ?

40mの吊り橋の下は、まるで椿畑。

      20190121椿公演18


      20190121椿公演19



70mの大吊り橋を下から見上げて見ます。

      20190121椿公演17

やっぱり、デカい。




      
こちらが西の谷堰。

      20190121椿公演20



西の谷堰は、そんなに大きくはないから
ぐるっと一周してみましょう。

西の谷堰越しの大吊り橋。

      20190121椿公演21


種類は違うと思うけれど、ピンクの花弁の椿の花。

      20190121椿公演22



こちらは、今が見頃っぽい。

      20190121椿公演23


      20190121椿公演24




再び、大吊り橋を見上げながら、駐車場へと戻ります。

      20190121椿公演25


大吊り橋の先には、先ほど登った展望台。

      20190121椿公演26




わざわざ訪れる公園では無いかも知れないけれど
花好きな方や、椿の花を堪能したい人にはオススメかも知れない。

いすみ市に来ることがあって、時間があって、
散策路を歩くのが好きな人には御誂え向きの公園になるでしょう。



2017/02/13 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

トンボの沼  (2017年1月21日)(千葉県いすみ市) 

1月21日 公休日

この日は、『心の駅 外房七福神』巡りで、いすみ市に出かけました。

いすみ市には、以前から気になっていた公園と言うか、スポットがありました。
せっかくいすみ市に来たのだから、立ち寄らない手はない。

と言うことで、立ち寄った先は...............トンボの沼



トンボの沼は、昔は農業用水の『高田堰』と呼ばれていた堰でしたが
平成6年(1994年)にトンボ沼としていすみ市によって開設され、
千葉県いすみ環境と文化のさとセンターの施設の一つとして運用されています。
と言っても料金は無料。休憩室も設置されており、トイレも完備。
休憩室内には、トンボの沼やホタルで有名な山田川の動植物の写真などが展示されています。

その千葉県いすみ環境と文化のさとセンターって?

調べてみると...............
(千葉県いすみ環境と文化のさとセンター のHPより抜粋)


平成4年、環境庁(当時)は、

豊かな自然を保全する
自然とのふれあいを通じて地域の自然と人間関係を見つめなおす
環境に優しい文化を創造すること
を目的とした「環境と文化のむら(さと)」という施設を、全国4ヶ所に設置する方針を決めました。

設置する地域の選定基準は、

トンボ、ホタル等の小動物が生息する
里山の緑、水辺環境等身近な自然が、一定の広がりを持って残されている地域
というものでした。

全国位置図
その基準を満たし選ばれた地域は4ヶ所。

山梨県八ヶ岳南麓
鹿児島県屋久島
秋田県五城目町
千葉県夷隅郡

いすみは、夷隅川が流れ、田畑、丘陵地、草地など多様な自然環境に恵まれています。
また、生物も豊かで、絶滅が危惧されている生物も生息しており、
全国4ヶ所に選ばれるほどの価値を持っているといえます。
そうして、いすみ環境と文化のさとは、平成7年1月4日にオープンしました。
本施設では、いすみ市万木にあるネイチャーセンター
(生態園・昆虫広場・デイキャンプ場・湿性生態園)を中心にして、
小動物の広場(松丸)
ふるさとの森(松丸)
万木の丘(万木)
トンボ沼(高谷)
ホタルの里(山田)
照葉樹の森(鴨根)
昆虫広場(細尾)
7つのスポットゾーンを指定しております。



と、まあ、こんな経緯で整備された公園施設の一つであるようです。


う〜む、昨今流行りの『ビオトープ』とか『里山再生』といった
時代の流れで生まれた施設のようです。



と言うことで、こちらがトンボの沼。

      20170221トンボの沼01



案内板も準備されています。

      20170221トンボの沼02



高田堰に木道を設置し、散策できるようになっています。

      20170221トンボの沼03


こちらが、休憩所。

      20170221トンボの沼04

トイレも完備されています。



では、木道を歩きながら、トンボの沼を散策しましょう。

      20170221トンボの沼05



木道と木道を中継する中洲(?)には、こんなモノがあります。

      20170221トンボの沼06

まるで、小学校の卒業製作のようなモニュメント。


こちらは、『高田観光事業五周年記念碑』。

      20170221トンボの沼07

高田堰をトンボ沼として整備して五周年の記念なんでしょうね。



四阿も視界の先にあります。

      20170221トンボの沼08



四阿に向かって見ましょう。

      20170221トンボの沼09



四阿でいきなり小休止?

      20170221トンボの沼10



まだ散策を始めたばっかりだけど
まぁいいか。
びいすけ のおやつタイムにしましょう。

      20170221トンボの沼11



『欲しい〜?』

      20170221トンボの沼12

って要らない訳がない(笑)。


ジャーキーチップスに貪りつく びいすけ 。

      20170221トンボの沼13


四阿から見るとトンボの沼は、こんな感じ。

      20170221トンボの沼14

時期的に枯れてしまっているけれど
夏場は葦が生い茂る沼のようです。


小休止も終え、再び散策開始です。

      20170221トンボの沼15



木道で沼を縦断するように散策路は続きます。

      20170221トンボの沼16


      20170221トンボの沼17


      20170221トンボの沼18


      20170221トンボの沼19


      20170221トンボの沼20


      20170221トンボの沼21



このアングルからがトンボの沼がそれらしく見えるかな?

      20170221トンボの沼22


葦が生い茂り、水面を蓮が覆い蓮の花が咲く季節になれば
背後の山もトンボの沼も緑が映えるんだろうなぁ。

その頃に、また訪れてみようかな?















2017/02/12 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

心の駅 外房七福神⑥ 《 三光寺 弁財天 》  (2017年1月21日)(千葉県いすみ市) 

1月21日 公休日

毎年、1月のこの時期に集中的にしている七福神巡り。

今回は、房総半島のいすみ市、一宮町に点在する
『心の駅 外房七福神』巡りにチャレンジです。


心の駅 外房七福神は

寿老人     観明寺    一宮町
布袋尊    東漸寺    一宮町
恵比寿    遍照寺     一宮町
大黒天    法興寺    いすみ市
毘沙門天   行元寺    いすみ市
弁財天    三光寺    いすみ市
福禄寿     西善寺    いすみ市

と、このような構成になっています。


そんな『心の駅 外房七福神』巡りの第6弾。
三光寺の弁財天です。

弁財天とは唯一の女神で、知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれます。
インドの水の神、音楽の神、知恵の神。
本来の姿は、八臂で金剛杵・弓矢・刀などを持ち、水の恵みを与え、
河の怒りをもって水を供給してくれる五穀豊穣の神様でもある。
中世以降では、琵琶を抱える姿が多くなり、音楽や芸能、弁舌の神様となったそうです。


三光寺は戦国時代には土岐氏の居城である万木城があった小高い山の麓付近に位置する寺社です。
万木のお願い薬師、占いの妙見様として地元の信仰が厚いお寺です。
また、三光寺は「万木城鎮守妙見社の別当となす」と社伝にあり、
本堂から切り通し道をはさんだ向かい側には妙見堂があり、
妙見大菩薩を中心に飯綱大権現、愛宕大権現が祀られています。
妙見大菩薩は万喜城の守護神、愛宕大権現は城主の守り本尊として
常に戦場に持参したと言われています。



実は、この三光寺にも以前訪れたことがあります。
その時は、三光寺が最たる目的では無く、
山城である万木城址に来た時に、その麓の三光寺にも足を伸ばしました。

今回は、三光寺そのものが目的地。

      20170121三光寺 弁財天01


こちらが、三光寺の山門(四脚門)。

      20170121三光寺 弁財天02


この山門はいすみ市の文化財に指定されています。

      20170121三光寺 弁財天03



扁額は掲げられていなく、正面には三光寺の表札。

      20170121三光寺 弁財天04


こちらが、三光寺の本殿。

      20170121三光寺 弁財天05

天台宗のお寺で、妙見山三光寺と言うのが正式名称らしい。


本堂に掲げられた扁額。

      20170121三光寺 弁財天06



境内をぐるっと一回りして、お目当の七福神を探しましたが見つからない。
お寺の方に尋ねたら、本堂の中に七福神の弁財天が鎮座していると言われ
諦めて帰ろうとしたら、本堂の扉を勝手に開けて構わないと言われ
すぐさまチェック。

ちょっと暗くて見づらいですが...............

こちらが、『心の駅 外房七福神』の弁財天。

      20170121三光寺 弁財天07


扉を開けると、すぐに立派な弁財天がありました。

      20170121三光寺 弁財天08

1月後半と言えども、まだまだ七福神の時期だから
扉の近くに置いてあるのだろうか?




三光寺には、七福神の弁財天の他に、七福神が一緒になった石碑があります。

      20170121三光寺 弁財天09

これだけでは、なんと無く有り難みが薄い気がするのは気のせい?



切り通しを挟んだ反対側の高台が妙見堂。

      20170121三光寺 弁財天10



石段には三光寺の寺号標。

      20170121三光寺 弁財天11

寺紋は七曜紋。


妙見堂も七曜紋。

      20170121三光寺 弁財天12



こちらが、妙見堂。

      20170121三光寺 弁財天13


妙見堂の扁額。

      20170121三光寺 弁財天14


万木城守護神 北辰妙見大菩薩 と記されています。

      20170121三光寺 弁財天15



賽銭箱や至る所に七曜紋。

      20170121三光寺 弁財天16


      20170121三光寺 弁財天17


      20170121三光寺 弁財天18


      20170121三光寺 弁財天19

万木城って土岐氏の居城だったはず...............

千葉氏の家紋でもある『七曜紋』が多いのはなぜ?
土岐氏の家紋って、確か『土岐桔梗』だったはず。
素朴な疑問が浮かびます。


三光寺の脇にはため池があり、四阿もあります。

      20170121三光寺 弁財天20



四阿から眺める妙見堂。

      20170121三光寺 弁財天21


先ほどの素朴な疑問は解決しませんが、
とりあえず『心の駅 外房七福神』の弁財天を制覇です。



2017/02/11 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

心の駅 外房七福神⑤  《 行元寺 毘沙門天 》  (2017年1月21日)(千葉県いすみ市) 

1月21日  公休日

毎年、1月のこの時期に集中的にしている七福神巡り。

今回は、房総半島のいすみ市、一宮町に点在する
『心の駅 外房七福神』巡りにチャレンジです。


心の駅 外房七福神は

寿老人     観明寺    一宮町
布袋尊    東漸寺    一宮町
恵比寿    遍照寺     一宮町
大黒天    法興寺    いすみ市
毘沙門天   行元寺    いすみ市
弁財天    三光寺    いすみ市
福禄寿     西善寺    いすみ市


と、このような構成になっています。



そんな『心の駅 外房七福神』巡りの第5弾。
行元寺の毘沙門天です。


行元寺は、嘉祥2年(849年)に慈覚大師によって伊東大山(大多喜町)に草創されました。
300余年隆盛を極めていましたが、幾度となく戦禍に遭遇して、
その都度、冷泉家や二階堂氏、武田氏、土岐氏などにより再興されています。
天正14年(1586年)に大多喜から現在地に移築しました。
本多氏の信仰を集め、徳川家の庇護のもと10万石の処遇を受けました。
檀林として末寺が100寺を有し人材育成と芸術、文化向上に努めてきた寺として知られています。

毘沙門天はインド出身の神様です。
仏教四天王の一人。多聞天とも言われており、
さらに金毘羅の別名もあり、
招福利財・融通招福の神として広く親しまれています。


行元寺は外房七福神よりも、波の伊八の彫刻のあるお寺として著名なようです。

      20170121行元寺 毘沙門天01

ここで、波の伊八に触れてみましょう。

波の伊八とは、初代「波の伊八」のことで、
武志伊八郎信由は1752年(宝暦2年)に、現在の鴨川市打墨で生まれました。
子どもの頃から手先が器用であったようで、彫刻師である嶋村貞亮に弟子入りをし、
腕を磨き、安房・上総をはじめ、江戸や相模など、南関東を中心に50点余りの彫刻を残しています。
伊八は若いころから才能を発揮し、次第にその腕を買われ、数多くの仕事をこなしていきますが、
別名「波の伊八」と呼ばれるように、大小に関わらず多くの波を彫っています。
彼の彫る彫刻は、立体感や奥行きがあり非常に優れていますが、
特に波は躍動感に満ちています。
そして、彼の彫る波の彫刻は、かの葛飾北斎の代表作「神奈川沖浪裏」に影響を与えているとされているようです。




こちらが、行元寺の寺号標。

      20170121行元寺 毘沙門天02


参道をひたすら上がって行きます。

      20170121行元寺 毘沙門天03



参道には行元寺の説明板、案内板が並んでいます。

      20170121行元寺 毘沙門天04


      20170121行元寺 毘沙門天05


      20170121行元寺 毘沙門天06



こちらが、行元寺の山門である『慈雲閣』。

      20170121行元寺 毘沙門天07

朱色の外装と、華麗な彫刻が印象的です。
いすみ市の文化財に指定されているようです。



慈雲閣に掲げられた扁額。

      20170121行元寺 毘沙門天08


欄干に飾られた彫物が貴重なモノのようです。

      20170121行元寺 毘沙門天09


      20170121行元寺 毘沙門天10


      20170121行元寺 毘沙門天11


慈雲閣をくぐり、先へと進めば新たな案内板。

      20170121行元寺 毘沙門天12

波の伊八の作品と葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」を並べ
比較し、類似している様を案内しています。


この門の先が本殿。

      20170121行元寺 毘沙門天13



こちらが本堂 

      20170121行元寺 毘沙門天14

建立されたのは安土桃山時代と言うから驚きです。
元禄時代に 拡張改造した大建造物です。  


閉まっていた扉を開けてもらい、扁額を確認します。

      20170121行元寺 毘沙門天15

『無量寿院』と記されています。



境内にも行元寺の説明板がありました。

      20170121行元寺 毘沙門天16



そして、本堂前にはお目当の七福神。

      20170121行元寺 毘沙門天17


『心の駅 外房七福神』の毘沙門天です。

      20170121行元寺 毘沙門天18



境内には、こんなモノもあります。

      20170121行元寺 毘沙門天19


『母さんたずねて』の歌碑。

      20170121行元寺 毘沙門天20



多羅葉の木。

      20170121行元寺 毘沙門天21


      20170121行元寺 毘沙門天22



亮運僧正の石塔篭。

      20170121行元寺 毘沙門天23


      20170121行元寺 毘沙門天24



本堂の鬼瓦。

      20170121行元寺 毘沙門天25



供養半鐘

      20170121行元寺 毘沙門天26


どうやら、複製品のようです。

      20170121行元寺 毘沙門天27


徳川家康の家臣の四天王の1人であった大多喜城主・本田忠勝の信仰を集め、
徳川家の庇護を得ていたことから、徳川家の家紋も見受けられます。

      20170121行元寺 毘沙門天28

御存知、三つ葉葵。


本堂の屋根にも三つ葉葵。

      20170121行元寺 毘沙門天29


こちらが、行元寺の寺紋のようです。

      20170121行元寺 毘沙門天30


そして、こちらが鐘楼。

      20170121行元寺 毘沙門天31

1日に2回、この鐘は突かれているようです。


本殿隣の客殿で波の伊八の作品が土・日に限り拝見出来るようですが
びいすけ を連れては見学出来ないから、諦めます。

って言うか、余りにも波の伊八を強調しずぎる感があって
ちょっぴり興醒めの感もある。


いすみ市が建てた伊八関連の説明板。

      20170121行元寺 毘沙門天32


そして、四阿ならぬ休憩所には『伊八亭』と看板が掲げられています。

      20170121行元寺 毘沙門天33


おいおい、ちょっとやり過ぎじゃないのかい?(笑)


そんなこんなで、『心の駅 外房七福神』の毘沙門天も制覇です。





2017/02/10 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

心の駅 外房七福神④  《 法興寺 大黒天 》  (2017年1月21日)(千葉県いすみ市) 

1月21日 公休日

毎年、1月のこの時期に集中的にしている七福神巡り。

今回は、房総半島のいすみ市、一宮町に点在する
『心の駅 外房七福神』巡りにチャレンジです。


心の駅 外房七福神は

寿老人     観明寺    一宮町
布袋尊    東漸寺    一宮町
恵比寿    遍照寺     一宮町
大黒天    法興寺    いすみ市
毘沙門天   行元寺    いすみ市
弁財天    三光寺    いすみ市
福禄寿     西善寺    いすみ市

と、このような構成になっています。


そんな『心の駅 外房七福神』巡りの第4弾。
法興寺の大黒天です。

法興寺は、境内の西方の水田より古代の伽藍跡(旧法興寺浄土型伽藍址)が発見されていて、
岩熊廃寺とも呼ばれています。
ここからは奈良時代の瓦や法華経を刻んだ平安時代の瓦経も出土し、
千葉県でも有数の古代寺院跡として知られています。
かつて法興寺では、この寺院跡がある水田のところで晋山式を行っていたそうで、
このことから法興寺は古代寺院の法灯を受け継ぐお寺であると考えられています。
残念ながら16世紀後半の火災によって法興寺には古記録が残っておらず、
岩熊廃寺から現法興寺への具体的な変遷は不明となっています。


大黒天は、梵語で摩訶迦羅(マハーカーラ)。
マハー(大いなる)カーラ(黒)を漢訳して大黒天または大黒神といい、
仏教に採りいれられ、悪鬼と戦う勇猛な護法の軍神となる。
もともとは甲を付け、右手に鉾、左手に宝塔を持ち邪鬼か岩座の上にたっていた。
鎌倉時代から室町時代にかけて、字音が大黒と大国が同じ事から、
出雲大社の大国主命と結びつき、現在のような打ちでの小槌を持ち、
大きな袋を担ぎ、福徳円満な純和風な大黒天となったとされています




こちらが、法興寺の寺号標

      20170121法興寺 大黒天01



てっきり、寺号標の背後の建物が法興寺の本堂かと思ったら
何と、地域の集会所。

      20170121法興寺 大黒天02


寺号標脇の狭い道が法興寺の参道。

      20170121法興寺 大黒天03

切り通しの先に見えるのが法興寺。


上総地区に多い、やぐら(横穴式の納骨窟または供養堂)跡?

      20170121法興寺 大黒天04



今はいすみ市に在る法興寺。
かつては、夷隅郡岬町でした。

その岬町時代の文化財も多いようです。

      20170121法興寺 大黒天05


こちらは仁王門。

      20170121法興寺 大黒天06



仁王像。
向かって右側だから阿形像。

      20170121法興寺 大黒天07


こちらは、向かって左側。
吽形像になります。

      20170121法興寺 大黒天08



こちらが、客殿(阿弥陀堂)。

      20170121法興寺 大黒天09

てっきり本殿かと思っていたら、薬師堂が本殿になるらしい。


客殿に掲げられた扁額。

      20170121法興寺 大黒天10



お目当の七福神はこちら。

      20170121法興寺 大黒天11



『心の駅 外房七福神』大黒天です。

      20170121法興寺 大黒天12



大黒天の説明板。

      20170121法興寺 大黒天13



こちらが薬師堂。
小さいながらも、法興寺の本殿です。

      20170121法興寺 大黒天14


薬師堂前の大カヤ。

      20170121法興寺 大黒天15

樹齢400年を超える巨木です。
もちろん法興寺の御神木。
でも寺院に御神木って、おかしくない?

岬町時代の文化財の一つです。

      20170121法興寺 大黒天16



こちらが鐘楼。

      20170121法興寺 大黒天17



鐘楼の建つ場所は、一段高い切り通しの上。

      20170121法興寺 大黒天18

まるで、城郭に櫓台のような場所。
この地も城址に見えてきてしまう。

いすみ市の城郭、城址の一覧を見ても載っていないから
やっぱり違うのかな?


まぁ、とりあえずは...............
これで『心の駅 外房七福神』の大黒天も制覇です。。





2017/02/09 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

釈迦谷殿台城址   (2015年2月25日)(千葉県いすみ市) 

2月25日 公休日

この日は、勝浦市に出かけていました。
勝浦からの帰り道、いすみ市(旧・大原町)にも立ち寄ってみました。


釈迦谷分校跡をあとにして、向かった先は..............釈迦谷殿台城址


釈迦谷殿台城は、築城時期、城主等詳細は不明です。
ただ一説によれば、上総介広常の家臣の城であったろうと言われているようです。
 


こちらが、釈迦谷殿台城の縄張り図。

      釈迦谷殿台城

          ( 余胡くんのホームページ   よりお借りしました )


この台地が釈迦谷殿台城址。

台地を二分する堀切。

      20150225釈迦谷殿台城址01

実は、台地へと上がっていく導線が見つからず、攻城には苦労しました。


こちらが城塁。
この上の尾根部分が城址のようですが上がっていけません。

      20150225釈迦谷殿台城址02


仕方がないので台地をぐるっと一周してみようと試みますが、それもできません。


      20150225釈迦谷殿台城址03


この竹藪の上に尾根が確認できますが
台地への傾斜がきつくて、簡単に上れそうにありません。


すると、こんな古びたハシゴを発見!

      20150225釈迦谷殿台城址04

いかにも、ここから上がって下さい!って言う感じです。



びいすけ を抱き抱えて、ハシゴを上ります。

竹藪を見上げると、こんな感じ。

      20150225釈迦谷殿台城址05

かなりの旧勾配。


前日の雨で滑りやすくなっている斜面を根性で上ります。
何とか尾根部に到達。

      20150225釈迦谷殿台城址06

縄張り図によれば、この尾根沿いに『妙見の碑』があるらしい。

『妙見の碑』を求めて尾根を進軍しますが
いきなり切岸に遭遇。

      20150225釈迦谷殿台城址07


ここも根性で上り、振り返ってみると、こんな感じ。
旧斜面を上っています。

      20150225釈迦谷殿台城址08


やがて、尾根頂部に出ます。

      20150225釈迦谷殿台城址09


尾根伝いに移動します。
上総の城郭は細い尾根沿いに郭が展開する城郭が多い。
この釈迦谷殿台城もその流れを汲んでいるようです。

      20150225釈迦谷殿台城址10



視界がグッと開け、釈迦谷の集落が見えます。

      20150225釈迦谷殿台城址11



ここが、尾根最頂部。

ここまでの尾根伝いに『妙見の碑』は見当たらない。

      20150225釈迦谷殿台城址12


結局、この先は切岸となって、先へは行けません。
どうも、この釈迦谷殿台城は詰めの城なのかもしれない。
あまりにも尾根沿いに郭を幾つも設けることはできそうも無い。

移動できる範囲で探して見たけど、結局見つかりませんでした。


見所も余りないので、撤収。

この竹藪を下りていくわけですが............................。

      20150225釈迦谷殿台城址13

下りも大変な思いをしてしまいました。


お目当ての『妙見の碑』も見つからず、『苦』多く、『労』報われず、
非常に疲れた攻城でした。

隣町の一宮町に上総介広常の居城であったとされる高藤山城址もあることだから
上総介広常の家臣の城であったとされる釈迦谷殿台城。

やっぱり、『妙見の碑』を見たかったなぁ............................




2015/03/30 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて...........東海小学校釈迦谷分校跡    (2015年2月25日)(千葉県いすみ市) 

2月25日 公休日

この日は勝浦市に出かけていました。

勝浦からの帰り道。
R128を走り、御宿町を抜け、いすみ市に入った。

『そう言えば、いすみ市に廃校があったなぁ』などと思い出し、
急遽、廃校探しへと向かいました。


向かった先は..............旧・大原町立 東海小学校釈迦谷分校跡


釈迦谷分校について、詳しいことは分かりません。
本校である東海小学校のHPを覗いても沿革について触れていませんでした。
ただ、大原小学校のHPを見る限りでは、昭和44年に廃校となったそうです。


こちらが、釈迦谷分校跡。

      20150225釈迦谷分校13


昭和44年に廃校と言うことは、既に廃校から46年経っています。
さすがに校舎は解体されてしまい、更地の状態となっています。

しかしながら、門柱は残っており、一見して学校跡だと分かります。

      20150225釈迦谷分校01


敷地内ではなく敷地の外、
門柱脇のフェンスの外側にある碑。
『釈迦谷分校跡地』の碑です。

      20150225釈迦谷分校02

碑には、門柱が寄贈されていることが記載されています。
地元の名士なのでしょうか?



思ったよりは小さい碑です。

      20150225釈迦谷分校03


石造りの門柱。

      20150225釈迦谷分校08


      20150225釈迦谷分校10



実は、この地に辿り着くまでにそれなりに苦労しました。
以前、どちらかのブログでこの分校の存在を知りました。

そちらのブログには、釈迦谷分校跡には大野丈助の碑があると書かれていて
それがヒントになっていました。
しかし、ネットで大野丈助の碑を調べても
詳しい場所は分かりませんでした。

たまたま覗いた城郭サイト『余胡くんのホームページ』で、
いすみ市(旧・大原町)の城郭を調べていたら、この碑の事が出てきました。

そんな訳で、何とか辿り着けた釈迦谷分校跡。



こちらが、その『大野丈助の碑』。

      20150225釈迦谷分校04

大野丈助は



正門の門柱をくぐり、敷地内に入ってみましょう。

      20150225釈迦谷分校05


既に校舎は取り壊され、何も残っていません。

地域の公民館が隣接しているから、
廃校後は公園か何かに利用されていたかもしれません。

倉庫らしき小さな建物がポツンと片隅に残っています。

      20150225釈迦谷分校06



なぜか、子供用サイズ?のサッカーゴールがありますが
赤茶色に錆びていて、暫く使われていないようです。

      20150225釈迦谷分校11


      20150225釈迦谷分校12




敷地奥から見る正門。

      20150225釈迦谷分校07



校門脇の桜の木。

      20150225釈迦谷分校08

そして、桜の木の奥に見える台地が釈迦谷殿台城址
当然、このあと攻城いたします(笑)。


いすみ市の山間部にあたる里山風景の広がる釈迦谷集落。
この集落にかつて小さな(?)分校があったことを忘れないでおこう..............



 
2015/03/30 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit